ソン ウェイ ロン。 イケメン俳優2人は似過ぎている?ウー・レイとソン・ウェイロン、ボディーガードが間違える珍事発生―中国(2018年4月20日)|BIGLOBEニュース

samsungpaybirthday.dja.com

ソン ウェイ ロン

米軍放送のAFN 昔はFENと呼ばれていました にはカントリーのヒットチャートの番組があります。 驚くことに、現在のカントリーはメロディはおろか節回しまでも流行りのポップスと変わらない曲が多いです。 カントリー専門の放送局で扱うからカントリーのヒットになるというのは、エルヴィス・プレスリーのロカビリーもかつてはそうでありました。 そういうのはあくまでも例外で、60年代以降のカントリーの主流は割かし大人向けのポップなもので、フィドルやマンドリンなどの弦楽器を使う伝統を守り受け継ぐというカントリーに対するイメージからずれています。 今回取り上げるウェイロン・ジェニングスはそういう伝統を引き継いだ人なのですが、それに70年代ロックの精神を吹き込みロック好きの若者も惹き付けて、彼の「アウトロー」はカントリー界で認知されることになりました。 「アウトロー」というのはナッシュヴィル流のきっちりした曲作りが合わなかった彼が見つけた金脈と言えるし、そういうものをちゃっかり売り出すというカントリー界には商魂逞しいものがあるし、「アウトロー」という枠を抜け出して彼がロックに転身するということもありませんでした。 それでも彼自身が好奇心と追求心のあるミュージシャンであったからこそ、全盛期の曲には良質のカントリー・ロックにあるような新鮮さと興奮があるのかもしれません。 という4枚組の編集盤には、彼のちょっとした伝記がライナーノーツに記されています。 テキサスの片田舎で生まれたウェイロンはカントリーのラジオ局を聴いて育ち、10代のうちにラジオ局のDJの職に就きます。 バディ・ホリーはソロになった後もウェイロンをベーシストとして従えてツアーをしたり、ウェイロンの曲の製作に一役買ったりします。 私がウェイロン・ジェニングスの名前をはじめて耳にしたのは、バディ・ホリーと「ラ・バンバ」のリッチー・ヴァレンスと、ビッグ・ボッパーを乗せた飛行機に彼が乗るはずだったという逸話でした。 この飛行機事故の後、彼はアリゾナのフェニックスのクラブで演奏するようになり、そこでの評判がきっかけでナッシュヴィルのRCAと契約します。 当時のナッシュヴィル・サウンドというのは、RCAのチェット・アトキンスやデッカのオーウェン・ブラッドリーといったプロデューサーが主導するスタジオ・ミュージシャンとオーケストラとコーラスが多用されたもので、ホンキー・トンクやブルーグラスのように弦楽器を主体にしたバンドの音楽ではありませんでした。 チェット・アトキンスが製作した代表曲は、ドン・ギブソンの Oh Lonesome Me や、ジム・リーヴスの He'll Have to Go、ザ・ブラウンズの The Three Bells、スキーター・デイヴィスの The End of the World で、オーウェン・ブラッドリーの方はパッツィ・クラインの I Fall to Pieces などで、カントリーに留まらずポップスとしても人気になりました や などで聞けます。 この時代のウェイロンの曲には That's What You Get For Lovin' Me や The Chokin' Kind 、チャック・ベリーの Brown Eyed Handsome Man があります。 自身が優れたギタリストであるもののチェット・アトキンスは多くの楽器を使っての全体の調和を重視していて、ウェイロンにもギターを弾かせていますがその演奏は控えめです。 それでもDVDの に収録されてるジョニー・キャッシュの番組での Only Daddy That'll Walk the Line では、彼自慢のテレキャスターでカントリーらしくないギター・ソロを披露しています。 なおこの映像で写っている彼のバックは、彼の奥さんのジェシ・コルターが当時の流行の盛り盛りにした髪型でキーボードを弾き、ダブル・ネックのギターでリズムを刻む人がいたりと、ジョニー・キャッシュだから許される構成であります。 70年代になるとチェット・アトキンスやその弟子のプロデューサーによる創作に対する制約に我慢しきれなくなり、RCAとの契約更新で大幅な製作の自由を勝ち取った彼は自分でプロデュースするなど主導権を握ることになります。 彼の音楽に躍動感を与えたのは、一にも二にもラルフ・ムーニーというスチール・ギター奏者です。 バック・オーウェンスやマール・ハガードといったカリフォルニアのべーカーズフィールド・サウンドでもバックを勤めていた彼は心地よくメロディを展開する弾き方をしていて、ウェイロンのギター・ソロもそれに共鳴して輝きを増すことになります。 弦楽器の音の重なりが最高な Lonesome, On'ry and Mean 、ラルフ・ムーニーと共に長年に渡ってウェイロンを補佐することになるリッチー・アルブライトのドラムや歪むギターが殆どロックと言ってもよい Honky Tonk Hero、音の隙間が荒野を感じさせる It's not Supposed to be That Way や Amanda や Dreaming My Dreams with You 、まるでCCRのような Waymore's Blues に、ヒット曲の This Time、 I'm a Ramblin' Man、 Are You Sure Hank Done It This Way、 Rainy Day Woman などは、今までの鬱憤を晴らすような弾けっぷりです。 彼のような音楽が「アウトロー」と呼ばれるようになったきっかけは、まだ彼自身がプロデュースする前で髪を伸ばしはじめた頃の Ladies Love Outlaws です。 その後のむさぐるしい鬚を貯えつつカウボーイの良いも悪いも含めた理想像を歌う姿は、同じRCAで不遇の時代を過ごしたウィリー・ネルソンと共に昔のカントリーの野性的な側面を人々に思い出させました。 というアルバムは、RCA時代のウィリーの曲とウェイロンの過去のヒット、ジェシ・コルターとウェイロンにスタジオを提供したりして協力したトムポール・グレイサーの曲を寄せ集めたものです。 その中の Good Hearted Woman 以降ウィリーとのデュエットのヒットが多く生まれることになります。 メンフィス・ソウルやエルヴィスをプロデュースしてきたチップス・モーマンによる Luckenbuch, Texas や、 The Wurlitzer Prize 、 Mama Don't Let Your Babies Grow Up to Be Cowboys 後の二曲は二人の新作とウェイロンの昔の曲にウィリーの声を乗せた曲も寄せ集めた にも収録されています などは、ソロでも売れている人達の夢の共演といった感じで気楽に楽しめます。 この「アウトロー」のおかげでハンク・ウィリアムス・ジュニアは親父さんの影から抜けだせたし、ジョニー・キャッシュも作曲家で俳優のクリス・クリストファーソンも経歴に箔をつけるしで のタイトル曲はこの二人とウェイロンとウィリーが歌って、チップスが一枚噛んだ味わい深い曲です 、「アウトロー」は立派なカントリーのブランドとなりました。 ブランドというのは皮肉な物言いですが、「アウトロー」という枠組みに対してウィリーは自由だったものの、元祖のウェイロンはそれに囚われていた印象がどうしても拭えません。 ウェイロンが仲良く写真に収まっているロック畑の人はメタリカのメンバーなどかなり限られています。 それでも彼のマーシャル・タッカー・バンドの Can't You See やニール・ヤングの Are You Ready for the Country 、 I've Always been Crazy、 Come with Me、 I Ain't Living Long Like This 、ロス・ロボスの Will the Wolf Survive? といった曲や、ライブ映像での佇まい、鷲とWの字をあしらった印章などはロックとの違いは殆どありません。 それに加えて大きいのは、彼のギターやラルフ・ムーニーのスチール・ギターなどの音の組み合わさり方が何とも最高に気持ちいいしかっこいいことです。 カー・アクションとギャグで人気だったお馬鹿テレビドラマの「爆発!デューク」のテーマ曲 Theme from the Dukes of Hazzard は、たった二分少々の時間にその気持ちよさとかっこよさが凝縮されています。 そういうのを求めて、私なんかはカントリーの方にも触手を伸ばしたりするわけです。 2008.

