ハクビシン 猫。 ハクビシン豆知識

【写真あり】イタチとテンとハクビシンの簡単な見分け方

ハクビシン 猫

食事を慣らせよう。 ハクビシンのペットにするには食事を知る必要があります。 ハクビシンの食事は主に果物や野菜などを食べています。 ですから餌付けをする事は不可能では無いという事です。 特に糖度の高い果物を好むことからみかん、りんご、びわ、梨、かき、ももなどを食べます。 ペットとして飼うならこれらを与えておくだけでいいのです。 それ以外にもハクビシンは雑食性で何でも食べるという報告があります。 そういう点では比較的飼いやすい動物であると言えるでしょう。 ハクビシンをペットとして飼うのならしっかりと囲いをして食事は果物を中心に与える事です。 食事を勉強しましょう。 躾は難しい事を学ぼう。 ハクビシンをペットとして飼うという例はあまり聞きませんが基本は野生動物であるという事です。 ですから躾などの期待はする事が難しいと言う事です。 動物園などでも展示というだけです。 懐いてくれれば食事を催促したりして来るでしょうがどのように催促をするかはまだはっきりとは解っていません。 ハクビシンはよく民家の屋根裏などに住み付きそこをねぐらにしているケースなどがあります。 この場合も気ままであり猫や犬のように性格がハッキリと解っていません。 ですから躾にどのような反応をするのか解りません。 排泄もハクビシンは木ノ上からするような性質をもっていますからコントロールする事は難しいです。 躾は諦めた方が良いでしょう。 夜行性を理解しよう。 ハクビシンをペットにする為にはその生活を知る必要があります。 ハクビシンは昼間はねぐらで寝て夜になると餌を求めて決まったルートを通り徘徊するという習性を持っています。 猫も本来夜行性ですが人間の生活スタイルに合わせる事が出来るようになってきました。 ハクビシンもそのようになる可能性は0ではないですがやはりその習性を簡単に変える事は難しくなります。 餌の時間など決まった時間にあげていればひょっとしたら懐くかも知れません。 餌を求めて徘徊する必要性が無くなれば猫のように懐く可能性もあります。 しかし昼は寝て夜は活発に動く性質には変わりがない可能性が高いです。 ですから人間の生活スタイルに合わせてくれるかどうかはこれは飼ってみないと解らないというものです。 ハクビシンは夜行性である事を理解しましょう。 繁殖してみよう。 ハクビシンをペットとして飼うのならしっかりと繁殖をさせて子の頃から教育をすると人間に懐くようなペットになる可能性があります。 ハクビシンは自然界では母親を中心とした約20頭の群れで生活をしているというスタイルを持っています。 その寿命は25年とも言われています。 発情すると当然オスは縄張り争いが激しくなりメスもオスを誘う行動に出やすくなります。 この為ペットとして飼うのなら一度繁殖をさせてから避妊去勢手術を受けるようにする方が良いです。 広大な敷地を持っていて他の農作物の被害が出ないと言うのなら増やしたいだけ増やせばいいですがそうもいかない事が多いでしょう。 ですからハクビシンの避妊手術はした置く方が良いです。 初めから飼われている状態であれば懐く可能性はかなり高くなります。 繁殖をしてみましょう。 子供から教育しよう。 ハクビシンに限った事ではないですが基本動物はペットとして躾けられるのは大人になるまでが鉄則です。 ですから母親に適度に面倒を見てもらいながら子供への教育をするような感じが良いと考えます。 基本大人になるまでに食べた食べ物取る行動を踏襲していくという事になりますからこの時期にしっかりと教育する事でペットとして飼いやすいハクビシンが出来上がります。 生後すぐは母親や兄弟の中で育ててそこから徐々に慣らしていうような感覚でいればいいのです。 当然大人になるまでにだっこや人間との接触を覚えたハクビシンであれば人間に対して抵抗が少ないということになります。 人間に対して抵抗が少ない個体は飼いやすいという事です。 基本放置しておけば母親の真似をするようになる事でしょう。 ですからその母親からの教育とは違った愛情を注いであげるような行動をとればペットとして飼いやすいということになります。 ハクビシンを子供から教育してみましょう。 イタズラされないようにしよう。 ハクビシンをペットとして飼うのに困る事がこのイタズラです。 