河野 景子 同期。 河野景子の若い頃画像が美しい!貴乃花の嫁になる前のアナウンサー時代

八木亜希子の老けた現在がヤバすぎる…旦那と離婚の真相や子供はいる?

河野 景子 同期

来歴・人物 で生まれ、に移る。 在学中は、英語部に所属。 心理学専修卒業後、フジテレビにアナウンサーとして入社。 同期入社は、、。 様々なジャンルの番組をオールラウンドに担当し、を代表するフジテレビの看板アナウンサーとして長く活躍した。 ドラマ出演やCDデビューなど、アナウンス以外の活動もあったが、2000年3月末に退社。 後に所属のフリーアナウンサーに。 タレント・女優としても活動し、テレビCM・ドラマ・映画などに出演。 2002年10月、大学時代の同級生である会社員と結婚。 その後、に渡る。 アメリカ滞在中、カリフォルニア州のにてのクラスを受け、2007年に大学院へ入学するが、帰国することになり半年で休学、帰国した。 とともに司会を務める『』は、フジテレビアナウンサー時代の1990年から続いている。 2008年10月30日、古巣のフジテレビ、共同テレビ、が共同で設立したアナウンサー・プロダクションに移籍。 2009年4月からは、フジテレビで夕方のニュースを担当していた経験を買われ、フジテレビ退社以来9年ぶりに夜のニュース『』のメインキャスターを務めた。 先述の通り、フジテレビ退社後は女優業も行っている。 フジテレビ退社後まもなく出演した映画『』(2001年)ではヒロイン役に抜擢され、新人俳優賞を受賞した。 映画評論家のは「日本アカデミー賞は国内の映画賞でも本流。 同じ年にやが選ばれていることからも分かるように、俳優としての素質があると評価された証しでしょう」、同作監督のも「芝居はハッキリ言って下手ですが、それを補って余りあるものを醸し出している」とそれぞれ女優としての八木を評している。 女優業に関してはと業務提携している。 2019年12月24日、との診断を受けたことを明らかにし、治療のため休養に入ることを報告した。 現在出演中の番組• ()1990年12月25日 -(毎年イブの深夜)• ()2015年10月 -• ()2015年10月 -• ()2018年10月 -• 八木亜希子のおしゃべりミュージアム()2013年10月 - 不定期 フリー転身後の出演 テレビ• (フジテレビ) - 2000年4月5日• FNS秋の祭典2000(フジテレビ) - 2000年10月4日• ザ・ロングインタビュー(BSフジ) 2000年12月 - 2003年3月• (フジテレビ) - 2000年12月 - 2002年12月• FNN (フジテレビ) - 2001年12月1日(と共同司会)• 浅田美代子と八木亜希子・ニューヨークに暮らしたいSP テレビ朝日 - 2006年1月15日• リュウイン先生の楽食美人〜漢方レシピでヘルシーエイジング〜(BSフジ)2007年4月 - 2007年9月• () - 2007年4月 - 2008年9月• () - 2008年10月8日 - 2009年3月11日• (毎日放送) - 2009年4月15日 - 2009年7月29日• () - 2014年10月 - 2015年3月• (テレビ朝日)2015年4月-2015年9月• (テレビ朝日)2015年10月 -2016年9月• 2018年5月30日 2018年9月13日• 2019春 TBS 2019年4月6日 ほか多数 テレビドラマ• (フジテレビ) - 2001年1月(第1話ゲスト出演)• (2013年4月18日 - 2013年9月28日、) - 足立よしえ 役• (2015年1月11日〜12日、フジテレビ) - 呉田その子 役• (2016年4月 - 6月、テレビ東京) - 堂園翔子 役• (2016年、NHK) - 役• (2017年1月 - 3月、TBS) - 谷村多可美 役• (2017年10月 - 12月、テレビ朝日) - 井上えつ 役• (2017年10月 - 12月、TBS) - ナレーション• ~編集者の条件(2018年4月、)-南部加代子 役• (2018年10月 - 12月、フジテレビ) - 水原聡美 役• (2019年4月 -、TBS) - 片岡かおり 役 ラジオ• () - 2007年4月27日、2007年6月22日• 2001年4月-2003年3月、2008年10月 -2013年3月)• ()2014年4月-2015年9月• (ニッポン放送 2015年10月3日- )• 〜〜(ニッポン放送) 2019年3月1日 映画• () - 1994年6月25日公開(河田町の御令嬢役)• (松竹) - 1997年3月15日公開(ミレーヌ役) 声の出演• (松竹) - 1998年2月7日公開(夢野役)• () - 2001年6月9日公開(準主役級) 『』新人俳優賞• (東宝) - 2006年1月14日公開(客役)• (東宝) - 2007年2月10日公開(本人役)• () - 2008年9月13日公開(役)• (東宝) - 2008年10月4日公開(役)• () - 2017年10月28日公開(島田遼子役) 舞台• -2018年3月()• -2019年9月 他 CM• (消臭シャボン)• (現・、と共演) 雑誌• 「八木亜希子さんがインタビュー!」 2016年8月号- フジテレビ時代の出演 ニュース・情報番組• (お天気コーナー) - 1988年7月 - 1989年9月• - 1988年10月 - 1989年9月• (月・火) - 1989年10月 - 1990年3月• (リポーター) - 1990年4月 - 1991年3月• (月・火・水) - 1990年7月 - 9月• (金) - 1990年10月 - 1991年3月• (日) - 1993年4月 - 1994年3月• - (アシスタント)1991年4月 - 1993年3月• - (初代総合司会)1994年4月 - 1998年3月• - (総合司会)1997年4月 - 1998年3月• - (メインキャスター)1998年4月 - 2000年3月 バラエティ• - 1989年 - 1990年3月• - 1989年 - 1990年6月(テレフォンアナウンサー)• - 1990年4月 - 9月• シリーズ - 1990年10月〜1992年3月 店主・連樽明子 役• - 1991年1月1日• - 1991年7月20日(総合司会)• - 1991年10月 - 1993年3月• - 1993年3月31日• - 1993年10月 - 1994年3月• - 1993年 - 1997年(全11回)• - 1994年、1995年、1998年、1999年、2003年• - 1995年10月 - 1996年3月• - 1996年7月13日(進行係)• - 1997年3月31日• - 1997年4月 - 1998年3月• - 1999年9月29日• - 2000年2月 ゲーム• (小田桐圭役〔として出演〕)• シリーズ• スーパーパワーリーグ3(プロ野球ニュースのキャスター〔声の出演〕)• スーパーパワーリーグFX(プロ野球ニュースのキャスター〔同僚のと顔出しで出演〕) 著作• 『その気持ちを伝えるために』、2013年12月25日。 「私たちがアナウンサーだったころ」• 「その気持ちを伝えるために」• 『』2013年7月23日付• ORICON NEWS oricon ME. 2019年12月24日. 2019年12月25日閲覧。 2015年9月19日. 2015年10月9日閲覧。 コミックナタリー 2016年3月2日. 2016年3月2日閲覧。 シネマカフェ 2016年3月2日. 2016年3月10日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年6月9日. 2017年6月9日閲覧。 スポニチアネックス. 2017年10月15日. 2017年10月16日閲覧。 