次の

イケメン俳優2人は似過ぎている?ウー・レイとソン・ウェイロン、ボディーガードが間違える珍事発生―中国(2018年4月20日)|BIGLOBEニュース

ソン ウェイ ロン

1960年代のカントリー界は、商業的成功を第一に掲げたクセのない甘くポップなサウンドが主流となっていた。 テネシー州ナッシュビルがすべてをコントロールしていたが、対抗する動きも少なからずあった。 ジョニー・キャッシュはレコード会社の反対を押し切って刑務所での荒々しいライブ録音盤を制作し、刑務所上がりのマール・ハガードはカリフォルニア州ベイカーズフィールドでホンキー・トンク・カントリーを復権。 そんな流れが一つになる時がやってきた。 ヒッピー運動やベトナム戦争の挫折を経たアメリカ建国200年を背景に、「レッドネック・ロック」「アウトロー・カントリー」と呼ばれるシーンが1970年代半ばに確立。 全米規模でムーヴメントを起こすことになる。 ナッシュビルの保守的な音楽産業と商業主義に反旗を立て、 長髪にカウボーイハットを被ったミュージシャンたちが新たな拠点テキサス州オースティンに集まり始めたのだ。 中でも、1960年代からナッシュビルのシステムと折り合いがつかなかったウィリー・ネルソンとウェイロン・ジェニングス。 二人が中心となって制作した1976年のアルバム『Wanted! 1980年代に不遇の時代を送っていたジョニー・キャッシュを救ったのも、このアウトローたちの結束だった。 ウィリー・ネルソンが呼びかけたテキサスでのステージがきっかけとなり、再会した顔役とでも言うべき4人 キャッシュ、ジェニングス、ネルソン、クリストファーソン は自分たちをハイウェイメンと名乗ることにし、1985年にアウトローの歌を綴ったアルバム『Highwayman』をリリース。 アルバム・シングル共にすぐさまカントリー・チャートの1位に上り詰める。 好況に浮かれていたアメリカにアウトロー魂が蘇ったのだ。 まだ鉄道がなかった時代。 馬に乗って街道に出没し、金持ちから金品を巻き上げたという盗賊を意味するタイトル曲「Highwayman」は、4人が順番に歌っていく。 それはアウトローとナッシュビルの関係にもどこか似ていた。 最後に歌ったのは、カントリー界でアウトローの居場所を最初に作ったジョニー・キャッシュだった。 この世にお別れしたら 安らかに眠る場所を探そう もしかしたら またハイウェイマンに生まれ変わるかもしれない でなければ 単に雨粒となって降り注ぐか いずれにしろ俺は生き続ける この世にきっと帰って来るよ この曲はキャッシュ死去のニュースの際に、よく流れていたという。 長髪にカウボーイハットを被ったミュージシャンたち ウィリー・ネルソンやウェイロン・ジェニングスのほか、ジェリー・ジェフ・ウォーカー、マイケル・マーティン・マーフィ、ビリー・ジョー・シェイヴァー、ガイ・クラークなど。 ここで少しカントリー界のアウトローの系譜をたどろう。 酒のせいでナッシュビルの聖地グランド・オール・オプリーから締め出されたハンク・ウィリアムズ。 ドラッグやアルコール中毒の伝説となったジョージ・ジョーンズ。 刑務所上がりで有名なのはマール・ハガードやデビッド・アラン・コーだ。 一匹狼ならタウンズ・ヴァン・ザントが深い印象を残す。 グラム・パーソンズはキース・リチャーズにカントリーを教え、その友情からストーンズ流のカントリーナンバーが生まれた。 ジョン・プレイン、スティーブ・グッドマン、シェル・シルヴァスタインらの曲はアウトローたちが何度も取り上げる。 1980年代後半からはドワイト・ヨーカムやトラヴィス・トリット、2000年代以降ではライアン・アダムスに同じスピリットが感じられる。 共通する一番大切なことは、アウトローが素晴らしい曲を作ったり歌ったりするということだ。

次の

ウェイロン・ジェニングス

ソン ウェイ ロン

Waylon Jennings 基本情報 生誕 1937-06-15 出身地 死没 2002-02-13 (64歳没) ジャンル 職業 ウェイロン・ジェニングス( Waylon Jennings、 - )は、の、である。 8歳からギターを弾き始め、14歳からラジオ局で演奏を披露するようになる。 やの各ラジオ局でDJとして働いたのち、1958年にに声を掛けられ、「 」と「 When Sin Stops Love Begins 」で初レコーディングのデビューを果たす。 その後、バンド「」を結成したジェニングスは、独立系レーベルやを経て、で成功する。 1970年代、ジェニングスは ()発端の助力となった。 彼がリリースしたアルバム「 」「 」は絶賛され、「 」「 」もヒットアルバムとなる。 1976年、彼が、 ()、 ()と共に出したアルバム「 」 は初のプラチナ認定を受けたカントリーアルバムとなった。 一方、私生活ではを使用していたことから1980年代初頭までコカイン中毒に苦しみ、1984年に止めている。 その後、ウィリー・ネルソン、、と一緒にのグループ「」に加入、1985年から1995年の間に3枚のアルバムをリリースした。 1997年以降、彼はより多くの時間を家族と過ごすためにツアーを減らすようになり、1999年から2001年の間は、健康上の都合により彼の登場が制限された。 ジェニングスは2001年に ()入りを果たしているのだが、彼はこの時も欠席している。 2002年2月13日、ジェニングスはの合併症により64歳で死去した。 生い立ち [ ] 1937年6月15日、ウェイロン・ジェニングスは近郊の農場で生まれた。 出生証明書での彼の名前はウェイランド Wayland である。 テキサス州プレーンビューにあるにちなんだ命名でバプテスト教会の伝道師が母親を祝福したのだが、同大学を知らなかったロレーヌ・ジェニングスが綴りをウェイロン Waylon に変更してしまった。 後年、ジェニングスは自伝で「私はウェイロンが好きではなかった。 それはダサくて田舎者のような響きだった。 でも自分には良いものとなっており、私には今やウェイロンがだいぶ馴染んでいる」と述べている。 音楽経歴 [ ] 音楽との出会い [ ] ジェニングスが8歳の時、母親が「Thirty Pieces of Silver」という曲でギターの弾きかたを彼に教えた。 母親が中古のステラ を購入するまでジェニングスは近親者のギターで練習し、後にハーモニー社のパトリシャン を注文した。 初期の影響は、、、、、、だった。 家族の集会から始めたジェニングスは青少年センターで公演し、その後地元のやに出演した。 彼は、地元テレビ局のタレント・ショー にて「」を歌って優勝した。 後に彼は地元のタレント・ナイト期間中にリトルフィールドのパレス・シアターで頻繁に公演した。 ジェニングスは、リトルフィールドのラジオ局KVOWで行われたオーディションを12歳で受けた。 主催のJ・B・マクシャンは彼のスタイルを気に入り、毎週の30分番組のために彼を雇った。 