とにかく野性味あふれる行動でペットとしてはイタズラに困る事になる事でしょう。 ただこのある程度までは良いですがやはり困るのが糞などです。 ハクビシンを飼うのならしっかりとある部屋などをハクビシン専用にしてそこを一日に一回は掃除する事が必要になります。 電気コードなどを噛み切ったり壁に穴を空けたりする事が性質上大好きです。 ですからそういった事が出来ないように無機質な部屋にねぐらを作って飼うといいでしょう。 ハクビシンは狭いところが大好きです。 この習性を上手に利用して居心地のいい住まいを心掛けましょう。 ハクビシンにイタズラされないように十分に注意しましょう。 狂暴なのかを覚えよう。 ハクビシンをペットとして飼う時にこの狂暴性は非常に大きなネックになります。 何せ野生のまま連れてきた状態であれば教育も行き届か煮何故こんな狭いところに閉じ込められているのか解らないと言う感情がハクビシンに芽生えても不思議ではないです。 そのように感じさせないように上手に住まいを作ってあげる事が大事です。 また高いところを好みます。 よく電線の上を器用に歩いている姿は猫のそれよりはるかに上の能力です。 このような事も考えた上でしっかりと住みやすい環境を整える必要があります。 狂暴なところはおそらくその個体では慣らす事は非常に難しくなります。 ある程度の覚悟が必要です。 ハクビシンは狂暴さを覚えておきましょう。 いかがでしょうか。 実際にハクビシンを飼うにあたってはキチンと住処の準備をするなどやる事は多いです。 またハクビシンと言うと農作物被害と結び付けて害獣と言う扱いを受けている事もまた確かです。 当然捕まえてきてそのままペットにした場合などは慣れるのには苦労するでしょう。 ですがペットとして飼えないかと言うとそうでもありません。 ハクビシンの住みよい住処を提供して食事の面倒を見てくれる事におそらく少しづつ心を開いてくれます。 ハクビシンの繁殖させて子供から飼えばその慣れはきっと懐きに変わる事に間違いないです。 ですから糞を除いては躾をする事も当然出来ます。 ハクビシンと向き合って飼ってみるという事も良い経験かもしれません。 まとめ ハクビシンをペットとして飼う為に必要な心構え ・食事は楽である事を覚えよう。 ・トイレの躾は出来ない事を理解しよう。 ・夜行性であるという事を学ぼう。 ・繁殖して子供から育ててみよう。 ・イタズラされないように注意しよう。 ・狂暴さを理解しておこう。

次の

ハクビシンの鳴き声4つと生態の特徴11個。屋根裏で夜うるさいときの対策

ハクビシン 猫

キューキュー… キーキー… この鳴き声…もしかしてハクビシン!? こんにちは。 みんなの害獣駆除屋さんの木村です! 突然ですがあなたのお家やその周りで、 聞きなれない鳴き声を聞いたことはありませんか…? もしかしたらその鳴き声、 ハクビシンかもしれません。 ハクビシンは30年〜40年前はとても珍しい動物でした。 しかし近年は東京などの都市部にもあらわれ、 農作物や私たちの家に悪影響を与える害獣として知られています。 野菜を食い荒らしたり、 屋根裏に大量のフンをしてリフォームが必要になったりと、その被害は決して軽く見れるものではありません。 そこでこの記事では、• ハクビシンの鳴き声• ハクビシンの生態• ハクビシンへの対策 など、 『ハクビシンとはどのような動物で、どんな対策が必要なのか』を解説していきたいと思います。 「ハクビシンってどんな鳴き声なんだろう?」 「ハクビシンって名前は聞いたことがあるけど、どういう動物なんだろう?」 「家の周りでよく見かけるあの動物、もしかしたらハクビシンかも…」 という方は必見です。 この記事を読んで、 ハクビシンに関するモヤモヤがなくなり、泣き声や被害に悩まされない毎日を取り戻せれば幸いです。 では参ります! その前に。 もし、すでにハクビシンの被害を受けられていて 「すぐになんとかしたい!」 という方はぜひ弊社、 みんなの害獣駆除屋さんまでご相談ください。 電話・メールともに無料でご相談を受け付けております。 「本当にハクビシンなのかどうか分からない…。 」という方でもお気軽にご相談くださいね。 こちらはハクビシン同士がケンカをしている時の鳴き声です。 『猫のケンカ』はあながち間違いではないんです。 