犬 の 熱中 症 の 症状。 犬の熱中症~後遺症の症状と何故そういったことになるのか?

犬の熱中症の症状、対処方法と予防のコツ

犬 の 熱中 症 の 症状

どんな症状が出たら熱中症の可能性があるのか、そんな時どんな応急処置が必要か。 「イヌ・ネコの熱中症予防対策マニュアル」(日本気象協会・日本動物愛護協会)を監修した弓削田直子獣医師(Pet Clinicアニホス院長)に解説してもらった。 「熱中症で来院する動物の致死率は約50%とされています。 ヒトのように全身の汗腺が発達していない犬や猫は、体温調節に時間がかかるため重篤化しやすい。 そして重篤化すると救命が難しいのです」 十分な水分の補給が大事 熱中症はどんな症状が出るのか ペットの命を守るため、いち早く飼い主が熱中症の症状に気付けばいいのだが、ふだんから呼吸で体温調整する犬などの場合、変調に気付きにくいという。 熱中症の初期には、こんな症状が表れる。 そのため、散歩から帰ってゆっくり様子をみようとして、処置が遅れてしまうこともあるのだと思います」 屋外で普段と違うサインに気付いたら、まず休ませることが大切だ。 ハアハアした時に水を飲ませたり、木陰で涼ませたりしても、呼吸の状態がなかなか治まらないようであれば「黄色信号」の可能性があるという。 体温の上昇や心拍数の増加も、熱中症の疑いが濃厚だという。 「犬・猫の体温は通常38~39度なので、日頃から、動物体温計で肛門から直腸温を測定したり、耳温計で耳の中の温度を測ったりして、平常時の体温を知っておくと、いざという時の手がかりになると思います」 熱中症は戸外だけでなく、室内でも起きる。 暑い地域ではなくても、都市部の気密性の高いマンションなどはリスクが高い。 留守中にエアコンがついていない部屋で体温が上昇し、飼い主が帰宅後にぐったりした犬や猫を見つけるというケースも少なくないという。 外出時に水は必携 熱中症が重篤になった時の症状 症状が進むと、下痢(タール状)になり、もうろうとする。 やがて意識がなくなり、けいれん発作が起きる場合もある。 こうなると「赤信号」だ。 さらに進むと、急性な呼吸障害であるARDS(急性呼吸促迫症候群)や、血栓や血液の凝固系に異常をきたすDIC(播種性血管内凝固症候群)を起こし、病院で点滴などの治療をしたとしても救命しにくくなるという。 「初期症状が出た時に飼い主ができる応急手当は、とにかく体を冷やすこと。 よだれが出たら要注意。 そこまで進まずハアハアしている状態でも、全身を冷やす応急処置を手早く行い、保冷剤などで首や内股を冷やしつつ来院してください。 それらに保冷剤をあてて冷やすのも有効だという。 ただ、冷却には注意も必要で、慌てるあまり、いきなり冷水や氷水を全身にかけたのでは、逆効果になることもあるという。 「急に全身に氷水や冷水を浴びせると、末梢血管が収縮して、温度の高い血液が各臓器に循環する。 そうすると熱が発散しにくくなって深部体温が下がらず、各臓器への障害が進んでしまうことがあります。 シャワーなど常温の水を浴びせたり、濡れたバスタオルで体をくるんだり、浴槽に水がはってあれば体を浸けてもいいでしょう」 【関連記事】.

次の

犬の夏バテや熱中症にご用心!症状や対策 [犬] All About

犬 の 熱中 症 の 症状

<教えてくださった先生> TRVA夜間救急動物医療センター 院長 中村篤史先生 城南地区を中心とした東京都獣医師会所属動物病院により設立された、夜間救急を専門とする動物病院。 ホームドクターの診療時間外である夜間の急患に対応する。 院長の中村篤史先生をはじめ、緊急処置に特化した経験豊富な獣医師や看護師が勤める。 愛犬はフレンチ・ブルドッグの ちゅべくん(オス・10歳)。 熱中症は炎天下で運動させたり、エアコンが故障したりした時に発症する、特別な病気と思っていましたが…… 「実は 日常生活の不注意や事故で、元気な犬がすぐ亡くなる危険な病気です。 短時間で急激に進行し、来院したその日のうちに亡くなってしまうこともあります。 交通事故や中毒といった命に関わるリスクと同じレベル。 水分不足はまず胃腸や皮膚から始まり、やがて重要な臓器である、腎臓や脳、心臓に至ります。 写真は運動後のイメージ。 呼吸を自力でコントロールできない状態は要注意です。 「人では『頭が痛い』『のどが渇いた』と自覚症状があった時点で、すでに中等症以上の段階! 飼い主さんが少しでも早く異変に気づき、対処してあげることが重要です。 日頃から愛犬の体温や体調を把握しておきましょう。 体温は、耳の中に手を入れたり内股を触ったりして、目安の温度を知っておくだけでも十分で す」 熱中症の発症前から重症まで、4段階に分けられます。 犬に関する情報はその後を追っている段階。 しかし、 犬は人より熱中症の危険が高い動物だそうです。 「犬は毛皮を着て真夏も過ごしています。 人より体高が低く、地面からの輻射熱を受けやすい。 体温を下げる手段が呼吸による放熱で、人のように発汗で効率よく体を冷やすこともできません。 犬種や持病の有無などによってさらにリスクが高まるので、もし愛犬が当てはまる場合は、念には念を入れた注意が必要です」 シベリア原産のサモエドなど、寒い地域原産の犬種は豊富な被毛に覆われているので、一層注意が必要です。 熱を吸収する黒色と、熱がこもりやすい被毛を備えた犬は、熱中症のリスクが高まります。 私の愛犬・ジュウザは日本原産の甲斐犬。 暑さにも強いはず と思っていたら、8歳以上の高齢犬、腎臓病、黒くて毛が密集している犬… なんと 3項目も当てはまりました。 油断は禁物ですね。 次回のでは、熱中症から犬を守る方法を紹介しましょう。

