小金屋食品納豆専門店。 【セブンルールで紹介】なにわら納豆『小金屋食品』の通販・お取り寄せ方法『吉田恵美子さん』

イオン 臼井店(専門店「レイクピア旬鮮館」含む)(千葉県佐倉市)

小金屋食品納豆専門店

先代の社長は小出金司(こいできんじ)。 吉田恵美子は、その三姉妹の長女として生を受けた。 創業当初、納豆不毛の地での小出の挑戦は意外にも順調で、会社は成長していったという。 しかし、大手食品メーカーが関西に進出し、価格競争の波にさらされた小金屋の経営は苦しくなる。 そんな矢先、先代社長の小出が病で急死する。 「辛かった。 存在としていてほしかった」(吉田)。 父の死を受け、吉田は決意する。 先代の娘とはいえ、納豆作りも経営も素人だった吉田。 こうした取り組みの結果、年商は、父の時代の3倍にまで伸びた。 納豆を食卓の脇役から主役へ。 納豆の新たな可能性を模索する吉田恵美子のセブンルールとは? バックナンバー•

次の

伝統的な製法で品質にこだわり納豆を大阪の食文化にしたい(小金屋食品株式会社・社長 吉田恵美子氏)

小金屋食品納豆専門店

1962年の創業以来、食のまち大阪で、女性だけで納豆製造業を営む「小金屋食品」(大東市)。 昔ながらの製法を守り、丁寧に作った納豆でお客様に「美味しさの感動」と「健康である喜び」を届けることを目指す。 納豆を通して日本の食文化を豊かにしたいと話す吉田恵美子社長が描くミライについて聞いた。 現在の日本は食が欧米化し、本来の日本食の良さが失われつつあります。 納豆メーカーとして日本古来の納豆の美味しさを守り、お客様に健康の喜びと笑顔を届けることが私たちの願いであり、使命であると考えています。 創業時から、食通の大阪で支持されるおいしい納豆づくりにこだわってきました。 企業理念や企業使命を成文化したのは約8年前。 きっかけはお客様の言葉です。 青空市に出店していた時、あるご夫婦が走り寄り握手を求めてこられました。 小売店で販売している当社の納豆のファンで、この納豆しか食べていない、どうかこれからも作り続けてくださいとお願いされたのです。 「絶対にこの店を存続させなければ」と思いましたね。 このお客様との出会いこそが、企業理念の根本です。 またある時、300円を握りしめて納豆を買いにやってきた小学生がいました。 その日はその子どもさんの誕生日。 お母さんが「好きな納豆を買って来なさい」と送り出してくれたのだそうです。 味に正直な子どもが、自分の誕生日にここの納豆が食べたいと選んでくれたことがとても嬉しいですし、誇りです。 大豆は健康食品ですから、素材選びにはこだわります。 納豆の原材料はすべて国産。 トッピング(たれ)も化学調味料が入ったものは使わず、手作りにこだわる店から仕入れます。 そのため量産できずに売り切れてしまうことも。 また、検品し基準値に満たない商品もお店に出しません。 お客様の信頼に応える納豆だけをお届けしたい。 私たちは「大量に作ることは苦手です。 大切に作ることは得意です。 」を合言葉に、納豆作りを頑張っています。 直営店舗はお客様のお顔や声にじかに接することができ、従業員もいっそうやりがいと責任を持って働いてくれています。 最近では、広島や岐阜など遠方から来るお客様も増えてきました。 納豆といえば水戸納豆など関東地方が有名ですが、食通の大阪で50年以上も支持されるおいしい納豆を、大阪以外の人にもぜひ味わって欲しい。 そのために、ギフト商品の開発にも力を入れています。 また、納豆をフルコースで味わえる納豆料理のお店など、バリエーション豊かな食べ方を提案し、納豆の可能性を追求していきたいです。 納豆専門店は現在1店舗ですが、大阪納豆を広めるためにも将来は2号店や、大阪以外への出店も考えています。 ただ、量産が必要な多店舗展開は考えていません。 素材や手作りにこだわっているので、生産量を増やすと質が下がる可能性があるからです。 たとえば各エリアで1店舗だけ出すなど、限られた生産量ですそ野を広げる工夫をしていきたいですね。 さまざまなシーンで、一人でも多くの人に、おいしい納豆を食べて笑顔に、健康になってもらうこと、それが私たちの実現したいミライです。

次の

【飛ぶように売れる!】「納豆専門店」「冷凍でもおいしい焼き芋」のヒットの秘密

小金屋食品納豆専門店

当店の商品は、100%自社工場で製造している新鮮な 手作り納豆です。 店内に入るとショーケースに並ぶ、納豆BAR小金庵の オリジナル商品が勢ぞろい。 市販では味わえない「ち ょっと贅沢な納豆」を、店舗にてご購入いただけます。 店内は納豆専門店とは思えない、モダンで落ち着いた 空間となっております。 納豆BARは美味しい大豆とたれ、そしてトッピング。 大豆は大粒・小粒・ひきわりの3 種類をご用意。 次に8 種類のトッピング(玉ねぎ・おぼろ昆布・赤しそ・青唐辛子味噌・初摘み海苔・うずら卵・キムチ・ラー油奈良漬け)の中からお好みの味を選んでいただけます。 まるでBARでカクテルを選ぶようにおしゃれにお好みの納豆を見つけてください。 (注)大豆の産地・トッピングの味は変更になる場合がございます。 納豆BAR小金庵の ジより <豆の種類>• ひきわり <トッピングの種類>• 玉ねぎ• おぼろ昆布• 赤しそ• 青唐辛子味噌• 初摘み海苔• うずら卵• キムチ• 本わさび• 鰯削りぶし• ラー油奈良漬け <値段>• 大粒おぼろ昆布:270円• 大粒赤しそ:270円• 大粒青唐辛子味噌:270円• 大粒初摘み海苔:270円• 大粒うずら卵:270円• 大粒キムチ:291円• 大粒本わさび :324円• 大粒鰯削りぶし :270円• 大粒ラー油奈良漬け:291円• 小粒おぼろ昆布:270円• 小粒赤しそ:270円• 小粒青唐辛子味噌:270円• 小粒初摘み海苔:270円• 小粒うずら卵:270円• 小粒キムチ:291円• 小粒本わさび :324円• 小粒鰯削りぶし :270円• 小粒ラー油奈良漬け:291円• ひきわりおぼろ昆布:270円• ひきわり赤しそ:270円• ひきわり青唐辛子味噌:270円• ひきわり初摘み海苔:270円• ひきわりうずら卵:270円• ひきわりキムチ:291円• ひきわり本わさび :324円• ひきわり鰯削りぶし :270円• ひきわりラー油奈良漬け:291円 その他、ギフトなどにオススメの色々な種類の納豆が詰め合わせられたセットがあります。 納豆1つの値段は270円以上と高いですが、納豆嫌いな人が気になる匂いが消えて、とても食べやすいです。

次の