この採用の後、ジェニングスは他の友人や知人を集めてザ・テキサス・ロングホーンズ The Texas Longhorns を結成した。 、の音楽が混ざったバンドのスタイルは、良い評価をされないことも多かった。 16歳の時、ジェニングスは幾度かの懲戒違反を経て、高校中退が確定的となった。 学校を去った彼は青果店で働き、短期仕事もしていたが、 ジェニングスは好きな活動の音楽が自分の職業になると感じていた。 翌年、ジェニングスとテキサス・ロングホーンズは、ラボックのKFYOラジオで「 Stranger in My Home」「 There'll a a New Day」のデモを録音した。 ジェニングスや他の地元のミュージシャンは、カントリーラジオ局KDAVで演奏することが多く、彼はその時にと出会った。 この2人は地元番組で会うことが多く、ジェニングスはKDAVの『Sunday Party』でホリーの演奏に参加するようになった。 KVOW局での演奏放送に加えて、1956年にジェニングスはとして働き始め、ラボックに引っ越した。 彼の番組は午後4時から夕方10時まで6時間流れ、ジェニングスは2時間を昔のカントリー、2時間を最新カントリー、残る2時間は取り混ぜの録音だった。 その最後2時間に、ジェニングスはやなどのアーティストの曲を演奏した。 オーナーは彼がその演奏録音を放送するたびに彼を叱責し、彼が続けて2回リチャードのレコードを流した時、オーナーは彼を解雇した。 自身の番組放送時のジェニングス。 1958年 KVOWに在籍中、別のラジオ局KLVTで働いていたDJのスカイ・コービンがジェニングスのもとを訪れた。 ハンク・スノウの「 I'm Moving On」に合わせてジングルを歌うのを聞いたコービンは、彼の声に感銘を受けたのだ。 ジェニングスは週50ドルの給料で生活する経済的困窮を打ち明けた。 そこでコービンはジェニングスをKLVTに招き入れ、最終的にはコービンが当時降板になった場所に入った。 後にコービン家はラボックのFM局を買い取り、同局の方針をカントリーに変更した。 ジェニングスはコービン家が運営するFM局最初のDJとして雇われた。 ジェニングスはコマーシャルを制作したり他のDJとジングルを作った。 彼らの人気が高まってきた頃、イングランドツアーからバディホリーが戻ってきてKLLL局を訪れた。 ホリーは、ジェニングスを自分の最初のアーティストとした。 ホリーは彼に新しい服を着せ、一緒に彼のイメージを好印象に変えた。 そして彼はにあるノーマン・ペティの録音スタジオでジェニングスのセッションを手配した。 9月10日に、ジェニングスはサックス奏者のそしてギター奏者のホリーおよびと共に「 」と「 When Sin Stops Love Begins 」を録音した。 その後、ホリーは「冬のダンスパーティーツアー」でのエレキベース奏者にジェニングスを雇った。 冬のダンスパーティーツアー [ ] 「」も参照 バディ・ホリーが主催する冬のダンスパーティーツアーは1959年1月23日に ウィスコンシン州 で始まった。 各公演のスケジュールを立てる際に会場間の距離を考慮していなかったため、ツアー移動量が物流上の問題を引き起こした。 その問題に加えて、凍りつくような天候の中で暖房のないツアーバスが2回故障し、ドラマーのカール・バンチが(バスに乗っている間に)つま先に凍傷を負って入院するという悲惨な結果が起こった。 そのため、ホリーは別の交通手段を探すことにした。 ホリーは次の会場までの長いバス旅行を避けるべく、自分自身とジェニングスとトミー・オールサップのために4人乗りの飛行機をチャーターした。 の公演後、オールサップはコイントスで負けて、チャーター機の座席をに空け渡した。 一方でジェニングスは、で知られるJ・P・リチャードソンが風邪をこじらせていたので自発的に席を譲った。 バンド仲間が飛行機の座席を放棄して空路よりもバス乗車を選んだことをホリーが知ると、ホリーとジェニングスの間では友達同士の他愛もないジョークの掛け合いが続いた。 そしてそのジョークが、その後何十年も脳裏に蘇ってはジェニングスを悩ませることとなる。 ホリーは「じゃあ、お前のおんぼろバスが凍結することを願ってるよ!」とジェニングスに冗談を言った。 これにジェニングスは「じゃあ、俺はお前のおんぼろ飛行機が墜落することを願ってるぜ!」と冗談めかして返答した。 それから1時間半も経たない1959年2月3日(後にと通称される)午前1時過ぎに、ホリーのチャーター機は郊外のトウモロコシ畑に墜落し、機内にいた全員が即死した。 その朝遅く、ジェニングスの家族はラジオで「バディ・ホリーと彼のバンドが死亡した」と聞いた。 ジェニングスは家族に電話をかけた後、KLLLのスカイ・コービンに電話をして自分自身は生きていると伝えた。 ツアーの企画会社はその夜のムーアヘッドでの演奏をやってくれればラボックでのホリーの葬儀に出席できるよう、ジェニングスおよびバンドのファーストクラスのチケット代金を支払うことを約束した。 同演奏ショーが終わって、フライト代金は全く支払われず 、ジェニングスとオールサップはリード歌手としてジェニングスを主役に立てて、さらに2週間ツアーを続けることになった。 当初合意された給与の半分に満たない額が支払われ、ニューヨークに戻るとジェニングスはホリーのギターとアンプをのロッカーに入れ、その鍵をホリー未亡人 Maria Elena Holly に郵送した。 それから彼はラボックに戻った。 1960年代初頭、ジェニングスは「 The Stage Stars in Heaven 」を作詞して録音した。 この曲はヴァレンス、ビッグボッパー、ホリーおよび飛行機墜落の1年後に交通事故で死亡した若いミュージシャンのに捧げるものだった。 その後何十年もの間、ジェニングスはホリーを殺した墜落に責任を感じていることを繰り返し吐露した。 この罪悪感がジェニングスの経歴の大部分にわたるの期間を引き起こすことになった。 「 Jole Blon」は1959年3月にリリースされたが、売上げは限定的だった。 失業中のジェニングスはKLLLに戻った。 ホリーの死に深く引きずられ、局でのジェニングスのパフォーマンスは悪化。 昇給を拒否された後に彼は局を去り、後にコンテストを経てKDAVで短期で働いた。 フェニックスとナッシュビル・サウンド [ ] 妻マキシンの父親が病気で、ジェニングスはアリゾナとテキサスの間を往復しなければならなくなった。 彼は家族とともに、妻の妹が住んでいるに引っ越した。 クーリッジやにある幾つかのバーやクラブの演奏で成功した後、彼はJD'sことジェームズ・D・ミュジルから勧誘された。 ミュジル はメイン・アーティストとしてジェニングスを雇い、彼の活動に合わせたクラブを設計した。 彼は、ベーシストのポール・フォスター、ギタリストのジェリー・グロップ、ドラマーのリッチー・オルブライトと共に、自分のとして を結成した。 ジェニングスと彼のバンドはのナイトスポットで演奏し、すぐに現地のファンを獲得した。 