はたと 例文。 「はたと」に関連した英語例文の一覧と使い方

異動・転勤・退職者へのメッセージ例文集!上司・先輩・同僚・部下・後輩への書き方のコツとは!

はたと 例文

思いながらしばらく考えているうちに、右門ははたとひざを打ちました。 そのころ駒彫りの名人として将棋さしの間に江戸随一と評判されていた、書家の凌英であることに思い当たったからでした。 … 佐々木味津三『右門捕物帖』 より引用• 記者が掛けた声に、思わず力が入って、運転手がはたと自動車を留めた。 泉鏡花『半島一奇抄』 より引用• 中庭には月の光が隈なく射している。 屋敷の方へ行こうとして車宿の角を曲った時に、次郎ははたと足をとめた。 次の瞬間には飛びつくように身を屈めていた。 … 福永武彦『風のかたみ』 より引用• ペルシダー中で通用する平和のしるしだ。 突進してきた戦士たちは、はたと停止してじろじろとわたしをながめた。 わたしは、サリの王でわたしの友人の毛深い男ガークを捜した。 … バローズ/佐藤高子訳『危機のペルシダー』 より引用• 入院患者としてはまさに模範的で、他の患者に全く迷惑をかけないからということで退院させると、たちまち無賃乗車、軽い窃盗などの軽犯罪を繰り返すので、再び病院に送り返されてくる。 私が発疹チフスの外国文献ではたと困ったのは、チェコ語の論文だった。 これは、はなはだ重要な内容を持っているらしく、またナポレオン軍のモスクワ侵攻にまでふれているらしいので、どうしてもこまかい点を知りたかった。 … 斉藤茂太『「まさか」の人に起こる異常心理』 より引用• 劉夫人は、あの螽斯と云ふ詩は誰が作つたのかと尋ねましたので、それは聖人の中の聖人である周公が作つたので、決して間違ひがないと云うた。 所が劉夫人はたとへ聖人と云うても男には女の心が判るものでない。 男だからそんな詩を作るので、女だつたらそんな詩は作らぬと答へましたので、其連中もぎやふんと參つて了つたと云ふ話しです。 … 桑原隲蔵『支那の古代法律』 より引用• セイバーははたと思い当たり、まだ使っていない最後の鍵を取り出した。 虚淵玄『Fate/Zero Vol. 3 「散りゆく者たち」』 より引用• 時間にして四十秒の短い間だったが、人々はそれを百年のように永く感じた。 その間人々の息は停り、心臓さえ、はたと停ってしまったように思った。 … 海野十三『火星探険』 より引用• 触れて揺り起こせぬものかと、濤羅は恐る恐る手を伸ばす。 はたと居眠りから醒めたかのように、少女が目を開けて彼を見上げた。 … 虚淵玄『鬼哭街』 より引用• 如雲斎はつぶやいた。 左手を右眼にあててはいるが、左眼ははたと十兵衛を見おろしている。 右眼が、まぶたのみならず眼球まで十兵衛の刃にかすめられてもはや失明していることを知って、その左眼もまた血がほとばしらんばかりに赤くひかっていた。 … 山田風太郎『忍法帖7 魔界転生 下』 より引用• その声がはたと切れて、七本の針が、まさに六尺四方に闇をきって飛んだ。 御巫燐馬に昇天の術があっても、その針の嵐をのがれ得るとは見えなかった。 … 山田風太郎『風来忍法帖』 より引用• 魔法の風は止んだ。 はてみ丸もはたと止まって、小さな板きれのように波間を上下しはじめた。 北方から吹きつける天然の風は相変わらずきつかったのに、茶色い帆はだらりとたれたままだった。 … グィン『ゲド戦記1 影との戦い』 より引用• 何ものかが低くいらだたしげな声をもらした。 風がはたと止まると、石の上をずるずるすべる音がはっきりと聞こえた。 それは人間の足音ではなく、けものの足音とも異なり、蛇ののたくる音ともちがうが、その三つを合わせたような物音だった。 無鉄砲な主の供をして出て来た以上、多少の困難は覚悟の前である。 再びとぼとぼと歩き始めると、そこで次郎がはたと 膝 ひざを叩いて大声を出した。 … 福永武彦『風のかたみ』 より引用• このとおり、まるでわざとみたいに、ど忘れしちまっているじゃないか。 はたと忘れてしまったじゃないか、今の今まで覚えていたのに! … ドストエフスキー/北垣信行訳『罪と罰(上)』 より引用• BはAを車の中に入れたまま、昨日Aがしたように前足で車を揺すった。 それでAははたと気がついたのか、そろそろと車の中で歩き始めた。 自分が歩くと車が回る。 … 群ようこ『ネコの住所録』 より引用• そこまで言ってから祥子さまは、はたと気づいたように苦笑して首を横に振った。 今野緒雪『マリア様がみてる 32 卒業前小景』 より引用• むろん、自分の指示を待っているにちがいない。 入口のところまでいって、しかし経四郎ははたと立ちどまり、ふり返った。 … 山田風太郎『明治断頭台 山田風太郎明治小説全集7』 より引用• 著者であるヘレン・E・フィッシャーは人類学者だ。 彼女はあるときアメリカの結婚についての調査結果を眺めていて、はたと気がついた。 続いて世界各国のデータにも目を通したが、どの国に関してもほぼ同じ傾向が現れてくるのである。 … 竹内久美子『あなたの知らない精子競争 BCな世界へようこそ』 より引用• はあ、と権藤は虚ろにうなずく。 そうと決まれば、と動きはじめた槌神総一郎を、彼ははたと呼びとめた。 … 中井拓志『アリス Alice in the right hemisphere』 より引用•

