いたち やま が くいん。 いたち川に架かる橋

いたち川沿いの立山禅定道(富山市)

いたち やま が くいん

かつての立山登拝の道をめぐる 江戸時代の立山登山はずっと徒歩で行くのが普通だった。 その道は幾筋もあったそうだが、主たるものはいたち川ぞいの道だったという。 そこで、今回は、いたち川の取水口までの道とその沿線の見所をご紹介しよう。 まず、いたち川の名前の由来だが、伝説によると、常願寺川の堤防に巣食っていたイタチの巣穴から漏水決潰して溢れ出た水で生じた川だからイタチ川と名付けられたという。 一方、天正9(1581)年に常願寺川が大氾濫して富山平野を荒らした際、報告を受けた富山城主・佐々成政が災害を視察し、このまま川に仕立てて、田畑の灌漑、城の防備に役立てた方がよいと人夫を徴発して積極的に施工、造作したことから、佐々成政によって造作された川と言われるようになり、人夫を使役した人工の川だから役(えだち)川の意だと解説した方もある。 一方、『神通川と呉羽丘陵』の中で、著者の廣瀬誠さんは、これは合理的に見えて、かえって無理なこじつけであろうと述べ、イタチの穴から決潰したというのは事実でないかもしれないが、イタチの多く生息した川と考えてよいと思うと述べている。 なお、『上杉年譜』には、成政が越中に在任するよりも10年も前の項にイタチ川の名を明記しているという。 さて、富山の町からの立山登拝の道は、通坊前(かつて伏木の勝興寺の支坊があり、賑わった。 明治初期には中教院が設けられた)から川沿いにたどる道と、西町から太田口通り、中野口へと進む道があり、大泉の茶屋で合流していた。 茶屋の脇には、尾張名古屋の杉屋佐太郎が、立山禅定で死去した父・佐助の供養のために建てた道標があった。 現在、茶店はないが、道標は残っている。 右側の道は、上滝街道と呼ばれ、下ノ番、善名、三室荒屋などの村々を通り、上滝へ通じ、そこから常願寺川を渡り立山へ向かっていたという。 なお、途中、太田本郷城主の娘の病気が治ったという伝説がある「的場の清水」で一休みしていくのが慣習だったそうだ。 この清水が枯れたのは、耕地整理の影響によるものだそう。 地元の自治会などではこれを復活させようという運動もなされているようだ。 登拝者が必ず参拝したという刀尾(たちお)神社とその横の刀尾寺は、もとは一体で、刀尾寺の入り口にも鳥居がある。 いたち川は、常西合口用水(常願寺川上流の横江堰堤から取水)からの取水口から始まるが、その場所には、茶色の大きな設備があり、常願寺川第二発電所の取水口にもなっているようだ。 かつてそばに茶屋があり、ここで一休みしてゆくのが常だったとか。 戦前、成人儀礼の立山登山に際し、ここまで家族が送り迎えをする習わしがあったそう。 織田信長に派遣され、近くの太田本郷城を居城とした斎藤新吾の娘が皮膚病にかかり、医薬の効果もないので、刀尾権現に祈願したところ、権現が枕元に現れ、お告げの通り霊泉を発見し、娘の病も治ったという。 現在は枯れている。 立山禅定道をたどる登拝者は必ず参拝したという。 石碑の慈興上人とは、立山を開山した佐伯有頼のこと。 1580年頃、常願寺川氾濫防止の祈祷寺として建立された。 佐々成政、加賀藩主、富山藩主の尊信を集め、水防の守護として領民から厚く信仰された。 Archives•

次の

シェアサイクル(アヴィレ)