JD'sにて、ジェニングスは自身の「ロック気質な」スタイルのカントリー音楽を開発し、後のキャリアで自分をそのように定義した。 1961年、ジェニングスは社とレコーディング契約を結び 、シングル「 Another Blue Day」である程度の成功を収めた。 彼の友人が、当時の共同経営を始めたにジェニングスのデモを持ち込んだ。 1963年7月9日、ジェニングスはレコード売上の5%を貰うとの内容でA&Mと契約を結んだ。 A&Mにて、彼は「 Love Denied」(B面「」)を、そして「 Four Strong Winds」(B面「 Just to Satisfy You」)を録音した。 彼は続けて「 The Twelfth of Never」「 Kisses Sweeter than Wine」「 Don't Think Twice, It's All Right(邦題:)」のデモを録音し、シングル「 Sing the Girls a Song, Bill」(B面「 The Race Is On」 )も制作した。 同シングルは1964年4月から10月にかけてリリースされた。 ジェニングスのレコードは、当時A&Mの主要リリースがカントリーではなくだったため、ほとんど成功しなかったことが判明している。 フェニックスの地元ラジオで、彼はの「 Four Strong Winds」やボウマンと共同作詞した「 Just To Satisfy You」で若干のヒットを飛ばした。 一方、彼はBATレコードにてアルバム『Waylon at JD's』を録音し、これはクラブで500枚が売れた後、さらに500枚が製版された。 彼はまた、1964年のアルバムでのリードギターを演奏した。 ジェニングスがの広告肖像に登場。 1965年 歌手は、フェニックス通過中にカーラジオでジェニングスの「 Just to Satisfy You」を聞き、最終的にその曲と「 Four Strong Winds」をレコーディングした。 フェニックスに立ち寄ってJD'sでのジェニングスの公演を目の当たりにした後、彼はナッシュビルにあるのスタジオ責任者に電話をかけ、ジェニングスと契約する必要があることを伝えた。 ジェニングスがRCAビクターの契約を提示された後、彼はJD'sでのを辞めるべきかどうか確信が持てずにいた。 彼はその後、自分のショーにも参加してくれたRCAビクター所属アーティストの友人に助言を求めに行った。 2人が会い、クラブでの可能性とジェニングスの健全な利益について話し合った後、ジェニングスはフェニックスに留まるべきでナッシュビルに移籍しない方がいい、とネルソンは提案した。 それにもかかわらず、ジェニングスはRCAビクターの申し出を受けることに決め、1965年にジェニングスはRCAビクターと正式に契約した。 8月21日、ジェニングスは「 That's the Chance I'll Have to Take」でのホットカントリーソング・チャートに初登場した。 1966年、ジェニングスはRCAビクターのデビューアルバム『Folk-Country』をリリースし、続いて『Leavin' Town』『Nashville Rebel』をリリースした。 『Leavin' Town』は、最初のシングル2曲「 Anita, You're Dreaming」と「 Time to Burn Again」がともにビルボードのホットカントリー部門チャートで最高17位となる成功を収めた。 同アルバム3枚目のシングル、の「 That's What You Get For Lovin' Me」のカバーは最高9位に到達し、ジェニングス初のトップ10シングルとなった。 1967年、ジェニングスはヒットシングル「 」をリリースした。 インタビューの中で、ジェニングスは、この曲がバディ・ホリーとロカビリー音楽を融合した自分の作品の影響の「かなり良い例」だと語った。 ジェニングスは、この同名ヒットシングルを収録するアルバム『Just to Satisfy You』を制作し、チャート中位の好調な売れ行きだった。 ジェニングスのシングルは成功を収めて「 The Chokin 'Kind」は1967年にビルボードのホットカントリーシングルで最高8位、翌年の「 Daddy That's Walk'll Walk the Line」は最高2位のヒット曲になった。 彼のシングル「 Brown Eyed Handsome Man」は、年末までにホット・カントリー・シングルのチャートで3位になった。 この時期、代理店主催の音楽ツアーは非生産的で、宿泊費と旅費を支払い終えるとジェニングスの利益は目減りしてしまい、彼は次の会場で演奏するためにギャラの前払いを代理店やRCAビクターに頻繁に要求していた。 路上で300日間演奏している間、ジェニングスの借金はの消費とともに増加し、彼は自分が堂々巡りの罠に嵌まったと信じ込むようになっていた。 1972年、ジェニングスは『Ladies Love Outlaws』をリリースした。 アルバムの題名となったシングルはヒット曲となり、への彼の最初のアプローチとなった。 ジェニングスは自身のバンド、ザ・ウェイローズと共に演奏し録音することに慣れていたが、これは大きな力を持つナッシュビルのプロデューサーに認められなかった。 時間が経つにつれて、ジェニングスはには芸術的自由が欠如しているため制約を受けていると感じるようになった。 「 」として公表された音楽スタイルは、オーケストラ的な編曲と伝統的なカントリー楽器が無いという点が特徴となっていた。 そのプロデューサーは、ジェニングスに自分のギターを弾かせたり、録音する素材を選択させたりしなかった。 アウトロー・カントリー [ ] ジェニングスはインタビューで、ナッシュビル時代の制約を次のように回想した「彼らは何もさせてくれない。 決められた服装を強要された。 あらゆる事を決められたやり方で行うよう強要された。 (中略)彼らは私を壊そうとし続けたんだ(中略)私はちょうどビジネスに取り掛かり、自分のやり方で物事を進めていた。 (中略)私の音楽に干渉してくるので、私は意固地になった」。 1972年までに『Ladies Love Outlaws』のリリースを終えると、ジェニングスはに罹って入院した。 病気と音楽産業に悩まされ、彼は引退を考えていた。 オルブライトが彼のもとを訪ねて音楽を続けるよう彼を説得し、ニール・リシェンを新しいマネージャーに付けることを話した。 一方、ジェニングスは回復中の生活費を賄うためにRCAレコードから25,000USドルの前払いを要求した。 彼がリシェンと会ったその日、RCAは1965年に受け入れたのと同じ条件で、RCAとの5%のロイヤルティ契約に署名するためのボーナスとして5,000USドルを提示した。 リシェンに確認した後、彼は申し出を拒否した。 リシェンはジェニングスのレコーディングおよびツアー契約の再交渉を開始した。 