あさ イチ 草なぎ 剛。 元SMAP・草なぎ剛の主演ドラマシリーズが復活する日は?

草なぎ剛、お笑いレジェンド萩本欽一に挑む 香取に続いて『アドリブで笑』出演

あさ イチ 草なぎ 剛

今まで数々の記録を打ち立て、まさにスターの中のスターであるのが 木村拓哉 キムタク さんです。 言わずとしれたスマップのメンバーの一人であり、ジャニーズを代表するアイドルではありますが、そんな木村拓哉 キムタク さんにはアイドルとして姿の他にも俳優さんとしても非常に優れた姿っていうのがあります。 過去に出演したドラマの数々っていうのは軒並み高視聴率を集めていることは多くの人が知っていますが、そんなことから木村拓哉 キムタク さんは 視聴率男と言われているようです。 スポンサーリンク 木村拓哉 キムタク さんが出演すれば視聴率が取れるということになるようですが、芸能人でもそういった異名がついている人っていうのはなかなかいないようです。 そんな木村拓哉 キムタク さんですが、 在日ではないかという話がずっとあるようです。 芸能人などに多くある在日ではないかという噂ですが、木村拓哉 キムタク さんにも同様のものがあるようです。 人気芸能人ともなれば、何もしなくても在日ではないかという噂が流れるようなことがあるようですが、木村拓哉 キムタク さんは同じスマップのメンバーである 草なぎさんもキッカケの1つだったようです。 続きます・・・ スポンサーリンク 草なぎさんと言えば、韓国語を自ら勉強して、今やペラペラにしゃべれるほどの実力の持ち主なわけですが、そういったことから飛び火して 木村拓哉 キムタク さんは在日ではないかということになったようです。 何か無理やりな気がしないこともないですが、噂なんていうのはそんなものなのかもしれません。 また、木村拓哉 キムタク さんはジャニーズの中でも少ない結婚している方になるようで、奥さんはあの工藤さんになります。 かつて歌手として活躍していた工藤さんと木村拓哉 キムタク さんの結婚っていうのは当時、大きな話題になりましたが、今では二人の娘もいて 幸せな家庭を築いているようです。 しかしながら、工藤さんにも同様に在日ではないかという噂があるようで、木村拓哉 キムタク さんと工藤さんは どちらも在日であったために、すんなり結婚することが出来たっていうもののようです。 さらにはお互いに在日であったために、 幼馴染だったという話も。 それはそれで美談になりそうな気もしますが、結論的にはどうやら木村拓哉 キムタク さんは在日でない可能性っていうのが高くなっているようですね。

次の

メール投稿フォーム|NHKあさイチ

あさ イチ 草なぎ 剛

草なぎ剛がMCを務め、失われつつある「日本の多様性」を再発見する『最後の〇〇 日本のレッドデータ』が、NHK BSプレミアムにて5月1日22時に放送されることが決まった。 日本各地に潜在する「最後の〇〇」を徹底リサーチし、「〇〇が絶滅すると、実はこんな影響が…」といった知られざる価値を検証する。 〇〇の絶滅が和食の危機に!? 〇〇が無くなると百貨店が倒産!? その絶滅の真相とは…。 さまざまな分野で「最後の〇〇」を手がけるゲストを迎え、貫かれた信念や生きざまに迫る。 みそ、しょうゆ、酒、酢などの最高級品の製造に欠かせない木桶の、国内唯一のメーカーが今年限りで生産を終了する。 無形文化遺産「和食」が絶滅危機? 大型木桶職人・上芝雄史さんをゲストに迎え、衰退の背景や、あだとなった耐久性の技術力、和食ブランド関係者の不安などについて探る。 神事や伝統芸能などの日本文化には欠かせない「和傘」の特徴である数の多い骨を中心でまとめ、開閉の核となる部品「ろくろ」を作れる職人はただ一人。 日本唯一の超絶技術のすごみとは…。 ろくろ職人・長屋一男さんに話を聞く。 このほか、かつて常備薬の定番だった消毒薬「赤チン」や、古来からの製法「独楽撚り(こまより)」の技術で生み出される和楽器に欠かせない「絹の弦」、贈答品の果物などを包み込む、木材を薄く細く削った緩衝材「木毛(もくめん)」を紹介する。 MCの草なぎは「この番組に参加して、日本の技術や伝統・文化を身近に感じることができ、大変刺激になりました。 そして、スタジオにお越しいただいた職人さんたちの言葉には、とても心に刺さるものがあり、僕だけでなくこの番組をご覧になる皆さんにとっても、人生のヒントになる言葉がきっとあると思います」とコメントしている。 『最後の〇〇 日本のレッドデータ』は、NHK BSプレミアムにて5月1日22時、NHK総合(東海3県のみ)にて5月8日19時30分放送。 この記事の写真を見る•

次の

木村拓哉(キムタク)は夫婦で在日だった/在日芸能人

あさ イチ 草なぎ 剛

親の財産をめぐる兄弟のいざこざを描いた映画『台風家族』の先行上映会が4日、大阪市内でおこなわれ、主演の草なぎ剛が苛酷な撮影現場について語った。 「人生で一番暑い撮影でした。 なんであんなロケ現場を選んだんですか?」と、冒頭から恨み節炸裂の草彅。 ロケ地・栃木県の最高気温を記録した昨夏の撮影について、「古民家を貸し切って撮影したので、涼むところがない。 脂汗とかも出てて・・・」と明かし、「結果的にはいいシーンが撮れて、でもやってるときは恨んでましたよ!」と市井昌秀監督に強くもの申す場面も。 しかし、それも作戦のひとつだったようで、市井監督いわく「ケンカが起こるシーンがあって。 長く撮るとだんだん本人たちがケンカしてるように見えてくる。 それがすごく面白いし、本物の汗が出てるし・・・みなさん術中にはまってもらいました」とのこと。 不満を漏らした草彅も、「(仕上がりは)すごく面白くなりました」と太鼓判を押した。 同作は9月6日から公開される(3週間限定)。 Lmaga.

次の