介護 職員 慰労 金。 介護の慰労金が国会で可決され、成立しました。

【厚生労働省】介護職員は最大20万円の支援金が貰える!現時点で判明している最新の情報を説明します。【新型コロナ】

介護 職員 慰労 金

東京都品川区は5月19日より、「介護・障害福祉サービス業務継続支援金交付事業」を実施。 新型コロナウイルス感染症の拡大が続いていた4月から5月を通じてサービス提供を継続していた事業者の直接介護を行う職員を対象に、1人当たり最低2万5000円相当以上が支給される。 交付額は、4月時点で利用者に直接介護サービスを提供していた職員数 非常勤含む に基づいて計算する。 その職員数を常勤換算し交付人数を決定し、1人につき4万円の計算で交付人数に4万円を乗じた金額を、区が事業者に支払う。 そこから、直接サービス提供を行った常勤職員に対して1人当たり最低2万5000円相当以上を介護事業者が分配する。 常勤職員に支給されていない差額 1万5000円分 は、直接サービスを行っていない職員 事務職員や高齢者福祉課など への支給分などとして利用できる。 その支給額と範囲は事業者が自由に設定できる。 常勤職員に限らず、現場を支えた多くの関係者へと行き渡らせることで、「同じ現場に居たのに慰労金をもらえなかった」などといった不公平感がないよう配慮している。 交付後は「誰に対していくら支給したか」の報告を義務付けており、現場職員に確実に支給されるようチェックしている。 予算は総額1億7800万円で、内訳は「介護サービス業務継続支援金」として1億4600万円、「障害福祉サービス業務継続支援金」として3200万円。 財源は6月10日時点では全額一般財源だが、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金が下りればそれを充てる予定。 区福祉部高齢者福祉課の宮尾裕介課長は、「リーマンショック時に区が実施した事業所への助成金の額を上回っている」と説明。 また、職員への慰労を目的とした交付金は区では初めて。

