コーヒーが冷めないうちに 認知症。 コーヒーが冷めないうちに

「コーヒーが冷めないうちに」 ★ 1.2

コーヒーが冷めないうちに 認知症

たまには母と映画鑑賞でもしようということで、ちょっと前に話題になってたなと感じた 『』を見ました。 母親によると 「映画化すると小説も売れるよね〜!」ということだったので、原作小説もあるんでしょう。 その話と、『コーヒーが〜』の主演がさんだったことから、見始めて数十分くらいで (あ、これはちゃんと男がチュッチュする話か)と思いました。 まあ、120分の1くらいは確かにそのとおり…だったんですが… 全体としては結構いい話だったといったところでした。 かなり気に入る人もいると思います。 内容は結構良かったです。 若干ファンタっぽい感じですが人間ドラマが主軸にあるので、 子供からお年寄りまで幅広い年齢層が楽しめそうな感じです。 下ネタもなく ふわっとした真面目な映画なので、 家族で映画鑑賞となったらおススメできます (下ネタは場合によってはマジでご家庭が凍結いたしますからね) 今回の500円くらいでレンタルしてみました。 人の顔の区別がつかない私でも知っているような人が多かったので、比較的 個性派の人、 大御所の方が多く出演されてたのだと思います。 結論を先に言えば… で500円でレンタルする価値はありました。 ここだけは声を大にして言っておきます。 結構よかったです。 ネタバレありの感想ではあれこれ言いますけど、 500円で見れるのならお得もお得です。 人にもよりますが、おそらく感動できます。 以外、ネタバレありの感想になります。 記憶を頼りに書いている部分も多いので、細かい誤りはご了承ください。 『コーヒーを冷めないうちに』は 2018年9月に公開された映画です。 比較的最近の映画ですね (2019年3月現在の感想です)割と最近一生懸命宣伝してた記憶があったので、まあ間違いではないかなといったところ。 あらすじとしては ある喫。 ある席に座りコーヒーを淹れてもらうと、座った人物が深く念じた時間にタイムスリップできる。 しかし、それにはいくつか条件がある。 たとえば、タイムスリップしてもその喫の中だけの話だとか、過去を変えてもそこから未来は変えられないだとか。 喫に馴染みのある人物がそれぞれの理由でタイムスリップし、それぞれやり残したことや聞きそびれたことなど目的を果たしてそれぞれの未来に向かって進んでゆく。 映画中では4,5人ほどの人がタイムスリップしています。 (正確にはもっとかも) 純粋に楽しめたのは3人目のタイムトリップ者(?)まで。 最初にトリップしたのは、なんとなくお互いに恋心を抱いていた幼馴染が、カへ旅立ってしまったのを何も言えず見送ってしまった 清川二美子(波留)。 二人目は妹が事故で急逝してしまった平井久美(吉田羊)。 三人目がの妻を抱える 房木康徳 ()。 ここまでが前半~中盤にかけてのタイムトリップ者です。 個人的に「」が大好きでさんもすごく好きなので、この映画に出ていることがわかるととてもうれしくなりました。 人それぞれお涙ポイントは違うとは思いますが、私がもっとも感動したのは房木さん(さん)のストーリーです。 の妻・ 高竹佳代()がまだを発症して間もないころ、房木はまだ高竹のを知りませんでした。 房木はそのころに戻って高竹とはなしをします。 この時の 二人の演技と演出が泣けるんですよね…。 この映画は4回泣けることが売りのようなのですが、私が感動した2回のうち、 唯一涙を流したのはこの房木のタイムスリップ~戻った直後のシーンでした。 高竹さんと房木さん。 二人が会話を交わす 背景の写真はすべてピンク色っぽい写真で統一されています。 二人が愛し合っていて、信頼していて、素晴らしい夫婦関係のまっただ中にいるんだなぁと思いました。 高竹さんは、房木さんに「自分がであること」をなかなか告白できないでいます。 高竹さんはとても聡明な人物です。 ですから、房木さんが未来からやってきた房木さんだということもすぐ見抜いてしまいます。 そこから交わされる高竹さんと房木さんの会話がとても心に来るのです…。 「3年後の君も、きちんとやっているよ」という房木さん。 それは嘘なんだろうなと察しているだろう高竹さん。 優しい房木さんと聡明な高竹さんの間の会話は、言葉じゃなくてもすべてが伝わっているようでした。 さんとさんの演技も相まって、素晴らしいシーンだったと思います。 正直言えばここがこの映画のクライマックスくらいに感じました。 思い出しただけで泣ける。 後半は主演のさん演じる「時田数」とさん演じる「新谷亮介」の物語。 喫にいる幽霊の正体に関しては、数の「あの人は亡くなった旦那さんに会いに行ってああなった」という話から予想は容易にできました。 予想できなかった人は新谷とマスターの時田流()の話で衝撃を受けたことと思います。 ある程度予想を立てた後の「あぁやっぱりね。 」よりは、「えぇ、そうなの!?」のほうが物語を楽しむうえではいいだろうなぁとは感じます。 原作がある映画にありがちな、 主演女優と主演男優のキスシーンは本当に苦手なので『コーヒーが~』にも軽いキスシーンと添い寝シーンが出てきたときは結構がっかりしました。 添い寝シーンは二人とも服を着ていたので、やましいことが何もなかったのだと解釈しました。 心から安心しました。 でも… あ~そうですよね、これがやりたかったんですよね~ くそが っ!!!と思ったのもつかの間、 物語が後半に進むと、意外な事実がわかります。 頭の冴えている方ならある程度予想できることなのかもしれませんが、私は数とそのお母さんの真実に関してはかなりぐっときました。 原作ではどうなっているのかわからないのですが、映画はきっと展開を少し変えていると思います。 物語の設定から、様々な結末が予想されると思います。 映画は万人受けするラストが好まれるのだと思いますが、「コーヒーが~」に関しても後味の悪くないラストでした。 以上、感想的なものでした。 以下余談になります。 タイムトリップした人たちは口々に「思ってたよりぬるい!」と口にします。 すごくよくわかる。 インスタントコーヒーなんかだと、ポットで沸騰したてのお湯を使うので熱いんですが、きちんと淹れるコーヒーってすごく飲みやすい温度になってるんですよね。 紅茶と違ってコーヒーは沸騰したてのお湯よりも少し低い温度のお湯で淹れて、冷めにくいように厚手ので飲むんだそうです。 だからこそ、映画中の人々が「思ってたよりぬるい!」というのは間違いでもなんでもないのだと思います。 私はコーヒーも好きなんですが、どちらかというと紅茶のほうが魅力的に感じるので、最近のコーヒーブームは 低めの見物をしています。 『』は思っていたより面白い映画でした。 ちょっと感動したい方、とても暇な方、なんとなく映画を見たい方には心からおススメします。 terehiko.