ジェニングスの新しい契約は、彼に75,000ドルの前払いと芸術的管理をもたらした。 リシェンはジェニングスに、アウトロー・カントリーのイメージに合うよう、彼が病院で伸ばしたを保つよう助言した。 左から、、、ウェイロン・ジェニングス。 1972年 1973年までにネルソンは音楽に復帰、アトランティック・レコードで成功を収めた。 アトランティック・レコードはまさにジェニングスとの契約を試みていたが、ネルソン人気の高まりに推される形で、RCAは潜在的なスターを逃す前にジェニングスとの再交渉を行った。 1973年、ジェニングスは『Lonesome』『On'ry and Mean』『Honky Tonk Heroes』をリリース、最初のアルバムは彼の創造的な管理下で録音されリリースされた。 これらのアルバムリリースは、ジェニングスにとって大きな転機となり、彼の最も批判的かつ商業的に成功した年の始まりとなった。 さらに『This Time』『The Ramblin 'Man』のヒットアルバムが続き、これはどちらも1974年にリリースされた。 アルバムのタイトル曲はいずれもビルボードのカントリーシングルチャートのトップになり、自筆の「 」はジェニングス初の第1位シングル曲になった。 1975年にリリースされた『』には第1位になったシングル曲「 」が収録され、 RIAA によってを受けた彼の最初のアルバムとなった。 それはまた彼の6連続の始まりで、ソロスタジオアルバムがゴールド以上の認定を受けることになる。 1976年、ジェニングスは『』をリリースした。 このアルバムはビルボードのカントリーアルバムで同年に3度の第1位を記録し、10週にわたりチャートの頂点にいた。 1976年にそれは誌によりカントリー・アルバム・オブ・ザ・イヤーに選ばれ、RIAAによりゴールド認定された。 1976年、RCAはジェニングス、ウィリー・ネルソン、トンパル・グレイザー、ジェシー・コルターによるコンピレーションアルバム『』をリリースした。 このアルバムは初めてとなったカントリー音楽のアルバムだった。 翌年、ネルソンとのヒットデュエット曲「 Luckenbach, Texas」が生まれたアルバム『Ol 'Waylon』をRCAが発行した。 1978年にはアルバム『Waylon and Willie』が続き、ヒットシングル「 Mammas Don't Let Your Babies Grow Up to Be Cowboys」を制作した。 ジェニングスはまた『I've Always Been Crazy』も1978年にリリースした。 同年、成功の頂点でジェニングスは、アウトローの盛り上がりによる限界を感じるようになってきた。 ジェニングスは「 Don't You Think This Outlaw Bit's Done Got Out of Hand? 」という歌の中でイメージの乱用について言及し、このブームが「自己実現的な預言」になったと主張した。 1979年、RCAはジェニングス初のコンピレーション『』 をリリースし 、これは同じ年にゴールド認定され、2002年には5倍のプラチナに認定された。 また、1979年に、ジェニングスはの連続ドラマ番組『』の出演陣にナレーターのバラード歌手として参加した。 彼を直接紹介する唯一の話は第7シーズン中の「Welcome, Waylon Jennings(ようこそ、ウェイロン・ジェニングス)」で、 ジェニングスはデューク家の旧友として自分自身を演じた。 彼はまた同番組のために、彼のキャリアで最大のヒットとなったテーマソング「 」を書いて歌った。 番組宣伝のシングルとしてリリースされ、ビルボードのカントリーシングルチャートで第1位に到達するジェニングス12番目のシングルとなった。 それはまた垣根を超えたヒット曲でもあり、では最高21位だった。 晩年 [ ] 1980年代半ばに、ジョニー・キャッシュ、クリス・クリストファーソン、ネルソン、そしてジェニングスはと呼ばれるグループを結成して売り上げを伸ばした。 ハイウェイメンとの仕事とは別に、1982年にジェニングスはウィリー・ネルソンと共にゴールドアルバム『WWII』をリリースした。 1985年、ジェニングスは「」を録音するために参加したが、歌詞をめぐる論争からスタジオを去った。 皮肉にもジェニングスが離脱した後、によりこのアイディアは破棄された。 この時点で、彼の売上は減少していた。 『Sweet Mother Texas』リリース後、ジェニングスはのと契約した。 『』 1985 というレーベルでのデビューリリースは、1986年にビルボードのカントリーアルバムで第1位になった。 当初のジェニングスの成功は次第に弱まっていき、1990年にはと契約。 彼の初リリース『The Eagle』は、彼の最後のトップ10アルバムになった。 また1985年、彼は実写の子供向け映画『Sesame Street Presents: Follow that Bird(邦題:ザ・ムービー: おうちに帰ろう、ビッグバード!)』にした。 この映画で、彼はを乗せてあげるトラック運転手を演じている。 彼はまた、映画の曲の1つ「 Ai't No Road Too Long」を歌っている。 これには「自分の友人」をテーマにした14歳の自分に捧げる「 Shooter's Theme」が含まれる。 90年代に彼のレコード販売とラジオ演奏は減ってしまったが、ジェニングスはライブパフォーマンスで大勢の群衆を魅了し続けた。 1996年、ジェニングスはアルバム『Right for the Time』をリリースした。 これには2015年にがカバーした「 The Most Sensible Thing」など、彼の新曲が数曲入っている。 1997年、ツアーを終えると彼はツアースケジュールを減らし、家族中心の生活になった。 1998年、ジェニングスはベア、、とチームを組み、を結成した。 このグループは、による歌でのCD&レコード双方のアルバムを録音した。 1999年半ば、ジェニングスは彼が「厳選したドリームチーム」と呼ぶものを集めて、ウェイロン&ウェイモア・ブルースバンドを結成した。 主に元ウェイローズで構成された13人グループは、1999年から2001年までコンサート演奏を行った。 2000年1月、ジェニングスはナッシュビルの歴史的なで、彼の最終アルバムとなった『Never Say Die: Live』を録音した。 音楽スタイルとイメージ [ ] コンサートでウェイロン・ジェニングスが1953年のを演奏している様子 ジェニングスの音楽は彼の「力強い」歌声に特徴があり、言葉遣いやと同様に「荒っぽい質感」が注目すべき点である。 彼はまた、自身の「勇ましく弦をかき鳴らす spanky-twang 」ギター・スタイルも認知されていた。 自分の音を作るのに、主旋律ではピックを使用しつつ、リズミカルなパートの間には親指と指での混合に加えて顕著な「」のエフェクトを用いた。 