コナン 神回。 アニメ「名探偵コナン」の本格ミステリーおすすめ回・神回

コナンの神回で打線組んだ

コナン 神回

コナンと灰原の夫婦感溢れるシーン 結論から言うと、僕的の「コナンと灰原の夫婦感溢れるシーン」はこんな感じ。 向こうの棚よ…どーせミステリーでしょ?• それあなたの大好きな暗号でしょ?ちがうの?• 薬…あげてもいいわよ…• スケベ…どスケベ…• まだ懲りてないの!? みんなを頼む…ええ…• そゆ事… これがまたどれもイイんですよねぇ~。 甲乙つけがたいというか。 ここからは一つ一つ詳しく紹介します。 向こうの棚よ…どーせミステリーでしょ? 向こうの棚よ…どーせミステリーでしょ? あ、悪い… 出典:青山剛昌『名探偵コナン』 絶妙の夫婦感。 癒されるわぁ~。 アレかな。 スマホ探してたら「探し物はあっち。 洗濯カゴの上よ。 」的な。 相手の方が自分より自分のことに詳しい的な。 あと『ムニッ』がいい味出してる。 仲良しかよ。 スケベ…どスケベ… スケベ… どスケベ… 出典:青山剛昌『名探偵コナン』 おお。 ど真ん中ストレート(笑) てか灰原の冷めきった目よ。 ったくこいつは、、的な。 そんでもって「スケベ」からの「どスケベ」コンボ。 容赦ないな。 だけどこのズバスバ言えちゃう関係よ。 もうね。 おめでたハッピー。 新婚夫婦じゃないのよ。 こちとら鉄の絆で結ばれた熟年夫婦。 じゅっくじゅくなのよ。 だから『どスケベ』なんて挨拶代わり。 おはようと同じだよ。 まだ懲りてないの!? まだ懲りてないの!? 出典:青山剛昌『名探偵コナン』 えー。 こちら。 『妻に説教される夫』の図でございます。 コナンよ。 お主はギャンブル狂か。 賭ケグルイか。 『さあ、さあ、さあ。 賭け狂いましょぉ~~う?』じゃないのよ。 バーロー。 みんなを頼む…ええ… おい灰原…みんなを頼む… ええ… 出典:青山剛昌『名探偵コナン』 あらやだ。 夫婦感満載のやりとり。 てか何よ。 その『子どもたちを頼むぞ』からの『ええ。 分かってるわよ』のくだり。 ただの夫婦じゃん。 子育て世代じゃん。 くぅ~。 やっぱコ哀の夫婦感イイね。 たまらん。 ハマるわ。 そゆ事… そゆ事… 出典:青山剛昌『名探偵コナン』 これぞ熟年夫婦。 あうんの呼吸。 イイよねぇ~。 この「1」言えば「10」伝わる的な。 相性バツグンやないかい。 ええから早よ結婚しなさいな。 だけどヒロインは蘭なんだよなぁー。 くっそー。 こうなったら酒じゃ酒。 酒をもてーい。 どのお酒かって?。 そんなの決まっとろーが。 パイカルじゃパイカル。

次の

コナンと怪盗キッド!絶対見るべきアニメ神回と重要な映画はこれ!