実際に、相談をいただくお客様の中には、 「そういえば近所で猫がケンカしているような声を聞いたわ」 とおっしゃる方もいて、行ってみるとやはりハクビシンのフンがたくさん…ということがよくあります。 もしこれらの動画を見て、 「この声、もしかしたら…」 と思った方、被害状況の調査をしてみてはいかがでしょうか。 最終的にはハクビシンの追い出しや駆除を行うとしても、まずは被害状況を調査しなければ始まりません。 わたしたち みんなの害獣駆除屋さんでは、無料で現地調査を行っております。 加えて、 WEB限定でお見積り0円キャンペーンも実施しております!ぜひお気軽にご相談くださいね。 ハクビシンはこんな動物!生態や特徴を徹底解説 生息範囲はかなり広い ハクビシンは日本全国に広く分布しています。 環境省が平成27年〜30年にかけて行った調査では、• 北海道• 山口県• 九州の7県• 沖縄県 の 10県以外、すべての県で生息が確認されています。 この調査結果を見て 「じゃあ上の10県には1匹も生息していないんだ」 と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。 実際、福岡のお客様から「屋根裏にハクビシンがいる」という依頼をいただいたこともありますし、北海道にも生息している場所はあるようです。 インドでは 標高2700mに生息する姿も確認されていて、その環境適応能力はかなりのものです。 どこに生息していても不思議はないんですね…。 巣やねぐらはどこに作るの? ハクビシンは安全で薄暗い場所を巣やねぐらとして利用しています。 森林地帯に住むハクビシンは木の穴や岩穴のほか、タヌキなど他の動物が使わなくなった巣穴を利用していますが、 市街地に適応したハクビシンは屋根裏や軒下、人気のない納屋などを巣やねぐらとして利用しています。 ねぐらは言わばハクビシンの休憩所。 ハクビシンの行動範囲は非常に広いため、行動途中に休憩が必要なんです。 その範囲は 30ヘクタールから70ヘクタールと言われています。 東京ディズニーランドが約50ヘクタールなので、その広さがわかりますよね…。 ハクビシン1匹につきねぐらを4〜10箇所持っていて、その中でも いちばん安全で寝心地の良い場所が、繁殖を行う 『巣』として選ばれるようです。 ハクビシンは在来種?外来種? 結論から言うと、ハクビシンはもともと日本にいた在来種なのか、人の手によって海外から持ち込まれた外来種なのかは色々な話があり、 はっきりとしたことは分かっていません。 ちなみにDNA鑑定では、台湾に分布しているものと同列なんだそうです。 世界で見ると、台湾の他にはインド、スマトラ、ポルネオ、ジャワ島など、東南アジアに広く分布していますよ。 ハクビシンの身体の特徴は? ここではハクビシンの体の色や大きさ、その身体能力の高さを解説していきます。 体の大きさ 体長は約90~110cmですが、特筆すべきは尻尾の長さ。 胴体50〜65cmに対して尻尾が40〜45cmなのでかなり長い尻尾を持っています。 体重は3〜4kgで、オスの方がひと周りほど身体が大きいです。 毛の色 身体のほとんどが灰色の毛で覆われていて、背中の中央の毛色が濃く、お腹側の毛が薄くなっています。 足は黒色で、他の部分よりも濃くなっています。 また、先にも説明したように 鼻筋に白い線が入ったような模様があるのが特徴です。 尻尾の先が白っぽいものや、鼻が黒っぽいものいて、色や模様はその個体によって微妙に違うようです。 驚異の身体能力 ハクビシンはもともと、 森林地帯の樹の上で生活していました。 そのため身体能力は非常に高く、 電線を渡ることもあるほどです。 長い尻尾で器用にバランスをとっているのがわかると思います。 ハクビシンの足裏には毛がなく、人間の掌のように真ん中がへこんだような形状になっています。 そのため、電線のような 細いものにもピッタリと足をくっつけることができるんです。 塀をよじ登ってその上を歩いたり、木に登ったりするのはアライグマでもできますが、 電線を渡れるのはハクビシンだけです。 また、身体がとても柔らかく、少しの隙間でも上手に体をくねらせて簡単にくぐり抜けることができます。 農研機構によると、• 8cm四方の正方形• 直径9cmの円形• ほかにも垂直方向へ1メートル以上ジャンプできるなど、身体能力はかなり高いと言えます。 