彼はとの反復を組み合わせ、最終的にはアッパーフレットの ダブルストップ)と(モジュレーション系)を組み合わせた。 ジェニングスは1953年のを使っていた。 これは、ウェイローズから贈られた中古ギターである。 ジェニングスのバンド仲間は、黒地の背景に白い花柄を特徴とする独特な革製のカバーでギターを飾った。 ジェニングスはを下ろしてネックの弦を下げることで、さらにが鳴るようにカスタマイズした。 他のギターでは、1993年にギタリストのに贈るまで、ジェニングスは1950年のを1970年代半ばから使用していた。 彼の独特なイメージは、長い髪とあごひげ、そして彼の登場時に身に着けていた黒い帽子と黒革のベストによって特徴付けられた。 私生活 [ ] ジェニングスは4回結婚し、計6人の子供を持った。 1956年に彼は18歳でマキシン・キャロル・ローレンスと最初に結婚し、テリー・ヴァンス・ジェニングス、ジュリー・レイ・ジェニングス、バディ・ディーン・ジェニングス、ディアナ・ジェニングスという4人の子供ができた。 1962年12月10日にジェニングスはリン・ジョーンズと再婚し、トミー・リンという子供を養子に迎えた。 彼らは1967年に離婚した。 彼は次にバーバラ・エリザベス・ルードと1967年に結婚し、ここで彼は自身の結婚と離婚の試練と苦難に関する歌「 This Time」を作曲した。 1969年10月26日に彼はアリゾナ州フェニックスでと最後の4回目となる結婚をした。 コルターとジェニングスは一人息子のウェイロン・オルブライト・ジェニングス(1979年5月19日生まれ、通称)を授かった。 コルターとジェニングスは、麻薬や他の薬物乱用による中毒のためにほぼ離婚同然だった。 しかし、2002年にジェニングスが亡くなるまで彼らは一緒にいた。 1997年、彼は家族となるべく近くにいるためにツアーをあきらめた。 息子のウェイロン・オルブライトに教育の重要性を示すため、ジェニングスは52歳でを取得した。 中毒と回復 [ ] 1960年代半ばのと共に暮らしている間に、ジェニングスはを消費するようになっていった。 ジェニングスは後に「ピルズ はナッシュビルで昼夜構わず出回っていた人造エネルギー剤だった」と語った。 1977年、ジェニングスは頒布(営利)目的での所持および謀議で連邦政府局員に逮捕された。 民間の宅配便業者が DEA に通報したのは、ニューヨークの仲間よりジェニングスに送られたコカイン27gを含む荷物だった。 DEAと警察は、ジェニングスのレコーディングスタジオを捜索した。 彼らが捜査令状を待っている間に、ジェニングスがコカインを売り捌いたため、彼らは証拠を発見できなかった。 その後、この告発は取り下げられてジェニングスは釈放された。 このエピソードは、ジェニングスの曲「Don't You Think This Outlaw Bit's Done Got Outta Hand? (この無法な小片の始末が手に負えなくなったと君は思わないか?)」で詳述された。 1980年代初頭、彼のコカイン中毒は深刻化した。 ジェニングスが語ったところでは、その習慣に1日1,500ドルを費やし、彼の個人的な財政を使い果たして、最大250万ドルの借金で自己破産に陥った。 彼は借金の返済を主張して資金を稼ぐために追加ツアーを行ったが、彼の仕事はあまり注目されなくなり、ツアーは減少していった。 ジェニングスは中毒から抜け出すことを決断、フェニックス地域に家を借りて1ヶ月過ごして自分自身を解毒し、その後はもっと自制した形でコカイン使用を再開するつもりだった。 1984年、彼はコカインをやめた。 息子のシューターが永久に辞める主な刺激になった、とジェニングスは語った。 病気と死 [ ] ウェイロン・ジェニングスの墓 数十年に及ぶ過剰な喫煙、飲酒および薬物使用がジェニングスの健康に大きな損害を与え、死去の数年前から彼の健康は悪化していった。 コカインをやめた後、1988年に彼は毎日6箱のを吸う習慣をやめた。 同じ年、彼はを受けた。 2000年までに、彼のが悪化してその痛みが彼の機動性を低下させ、ジェニングスはツアーの大部分を終わりにした。 同年後半に、彼は脚の血液循環を改善するための手術を受けた。 2001年12月、彼の左足は(のため)フェニックスの病院で切断された。 2002年2月13日、ジェニングスはにて糖尿病合併症の睡眠中に64歳で死亡した。 彼はにある市営のメサ墓地に埋葬された。 2月15日の彼の追悼式で、ジェシー・コルターはジェニングスの親しい友人や仲間のミュージシャンを含む参加者に向けて「 Storms Never Last」 を歌った。 認知度 [ ] ウェイロン・ジェニングス大通りがリトルフィールド テキサス州 に採用されている 1966年から1995年の間に、ジェニングスのアルバム54枚がチャート入りして、うち11枚が第1位となった。 一方、シングルは1965年から1991年の間に96枚がチャート入りして、うち16枚が第1位だった。 2001年10月、ジェニングスは入りを果たした。 最後の反抗的行為の1つで、彼は式典に出席せず、代わりに息子のバディ・ディーン・ジェニングスを派遣することを選択した。 2006年7月6日、ジェニングスはにあるギターセンターのに殿堂入りを果たした。 2007年6月20日、ジェニングスは死後、によってCliffie Stone Pioneer賞を受賞した。 遺産 [ ] ジェニングスの音楽は、幾人かのやのアーティストに大きな影響を与えた。 具体的には、 、 、 、息子のシューター・ジェニングス、、などである。 2008年、彼の死後最初のアルバム『Waylon Forever』がリリースされた。 このアルバムは、息子シューターが16歳の時に息子と一緒に録音された曲で構成されていた。 2012年に、様々なアーティストによるジェニングスのカバー曲で構成される3枚組セット『Waylon: The Music Inside』がリリースされた。 同年9月に『Goin' Down Rockin': The Last Recordings』のリリースが発表され、これは2002年に死去する前にジェニングスと(ベーシスト)が録音した12曲のセットである。 ジェニングスの家族は、当時これを快く思わず、新しい素材のリリースには消極的だった。 歌はジェニングスでベースがターナーだけの登場だが、後でさらなる伴奏が追加された。 10年後、ターナーは元ウェイローズの助けを借りてレコーディングを完了した。 息子シューター・ジェニングスは伝記映画の製作について様々なプロデューサーとの話し合いを開始した。 ディスコグラフィ [ ] 詳細は「」および「」を参照 受賞歴 [ ] 年 受賞 組織 1970 The Kimberlysと共に。 対象曲「 」 1975 1976 、、と共に。 対象曲「 」 カントリーミュージック協会 1976 ウィリー・ネルソンと共に。 カントリーミュージック協会 1976 ウィリー・ネルソンと共に。 