関連項目• (現:神奈川県知事、早稲田大学・フジテレビの八期先輩、1999年4月から一年間『スーパーニュース』のキャスターとしてコンビを組んでいた)• (元アナウンサー、早稲田大学時代からの友人でアナウンサー同期) 外部リンク• (1987年 - )• (1987年)• (1987年 - 1993年・1996年)• (1987年 - 2000年)• (1988年 - 1989年)• (1990年 - 1992年・1996年 - 2003年・2005年 - 2007年・2017年・2020年 - )• (1987年 - 1990年・1992年 - 1996年・1998年 - 2001年・2004年 - 2013年)• (1990年 - 1992年)• (1991年)• (1992年 - 1995年・2019年)• (1992年 - 1994年)• (1996年・1998年 - 1999年)• (1992年 - 1994年)• (1992年)• (1994年)• (1994年)• (1995年・1997年・2009年)• (1995年)• (1995年・1997年・2002年 - 2006年、2011年 - )• (1997年)• (1997年 - 1998年)• (1998年 - 2004年)• (1998年)• (1998年)• (1998年・2001年・2004年 - 2005年・2008年 - 2015年)• (1998年 - 2000年・2007年・2011年 - 2014年)• (2000年・2007年)• (2001年 - 2007年・2011年 - 2012年・2015年)• (2001年 - 2003年・2006年)• (2001年 - 2003年・2005年)• (2001年)• (2002年)• (2003年)• (2004年・2011年 - 2012年・2015年)• (2004年・2008年 - 2012年)• (2005年)• (2005年)• (2005年)• (2006年)• (2006年 - 2012年・2016年)• (2006年 - 2011年)• (2006年 - 2007年)• (2008年・2014年)• (2008年・2019年)• (2008年 - 2010年)• (2009年 - 2010年)• (2009年 - 2012年)• (2009年 - 2010年)• (2011年 - 2013年・2016年 - 2018年)• (2011年 - 2013年)• (2011年)• (2011年)• (2011年・2015年)• (2011年)• (2012年)• (2011年 - 2012年)• (2011年 - )• (2012年・2014年)• (2012年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2013年)• (2014年・2016年)• (2015年)• (2016年 - )• (2016年 - 2018年)• (2016年)• (2016年)• (2016年 - 2017年)• (2016年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年)• (2017年 - )• (2017年 - )• (2018年 - )• (2019年) スピンオフ 歴代メインキャスター 期間 メイン アシスタント 平日 週末 月 - 木曜日 金曜日 週末 1984. 1 1985. 29 1 () 2 () 1985. 1 1986. 30 1986. 1 1987. 31 1987. 1 1987. 30 2 1987. 1 1988. 31 1988. 1 1989. 2 2 1989. 3 1990. 30 1990. 1 1990. 30 3 1990. 1 1991. 31 1991. 1 1992. 31 1992. 1 1993. 26 1993. 27 1994. 31 1994. 1 1997. 30 2• 1 『』から続投。 2 アシスタントはオープニングタイトルコール(「スーパーターイム」と発する)を行った。 3 小田の報道局異動に伴い、中継ぎの形で担当。 歴代キャスター 期間 平日総合司会 平日女性サブ 平日男性サブ 週末総合司会 1 月 - 水 木 金 月 - 水 木 金 1990. 9 1990. 30 2・3 2 1990. 1 1991. 31 1991. 1 1991. 29 1992. 6 1992. 31 4 (シフト勤務) 4 1992. 1 1992. 30 1992. 