次の

寄せ書きのメッセージ例文。退職、異動、結婚する上司に一言!

はたと 例文

「膝を打つ」の意味と語源・由来 「膝を打つ」の意味は「思いつく」や「感心する」 「膝を打つ」という言葉は「ひざをうつ」と読みます。 「膝を打つ」は2つの意味を持っています。 1つ目の意味は、話をしている最中や物事を考えている最中に急にあることを「思いつく」ことや「気がつく」ことです。 もう1つの意味は、相手の言ったことや物事に「感心する」や「納得する」となります。 これら2つの意味は、人が思わずとる「動作」が語源となっています。 「膝を打つ」の語源は「自分の膝を叩く」動作 急に何かを思いついたときや、深く感心したとき納得したときに人が思わずとる動作や行動は色々とありますが、そのうちの一つである「自分の膝をポンと叩く動作」が「膝を打つ」の言葉の語源となります。 「膝を打つ」は怪我や痛みを表す意味は持たない 転んで床や地面に膝を打ち付けた時にも「膝を打つ」と言う表現をすることがあります。 しかし、慣用句としての「膝を持つ」は、「思いつく」「感心する」などの意味を表す言葉ですので、「痛い」の意味合いは持ちません。 慣用句「膝を打つ」の例文 「膝を打つ」という言葉は「はたと膝を打つ」と使われる場合もありますが、「はた」とは「急に物を打つ」様子を意味する言葉です。 したがって「はたと膝を打つ」は「急に膝を打つ」の意味となり、「膝を打つ」と使い分けをする必要はありません。 「膝を打つ」を使った例文• 思わず膝を打つような素晴らしいアイデアを君には期待しているよ。 その話はもっともであると一同膝を打って同意した。 激しい意見の応酬が続いた後、彼は何かを考えこんでいる様子だったが、はたと膝を打って立ち上がった。 「膝を打つ思い」を使った例文• ありとあらゆるケースについて考え尽くされた考察には、膝を打つ思いである。 わかりやすいだけでなく聞いている者を惹きつける彼女の話術はさすがと言わざるを得ない。 膝を打つ思いだ。 「膝を打つ」の類語と類似表現 「閃く」は「思いつく」の意味を持つ類語 「閃く」(ひらめく)とは「ある考えを思いつく」という意味を持つ言葉です。 「時間をかけて考え抜いて」思いつくのではなく「ある瞬間に」思いつくことを表す言葉となるため、「急に」の意味を含み、「膝を打つ」と同じ「思いつく」の意味となります。 「膝を叩く」は「感心する」の意味で使う類語 「膝を叩く」(ひざをたたく)という慣用句は、「承知する」や「感心する」の意味を持つ、「膝を打つ」と同じ意味の類語です。 しかし、どちらかと言うと「膝を叩く」ではなくではなく「膝を打つ」が使われるケースが一般的でしょう。 「膝を折る」の意味 「膝を折る(ひざをおる)」は、膝を折り曲げて地面につけることを例えたとした「頭を下げる」「屈する」の意味を持つ言葉です。 「膝を打つ」の「思いつく」「感心する」と異なる意味合いのネガティブな言葉となります。 「膝を正す」の意味 「膝を正す(ひざをただす)」は、「膝を打つ」のような慣用句ではなく、膝を折り曲げて正座をして座る様子そのものを表す言葉です。 「膝を打つ」が持っている意味とは関係がありません。 「膝を崩す」の意味 「膝を崩す(ひざをくずす)」も「膝を打つ」とは異なる意味を持つ言葉です。 「膝を崩す」は、正座をせずに楽な姿勢をする様子を表しています。 「手を打つ」の意味 「手を打つ(てをうつ)」という言葉は、いくつかの意味を持っています。 1つは思いついたときや感心したときに思わず「両手を打ち合わせて鳴らす」様子を意味しており、「膝を打つ」同様に思わず人がとる動作を表す言葉です。 他にも「膝を打つ」などの「膝を打つ」とは異なる意味も持っています。 「slap」は「手のひらで打つ・叩く」を意味する動詞で、「hit」や「pat」といった動詞を代わりに使うこともできます。 「膝を打つ」という言葉が持つ2つの意味の「思いつく」「感心する」のどちらに該当する場合も使用することができるフレーズです。 「To have an epiphany」は「膝を打つ」と同じ「思いつく」の意味 「急に思いつく」という意味合いで「膝を打つ」を英語で表現する場合は、「To have an epiphany」というフレーズを使います。 「epiphany」とは「閃き」を意味する名詞で、「To have an epiphany」は直訳すると「閃きを得る」となりあげて、「膝を打つ」の意味の英語表現として使うことができます。 また、「hit upon」も「ふと思いつく」の意味となります。 例えば「hit upon a good idea」というフレーズは「良いアイデアを思いつく」の意味となり、「膝を打つ」と同じ意味で使うことができます。 まとめ 「膝を打つ」という言葉は頻繁に使われる言葉というわけではありませんが、日常生活でもビジネスにおいても使うことができる言葉です。 あなた自身が思わずとる動作には当てはまらないかもしれませんが「膝を打つ」という言葉は、「ふと思いついたとき」「なるほどと感心したとき」に使う言葉として覚えておきましょう。

