ミコナゾール 硝酸塩 クリーム。 ミコナゾール市販薬はカンジタ菌に効果あり?

メディトリートクリーム| 製品詳細

ミコナゾール 硝酸塩 クリーム

白癬(水虫)やカンジダ症の治療に用います。 皮膚真菌症の多くは白癬菌が原因ですが、ほかにもカンジダや癜風菌によるものがあります。 カンジダ症は抵抗力が落ちているとき、癜風は高温・多湿で発症しやすい皮膚病です。 このお薬は、そのような皮膚真菌症の治療に用います。 有効成は、ミコナゾールというイミダゾール系の抗真菌薬です。 強い抗真菌活性と幅広い抗真菌スペクトルを特徴とし、水虫の原因菌である白癬菌にくわえカンジダや癜風菌にも有効です。 殺菌的に作用するので、きちんと治療すれば完全に治せます。 【薬理】 真菌の細胞で人と違うところは、エルゴステロールを主成分とする植物性細胞膜をもっている点です。 この薬は、そのエルゴステロールの生合成を阻害し、真菌の発育を抑制または阻止することにより、殺菌的に抗真菌作用を発揮します。 アゾール系のうちのイミダゾール系抗真菌薬です。 この系統は効き目がよく、刺激痛などの副作用も比較的少ないことから、皮膚真菌症の治療に広く使われています。 足白癬(水虫)のほか、体部白癬(ぜにたむし)、股部白癬(いんきんたむし)、カンジダ症、癜風などに適用します。• どんな症状にも使いやすいクリーム剤です。 適度な浸透力と貯留性があります。 注意 【診察で】• 水虫の薬でカブレを起こしたことのある人は、医師に話してください。• 市販の水虫薬を使用していた場合は、そのことを伝えておきましょう。 検査で菌が見つけにくいことがあります。 【注意する人】 ただれのひどい患部や、傷のある部分は慎重に用いるようにします。 【飲み合わせ・食べ合わせ】 皮膚からほとんど吸収されませんが、血栓の薬のワルファリン(ワーファリン)と併用する場合は、ワルファリンによる出血に念のため注意してください。 【使用にあたり】• 指示された期間、治療を続けることが大切です。 足の裏など角質層が厚い部分では半年から1年以上続けないと完治しないことがあります。• 決められた使用回数を守ってください。 使いすぎると皮膚が荒れたり、カブレを起こすことがあります。• よく擦り込むようにしてください。 皮膚の角質層に十分浸透させるようにします。• 水虫の治療の第一のポイントは「広めに塗る」こと、第二は「根気よく続ける」ことです。 周囲に付いている菌や角質に潜んでいる菌を完全に死滅させるためです。• 誤って、目に入らないように注意してください。• 治療開始後2〜3週間しても症状が改善しない場合は、医師に相談してみましょう。 【食生活】• 患部をよく洗い、そして乾燥に努めることです。 靴下、バスマット、トイレのスリッパなども感染源になりやすいので、こまめに洗濯し清潔にしておきましょう。• コンドームなど避妊用ラテックスゴム製品を劣化・破損するおそれがあります。 これらとの接触を避ける必要があります。 効能 下記の皮膚真菌症の治療• 白癬:体部白癬(斑状小水疱性白癬、頑癬)、股部白癬(頑癬)、足部白癬(汗疱状白癬)• カンジダ症:指間びらん症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、爪囲炎、外陰カンジダ症、皮膚カンジダ症• 癜風 用法 1日2〜3回、患部に塗布する。 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 塗り薬ですので、副作用は少ないです。 塗布時の軽い刺激感は心配いりません。 ただ、人によってはカブレを起こすことがあります。 かえって赤みやカユミがひどくなる場合は早めに受診してください。 刺激感(しみる、ヒリヒリする、熱感)• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

ミコナゾール:フロリードD

ミコナゾール 硝酸塩 クリーム

UK: POM• 1969年、により開発された。 他のアゾール系抗真菌薬と同様、のに含まれるの生合成を阻害する。 主として塩の形で皮膚・粘膜に適用され、単独で内服用にも適用される。 真菌によるの防止用にに配合した製品もある。 またにも用いられる。 医薬用途の他に、一部の製品の用定着液にも用いられている [ ]。 に収載されている。 適応症 クリーム ミコナゾール硝酸塩クリーム剤としての適応症• 皮膚真菌症の治療• :体部白癬(斑状小水疱性白癬、頑癬)、股部白癬(頑癬)、足部白癬(汗疱状白癬)• :指間症、間擦疹、乳児寄生菌性紅斑、、外陰カンジダ症、皮膚カンジダ症• 腟坐剤 ミコナゾール硝酸塩としての適応症• カンジダ腟炎・外陰腟炎 経口 ミコナゾールとしての適応症• 口腔カンジダ症、食道カンジダ症 注射剤 ミコナゾールとしての適応症• 、、、による真菌血症、肺真菌症、消化管真菌症、尿路真菌症、真菌髄膜炎 禁忌 経口剤と注射剤は、、、、、、、、、、、、と薬物相互作用を起こすので、これらの薬を投与中の患者は使用してはならない。 副作用 注射剤では以下のような重大な副作用が現れる場合がある。 、(頻度不明)• (頻度不明)• 、心室性(心室性、等)(頻度不明)• 、減少、減少(頻度不明) 投与経路別の副作用発現率は、クリーム:0. 出典 []• 2016年7月3日閲覧。 Ophir J, Krakowski A, Brenner S, Siegman-Igra Y, Michaeli D 1983. J Infect Dis 148 6 : 1168. World Health Organization 2013年10月. 2014年4月22日閲覧。 2016年11月6日閲覧。 2016年7月3日閲覧。 2016年11月6日閲覧。 2016年11月6日閲覧。 この項目は、に関連した です。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(/)。

次の

【政府情報】 新たに承認された第一類医薬品(一般用医薬品販売制度)(平成21年1月28日)2009/01/28

ミコナゾール 硝酸塩 クリーム

腟カンジダは、かぜ、疲労、ストレスなどで免疫機能が低下したり、以下の要因で腟の中のカンジダ菌が増殖し、発症する疾患で、腟のかゆみ、おりもの(白色)、発赤、熱感、痛みを生じます。 一度発症すると再発しやすい疾患です。 腟症状を伴う場合は、必ず メディトリートと併用してご使用ください。 効能・効果 腟カンジダの再発による、発疹を伴う外陰部のかゆみ(過去に医師の診断・治療を受けた方に限る)ただし、腟症状(おりもの、熱感等)を伴う場合は、必ず腟剤(腟に挿入する薬)を併用してください。 用法・用量 成人(15歳以上60歳未満)、1日2~3回、適量を患部に塗布してください。 ただし、 3日間使用しても症状の改善がみられないか、 6日間使用しても症状が消失しない場合は、医師の診療を受けてください。 (1)外陰部症状のみの場合:本剤を使用してください。 腟剤(腟に挿入する薬)との併用が望まれます。 (2)腟症状(おりもの、熱感等)を伴う場合:本剤に腟剤(腟に挿入する薬)を併用してください。 成分 1g中 ミコナゾール硝酸塩 10mg 添加物:ポリオキシエチレンセチルエーテル、自己乳化型モノステアリン酸グリセリン、パラベン、ミリスチン酸イソプロピル、流動パラフィン、セタノール 包装 希望小売価格 消費税抜 (円) 10g 1,220 [使用期限表示品].

次の