コナン 神回

Contents• ミステリとして面白い名探偵コナンのエピソードベスト10 まずいろいろ観ていて思ったのは、やっぱり昔の作品のほうが面白いと感じるものが多いということ。 大きく違うのが事件のテンポで、最近になればなるほど事件までの前置きが長いことが多い気がします。 10位:名陶芸家殺人事件 小五郎は人間国宝の陶芸家・菊右衛門に招待され、コナン、蘭と共に東京郊外の家を訪れた。 小五郎のファンだという菊右衛門老人は高価な作品を惜しげもなく小五郎に与え、歓待する。 小五郎に見せようとした新作の壺「風水丸」が割れてしまい、落胆する菊右衛門。 翌朝、とんでもない事件が小五郎とコナンを待ち構えていた。 アニメ98話~99話。 自殺にしては不自然な現場と血痕がなかなか考えさせる事件。 あの状況から真相に持っていく推理は面白いし見事。 犯人が誰かも1つクリティカルな伏線があるので、集中していれば気づくかも。 9位:浪速の連続殺人事件 服部平次の招待で大阪見物を楽しむはずだったコナンと蘭、小五郎の3人は連続殺人事件に巻き込まれてしまう。 コナンたちの乗ったパトカーの上に死体が落ちてきて、同じ手口の殺人事件がこれで3件目だということを知る。 平次はコナンが犯人に刺される夢を見たと言うが、コナンは4件目の殺人事件にもかかわってしまう。 アニメ118話。 かなり面白いサスペンス作品。 謎解きのきっかけになる手がかりはかなり弱いので見てるほうがどうのこうの考えるのはかなり厳しいが、それでも面白い。 和葉の初登場作品で、掛け合いも面白い。 笑 8位:ドラキュラ荘殺人事件 吸血鬼の小説で有名なホラー作家・虎倉大介の依頼でドラキュラ荘と呼ばれる彼の山荘を訪れた小五郎と蘭、コナンは、豪雨のために山荘に一泊することになった。 その夜、一人で書斎にこもっていた虎倉は、ドラキュラの衣装を身に着け、十字架上で白木の杭を胸に打ち込まれていた凄惨な死体となって発見される。 アニメ88話~89話。 密室殺人もののアニメオリジナルエピソード。 とにかく謎の提示の仕方が上手く、どういうトリックを使ったのか考えたくなる構成になっている。 事前に視聴者に全ての手がかりがここまでわかりやすく提示されるコナン作品はあまり多くないので、これは観てる途中かなり面白かったです。 7位:降霊会W密室事件 小五郎らは山道で迷い、比良坂零輝の屋敷に助けを求める。 比良坂たちは1年前に事故死した雅原煌を呼び戻す降霊会を催すという。 降霊会が始まると怪奇現象が起き、「この中に私を殺した者がいる。 今宵、私は蘇る! この手で怨み、晴らすために」という煌の声が聞こえてくる。 この後、参加者の歌倉晶子が殺害されて…。 アニメ603~605話。 これもアニメオリジナルエピソード。 アニオリには時々会心の1作がありますね! これも密室のトリックがかなり面白い。 現場の荒れ具合や、バラバラに破かれたポスターなど、ミステリ好きなら何の意味があるのか考えたくなる手がかりがたくさん。 新しめで知らない方も多そうですが、これも必見のエピソードです。 6位:呪いの仮面は冷たく笑う 大物歌手・蘇方紅子が主催するチャリティーショーにゲスト出演することになった小五郎は、他のゲストと共に世界各国のおびただしい数の仮面が飾られた蘇方邸に招かれる。 深夜、「呪いの仮面の使者」と名乗る人物の電話で起こされた小五郎、コナン、蘭の3人は、鍵のかかった寝室で惨殺された蘇方紅子の遺体を発見する。 アニメ184話。 こちらもアニメオリジナルエピソード。 密室トリック一本の作品で、一回観たら忘れないインパクトとビジュアルの強烈さが特徴。 アニメオリジナルなので、観たことがない人は一見の価値あり。 5位:迷宮への入り口 巨大神像の怒り 小五郎、コナン、蘭の3人は天部山ロープウェイの開通式に招待された。 ロープウェイは昔から住民に信仰されてきた巨大な天女像の下にトンネルを掘って開通させたため、地元住民の反対運動が起こり新聞に書き立てられていた。 堂本観光社長・堂本栄造は地元の声を無視して開通式を強行したが…。 アニメ208話。 ロープウェイが洞窟に入った途端に被害者が消え、トンネルを抜けたと思ったら遠くの巨大神像の手の上で死体になっているという、まるで島田荘司作品のような思わず口が空いてしまうほどのインパクト。 事件の真相も良く出来ていて、トリック物として満足の1作。 これもアニメオリジナルなので知らない人は一見の価値アリ。 4位:霧天狗伝説殺人事件 コナン、蘭、小五郎が一泊することになった山寺には、若い女をさらって高い木に登り、そこに死体を吊してその肉を食うという霧天狗の伝説が伝わっていた。 修行僧たちは小五郎に、2年前に若い修行僧が伝説と同じような死に方をした事件を話そうとするが、和尚に一喝される。 翌朝、和尚が高い梁から吊されて息絶えていた。 アニメ52話。 被害者の死に方のインパクトが絶大なエピソード。 このエピソードでは手がかりがわかりやすい形で全て提示されるので、コナンより先に真相を解き明かすこともできますし、大胆なトリックとしての面白さもあるのでバランスが素晴らしいです。 ミステリ的にはかなりおすすめできる1作。 