そのため、足跡も丸い掌の外側に、 肉球のあとが5つ付くような形になります。 少し爪があるので、足跡にも爪の跡がつくこともありますよ。 臭腺が発達している ハクビシンは肛門の近くに 『臭腺』があります。 臭腺とは 強い匂いの液体を出す腺で、スカンクをイメージしてもらうと分かりやすいと思います。 威嚇する時や、恐怖を感じた時は 「ガー!」という鳴き声とともに臭腺から かなりクサい匂いを出します。 幸いなことに私はまだ嗅いだことがありません…。 同じ分類であるジャコウネコの臭腺から出る液体は香水の材料としても有名ですが、ハクビシンの臭腺からとったものは クサすぎて使えないくらいクサいそうです…。 ハクビシンの寿命は?繁殖力は高い? 最長24年生きた記録も! 野生の ハクビシンの寿命は10〜15年と言われています。 飼育されているともっと長生きするようで、農林水産省の資料によると、飼育されていたハクビシンが 最長24年生きたという記録があるそうです。 飼育の場合だと栄養状態を管理され、栄養価の高い餌が与えられるため、長生きするのでしょう。 そういう意味でいうと、 都会のハクビシンの栄養状態もなかなかのものです。 調査や捕獲で見てみると、 かなりいいものを食べているように見えます。 本来の生息地である森林地帯で自然の餌だけを食べているハクビシンと違い、都会のハクビシンは 栄養価の高い生ゴミなどを漁って食べるので、 栄養状態がすごくいいんですね。 野生でも15年以上生きるハクビシンももしかしたらいるかもしれませんね…。 生まれた子供は、10ヶ月後には繁殖可能 ハクビシンの繁殖期は地域にもよりますが、 3月頃と9月頃に多く見られます。 妊娠期間は2ヶ月前後なので、5月、11月頃に子供がたくさん生まれることになりますね。 「屋根裏でハクビシンが子育てしているみたいなんですが…」 という問い合わせが増えてくるのもこの時期です。 だいたい 年に一度、2〜3頭の子供を産むようですが、先に説明したような 栄養状態の良いハクビシンは1年に2回産むこともあるようです。 生まれた子供は 体重120gほどで 体長は15cmほど、 目は閉じていて生後10日ほどで開くようです。 約3ヶ月ほどで離乳し、親とほとんど同じ大きさになります。 その子供も10ヶ月後には繁殖可能になるのですから、その能力の高さがわかると思います。 「うちの屋根裏でも子育てされているかもしれない…」 という方は、ぜひ みんなの害獣駆除屋さんにお早めにご相談していただければと思います。 先にも紹介したように、一時は天然記念物に指定されるほど珍しい動物だったハクビシン。 そんな動物が日本でここまで繁殖できたのは、ハクビシン自身の繁殖能力の高さに加えて、 天敵が少ないことがあります。 ハクビシンの天敵は• トラ、ヒョウ、オオカミなどの肉食獣• フクロウ、タカ、ワシなどの猛禽類 ですが、ご存知の通り 日本にはトラやヒョウは生息していませんよね。 フクロウやタカ、ワシなどは生息していますが、 猛禽類に襲われるのは生後1〜2ヶ月の子供のハクビシン。 大人のハクビシンを襲って食べるような天敵は、ここ 日本にはほとんどいないんです。 この他に強いて挙げるとすればアライグマと人間です。 アライグマは気性が非常に荒く、もともと住んでいた ハクビシンを追い払い、住居を奪うので天敵と言えます(アライグマに追い払われたハクビシンが、餌を求めて市街地によく現れるようになったとも考えられています)。 同じように、ハクビシンを追い払ったり、捕まえたりする人間も天敵と言えるかもしれません。 ハンターの中にはハクビシンを食べる人もいるようなので、まさに天敵と言えるでしょう。 とはいえ、やはり天敵が少ないのは事実です。 これからも どんどん繁殖していくのではないでしょうか。 ハクビシンは何を食べるの?好きな食べ物は? ハクビシンは甘い果実が大好き ハクビシンは 雑食なのでなんでも食べますが、果物を好んで食べる傾向があります。 果物のなかでも特に、• イチジク• ミカン• ぶどう などの 糖度が高い果物が大好物で、農作物の被害もこれらの果物が非常に多いです。 先に紹介したようにハクビシンは垂直方向に1m以上もジャンプできるほか、バランス感覚も抜群。 木に飛び乗り、細い枝の上をかんたんに移動できてしまいます。 