次の

介護・福祉職員への慰労金支給案が正式決定|正規・非正規ふくめすべての現場職員が対象に

介護 職員 慰労 金

5月27日の今年度の第2次補正予算案で、介護業務に従事している人はその職種に問わず、全員に最低5万円のお金が支給される事が閣議決定しました。 感染者が発生した、あるいは濃厚接触者に対応した介護・障害福祉事業所の職員に20万円を支給する。 感染者、濃厚接触者がいない事業所で働く職員には5万円を支払う。 いずれも「慰労金」という名目。 これらが正式に決められた。 投じられる財源はおよそ5150億円(医療分を除く)。 介護保険、障害福祉の全てのサービスが対象となる。 職種にも制限はない。 現場で働く人ならケアマネジャー、看護職、リハ職、事務職など皆が一律で、正規職員でも非正規職員でも受け取れる。 介護分野では地域包括支援センターの3職種なども対象に含まれる見通し。 今年度の1次補正で新設された交付金(緊急包括支援交付金)を積み増す形で実行される。 具体的な支給方法はまだ調整中だ。 厚労省は今のところ、交付金を渡す都道府県から事業所ごとに配る形を想定している。 個々の職員へ直接的に支払う形をとると、自治体にかかる負担がかなり重くなるという指摘がある。 取材に応じた担当者は、「職員ひとりひとりに必ず行き渡る仕組みにする」と説明した。 厚労省は2次補正が国会で成立した後で、詳細なルールを定める通知を発出する予定。 同様の給付金は医療現場を支える医師や看護師らにも支給される。 引用:ケアマネタイムス まとめるとこういう内容です。 対象は介護と障害福祉サービス事業者• コロナウイルスに感染・或いは濃厚接触者をケアしている事業所の職員は一人20万円• 感染者や濃厚接触者をケアしていない事業所の職員は一人5万円• 職種は介護職だけでなく、全職種(ケアマネや事務職、包括の職員も対象)• 支給は各都道府県から事業所へ配布する予定(まだ未定) これまで国は医療従事者、特にコロナ患者が入院している医療機関に対しては散々手厚い支援を謳ってきました。 それに対して僕は別に不満はありません。 現在最も過酷な環境で仕事をしているのは間違いなくこの人達です。 十分なサポートを国としてやってほしいと思います。 しかし、一方で僕達介護事業所で働く人間に対してのサポートはあまりにも雑というか適当だっと感じていました。 「お前らは医療従事者に比べたら大した事ないんだから我慢しろ。 正直お前らの事サポートしている余裕ないから」 こんな態度が透けて見えており、その事に多くの介護業界で働く人達は不満を感じていたのではないでしょうか? 【でも書いたように、僕達ケアマネも無料で感染リスクの高い中マスクを配らされたことからも感じます。 実際問題、コロナの感染者や濃厚接触者がいなくても、これまでにない程の厳重な感染予防対応をしながら目の前の利用者のケアを行う。 行動も業務も通常時と比べるとかなり制限され、追加された感染対策業務もこなすのは本当にハードワークです。 しかし一生懸命ケアをしていても、この状況では十分なケアができず心身の機能が日に日に衰えていく人も多いです。 この状況では現場は介護職だけでなく全員が疲労困憊で、僕の法人でも「辞めたい」という人達が増えてきました。 この事に危機感を感じ「介護崩壊」がリアルになってきた中、介護福祉士会等の職能団体が国に職員への手当の支給などを求める要望書を提出しました。 それが功を奏したのか、今回は異例の慰労金という形でお金が支給される事が決定しました。 5万円もらったからといって、今の大変さが変わるわけではありません。 しかし少しは精神的に「もう少し頑張ろう」と思えます。 ただ今回の慰労金については心配な点もあります。 そして事業所から給料等と一緒に支払われる予定ですが、これが問題です。 介護事業所には残念な事にブラック事業所もたくさんいます。 自分達の優位な立場を悪用し、職員が経営の事に無知であったり、意見を言えない事を分かった上で自分達の赤字の補填に当てる可能性があります。 今の世の中の雰囲気として、仕事が一時的に無くなって生活が苦しくなっている人が大勢います。 その為「仕事があるだけありがたい」という感じです。 しかしこれが危険な思考だと僕は思います。 一昔前にパワハラが当たり前になっていた時代は、完全に経営者である使用者側が労働者側より立場が強く「雇ってやっているんだからありがたく思え。 だから長時間労働、休日労働を無料でやる滅私奉公は当然だろう」という思考をもっており、労働者側も他に仕事がないからと渋々受け入れている状態で、今はそれに近い雰囲気を感じます。 現在は使用者側も、介護事業所は人手不足なので昔のように「文句があるなら辞めてもらって結構」と強気には出にくくなっていますが、この背景を悪用して今回の慰労金に対して意見を言う職員に対して、辞職を人質にちらつかせながら脅しをかけてくる可能性もあります。 これに個人レベルで対抗するのは難しいと思います。 その為、支給されたお金がちゃんと全額職員に行き渡るよう、事業所には支給した事を証明させる等何かしらのルールを設ける必要があります。 さらにちゃんと支給をしない事業所には、匿名で相談できる窓口を設置し、必要な行政指導等のアクションができる体制も必要です。 そうでないと必ず自分達の懐に収めようとする事業所が出てしまいます。 今回のコロナ騒動で、他にも多額の支援策を国は打ち出しています。 一体どこからこのお金が出てくるのでしょうか? 日本はただでさえ借金王国です。 これ以上国債を発行すれば本当にギリシャと同じ状況になってしまいます。 もしそれを回避するとしたら、収入を増やすしかありません。 つまり「税金」の増額です。 例えば消費税は現在10%ですが、今回のコロナ騒動後に再び増税の話が湧き出てくるかもしれません。 消費税だけではなく、他の税金も上げられる可能性があります。 そうなると今は一旦お金もらえて嬉しいかもしれないが、回り回って自分達が余計に苦しくなる可能性も秘めています。 いずれにしても今回の慰労金がいつ頃僕達の元に届くのか?注目しておく必要があります。

次の

介護職員のコロナ慰労金支給日はいつ?対象者や金額をわかりやすく解説!

