アストロズ 選手 ドラマ。 ノーサイドゲームのラグビー選手キャスト!アストロズ部員メンバー等一覧

全員がラグビー経験者! 日曜の夜を熱くする『ノーサイド・ゲーム』アストロズ俳優|Real Sound|リアルサウンド 映画部

アストロズ 選手 ドラマ

いまだコロナ禍の波は収まらず、日本中が"Stay Home"を余儀なくされている今、ドラマファンの心強い味方となってくれるのが、動画配信サービス「Paravi(パラビ)」で視聴できる過去の名作たち。 今回は、昨年夏のヒット作『』を紹介しよう。 2019年7月期にTBS系「日曜劇場」枠で放送された『ノーサイド・ゲーム』は、現在パラビにて、本編全10話とディレクターズカット版全10話が配信中。 さらに地上波では、4月26日(日)に『ノーサイド・ゲーム特別編』(TBS系)が放送される。 再編集を施し、新たに主演・のナレーションを加えた『特別編』も、入門作品としておすすめだ。 原作は、新シリーズが今春スタート予定の『半沢直樹』(TBS系)でもおなじみの人気作家・の同名小説。 大手自動車メーカー「トキワ自動車」に勤める君嶋(大泉洋)は、出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司の滝川()が推し進める企業買収に異を唱えた結果、府中工場の総務部長という役職に左遷となる。 君嶋がやるせない思いを抱えながら赴任先の工場に赴くと、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務することに。 かつては強豪チームだったアストロズだが、今は成績不振にあえいでいた。 とにかく、泣けるドラマである。 正直に告白すると、筆者は1話につき3回は泣いた。 では、なぜこんなに泣けるのか。 その秘密は、このドラマの「リアルとファンタジーのバランス」にあるのではないか。 相反する二つの要素の絶妙な配分が、われわれの涙腺を刺激するのだ。 弱小ラグビーチームのアストロズは、さまざまな困難を乗り越えながら、プラチナリーグ優勝へと突き進んでいく。 ややもすると、体のいい夢物語と受け取られかねない展開だが、GMの君嶋をはじめ、監督や部員たちそれぞれのキャラクターや背景がていねいに描かれているため、アストロズの成長の過程にもリアリティが感じられる(そして最後は泣いてしまう)。 さらに特筆すべきは、ラグビーの試合のシーンだ。 アストロズの部員を演じる俳優は、ほぼ全員がラグビー経験者というだけあって、すさまじい臨場感。 ドラマ史上でも類を見ないほどのレベルだろう。 さらに、スロー撮影を多用した演出で、筆者のようなラグビーの門外漢が見てもゲームの戦況が一目で理解でき、夢中で見入ってしまう(そして最後は泣いてしまう)。 このような、実践性とエンターテインメント性とを兼ね備えた、壮大な試合のシーンこそが、本作の最大の見どころといえるだろう。 加えて、本作のもうひとつの軸として語られる、出世争いや企業買収をめぐるサラリーマンたちの闘争劇。 ここでは、男たちの闘いを分かりやすいほどケレン味たっぷりに描きながら、いわゆる悪人でさえも、その裏にある事情や心の葛藤にスポットが当てられる。 それによってわれわれ視聴者は、ファンタジックな勧善懲悪のドラマと、リアルな社会派ドラマの両方の面白さを味わうことができる(そして最後は泣いてしまう)のだ。 また、もちろん俳優陣のアンサンブルも見応え十分。 今作でTBS連続ドラマ初主演を果たした大泉洋が、普段は冷静沈着ながら人情家の一面も持つ主人公・君嶋を好演しているほか、そんな君嶋を明るく見守る妻・真希に扮する、君嶋とともにチーム再建に人生を懸けるアストロズ監督の柴門を演じる、そして、君嶋の天敵であり理解者でもあるキーパーソン・滝川を演じる上川隆也ら、実力派たちが熱い演技合戦を繰り広げている。 また、それに輪をかけて、やけどするほどに熱い芝居を見せているのが、、といった、アストロズの部員役の面々。 中でも、、齊藤祐也ら、実際のラグビー元日本代表選手たちが味わいのある演技を見せており、とりわけ、エース・浜畑を演じる元日本代表キャプテンのは、本職の俳優も顔負けの存在感を放ち、感涙必至の名場面の数々を生み出している。 他にも、君嶋が信頼を置く上司・脇坂役の石川禅の意外な"ラスボス"ぶりや、君嶋の息子・博人を演じた子役・市川右近のけなげでかわいらしい表情など、注目の名演が次々に登場するので見逃せない。 なお、『ノーサイド・ゲーム』の最終回が放送されたのは、2019年9月15日。 その5日後の9月20日から、ラグビーワールドカップ2019日本大会が開幕し、日本に空前のラグビーブームが巻き起こった。 感動とともにラグビーの魅力を多くの人々に知らしめた本作は、いわばブームの火付け役となったわけだ。 だが、新型コロナウイルスの感染拡大によって、東京オリンピックの延期も決まり、誰もが漠然とした不安と恐怖を感じている今、改めて見直してみると、このドラマがわれわれに訴えかけるメッセージは、より重たく切実だ。 たとえば、プラチナリーグの決勝戦、アストロズが強豪チームのサイクロンズと一進一退の攻防を繰り広げるシーン。 観客席から試合を見守っていたトキワ自動車の社長・島本()は、こんな言葉をつぶやく。 「不思議だ。 応援しているのはわれわれなのに、まるで彼らに応援されているようだ。 『負けるな! 負けるな!』・・・そう聞こえる。 (中略)『きっと会社も、この国も、この先も、たくさんの困難が待ち受けている。 だけど、決してあきらめるな。 仲間とともに乗り越えよ』・・・そう背中を押してくれているようだ」 ウイルスという目に見えない脅威に対して、ふさぎ込んだり、投げやりになってしまいそうになることもあるけれど、そんなときは、アストロズの"決してあきらめない心"や"仲間を思う気持ち"を思い出して、この状況を乗り越えていこう・・・筆者には、そう聞こえた。 (文・花房ハジメ/イラスト・月野くみ).