また、 木の枝に後ろ足だけでぶら下がりながら果物を食べることもできるそうです。 本当に 忍者みたいですよね…。 果物のなる樹は、ハクビシンの絶好の餌場になってしまうんですね。 ナメクジやムカデ、生ゴミも食べる 大好きなのは果物ですが、雑食のためなんでも食べます。 小鳥の卵• ナメクジ• ムカデ• カエル• ザリガニ• 生ゴミ など、ちょっとビックリするようなものまで食べるようです。 市街地に生息するハクビシンの餌は主に生ゴミです。 「生ゴミを荒らすのは猫かカラスだと思っていたら、犯人はハクビシンだった」 ということもよく聞きます。 栄養価が高い餌があちこちにあるのですから、 ハクビシンにとっては快適な環境です。 このような食べ物に困らない環境が、ハクビシンを市街地に引き寄せる大きな原因となっています。 ハクビシンのフンはどんなフン? ハクビシンは果実が大好物。 そのため、フンには果物などの 種子が多く混ざっていることが多いです。 ミカンの内袋は器用に吐き出すそうですが、タネはそのまま飲み込んでしまうようです。 大きさは小型犬と同じくらいの5cm〜10cmほどで、大人んお人間の親指くらいのことが多く、丸くて長い形をしています。 『 種がたくさん混じった小型犬のようなフン』であれば、ハクビシンのフンの可能性が高いということですね。 また、タヌキなどと同じく 「溜めフン」という、糞尿を同じ場所にする性質があります。 要するに トイレですね…。 この習性がとても厄介なんです。 「天井にシミができて、なんかすごく臭い匂いがしてきたんです…」 というお問い合わせをよくいただきます。 実際に現場を見てみると、 案の定ハクビシンが屋根裏をトイレにしていた、ということ多いです。 ひどくなると天井が腐り、 大量の糞尿と一緒に天井も落ちてくる…なんて被害に発展してしまいます。 もし天井に 動物かなにかの気配を感じていたら、お早めにご相談いただければと思います。 日に日に溜まってしまう糞尿を絶ち切るため、一刻も早い対策と清掃が必要です。 もしハクビシンが敷地内に現れたら?対策方法を解説 ここからは、ハクビシンが家やその近くに現れたらどうすればよいか?について解説していきたいと思います。 ハクビシン対策は、• 家の周囲に現れている• すでに屋根裏や床下に侵入されている どちらの状況かによって、 するべきことが変わってきます。 それぞれくわしく解説していきましょう。 先にも紹介しましたが、ハクビシンは• 8cm四方の正方形• 直径9cmの円形• この大きさを参考に、侵入口を探していきましょう。 チェック表を作ったので、ぜひ参考にしてみてください。 侵入されないように対策したら、ハクビシンが寄り付かない環境を作りましょう。 まずは生ゴミなど、餌になるようなものを撤去します。 ハクビシンが現れる場所の近くには必ずと言っていいほどエサ場があります。 本来森林地帯で暮らしているはずのハクビシンが 人の近くに現れるのは、「エサがある」ということが一番の原因です。 しっかり撤去して、家がハクビシンの行動ルートに入らないようにしましょう。 同時に、ハクビシンが隠れられるような 雑草、落ち葉なども撤去しましょう。 ハクビシンは見通しの良い場所を嫌います。 側溝の落ち葉を掃除したり、庭の草刈りを頻繁に行い、ハクビシンの嫌う環境を作りましょう。 屋根裏や床下などに侵入されているときは? これらをハクビシンがいない時に、侵入していると思われる屋根裏や床下で使用します。 ハクビシンを追い払い、家の中にいないのを確認したら先に紹介した パンチングメタルで穴を塞いで完成です。 匂いで追い払う方法を紹介しましたが、どちらも時間が経つと匂いは消えてしまいます。 ハクビシンが現れなくるまで 定期的に設置しましょう。 もしこれでもハクビシンを追い払えない場合、捕獲や駆除が必要になります。 ハクビシンの捕獲方法や駆除方法については、こちらの記事で詳しく書いています。 ぜひ参考にしてみてください。 すでに騒音やフン尿の被害が出ていて、 「一刻も速くなんとかしたい!」 という方は、ぜひにご相談ください。 地域に密着した害獣駆除専門のスタッフが迅速に駆けつけ、丁寧かつスピーディーに駆除いたします。 ご希望があれば、 再び侵入されるのを防ぐための対策も行いますので、まずはお気軽にご相談いただければと思います! まとめ.