対象曲「 Mamas, Don't Let Your Babies Grow Up to Be Cowboys」 ザ・レコーディング・アカデミー 1985 年間シングル賞 の他メンバーと共に。 対象曲「 」 1999 入り テキサスカントリーミュージック殿堂 2001 入り カントリーミュージック協会 2006 ギターセンターの殿堂入り 2007 アカデミー・オブ・カントリーミュージック 2007 Lifetime Achievement賞 ナッシュビル・ソングライターの祭典 2017 100人の偉大なカントリーアーティスト・オブ・オールタイム、第7位 誌 脚注 [ ] 注釈 [ ]• タレント・ショーとは、素人だけが出場する演芸大会のこと。 日本では『』などが該当する。 後述のタレント・ナイトも、素人参加だけの夜部門。 ジェニングスの自伝ではMusielだが、Musilが正しい綴り。 が歌ったカントリーの曲。 なお、『』に同名の洋楽BGMがあるが、メロディも歌詞もこれとは全く別物。 ナレーション役のため、日本語吹き替え版『爆発! デューク』では名前が出てこない(ナレーション吹替は)。 ピルズ Pills とは、米空軍がかつて「go-pills」としてアンフェタミンを刺激薬に使っていたことから派生した、を指す米俗語。 コルターの楽曲。 英語の慣用表現"Happiness never lasts" をもじった歌で、「Storms(嵐すなわち不幸な悲しみ)は決して長びいたりしない」という意味。 出典 [ ]• , p. Rolling Stone Wenner Media LLC. 2011年11月1日閲覧。 , p. , p. 271. , p. , p. Blackett, Matt. "Waylon Jennings: Requiem for an Outlaw". Guitar Player, vol. 36, no. 6, 2002. , pp. 39-40,• 154. , p. 31-33. , p. , p. , p. Corbin, Sky. KLLL KLLL Lubbock. の2014年7月14日時点におけるアーカイブ。 2014年7月2日閲覧。 , p. Corbin, Sky. KLLL KLLL Lubbock. の2014年7月14日時点におけるアーカイブ。 2014年7月2日閲覧。 Corbin, Sky. KLLL KLLL Lubbock. の2014年7月14日時点におけるアーカイブ。 2014年7月2日閲覧。 , p. Texas Monthly, January 1988;• cnn. com 2015年3月4日. 2019年9月28日閲覧。 , p. , p. , 19. Corbin, Sky. KLLL KLLL Lubbock. の2014年7月14日時点におけるアーカイブ。 2014年7月2日閲覧。 , p. , p. , p. , p. , p. 77-81. , p. , p. 375. , p. 159. , p. 94-96. , p. Country Music Foundation; p. Bluegrass Unlimited; p. , p. , p. 102-103. , p. 158. , p. , p. 715. , p. 622. , p. 247. , p. 112, 182. , p. 3005. , p. , p. , p. 182-186. , pp. 187-192. 106. , p. 2159. , p. 266. , p. Erlewine, Stephen Thomas. Allmusic. Rovi Corporation. 2011年10月24日閲覧。 Mansfield, Ken; p. , p. 325. 612. , p. RIAA. com. The Recording Industry Association of America. 2013年9月28日時点のよりアーカイブ。 2012年5月22日閲覧。 , p. 141• , p. Cagle, Jess 1992年1月24日. 2009年7月11日閲覧。 Allmusic. Rovi Corporation. 2019年9月28日閲覧。 Allmusic. Rovi Corporation. 2011年10月25日閲覧。 , p. 648. , p. 370. , p. Ankeny, Jason. Allmusic. Rovi Corporation. 2011年10月25日閲覧。 , p. 492. D'Angelo, Joe 2002年2月13日. MTV News MTV Networks. 2011年10月25日閲覧。 , p. 132. , p. , p. , p. , p. 105. Country Guitar Country Guitar Magazine : 15. February 1995. Guitar Player Miller Freeman Publications 7: 118. 1973. Christie's. Christies. com. 2013年6月14日閲覧。 CNN Turner Broadcasting System, Inc. 2002年2月14日. の2011年12月16日時点におけるアーカイブ。 2012年5月22日閲覧。 de Rubio, Dave Gil 2012年4月13日. American Songwriter American Songwriter, LLC. 2012年5月22日閲覧。 , p. , p. 184. 322-325. , p. People. com. 2013年7月3日閲覧。. , p. 322. 2019年9月28日閲覧。 goo辞書、、小学館プログレッシブ英和中辞典の解説より。 Billboard, February 23, 2002;• Rockwalk. com. Guitar Center, Inc. 2011年10月25日閲覧。 ACM Awards. Academy of Country Music. 2011年10月25日閲覧。 [ ]• , p. 203. , p. , p. 333. , p. Talbott, Chris 2012年2月13日. Huffington Post AOL, Inc. の2014年4月20日時点におけるアーカイブ。 2014年4月18日閲覧。 CMA Awards. 2019年2月6日閲覧。 not possible to link directly to search results• GRAMMY. com 2017年11月28日. 2019年2月6日閲覧。 Academy of Country Music. 2019年2月6日閲覧。 not possible to link directly to search results• , ed 2012-02-22. 