いたち やま が くいん

(利用時間にご注意ください。 何度でもレンタル可能。 アヴィレで行くおすすめスポット <富山駅北エリア> 『富岩運河環水公園』 富山駅から北に自転車で5分。 自然と富岩運河の歴史を大切を活かした富岩運河環水公園。 7haの広い敷地内には、芝生や運河が広がります。 「世界一美しい」と言われているスターバックスコーヒーや「フレンチの鉄人」坂井宏之監修のレストランもあり、人気のスポットとなっています。 緑の美しさと、水辺のきらめき、ゆったりと流れる時間が心を癒してくれます。 夜のライトアップも大変幻想的です。 『樂翠亭美術館』 約4,000平方メートルの広大な敷地に1950年代に建築された和風邸宅を改修したアートにあふれたスタイリッシュな空間の美術館。 庭園の美と共に、日本建築の和の空間で日本の匠の技から現代作家の表現までを鑑賞できます。 ミュージアムショップや喫茶スペースも併設されています。 <富山駅南エリア> 『富山城』 富山駅から南に自転車で5分。 掘りや石垣などに当時の面影を感じながら中に入れば、富山市郷土博物館があり、400年以上にわたる富山城の歴史を知ることができます。 また、前田利長が使用したといわれる長さ140cmの兜も見どころです。 また、お堀前のAMAZING TOYAMAモニュメントは記念の写真スポットとしても人気です。 『富山市役所展望塔』 地上70メートルからは、富山市街地、そして天気の良い日には、立山連峰やお隣石川県の能登半島と360度の大パノラマを楽しめます。 「立山あおぐ特等席」に指定されています。 平日、土日祝日ともに無料開放されています。 『松川沿い』 松川沿いにある「松川べり彫刻公園」には、県内外の彫刻家の作品が28点設置されています。 春は桜、夏は緑、秋は紅葉、冬は雪化粧した木々と四季の移り変わりと一緒に楽しめる自然の中の美術館です。 松川にかかる橋には、時折ガラスが使用されており、「ガラスの街とやま」を感じることもできます。 『いたち川沿い・石倉町延命地蔵』 芥川賞作家宮本輝「蛍川」の舞台となったいたち川。 その川沿いの湧水は「万病に効く水」として知られており、多くの人が「延命地蔵の水」を汲みに訪れます。 この長寿の水をいただきに、いたち川を訪ねてみてはいかがでしょう。

次の

いたち川(富山市)

いたち やま が くいん

この記事はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年9月) 伊太地山伝兵衛(いたちやま でんべい、 - )は日本の歌手、ギタリスト。 生まれ 水瓶座AB型。 活動の主をライブとし全国で展開する。 その数は毎年200本を越えるツアーミュージシャン。 慶應大卒、もと銀行員の経歴を経て1994年東芝EMIから『Wesが聴こえる』でメジャーデビュー。 既成概念にとらわれず自由なスタイルで多数のアーティストと共演。 熟した大人の魅力溢れる歌声で、全国に熱狂的な幅広い層のファンが存在している。 2013年11月15日、胆嚢炎から引き起こされた敗血症で死去。 56歳没。 音楽基盤~SOUND STYLE [ ] 、を好んで弾いていた1970年代の思春期、の複雑なコードテンションの響きに魅了され、このボサをきっかけにや等、次第にの世界へとのめり込んでいく。 それらの思春期に触れてきた各ジャンルの要素はその後何一つ削られることなく彼の音楽基盤となり、結果的に伝兵衛ならではの「ジャズフレーバー溢れるサウンドで楽曲を包み込み、親しみのある日本語の歌詞を耳に入りやすいポップな音にのせ、温かくて深いブルージーな声で心に届ける」という、バランスよく実に繊細で多彩な要素を含んだサウンドスタイルとなる。 活動の軌跡~STAGE STYLE [ ] 1985年に上京しギターデュオからのライブ活動が後にメンバーを加え、1987年バンド「」となる。 、、、、 、等と全国各地で共演し、1993年初アルバム「」をリリース。 翌1994年から「WESが聴こえる」でメジャーデビューを果たす。 ディスコグラフィ [ ] Album• 1993 伊太地山伝兵衛商会「Wesが聴こえる」• 1994 伊太地山伝兵衛「Wesが聴こえる」東芝EMI• 1997 伊太地山伝兵衛商会「The Third Period」• 1999 DUST「DUST」• 2000 DUST「西風」• 2001 DUST-PONTA「DUST-PONTA LIVE」• 2002 伊太地山弦楽団「たびのつづき」• 2004 伊太地山伝兵衛「猫にジャズ」• 2004 伊太地山伝兵衛「続たびのつづき」• 2006 伊太地山伝兵衛「伝兵衛、佐山を唄う」• 2008 伊太地山伝兵衛&村上PONTA秀一「伝PON楽団」• 2009 伊太地山伝兵衛「ENCORE」• 2010 伊太地山伝兵衛&石井康二DUO「薄利多売」• 2011 DUST「DUST4」• 2012 伊太地山伝兵衛「続々たびのつづき」• 2012 伊太地山伝兵衛「唄伝兵衛」• 2013 DEPONATION「#1」 Single•

次の