次の

ハクビシンの忌避剤おすすめ3選!効果的な使用方法と忌避剤を自分で作る方法

ハクビシン 猫

ハクビシンに忌避剤が効果的な理由 アライグマやタヌキなど、他の野生動物にも言えることですが、ハクビシンは嗅覚が非常に発達しています。 外敵を見つけ出したり、餌を探したりする際に、目や耳と同じくらい鼻に頼っているのでニオイに敏感です。 ハクビシンは通常日没から早朝にかけて活動する夜行性のため、視覚を補うため鼻が良くなったものと考えられます。 そのため、嗅覚に訴えかける忌避剤はハクビシン駆除に効果が期待できるというわけです。 どんな種類の忌避剤があるのか【忌避剤おすすめ3選】 忌避剤にはいくつか種類があり、それぞれ使用方法や特徴が違います。 ここではハクビシンに対して有効な忌避剤の種類と、おすすめの商品をご紹介します。 木酢液 木酢液は、木材を焼いて木炭にする際、副産物として出る液体です。 消臭・殺菌などに効果がある他、独特のツンとする臭いからハクビシンを始めとする害獣の忌避剤にも広く利用されています。 中島商事 トヨチュー 熟成木酢原液 1500ML こちらはAmazonで人気の木酢液です。 レビューを見ると分かるように、動物対策に一定の効果を上げています。 低価格で1. 5Lという大容量なので、複数箇所に贅沢に使用することができます。 使用する際はパッケージに記載の希釈倍率に合わせて水で薄めて、霧吹きなどで散布して下さい。 もし効果が薄いようであれば徐々に濃度を上げて使用します。 天敵の尿 野生動物は、自分より強い動物の痕跡がある場所は警戒して近寄りません。 この習性を利用して忌避効果を狙った「肉食動物の尿」を原料として利用する忌避剤が開発されています。 無添加 狼尿(ウルフ) 340g オオカミの尿を原料に作られた動物用忌避剤です。 ハクビシンを始め、イノシシやシカ、アライグマなどにも効果が確認されています。 付属のフィルムケースのような専用ボトルに入れ、柵やフェンスにくくりつけることで使用し、30mlの充填でおよそ一ヶ月効果が持続します。 高速道路管理会社を始めとして多くの企業で採用されており、実績からもその効果を期待して良いでしょう。 デメリットは使用に専用容器が必要なこと。 本品のおまけとして最初から6個ついていますが、それ以上設置したい場合や、容器が破損した場合は別途購入が必要となります。 燻煙剤 燻煙剤(くんえん剤)は、害獣の嫌うニオイの煙を発生させ、忌避効果を狙う商品です。 侵入防止というよりは、巣穴に煙を焚き込めて追い出しをおこなう目的で利用されます。 害獣駆除の専門業者も追い出しに利用している種類の商品ですので、かなりの効果が期待できるでしょう。 ネズミ一発退場 くん煙タイプ 本来はネズミ用の燻煙剤ですが、ハクビシンの嫌うハッカ油を原料に使用しており、ハクビシンの追い出しにも使用できます。 水を入れた容器に製品の缶を浸けることで煙が出て、およそ30分間発煙します。 使用する際、容器はねぐらに煙が入るよう設置し、巣穴の入り口に向かって追い出すように設置します。 デメリットは、使用するのに準備が必要なこと。 屋根裏用とはいえ、屋内への煙の侵入が考えられますので、植物や観賞魚などは煙が入らないよう覆っておかなければなりません。 また犬や猫などにも忌避効果を発揮してしまうため、ペットのいるご家庭だと使用は難しいかもしれません。 忌避剤は家にあるもので自作できる 紹介した市販品の他にも、家にあるハクビシンの嫌がるものを利用して、忌避剤を自作することもできます。 