1 1993. 27 3 1993. 28 1993. 30 1993. 1 1994. 1 週末を兼務。 2 『DATE LINE』から続投。 3 『ニュースJAPAN』も続投(木村はコメンテーターとして、長谷部は週末キャスターとして)。 4 長谷部の産休に伴う。 平日男性サブと週末のキャスターは全員『』を兼務。 歴代総合司会 期間 放送時間() 総合司会 アシスタント 芸能デスク 男性 女性 1982. 1 1983. 7 月曜 - 金曜 08:30 - 09:55( 085分) 1 1983. 8 1983. 25 (不在) 1983. 28 1984. 28 1984. 1 1984. 28 1985. 4 1985. 29 (不在) 1985. 1 1987. 27 2 1987. 30 1990. 29 (不在) 1990. 2 1991. 29 1991. 1 1993. 31 1993. 1 1994. 31 1994. 1 1994. 30 月曜 - 金曜 08:00 - 09:55(115分) (不在) 4 1994. 3 1995. 29 月曜 - 金曜 08:30 - 09:55( 085分) 1995. 2 1998. 27 向坂樹興 1998. 30 1998. 2 1 (不在) 1998. 5 1999. 31 月曜 - 金曜 08:25 - 09:55( 090分)• 1 『』も続投。 2 系列の関西テレビのアナウンサーであったが、司会期間中は東京に単身赴任して出演していた。 3 1期目の出演の末期に結婚し、大林姓を名乗るようになった。 4 2期目の出演(その後現在の吉崎姓に戻る)となる。 歴代キャスター 期間 月 火 水 木 金 土 日 1976. 4 1977. 9 1977. 10 1977. 12 1978. 1 1980. 3 1980. 4 1983. 9 1983. 10 1985. 9 1985. 10 1986. 3 1986. 4 1988. 3 、 1988. 4 1991. 3 、 、、 1991. 4 1992. 3 、 1992. 4 1992. 10 、 1992. 11 1993. 3 、 1993. 4 1994. 3 1994. 4 1995. 3 、 (『』に内包) 1995. 4 1996. 3 、 1996. 4 1997. 3 1997. 4 1997. 9 、 () 1997. 10 1998. 3 1998. 4 1999. 3 、 1999. 4 2000. 3 、 2000. 4 2001. 3 、 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - 11 - - - - - 1 放送開始当初から出演中。 2 時期によって曜日変動あり。 3 木 - 金曜担当。 4 月 - 水曜担当。 5 2008年3月まで木 - 金曜担当。 6 「めざまし600ニュース」は担当しない。 7 担当曜日は時期により変動あり。 8 2002年4月から設置、2009年3月で事実上廃止。 9大塚の病気休養により、三宅の総合司会就任までの総合司会代行。 10情報キャスター中継担当。 11木曜パーソナリティー、イノ調として出演。 12月 - 火曜担当。 13月・木曜担当。 14火 - 水曜担当。 15金曜担当。 1 18時台のみ出演(黒岩は1999年5月3日以降)。 2 17時台のみ出演。 3 全国ニュース枠のみ出演。 4 フィールドキャスターを兼務(長野は2008年3月28日まで)。 5 2000年4月3日から出演中。 6 スポーツコーナーを兼務。 7 『』を兼務。 8 隔週で担当(椿原は2012年10月から1年半は「現場キャスター」の肩書で出演)。 9 交代で出演。 他のキャスターがパートナーにつくことが多かった。 102013年4月1日からコメンテーターは撤廃。 112011年3月にスポーツが文化芸能部に吸収。 122012年6月に廃止。 132012年6月に廃止された「文化芸能部」の後継コーナー。 2012年10月から「にゅーすクリップ」、2013年4月から「トレすぽ」に変更。

