プルダウンとは。 エクセルのプルダウンメニュー(ドロップダウンリスト)を追加する|Office Hack

プルアップ抵抗/プルダウン抵抗とは~制御工学の基礎あれこれ~

プルダウンとは

プルダウンの活用術について ここからは、Excelのプルダウンの活用術を解説していきます。 まずは、プルダウンの基本的な使い方の手順を示します。 プルダウンの直接入力の手順 1 プルダウンリストを作成したいセルを選択し、「データ」タブから「データの入力規則」をクリックします。 2 「データの入力規則」のダイアログボックスを表示させ、「入力値の種類」に「リスト」を選択 3 「元の値」にプルダウンリストの内容を直接入力します。 4 「OK」を押すと、セルにプルダウンリストが作成されました。 次に、プルダウンの範囲指定の手順を紹介 1 、 2 までは、直接入力と同じ手順で進みます。 3 「データの入力規則」の「元の値」に、Sheet 1にあらかじめ作成しておいたデータ範囲を選択します。 4 「OK」を押すと、セルにプルダウンリストが作成されました。 ここからは、プルダウンの削除の手順を紹介します。 先ほど作成したプルダウンを削除していきます。 1 プルダウンが入力されているセルを選択し、「データ」タブから「データの入力規則」をクリックすると、「データの入力規則」のダイアログボックスが表示されます。 2 左下にある「すべてクリア」のボタンを選択 3 「OK」を押すと、プルダウンリストが削除されました。 プルダウンに行を追加、削除する方法を示します。 プルダウンリストに行を追加する手順 新たに項目に入力された16行目をプルダウンリストに追加します。 1 Sheet 2にあるプルダウンリストの入っているセルを選択し、「データ」タブから「データの入力規則」のダイアログボックスを表示します。 2 「元の値」に入力されている範囲を選択し直し、新たに16行目までの範囲を選択します。 3 「OK」を押すと、プルダウンリストに新しい項目が追加されました。 プルダウンリストの行を削除する手順 プルダウンリストの項目の14行目と15行目を削除します。 1 Sheet 2のプルダウンリストのセルを選択し、「データ」タブから「データの入力規則」のダイアログボックスを表示します。 2 「元の値」に入力されているSheet 1の選択範囲を、2行目から13行目までに変更します。 3 「OK」を押すと、プルダウンリストから項目が削除されました。 まとめ Excelのプルダウン機能には、入力が簡単になる、入力ミスを防ぐことができるなど、多くのメリットがあります。 ぜひ、皆さんも、プルダウン機能を習得して、日々の作業に取り入れながら、Excelをより見やすく、使いやすいものにしていきましょう。 (学生の窓口編集部)•

次の

【エクセル】連動型プルダウンリストで選択肢を絞り込む方法とは?|ガラクタブログ

プルダウンとは

手順 サンプルとして下のような一覧表シートを用意します。 次に検索用のシートを用意します。 このシートでは商品を選ぶと自動で価格を取得します。 入力規則(プルダウン)を設定 検索シートのプルダウンを設定するセルを選択し「データの入力規則」を選択します。 「データの入力規則」が表示されるので「入力値の種類」を「すべての値」から「リスト」に変更します。 これにより「検索」シートで商品をプルダウン入力することが可能になります。 VLOOKUP・XLOOKUP関数を設定 次に・で価格の検索する数式を作成します。 それには価格を表示するセルに下記の数式を設定します。 範囲 商品一覧「表! 下にするためセルはにします。 列番号 価格は一覧表の2番目の項目のため 「2」を指定します。 検索方法 「FALSE」を指定します。 省略やTRUEだと意図しない検索が 行われてしまいます。 検索範囲 商品一覧の「表! 下にするためセルはにします。 表示範囲 商品一覧の「表! 下にするためセルはにします。 数式が完成したら作成した行を必要な分だけすれば完成です。 関連記事 入力規則によるプルダウン(ドロップダウン)リストの記事一覧.

次の

【Excel】プルダウンとは? その概要と活用法について解説

プルダウンとは

<目次>• プルダウンリストは選択肢の決まっているデータを入力する際に有効 名簿や商品リストなどを作成するときは、セルに入力するデータが、ある程度、決まっている場合があります。 たとえば、名簿の性別には「男」「女」の2つしか入りません。 または、社員名簿の所属部署も「総務部」「営業部」「開発部」など、会社によって決まっているでしょう。 このように、入力するデータが決まっている場合は、リストに一覧表示させて、そこから選択できるようにすると、入力も楽で間違いもなくなります。 それを実現するのが、Googleスプレッドシートの「プルダウンリスト」です。 次は、実際にGoogleスプレッドシートで作成した「プルダウンリスト」の例です。 手順7で[無効なデータの場合]の[入力を拒否]を指定しているので、設定した部署以外のデータを入力しようとすると、このようなエラーメッセージが表示されて入力できません。 スプレッドシートで作ったプルダウンリストをExcelで活用する 作成したプルダウンリストは、Excel形式に変換しても有効です。 GoogleスプレッドシートのファイルをExcel形式に変換するには、[ファイル]-[形式を指定してダウンロード]-[Microsoft Excel. xlsx ]を選択します。 これで、Excel形式のファイルとしてダウンロードされます。

次の