石油 ハクビシンが嫌うものに、石油の匂いがあります。 冬場の残りの灯油などがあれば、ハクビシン対策として使用できるでしょう。 灯油を布に染み込ませて設置しておくか、液体を少量カップに入れて吊るしておくことで効果が発揮できます。 灯油をそのまま注いで使用する場合は、こぼれないよう注意して置き場所を工夫すると良いでしょう。 灯油は蒸発が早いため、週に一度は設置場所を確認して匂いが出ているかチェックするようにします。 にんにく にんにくの臭いもハクビシンが嫌うものの一つ。 すりおろすか、潰した生のニンニクを設置して使用します。 乾燥すると匂いが薄れるので、こちらも定期的な点検・交換が必要です。 犬の毛 自宅で犬を飼育している場合、ブラッシングで抜けた毛を忌避剤として利用できます。 集めた毛を100均の台所ネットなどに詰めて吊るしておきましょう。 過去に、犬の毛の忌避効果によってブドウ園のハクビシン被害を減少させた例もあります。 家に犬がいる方は一度お試しください。 参考: 忌避剤の効果的な使用方法 ハクビシンの侵入に対して効果が期待できる忌避剤ですが、使い方や設置方法を工夫することにより、より効率的に忌避効果を発揮できます。 忌避剤は侵入経路に設置する 忌避剤は、ハクビシンの侵入経路に設置するようにしましょう。 そうすることで、ハクビシンの家屋への侵入を未然に防いだり、外に出たハクビシンがねぐらへ戻ってくるのを阻止したりできます。 ハクビシンの侵入経路の一例として以下の場所が挙げられます。 ハクビシンの足跡がある雨どい・樹木の下• 隙間のある軒下• 電線から2m以内の屋根の上• 家庭菜園や畑のそば• 農作物の山のそば• 壁や基礎の隙間の近く こういったところに設置することで、効率よく忌避効果を発揮できるでしょう。 ハクビシンの侵入経路については、以下の記事で詳しくご紹介しています。 複数の種類を組み合わせて使う 忌避剤は一つ一つが強力で、高い効果のあるものですが、長期間同じものを使用していると、ハクビシンが順応し、忌避剤を避けなくなることがあります。 ハクビシンは知能が高く、匂いだけで実体がない・脅威になり得ないと学習してしまえば、最初は効果のあった忌避剤も恐れなくなります。 複数箇所に使用する場合は、それぞれ別の忌避剤を使用し、設置している容器を入れ替えるようにすると簡単です。 まとめ 以上、ハクビシンに対して効果的な忌避剤の種類、効果的な使用方法、忌避剤を自分で作る方法をご紹介しました。 忌避剤は種類や設置方法がいくつかありますので、ご家庭に最もあったものを利用してみて下さい。 忌避剤は少量であっても、適切に使用すれば高い効果が期待できます。 ですが、もしハクビシンが子持ちだった場合は、本能的な恐怖や嫌悪をこらえて巣穴を使い続けてしまう場合があります。 忌避剤を使用してもハクビシンを追い出せない、戻ってきてしまうときは、害獣駆除業者に駆除を依頼することも選択肢に入れてみましょう。 自分でやった方が安く済むのは間違いありませんが、その分時間や手間が掛かったり、素人には見抜けない侵入経路の特定や封鎖、二次被害の対策を徹底的に行ってくれます。 駆除業者の多くは調査と見積もりは無料ですし、高額であれば施工は断ることも可能です。 どうやっても出ていかないハクビシンにお困りの場合、生態や駆除方法を知り尽くしたプロに頼むことも視野に入れてみてはいかがでしょうか。

次の