3位:そして人魚はいなくなった 奇妙な手紙を受けとった服部平次とコナンたちは人魚伝説の伝えられる若狭湾の美国島に渡った。 が、手紙の差出人・沙織は行方不明になっていた。 この日は年に一度の奇祭『儒艮 ジュゴン 祭り』の日で、不老不死のお守りとされる儒艮の矢を授かろうと人々が集まっていた。 島の人々は沙織が人魚の祟りを恐れていたと話す。 アニメ222~224話。 次々と事件が起こるサスペンス性と怖さ、多くの伏線、意外な結末とほぼ文句なしの作品。 黒の組織に関する伏線もあり、かなり力が入っていることが伺えますね。 2位:ピアノソナタ「月光」殺人事件 謎の依頼人に伊豆の小島・月影島に呼び出されたコナンたち。 依頼人は12年前にピアノソナタ「月光」を弾きながら死亡した有名なピアニストだったことを知る。 謎の依頼主のことを調べるため訪れた公民館で営まれていた前村長の法要の最中、「月光」の第一楽章と共に村の資産家が殺され、これを機に次々と殺人事件が…。 アニメ11話。 コナンの名作エピソードといえばコレ。 というかこれ以降の作品はこの作品が持つ名作オーラを未だに越えられてないように思います。 終わり方の余韻も圧倒的ですね。 ただ犯人に関しては第二の事件で結構クリティカルな手がかりが出てくるので予想がつくかも。 1位:二十年目の殺意 シンフォニー号連続殺人事件 クイズに応募したコナンたちは、見事豪華クルーザーの旅をゲットする。 乗客は他に8人。 服部平次と小五郎の先輩の元警視・鮫崎もいた。 鮫崎は二十年前の現金強奪事件の主犯・叶才三と同じ名の乗客がいると知り色めき立つ。 が、その時、非常用縄ばしごの箱の中から乗客の一人・蟹江らしい焼死体が発見される。 アニメ174話。 王道の船上ミステリー。 物語のバックボーンがしっかりしているので最初から引き込まれるし、事件のサスペンス性、謎解きのクオリティもピカイチ。 スペシャル作品なので時間も1時間33分と長く、それでいて純粋なミステリ物なので素晴らしい。 劇場版並のクオリティ。 番外:劇場版名探偵コナンのミステリ視点ランキング 劇場版のコナンは、作品が進むに連れてどんどんアクション要素が多くなってミステリ要素は弱くなっていきます。 なのでミステリとして面白いのはやっぱり初期の作品ですね~。 (というか初期でもミステリとしての面白さは弱めで、サスペンス寄り) ちなみに、単純に映画として好きなのは「天国へのカウントダウン」と「ベイカー街の亡霊」です。 笑 3位:瞳の中の暗殺者 警察官が連続して殺される事件が発生。 凶悪テロ、あるいは過激派の犯行なのか! 殺された二人は、いずれも警察手帳をにぎりしめていた。 この殺人事件に偶然遭遇したコナン。 これは、警察内部で使われる用語で、事件が警察内部に関わることを意味する。 警視庁からの情報がない中、遂には蘭の命までもが狙われる! ショックのあまり、記憶を失った蘭をコナンは守りきれるのか…。 サスペンス性が非常に高い作品。 犯人の描かれ方が劇場版の中では圧倒的に怖いので、事件のスリルも個人的にはこれが1番かも。 ただ事件は魅力的な滑り出しをする割に、展開は蘭の記憶に関しての話が多くを占めるのでミステリとしては甘め。 ミステリとして観なければ相当完成度が高く、劇場版コナンの中でもトップクラスに見応えがあると思います。 2位:14番目の標的 コナンの身近な人々、目暮警部、蘭の母親の妃英理、阿笠博士が、立て続けに命を狙われるという事件が起こった。 犯行現場には謎のキーワードとしてトランプが残されていた。 事件の真相を追うコナンたちは、海中レストランへ向かうが、そこには新たなる殺人劇が待ち受けていた…! 有名なあの「ABC殺人事件」を彷彿とさせる作品ですね。 事件のスケールの割に動機でかなりずっこける作品ではありますがw、真正面からのミステリ作品なのでこの観点だと評価は上位。 1位:時計仕掛けの摩天楼 新一宛に世界的に有名な建築家・森谷教授の邸宅で開かれるパーティーの招待状が届いた。 コナンは、蘭と小五郎を誘い出席する。 それが事件の始まりだった…。 プラスティック爆弾用の特殊火薬が大量に盗まれる事件が発生し、その犯人と名乗る男から予告電話が入り、現場に駈けつけるコナン。 そこへ「なぜ工藤が来ない! 」と再び犯人から電話が入る。 ヤツはどこからか見ているのか?! そして、連続して犯人からの爆弾予告。 いったいどこに爆弾を仕掛けたのか? 刻々と迫るタイムリミット、コナンに打つ手はあるのか! 1作目の時計仕掛けの摩天楼は大人も楽しめる良質ミステリーだと思います。 特に事件の動機がヘボいものが多い劇場版の中でも、明らかに異彩を放ってます。 ただフーダニットに関してはもはや迷う選択肢すら用意されていないので…w 名探偵コナンはHuluで全部観れちゃう ここまで名探偵コナンの「ミステリ」エピソードランキングを作ってきましたが、 これらのエピソードはHuluで見放題なのでこれで一気に観まくってました。 アニメオリジナルエピソードには上で紹介したように面白いものが結構あるので、これを機に是非観てみて下さいね! 2019-04-30 13:51 カテゴリー• 335•