次の

有村架純主演『コーヒーが冷めないうちに』11日深夜に地上波初放送

コーヒーが冷めないうちに 認知症

コーヒーが冷めないうちに あらすじ 秘密の取引現場のような雰囲気の喫茶フニクニフニクラ。 コーヒーの香りと人々の温かみのある雰囲気が漂う老舗喫茶店である一方で、タイムスリップができる喫茶店でもあった。 「コーヒーがさめないうちに」という制限時間、「過去に行ったところで、現実を変えることができない」といった数々の条件がある中でタイムスリップを望む女性たち。 突然、結婚を考えていた彼から別れを告げられた女性、夫からの手紙をもらい損ねた女性、妹を不慮の事故で亡くした女性、命と引き換えに出産を望む女性。 タイムスリップすることで思いを知る。 コーヒーが冷めないうちに 考察・感想 淀みのない文体 淀みなく読み進めることができる文体になっています。 そのため、物語の一つ一つにのめり込むことができ、より物語に感情移入でき、感動を呼ぶのではないかと思います。 脚本家、演出家が本業である川口俊和さんだからこそできる業なのだと思います。 コーヒーという大人の要素とタイムスリップという子供の要素がマッチして織り成される物語と、淀みのない文体は、男女問わず、子供からご年配の方まで愉しむことができる作品になっています。 コーヒー香る 表紙のコーヒーと喫茶店の雰囲気に誘われて本を手に取った方も多いと思います。 書店で本作品を見かけたとき、「その手があったか」と思いました(笑) 夏でもコーヒーはホットである。 淹れたてのコーヒーの香りが好きなのだ。 タイムスリップして見えたもの 心ひとつで、人間はどんなつらい現実も乗り越えていけるのだから、現実は変わらなくとも、人の心が変わるなら、この椅子にもきっと大事な意味がある・・・ 女性たちは、タイムスリップすることで、本来は見えなかった思いを知り、改心する。 親密な関係であるほど、お互いの思いを知って感じているからこそ、「思い」を伝えることが小恥ずかしくなり、ひけらかしてように思われるのではないかと私は思うことが多いですが、「思い」を素直に話してみるという、本当にシンプルなことこそが、この物語の女性たちのような思いをさせない方法ではないかと思います。 「思い」を伝え、「思い」を知ろうとすることの大切さを改めて感じさせていただきました。

