クレヨンしんちゃん 放送禁止。 「クレヨンしんちゃん」は放送禁止に指定されるべきではないのでし...

『クレヨンしんちゃん』冬のホラー回が「怖すぎる」と話題に 視聴者にトラウマ植え付けたその内容とは? (2019年1月21日)

クレヨンしんちゃん 放送禁止

国民的アニメのドラえもんとクレヨンしんちゃんといえば、同じ枠で放送されている言わば、マブのような存在。 これだけ枠の近いアニメなら、一度や二度はコラボしてもいいはずだ。 しかし、この2つの人気アニメのコラボはある理由により、禁止にされているというのだ。 毎週金曜日の夜7時から放送されている「ドラえもん」 一方のクレヨンしんちゃんといえば、その直後の7時半からの放送である。 こんな風に、1時間の枠でアニメを立て続けに2本放送するスタイルは意外とメジャーだ。 例えば、日曜日の「サザエさん」と「ちびまる子ちゃん」 この2つのアニメも、1時間の枠で立て続けに2本放送されている。 こういった枠の近いアニメは、比較的コラボされやすく、仲良しの印象を持ちやすいが、ドラえもんとクレヨンしんちゃんに関しては、どうやらそうではないらしい。 というのも、ドラえもんサイドがクレヨンしんちゃんとの共演をNGとしているのだ。 それは、ある1つの出来事が原因なのではないか?とまことしやかに囁かれている。 それが「ケツコプター」である。 実は、ドラえもんとクレヨンしんちゃんは過去に1度だけ共演したことがあるのだ。 その作中で、しんのすけが「ケツコプター」を披露したことに、ドラえもんサイドが激怒。 この出来事により、ドラえもんサイドは今後一切クレヨンしんちゃんとコラボはなしという決定が下したのだ。 あくまで国民的アニメとしてアニメ界を牽引していきたいドラえもんサイドとしては、お下劣な作風は一切許さないということだろう。 それにしても、この程度のことで、いちいち目くじら立てることもないと思うのだが。 せっかく同じ枠なのに、コラボが見れないのはファンとしては寂しい限りである。 たしかに、クレヨンしんちゃんは子供向けアニメとしては、かなりの異端児で、子供に見せたくないランキングには、必ず上位に顔を出す常連だ。 その1つの理由として「児童虐待」という問題点が取りざたされている。 それがこちら。 147• 133• 128•

次の

クレヨンしんちゃんとドラえもんのアニメコラボ禁止理由の都市伝説を考察! | マジマジ情報局

クレヨンしんちゃん 放送禁止

Contents• クレヨンしんちゃん都市伝説まとめ さて、ここからはクレヨンしんちゃんに関する各種都市伝説まとめを紹介していきます。 人気作品でありながら、• 作者の死の真相• 謎多きキャラクターが多数存在する• 既に最終回が想像されている 等、様々な理由をもとに都市伝説が生まれ続けています。 もちろん、今も・・・ ボーちゃんの本名 まず一番叫ばれているのは、やはりこちらですね。 ボーちゃんの本名に関する都市伝説。 こちら、多くの方が気になっているようです。 ボーちゃん自体、そもそもいろいろと謎だらけなんですよね。 幼稚園児離れした知能• 本名が唯一知られていない• 母親の顔がアニメで出たことがない 等、クレヨンしんちゃんのアニメの中でも、 異質とも言えるキャラクターです。 ボーちゃんの本名を始め、彼の隠された秘密に迫っていきます。 ここで言っておきたいのは、今日紹介した都市伝説は、あくまでほんの一部に過ぎないということです。 何故なら、都市伝説とは、人から人へと言い伝えられていき、徐々に噂が意思を持ち、独り歩きし、現実となっていくものです。 そして、人 気人気アニメであるクレヨンしんちゃんの噂は、これからも一生語られ続けるでしょう。 ほら、ひょっとしたら次回のアニメ放送でも、新たな怖い都市伝説が、生まれるかもしれませんよ? 野原一家が、無事エンディングを迎えられるその日まで、平和なギャグアニメであったら、良いですね・・・.

次の

クレヨンしんちゃん (アニメ)

クレヨンしんちゃん 放送禁止

矢島さんの降板後に、しんのすけを演じる声優については、現在調整中だという。 テレビ朝日は矢島さんのコメントとともに、以下のように発表した(全文)。 野原しんのすけ役・矢島晶子さんの降板について 現在テレビ朝日系列で放送中のアニメ「クレヨンしんちゃん」に、野原しんのすけ役で出演中の矢島晶子さんが、6月29日(金)の放送を最後に、番組を降板することになりました。 放送開始から四半世紀以上が過ぎ、ご本人より「しんのすけの声を保ち続けることが難しくなり、キャラクターの声を作る作業に意識が集中して、役としての自然な表現がしづらくなった。 」との理由で降板のお申し出があり、番組制作スタッフと協議を重ねた結果、この度の決定となりました。 矢島晶子さんのご出演は、1992年4月13日の番組放送開始から26年3か月となります。 これまで「クレヨンしんちゃん」に生き生きとした、大変魅力あるキャラクター性を吹き込んで頂き、長きにわたって作品を支え続けて頂いた矢島晶子さんの多大なる功績に、番組関係者一同、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。 ありがとうございました。 なお、7月より野原しんのすけ役を務める方は現在調整しております。 決まり次第お知らせいたします。 【矢島晶子さんコメント】 27年間、春我部の「嵐を呼ぶ5才児」と一緒に過ごして参りましたが、この度、野原家から離れることに致しました。 理由は、しんのすけの声を保ち続ける事が難しくなった為です。 キャラクターの声を作る作業に意識が集中し、役としての自然な表現が出来にくくなってしまった為です。 長い間、皆様に親しんで頂き、本当に感謝しております。 「しんのすけ」というキャラクターとは離れますが、声の仕事には関わっていきます。 また別の機会に他のキャラクターでの私の演技を受け取って頂けましたら幸いです。 27年間、ありがとうございました。

次の