次の

アニメ「名探偵コナン」おすすめ本格ミステリー話まとめ|神回を紹介!

コナン 神回

26巻「命がけの復活」 帝丹高校の文化祭で 蘭の疑いを晴らすために元の姿に戻ります。 ちなみに「初めての解毒薬」。 ただ、最終的にはコナンに戻ってしまい、 蘭に想いを伝えることはできず、、。 最後は、コナンの姿に戻った後に・・ あ、あのさ…新一兄ちゃん言ってたよ… いつか…いつか必ず絶対に… 死んでも戻って来るから それまで蘭に待ってて欲しいんだって… 出典:青山剛昌『名探偵コナン』 という精いっぱいの言葉を伝えて、 再度、元の体に戻ることを決意したコナン。 惚れる。 なんていうか、大人な雰囲気のコナンっていうか、 真剣な眼差しでズバッ!と来る感じっていうか。 結婚してくれ。 てなわけで、お次ー。 次は、久しぶりの登場になった回です。 62ー63巻「殺人犯、工藤新一」 博士がコナンに「風邪薬」と間違えて、 「解毒薬」を渡してしまったことで 元の新一の姿に戻る、という話。 当然、事件に巻き込まれるが見事に解決。 その後、帰宅する車の中で、 蘭とお互いに両想いなのか?を聞きたいが なかなか切り出せない2人、、。 そこで更に、2つ目の事件が発生。 コナンの姿に戻るリミットが迫るなか、 平次と2人で事件を解決するが時間切れ。 もうね、むむむむーーー!って感じですよ。 ちょ、新ちゃん!まじで早く告らないとヤバいって! いやいや、今は事件より蘭ちゃんでしょ!みたいな(笑) てか、そもそもね、 この状況を作っちゃった博士ーーー!!っつって。 「風邪薬」と「解毒薬」を 間違えちゃダメでしょー!っつって。 だめ、ぜったい。 だよ、本当に(笑) ただ、これが伏線になって 次のエピソードに繋がってきます。 71ー72巻「ホームズの黙示録」 パスポート関係の問題(コナンは実在しない人物)のため、 薬を飲んで新一の姿でロンドンに行きました。 その後、蘭と会うことになったものの、 今までの行動から蘭を怒らせてしまう新一、、。 最終的には、その場から離れようとする蘭を引き止め、 まさかの勢いのまま告る新一。 オメーは厄介な難事件なんだよ! 余計な感情が入りまくって、 たとえオレがホームズでも解くのは無理だろーぜ! 好きな女の心を… 正確に読み取るなんて事はな!! 出典:青山剛昌『名探偵コナン』 もうね、読者的には、 おおおおおーーー!!!! 遂に、遂に、この瞬間が!!!!みたいな 笑 なんか事件とかどーでもいいっつーか、 あれ?コナンって少女漫画だっけ?みたいな。 そういう感覚になっちゃうほど、 このコナンが元の姿に戻る回はヤバいったらなんの! ただ、蘭の返事は聞けないまま、 またコナンの姿に戻ってしまいますが、 それが次の修学旅行編で解決します。 94ー95巻「紅の修学旅行」 帝丹高校の修学旅行に参加するために 薬を飲んで元の姿に戻ります。 で、事件に遭遇。 もうね、事件発生率がハンパないけど、 それがコナンって漫画ってことにして、、。 事件解決後、京都の清水寺で 蘭からほっぺにキスをしてもらう新一。 そして、キスが蘭流の告白の返事。 これ(キス)がわたしの返事… これじゃダメ…かなぁ? 出典:青山剛昌『名探偵コナン』 もうね、なんかおしゃれ。 キスが告白の返事とか、 なんかよく分かんないけどおしゃれ、、笑 その後、新一と蘭は口づけを交わそうとしますが、ここで薬の効果タイムアーーップ!! 最終的に、コナンの姿に戻ってしまうものの 蘭と新一は「正式に」付き合うことに。 いやー、よかったよかった。 蘭ちゃんもコナンの連載始まって 20年以上待った甲斐があったよー!っつって(笑) にしても、やっぱコナンが薬で元の姿に戻るときは、 「蘭」との関係性が進むときですね。

次の