次の

【獣医師監修】犬が低体温症になる原因と症状、対処法まで

犬 の 熱中 症 の 症状

熱中症のあと後遺症が残るケースは? 犬はもともと 高温多湿に弱い生き物です。 熱中症になる例は珍しくありません。 それでもほとんどの場合は、 3日もあれば、もとの元気な姿に戻ります。 後遺症が残るケースのほとんどは、 熱中症への対処が遅れ、 高体温状態が長引いたケースです。 (「日の当たる車内で長く放置した」 「エアコンをつけずに 室内で留守番させていたが、 予想外に気温が上がってしまった」など…) 高体温状態では 脳の神経や体の臓器にも、 大きな負担がかかり、 長引けば長引くほど、 ダメージが蓄積していきます。 その度合いがあまりに酷いと、 熱中症自体は回復しても、 神経や臓器のダメージは回復せず、 後遺症になってしまうのです。 熱中症による後遺症の症状 後遺症により、 どのような症状が出るかは、 「どの部位にダメージが残ったか」 によって変わってきます。 部位ごとの主な症状は以下のとおりです。 この状態が長引くと、 さまざまな臓器がダメージを受けるのですが、 なかでも腎臓は厄介です。 腎臓にダメージがいくと、 まず 急性腎不全が起きます。 この段階であれば、 まだ元の元気な姿に戻るのですが、 急性腎不全から、慢性腎不全へと、 移行してしまう場合があります。 (熱中症が長引くほど、 ダメージは広がり、 慢性腎不全は腎臓の3/4以上が、 機能低下してしまった状態です) 腎臓は回復しない臓器なので、 1度、そこまでダメージを受けると、 後遺症としてずっと抱えることになります。 また慢性腎不全は ゆっくりと進行していくため、 早めの対処が重要です。 【犬の慢性腎不全の主な症状】 初期は尿の色が薄くなる、多飲多尿。 その後、ふらつき、食欲不振、嘔吐、貧血などが現れ、 末期では尿毒症なども。 そのため、熱中症が治ったあとも しばらく 肺炎に悩まされることがあります。 【犬の肺炎の主な症状】 動きたがらない、咳をする、 すぐに疲れてしまう、呼吸が荒い、 食欲不振など。 そのダメージにより、 心不全になってしまう場合もあります。 問題となる部位が 心臓だということもあり、 根本的な治療は非常に困難です。 そのため症状が進みづらいようにする、 心臓への負荷を減らす工夫をしていく、 という対処になります。 【犬の心不全の主な症状】 咳、鼻水、運動を嫌がる、 進行すると失神、チアノーゼなども。 脳だけに影響はかなり大きく、 下手をすると、 後遺症どころか死に至ることもあるほどです。 【犬の脳障害による主な症状】 ふらつき、同じ場所を回り続ける、 首が傾いた状態になるなど、 脳のダメージを受けた部位や、程度によってさまざま。 スポンサードリンク 後遺症を残さないためにも早期対処を! (大切な家族だから) ここまでに紹介した通り、 犬の熱中症による後遺症には、 かなり重たいものも含まれます。 大切な愛犬につらい思いをさせないためにも、 熱中症の予防・早期対応には力を入れたいものです。 特に子犬や老犬、 鼻の短い犬種、 暑さに弱い犬種などは熱中症になりやすいので、 より一層注意が必要です。 では、 熱中症対策に向いた飲み物も紹介しています。 よろしければ参考にされて下さい。 もし既に 後遺症がでてしまっている場合は、 後悔しても始まりません。 後遺症に対しても、 対処が早ければ早いほど、 その 症状を軽減できます。 愛犬の これからの犬生が、 少しでも過ごしやすくなるよう、 サポート出来ることがいろいろあるはずです。 愛犬の現在の症状に合わせた対処が必要なので、 良い獣医さんに巡りあえるよう、 情報収集してみましょう。

次の