次の

「コーヒーが冷めないうちに」 ★ 1.2

コーヒーが冷めないうちに 認知症

コーヒーが冷めないうちにの主要登場人物 時田 数(ときた かず) 流の従兄妹で美術系の大学生。 流の喫茶店でウェイトレスをしている。 時田 流(ときた ながれ) 喫茶店「フニクリフニクラ」のオーナー。 時田 計(ときた けい) 流の奥さん。 体が弱いが、現在、妊婦さん。 ワンピースの女 幽霊。 いつも同じ席に座り本を読んでいる。 一日に1回席を立つ。 ミキ 流と計の子供 コーヒーが冷めないうちに の簡単なあらすじ ここは、明治7年にオープンした老舗の喫茶店です。 喫茶店「フニクリフニクラ」には、過去に戻ることが出来るという不思議な都市伝説があります。 過去に戻るにはいくつかの条件があり、その難関を突破した人だけが過去に戻ることが出来るというのです。 恋人と喧嘩別れした女性、記憶をなくしていく夫を見守る奥さん、喧嘩したまま死別した姉妹、出産を控えた病弱な女性。 果たして彼女たちはタイムトラベルに成功するのでしょうか。 彼は、3歳年下で2年前に知り合い結婚を意識してのお付き合いでした。 「過去に戻りたい」と言って喫茶店を訪れた二美子は、一週間前の彼とのやり取りを後悔していましたので、仕事で外国へ旅立ってしまった彼にもう一度会って自分の思いを伝えたいというのです。 そんな二美子に、数は「ルールがあります。 」 と言い、面倒なルールを説明し始めました。 そのルールとは、� 過去にこの喫茶店に来たことがない人には会えない、�A過去に戻っても現実は変わらない、�B過去に戻れる席は1つで先客がおり、その席に座れるのは先客が席を立った時だけ、�C過去に戻っても席を移動することは出来ない、�D過去に戻れる時間はコーヒーをカップに注いでからコーヒーが冷めてしまうまでの間、と主にこの5つです。 それを聞いた彼女は絶句しますが、意を決し過去に戻るために、たった一つの座が空くのを待っています。 先客であるワンピースの女性が席を立った瞬間、二美子は過去に戻るために席に座りました。 コーヒーが注がれ彼と別れた時間に戻りましたが、中々本音を伝えられません。 時間は過ぎて行きます。 二美子は、勇気を振り絞りプライドを捨て「相談して欲しかった」と言うと彼は「3年待って欲しい」と言いました。 彼もまた二美子に伝えられなかったことがあったのです。 現実に戻ってきた二美子にワンピースの女性が「どいて」と言い、席に着きました。 二美子は、数に「ありがとう」と言い、喫茶店を後にしました。 記憶をなくしていく夫を見守る奥さん 毎回同じ席に座る房木は、週に2〜3回喫茶店「フニクリフニクラ」を訪れます。 ホットコーヒーを注文し、旅行雑誌を広げ、時折何か書き込みをしています。 コーヒーのお代わりを注文されて、数が注ぎに行きます。 何度も来ている房木なのですが、数を見て「新しいバイトですか?」と質問します。 もちろん数は房木の事を知っているのですが、「ここにはよく来るのですか?」と質問し、例のワンピースの女性が座る席の事、また都市伝説の事を聞きます。 「過去に戻って何をするのですか?」と数が聞くと「妻に手紙を渡したい」と房木は言います。 「奥様は今どこにいるのか?」と聞くと「わからない」と答えます。 そんな時、高竹(こうたけ)という女性が房木を迎えに来ます。 彼女は、房木の奥さんで看護師をしています。 房木は若年性アルツハイマー型認知症を発症していて、新しい記憶から失われて来ています。 この病気を発症し始めた頃に房木が、自分の奥さんを「高竹さん」と呼んだことから、混乱させてしまうことを懸念した高竹は、その事実を受け入れ自ら高竹と名乗るようにしています。 その彼女の事も「どこかで会いましたか?」と聞くほど症状が悪化してきているのです。 房木が帰った後、ワンピースの女性が立ち上がります。 計は「行ってみれば」と高竹に言います。 房木は妻に渡したい手紙があると言っていたことを受けて、受け取るべきだと言っているのです。 