831. Browne, David 2017年6月15日. Rolling Stone. 2019年2月6日閲覧。 参考文献 [ ]• Amburn, Ellis 2014. Buddy Holly: Biography. Martin's Griffin. Ashby, LeRoy 2006. University Press of Kentucky. Birk, Carl 2005. Unfurrowed Ground: The Innovators of Country Music. Infinity Publishing. Breskin, David 2004. We Are the World: The Story Behind the Song booklet. Image Entertainment, Inc. Browne, Ray; Browne, Pat 2001. The Guide to United States Popular Culture. Popular Press. Carr, Joseph; Munde, Alan 1997. Prairie Nights to Neon Lights: The Story of Country Music in West Texas. Texas Tech University Press. Ching, Barbara 2001. Oxford University Press. Clarke, Donald 1998. The Penguin Encyclopedia of Popular Music. Penguin Books. Cramer, Alfred 2009. Musicians and Composers of the 20th Century-Volume 2. Salem Press. Erlewine, Stephen Thomas; Bogdanov, Vladimir; Woodstra Chris 2003. All Music Guide to Country: The Definitive Guide to Country Music. Everitt, Rich 2004. Falling Stars: Air Crashes That Filled Rock and Roll Heaven. Harbor House. George-Warren, Holly; Romanowski, Patricia; Pareles, Jon 2001. Fireside. Guralnick, Peter 1989. HarperPerennial. Hart, Kylo-Patrick 2007. Mediated Deviance and Social Otherness: Interrogating Influential Representations. Cambridge Scholars Publishing. Huang, Hao 1999. Music in the 20th Century. Sharp. Hunter, David 2010. Star Guitars: 101 Guitars That Rocked the World. Voyageur Press. Jasinski, Laurie 2012. Handbook of Texas Music. Jennings, Waylon; Kaye, Lenny 1996. Warner Books. Kingsbury, Paul 2004. The Encyclopedia of Country Music: The Ultimate Guide to the Music. Oxford University Press. Larkin, Colin 1995. 3 2nd ed. Guinness Publishing. Lewis, George 1993. All That Glitters: Country Music in America. Popular Press. Nelson, Willie; Bud Shrake; Edwin Shrake 2000. Willie: An Autobiography. Cooper Square Press• Petrusich, Amanda 2008. It Still Moves: Lost Songs, Lost Highways, and the Search for the Next American Music. Macmillan. Seal, Graham 2011. Outlaw Heroes in Myth and History. Anthem Press. "Cashville" - Dilution of Original Country Music Identity Through Increasing Commercialization. Diplomica Verlag. Smith, John 1995. The Waylon Jennings Discography. 9780313297458• Streissguth, Michael 2013. Outlaw: Waylon, Willie, Kris, and the Renegades of Nashville. Harper Collins. Thompson, Clifford 2002. Current Biography Yearbook 2002. Wilson. 622. Ward, Robert 2012. Renegades: My Wild Trip from Professor to New Journalist With Outrageous Visits from Clint Eastwood, Reggie Jackson, Larry Flynt, and Other American Icons. Adams Media. Wishart, David 2004. Encyclopedia of the Great Plains. University of Nebraska Press. Wolff, Kurt; Duane, Orla 2000. Country Music: The Rough Guide. Rough Guides. Henderson, Richard May 12, 2001. Billboard 113 19. Country song roundup staff 1967. Country song roundup. Country Song Roundup. Weatherby, Gregg 1988. Spin SPIN Media LLC 3 8. 外部リンク [ ]• - 内の (英語)• - (英語)• - チャンネル.

次の