次の

眞栄田郷敦(まえだごうどん)がドラマ・ノーサイドゲームで演じる七尾圭太はどんな役柄?

アストロズ 選手 ドラマ

アストロズの部員はどこのチームの選手? 本日撮了。 先日は第1話をご覧くださりありがとうございました。 監督も仰られたように『俳優にラグビー』をやらせるのではなく『ラグビー選手に俳優』をやらせたのです。 その迫真の演技は見ものだったのではないでしょうか。 引き続き第2話に取り組みます。 応援宜しくお願いします — 榎本 鉄平(SPINNIN RONIN) SpinTeppei 原作では横浜工場を本拠地にしていた アストロズですが、 ドラマ版の『ノーサイド・ゲーム』では 東京都府中市に変更になっています。 その府中市にはふたつのラグビーチームが あります。 「東芝ブレイブルーパス」 「サントリーサンゴリアス」 です。 でもって、このうち東芝が撮影協力の中に名前があるんです! 実は、 アストロズの部員たちが練習しているグラウンドは 「東芝府中事業所 天然芝グラウンド」 です。 アストロズの部員は 50名近くいるという設定になっています。 なので、数多くいるアストロズ部員を エキストラとして演じているラガーマン達は、 「東芝ブレイブルーパス」 の選手が起用されている可能性が高いです。 【試合情報】 以下の試合メンバーを発表いたします。 トップリーグカップ2019 vs NTTドコモレッドハリケーンズ 日時:7月13日 土 19:00キックオフ 会場:秩父宮ラグビー場(東京) 熱いご声援をよろしくお願いします。 安西信彦/役:齊藤祐也 安西信彦(あんざいのぶひこ)役の 齊藤祐也(さいとうゆうや)さんは、 元明治大学ラグビー部、 サントリー、USコロミエ、神戸製鋼、 豊田自動織機、元日本代表という経歴。 2012年に引退されています。 佐々一/役;林家たま平 佐々一(ささはじめ)役の 林家たま平さん。 「林家」と言えば、落語家の家柄ですね。 明治大学付属高校時代に ラグビー部に所属していましたが 大学進学はせず、落語家の道を選んだようです。 里村亮太/役:佳久創 里村亮太(さとむらりょうた)役の 佳久創(かくそう)さん。 父親は元プロ野球選手の郭源治。 明治大学ラグビー部出身。 元日本代表。 2014年にトヨタヴェルブリッツを 退団と同時に引退。 有馬真吾/役:村田 琳 有馬真吾(ありましんご)役の 村田 琳(むらたりん)さん。 TBS日曜劇場「ノーサイド・ゲーム」に有馬真吾 ありましんご 役で出演させて頂く事になりました! 自分の最初のドラマが日曜劇場というとても大きな舞台で緊張していますが、少しでも作品の力になれるように頑張ります!! こう見えて小学生からラグビーやってました🏉 — 村田 琳 RINMURA0402 何と! 「2位じゃダメなんですか!?」で有名な 政治家・ 蓮舫さんの息子さんです。 ご本人がTwiitterで 「小学生からラグビーやってました。 」 と語っておられます。 ただ、詳しいラグビー歴は現時点では不明です。 スポンサーリンク 笠原豪/役:笠原ゴーフォワード 笠原豪(かさはらごう)役の 笠原ゴーフォワードさんは、 吉本興業所属の芸人さんですが、 実はラグビー歴13年。 明治大学ラグビー部出身です。 中本元気/役:勝山 翔 中本元気(なかもとげんき)役の 勝山翔(かつやましょう)さん。 元日本大学ラグビー部所属です。 それ以外の詳しい情報は見つかりませんでした。 玉木俊太/役:榎本鉄平 玉木俊太(たまきしゅんた)役の 榎本鉄平(えのもとてっぺい)さん。 現在、俳優さんですが、 関東学院大学ラグビー部出身。 元日本代表です。 飯野雄貴/飯野雄貴 飯野雄貴(いいのゆうき)さんは役名が同じです。 DDTプロレスリング所属の 現役プロレスラーの飯野雄貴さんですが、 実は、高校・大学の計7年間、 ラグビー部に所属していたそうです。 大学は国士舘大学卒です。 西荻崇/役:田沼広之 西荻崇(にしおぎたかし)役の 田沼広之(たぬまひろゆき)さん。 日本体育大学ラグビー部出身で、 卒業後はリコーで活躍。 元日本代表でもあります。 