迷っていた高竹も意を決し席に座り過去へ旅します。 過去に行った高竹は房木と会話をし、手紙を受け取りました。 現実に戻ってくると、受け取った手紙を読み、「明日からは房木と呼んでください」と言い喫茶店を後にします。 そんな彼女の店が2日ほど休んでいます。 前項で出てきた房木の妻は、心配して何か聞いていないかオーナーの流に聞きました。 妹さんが交通事故でなくなって実家に帰っていると言います。 平井の実家は仙台で老舗旅館を営んでいるそうで、妹は若女将として働いていましたが、時折上京し姉の平井に実家へ戻るように説得に来ていました。 平井は、迷惑に思って妹に会わずにいたのですが、交通事故にあった日も平井に会いに来ていた帰りの出来事だったのです。 そんな話をしているところに平井が帰ってきます。 実家には居場所がないと言います。 平井に会いに来た帰りに事故にあったことで、両親は会話もしなかったと言います。 妹が来ていた日、平井宛の手紙を計は預かっていました。 手紙を読み終えた平井は、会わずにいたことを後悔していて、「あの日に戻りたい」と数に言います。 そして、ワンピースの女性が立ち上がるように何度も何度もコーヒーのおかわりを注いで行きます。 とうとうワンピースの女性がトイレに席を立った瞬間、平井はその席に座ります。 そして、3日前事故に会う前の妹と再会します。 ギクシャクしながらも妹と会話をします。 平井は「実家に帰ってもいいよ」と妹に伝えます。 妹は「お姉ちゃんと一緒に旅館をするのが夢だった」と言い、涙を流して喜びました。 現実に戻ってきた平井は、妹との約束を守るべく実家へ帰るために喫茶店を後にします。 出産を控えた病弱な女性 前項で出てきた平井から流に来た近況報告のメールを喫茶店の面々で読んでいます。 以前に店に来て過去に戻った二美子も店に来ていて、「未来に行けるのか」と数に訊ねます。 数は「行けますが、未来に会いたい人がこの店に来ているかわからないので、行く人はいません」と答えます。 しかも、一度過去に行った人はもう二度と過去にも未来にも行けないのです。 タイムトラベルできるのは1回限りなのです。 そんな会話をしていると、店の奥の部屋から計が出てきました。 計はもともと体が弱く、しかも妊娠しているのです。 心臓が弱い計は、出産も諦めたほうがいいような状態なのです。 計は出産することを決意し、流は見守っています。 例のワンピースの女性が座る席が空きました。 計はその席へ座り「10年後の8月27日15時へ行きたい」と数に言います。 そして数がコーヒーをカップに注ぎ「コーヒーが冷めないうちに」と言い、タイムトラベルが始まりました。 未来へ行った計が喫茶店で見たのは見知らぬ男性でした。 混乱している計の前に14〜5歳の女の子が帰って来ました。 誰だろうかと考えていると、店の電話が鳴ります。 流から計あての電話でした。 10年後を目指して行った計でしたが、実際には15年後に行ってしまっていたのです。 そして、目の前にいる女の子が「俺たちの子供だ」と言い電話は切れます。 女の子は奥へ引っ込んでしまいます。 そこへ二美子がやって来て、女の子を呼びに行きます。 女の子は「生まれてきてよかった」といい「お母さん」といいます。 計も「ありがとう」といい現実に戻ります。 コーヒーが冷めないうちに を読んだ読書感想 過去に戻ったからと言って、現実が変わるわけではありません。 人は後悔する生き物です。 「あの時、こうすればよかったのに」という思いは誰にでもあるものです。 「もしも、過去に戻れるならば」と考えることもあります。 けれど、考え方を変えるだけで辛い現実を乗り越えられるのであれば、人は成長し幸せになれるのではないでしょうか。 過去を反省し、また、過去にとらわれることなく、未来に向かっていくということが大切であると教えてくれた作品です。 人は生きていく限り後悔し続けてしまうかもしれませんが、そんな時にはこの作品を読み返して行きたいと思います。

次の