次の

河野景子さん復帰も?同期の花形女子アナの現在 女優、死去、セレブ妻… (2018年12月1日)

河野 景子 同期

21年勤務していたフジテレビのことは、今まであまり多くは語ったことはありません。 定年退職でない場合、退職した方が在職していた会社をよく言わないことが多く、気持ちがいいものではないと思っていました。 どこの会社にもいいところと悪いところがあります。 いい思い出をあえて綴ってみました。 まぐまくメルマガで今年2019年に掲載したものに加筆したものです。 (本文約9800字) 【著者プロフィール】 三宅 雪子(みやけ ゆきこ) 元衆議院議員。 1965年(昭和40年)3月5日ワシントン生まれ。 父は三宅和助(外務省元シンガポール大使・中近東アフリカ局長)祖父は石田博英(石橋湛山内閣官房長官・労相6回運輸相1回務める)幼少は海外で育つ。 桐朋女子高校、玉川学園女子短期大学、共立女子大学を卒業。 民放テレビ局に21年間勤務(営業局、報道局、国際局等歴任。 CSR推進室で環境・社会貢献に関わる。 報道局では経済部記者として為替と株式を担当)。 2009年第45回衆議院議員選挙、群馬4区から福田康夫元総理の対抗馬として立候補。 北関東ブロックで比例復活当選。 予算委員会、厚生労働委員会に所属、民主党国際局副局長などを歴任。 2012年7月より「国民の生活が第一」入党。 党選挙対策副委員長。 2012年12月千葉4区から立候補。 2013年1月生活の党。 2013年7月参議院全国比例代表選挙惜敗(2位)。 現在無所属。 執筆やネット配信など、政治特に福祉や雇用など専門分野を軸に社会で起きていることをわかりやすく伝えていくことに力をいれている。 2016年6月10日号の「投票時間繰り上げの謎を追う」(週刊金曜日)が初のルポルタージュ。 2019年4月5日号から「日刊ゲンダイ」紙に、シリーズタイル「高齢者はなぜネトウヨにはまるのか」として、高齢者ネトウヨが大量懲戒請求を起こした問題について全16回に渡るルポを掲載。 フジテレビ入社の経緯 (1)入社試験 1980年代、フジテレビは「楽しくなければテレビじゃない」をキャッチコピーにバラエティ番組がヒット。 視聴率は民放でダントツトップでした。 人気が高かったフジテレビに私は「総合職」(フジテレビでは「一般職」)として入社しました。 振り返ってみると、運がよかったと思いますし、何事にも代えがたい経験をしました。 入社前の経緯をこの回では書きます。 私は玉川学園の短期大学から共立大学に編入をしました。 当時短期大学卒業=短卒は各企業で引く手あまたでした。 いわゆる「買い手市場」だったんですね。 (反対の女性大卒は苦労したと記憶しています)私はマスコミ希望だったのですが、短大卒の場合、事務職になると言われました。 (その後しばらく短卒採用は中止になりました。 今はわかりません)そのため大学へ編入したのです。 大学4年だった1987年の春「マスコミセミナー」といういわゆる青田買いの場があり、ここが事実上のフジサンケイグループ採用の1次試験でした。 (その前に書類選考はありました)フジサンケイグループのどの社が希望なのか書くように言われ、第1希望「フジテレビ」第2希望「ニッポン放送」と書いた覚えがあります。 そこでの成績は英語では上位でしたが、国語などは全然ダメでした。 結果を見て「だめかも」と思いましたが、英語で何とかカバーできたのか、2次試験に進むことができました。 3次(部長面接)4次(役員面接)と人数は減ってきました。 親しくなった人の姿が次の試験では見えないと寂しい気持ちになります。 ライバルなのですが、一緒に受かりたいと思いながら面接に臨んでいました。 最終面接は錚々たるメンバーでした。 その後NHKで活躍した女性アナウンサーやコメンティターになっている女性もいました。 ちなみにこの年のフジテレビアナウンサーは、河野景子さん、有賀さつきさん、八木亜希子さんの3人でした。 思い返すと、1989年4月16日に亡くなった故鹿内春雄社長が最後に面接した社員となりました。 内定は、かなり早い時期でした。

次の

河野景子の娘が鬼かわいい!講演会でボロ儲け?性格悪くて嫌い殺到!

河野 景子 同期

アイドルアナウンサーの先駆け的存在だった、元フジテレビアナウンサーの有賀さつきさんが、先月30日に亡くなっていたことが5日、分かった。 52歳。 死因は不明。 有賀さんは先月中旬から入院していたが、体調を崩していることは周囲に知らせていなかった。 30日早朝に容体が急変して、息を引き取ったという。 葬儀は1日に親族のみで営まれた。 有賀さん、八木亜希子(現女優)、河野景子(現花田、貴乃花親方夫人)さんの3人は、アナウンサーとして88年にフジテレビに同期入社。 「花の三人娘」として、タレント以上の人気を誇った。 同局の看板番組を次々と任され、共著も出版するなど、女子アナブームをけん引したが、有賀さんは入社からわずか4年後の92年に電撃退社。 その後、2人もフジテレビから離れて、別々の道に進んだ。 訃報を受け、貴乃花親方夫人の花田景子さん(旧姓河野)は同日、悲しみのコメントをファクスで寄せた。 「突然の訃報に接し」と題し「昨年11月にメールのやり取りをした際に体調を崩しているといいながらも、私のことを気遣ってくれました」と書き出した。 昨年11月は、貴乃花部屋の貴ノ岩関が横綱・日馬富士(のちに引退)に暴行されたとする一連の騒動が発覚した時期。 「優しすぎるほどいつも優しいさつきちゃんにまたいつでも会えると思っていた自分を心の底から悔やみます。 ショックで言葉も見つかりません」と落胆が文章ににじんだ。 「連絡しようと思っていた矢先」だったという。 「いつも自分のことより周りのことを想い、礼儀正しく努力家で周りを明るくする、本当に素敵な人でした」「信じられません。 寂しくてしかたありません」としのんでいる。

次の