次の

【はたと止まる】の例文集・使い方辞典

はたと 例文

A: まさか means like "No kidding", やっぱり やはり means several ways like 1 too, also 2 after all 3 I thought so... etc. 1 彼女の母は医者で、彼女もやっぱり やはり 医者です。 Her mother is a doctor, and she is also a doctor. 2 彼女は努力しましたが、やっぱり失敗しました she made efforts, but failed after all. 3 「彼女は失敗したよ。 」「やっぱりね。 」 "she failed " "I thought so. " I think it's better avoid using 3 A: Googleで「 まさか 意味」と入力して辞書で見てみましたが、おっしゃる "currently for the time being" は多分すごく古い用法で、現代では副詞としてしか使われないのではと思います。 I don't think it's used as a noun for the meaning anymore. "emergency" ですが、多分その意味だと「もしも」の方がより使われると思います。 「もしもの時のために」 "as a preparation for an emergency" And less frequently, 「もしもの時、あなたはどう行動しますか?」"What would you do in case of unspecified emergency? " 翻訳変だったらごめんなさい! A: 返信遅れてすみません この"よう"は仰る通り推量を表します。 つまり、そのまま"るだろう"と書き直せますね。 元の句から否定の意味を除くと、 屋上にこんなものができるだろうと思った となります。 つまり 屋上にこんなものができるだろう、と思った であり、元々推量の句だったものを"と思った"で過去の内容にしているのです。 推量をしているのは過去の話なのです これは日本人と中国人の根本的な時間軸の捉え方の違いかも まさか屋上にこんなもの作ろうとは の句は主語が誰なのか分かっているけど敢えて言わないパターンなら正解です。 会話では普通に分かってもらえます。

次の