介護 職員 慰労 金

ありがとうございます。 しかし、そのことにより先ほどグーグルより 『不正行為が見られる』 として警告と一部規制を受けてしまいました。 そのため、これからは 本当に興味を惹かれた広告のクリックだけでお願いします。 もし私のことを支援してくれるのであれば、 『記事のシェア・拡散』 という形でしていただけるとありがたく思います。 折角のお気持なのに、読者さんも、私も、どちらにも不具合が生じてしまっては誰も幸せになりません。 みんなが幸せな気持ちになれるように、ご協力を宜しくお願いします。 「介護職員全員に最大20万円貰えるって本当?」 「介護への支援金・慰労金貰えるって話は結局どうなったの?」 「介護への支援金の話、ニュースで見たけど、難しくてよく分からない」 このように感じていませんか? そこで、私がニュース記事や財務省や厚生労働省の公式発表内容を元にして、誰にでも分かりやすいよう、この記事で最新の情報を都度更新していきます。 新型コロナ感染者が出てない施設の介護職員にも関係することなので、是非最後までお付き合い下さい。 この記事を読む事で、医療・介護関係者への支援金の動きを知る事が出来ます。 分かりやすさを重視しているので、誰でも理解できます。 更に複数の記事や情報を取りまとめているので、何個も関連記事を読む必要がなくなります。 なお、これと同時に、介護職に復帰しようと考えている職員への補助金も予算に組み込まれていました。 その制度についてはこちら。 それでは詳しく見て行きましょう! Contents• 介護職員に20万円の支援金『誰が貰えるの?』 結論:『医療従事者と、介護職員』 介護職員への最大20万円の支援金は、6月12日に予算として正式に決定しました。 実は今まで 「介護職員への支援金が決定したらしいよ!」 と騒がれていたものは正式決定ではなかったんですね。 「支援金を出したいんだけど、どうでしょうか?その案の清書が完成しましたよ」(閣議決定) という状態だったんです。 それが今回で、本当に、完全に決定しました。 となっています。 更に6月19日時点において、もう少し細かい条件が厚生労働省から正式に発表されました。 読むのが大変だと思いますので、支援金に関係する部分だけ抜粋し、分かりやすく解説します。 「そもそもそのような施設に勤務しているとは、具体的にどんな状態の人のことなの?」 が明確になりました。 支給して貰える職員とは 『その施設がある都道府県で初めて新型コロナ感染者が確認された日~6月30日までの間』 『10日以上の勤務をしていた職員』 だそうです。 休日や年休取得日はこの10日には含まないで計算しなければならないそうです。 つまり、 『本当に職場で勤務をした日数が10日以上』 という意味ですね。 何故そうなっているのかは、次項を読めば分かります。 介護職員に20万円の支援金『なんでもらえるの?』 結論:『負担増への支援。 第二波の予防・対策のため』 何故医療従事者や介護従事者だけに特別な支援金を出す予算案が出されているのか? それは大きく2つの目的があります。 支援金を貰える1つ目の理由は 『新型コロナによって負担が大きくなったことへの慰労』 的な意味合いです。 有名人や、芸能人、知事や総理等がテレビやユーチューブ等で頻繁に 「新型コロナと闘って下さっている医療従事者や介護関係者の皆様に感謝します」 のようなメッセージを出していましたよね。 しかし、正直な話として、最初は少し心に届いていましたが、流行りのようになってからは全然心に響かなくなっていますよね。 緊急事態宣言も介助され、支援金の正式決定がなされた今(6月13日)時点において、医療・介護関係者を応援するメッセージを出している人の話題も無くなりましたしね。 そうなってからは、介護関係者等の考えは 「危険手当てを出してくれ!」 「綺麗事はもういらないから!」 のような方向に向き始めました。 メッセージでは実利がないですし、実生活では差別されているわけですから長期戦では 「これって意味なくない?」 となって当然です。 そこでの支援金なのだと思います。 支援金を貰える2つ目の理由は 『第二波の感染拡大・対策のため』 です。 世間からの扱いが余りにも悪かったせいで、新型コロナを機に 退職する職員もかなり多く出ました。 正直こんな状態で同程度の第二波が来たら、日本の医療や福祉は耐えられません。 そこで、出来るだけ第二波に耐えられるような物資の確保、人材の確保、人材を踏み留ませるために支援金が見当された側面があるようです。 これらの理由から、実際に新型コロナ感染者が出た施設の職員だけではなく、新型コロナ感染者が出ていない介護施設職員に対しても 「感染者を出さないようにするのは大変だったでしょう」 と支援金が出る対象とされているわけですね。 案の段階では、 『最大20万円を貰える』 という情報しかありませんでしたが、最新の情報で、誰が幾ら貰えるのかも判明しました。 新型コロナ患者受け入れをしている医療機関職員と介護施設職員 20万円 その他医療機関等の職員 5万円 とされました。 介護職員に20万円の支援金『いつ貰えるの?』 結論:『7月以降?』 まだ 「次期の予算に盛り込んで良いですよ!」 と決まり、支給方法が決まった段階です。 支給方法としては 『各施設が都道府県に申請書を出し、申請が通ってから随時支給』 とされました。 そして今はそのための 申請用紙の作成をしている段階だそうです。 そのため、 「早くても7月から申請開始なのでは?」 と考えられます。 申請が7月からだとして、そこから審査をし、全ての介護関係施設へ振り込みとなると、どうでしょうか? 全世帯への一律10万円の進行速度から想像すると、実際に振り込まれるのは 『年内に貰えれば良いかな?』 くらいではないでしょうか。 これはあくまでも私の勝手な予想ですが。 介護職員に20万円の支援金『どうしたら貰えるの?』 結論:『事業所経由で、処遇手当てと同じ感じ』 正式な支給方法が判明し、各介護事業所を通して、全職員へ支給される形だと決まりました。 つまり、今でも貰っている特別処遇手当てと同じような形ですね。 そのため、職員個人で何か行う事は特になさそうです。 事業所としては、振り込み口座の申請やら、在籍証明やら、色々と書類が必要になるようですが。 ともかく、事業所の動きが遅ければそれだけ各人に振り込まれるのは遅くなると考えられます。 早く貰いたいなら、事務所を急かす事かと思います。 ただし事務所だって 「そんなの分かってるけど、通常業務に追加されるから大変なんだって!!!」 とイライラしてしまうでしょうから、急かすことはオススメはしませんが。 気長に待つくらいの余裕を持つのが良いのかと思います。 介護職員に20万円の支援金『税金はかかるの?』 結論:『税金は掛からない事が正式決定』 この支援金には税金が掛からないことが正式決定されました。 所得として換算しないので、扶養や社会保険にも影響は出ません。 つまり、何のデメリットもない、完全にただ貰えるだけのお金と言う事ですね。 他の経営が厳しくなった企業が貰う支援金には税金が掛かるので、かなり優遇された支援金と言えます。 それだけでも他の職種の人達から 「介護だけズルい」 との声が上がりそうですから、介護職員は 「まだ少ないくらいだけどね」 みたいなことは言わない方が賢明だと思います。 介護職員に20万円の支援金『差押えはされるの?』 結論:『差押えはされない』 支援金の支給方法が事業所経由と聞くと 「どうせ事業所が何割か貰って、職員は満額は貰えないんでしょ」 と考えると思います。 しかし、今回の支援金について、予算の決定と同時に、国会で新たな法律が作られました。 それが 『一時金差押え禁止法』 という法律です。 差押えとか、法律とか聞くと難しく聞こえますが、特に難しい事は言いません。 要は 「このお金は誰かに取られる事はないお金ですよ。 」 「必ず本人に渡さなければいけませんよ!」 という事です。 この趣旨からすると、事業所が勝手に抜き取って、減額して支給することは許されないように感じます。 まだこの法律に関しても、条文等が出されていないので、読み解けないのですが、恐らく事業所が勝手に減らす等は許されないと思います。 事業所が天引きしてしまうのと、差押えは少し趣旨は違いますが、これが制定された理由等を見る限り、 『事業所が勝手に天引きすることも許されない』 と考えるのが妥当だと思います。 まとめ 少しでも支援金が貰えれば嬉しいですよね。 ただ 「支援金が貰えるのは嬉しいけど、日本は借金するんだよね?財政は大丈夫なの?」 こういった心配をしている貴方はこちらの記事もお読みください。 それでは 『介護職員は最大20万円の支援金が貰える!現時点で判明している最新の情報を説明します。 』 についてまとめて終わりにします。 新型コロナに関連して、医療従事者、介護職員に対して最大20万円の 支援金を支給する事が正式に決定された。 第二波への備えとして。 いつ貰えるの? 7月以降申請開始、 「年内に貰えれば良い方かな?」 くらい どうしたら貰えるの? 事業所経由で支払われる。 職員個人がやる事は特にない。 税金はかかるの? 税金も、扶養等にも一切影響の出ない形となる。 差押えはされるの? 差押えはされない。 この支援金の差押えを禁止する法律が作られた。 事業所で勝手に調整する事も禁止されると思われる。 新型コロナ感染者が出なかった介護施設の職員も 風邪も引けない。 少しでも体調不良になる事も出来ない。 こんな、かなりの 恐怖と緊張の中過ごしてきました。 この支援金が成立し、少しでも報われる事を願います。 少しでも良い情報を、早くお届けする私のモチベーションが上がります。 ここまで読んでいただき有難うございました。

次の