現在はリコーを退団。 母校の日体大の ラグビー部で監督を務めておられます。 岬洋/役:鶴ケ崎好昭 岬洋(みさきひろし)役の 鶴ケ崎好昭(つるがさきよしあき)さん。 東海大学ラグビー部出身で 卒業後パナソニック ワイルドナイツに入団。 元日本代表。 林田公一/役:株木孝行 林田公一(はやしだこういち)役の 株木孝行(かぶきたかゆき)さん。 元クボタスピアーズ。 現在は、 公式Twitterのプロフィール欄を見ると、 「ベンチャー企業で執行役員」と 記載がありますが、詳細は不明です。 立川悟/役:水本竜弥 立川悟(たてかわさとる)役の 水本竜弥(みずもとたつや)さんは、 元パナソニックワイルドナイツで 2014年に引退されています。 端本太郎/役:端本太郎 端本太郎(はたもとたろう)さん。 役名も同じです。 東海大学ラグビー部出身。 元クボタスピアーズ。 元日本代表。 大和航平/役:北川勇次 大和航平(やまとこうへい)役の 北川勇次(きたがわゆうじ)さんは 元パナソニックワイルドナイツ。 元日本代表。 現在は釜石シーウェイブスRFC在籍。 仲村慎祐/役:仲村慎祐 仲村慎祐(なかむらしんすけ)さん。 役名も同名です。 元サントリーサンゴリアス。 元日本代表 伊吹誠介/役:伊吹誠介 伊吹誠介(いぶきせいすけ)さん。 役名も同名です。 明治大学ラグビー部出身です。 石川悠太/役:石川悠太 石川悠太(いしかわゆうた)さん。 役名も同名です。 な、な、なんとっ! 東京大学ラグビー部所属です。 ラグビー歴は13年 2016年1月に大学1年生だった記事がありますので 現在も在学中でしょうか。 秋元太一/役:板垣悠太 秋元太一(あきもとたいち)役の 板垣悠太(いたがきゆうた)さんは 元早稲田大学ラグビー蹴球部です。 小野勘太/役:邉津勘太 小野勘太(おのかんた)役の 邉津勘太(へつかんた)さんは 元早稲田大学ラグビー蹴球部です。 小西大樹/役:小西大樹 小西大樹(こにしだいき)さんは 役名も同じ。 東海大学ラグビー部出身で 元豊田自動織機シャトルズです。 戸村銀太郎/役:高橋銀太郎 戸村銀太郎(とむらぎんたろう)役の 高橋銀太郎(たかはしぎんたろう)さん。 早稲田大学ラグビー部出身。 元クボタスピアーズ。 岩爪航/役:岩爪航 岩爪航(いわつめわたる)さんは役名も同じ。 元クボタスピアーズ。 井上卓哉/役:井上卓哉 井上卓哉(いのうえたくや)さん。 役名も同じです。 元クボタスピアーズ。 新井龍一/役:新井龍一 新井龍一(あらいりゅういち)さんは役名も同じ。 東海大学ラグビー部出身。 元NTTドコモレッドハリケーンズ。 阿久根潤/役:阿久根潤 阿久根潤(あくねじゅん)さんは役名も同じ。 慶應義塾大学ラグビー部出身。 元東京ガスラグビー部。 選手引退後は同ラグビー部の総務に所属。 東京ガスラグビー部アドバイザー兼 「城南OVAL!」のスタッフとして活動中。 工藤元気/役:工藤元気 工藤元気(くどうげんき)さんは役名も同じ。 筑波大学出身。 元日本代表。 元東京ガスラグビー部。 選手引退後は同ラグビー部の 広報担当兼サポートスタッフとして活躍中。 ラグビーの経歴は確認できないアストロズ選手 友部祐規/役:コージ(ブリリアン) 友部祐規(ともべゆうき)役の コージ(ブリリアン)さん。 ブルゾンちえみさんの背後で 「35億」と言っていたwith Bの一人ですね。 実はコージさんはラグビーではなく、 アメフトの実力者でした。 高校、大学の計7年間の経験があり、 大学4年の時は主将を務めていました。 ただ、ラグビーについての経歴は不明です。 高輪祐太/役:眞弓葉詩 高輪祐太(たかなわゆうた)役の 眞弓葉詩(まゆみようじ)さん。 プロフィールの趣味・特技の欄に 「ラグビー」と記載がありますが ラグビーの経歴は不明です。

次の

アストロズ部員の役はどこのチームに所属の選手?ラグビー経験者は誰?『ノーサイドゲーム 』

アストロズ 選手 ドラマ

ドラマの中でチームメンバーを演じているのは、実は本物のラガーマンたち。 本物のラガーマンたちも、皆さんオーディションを受けての出演決定だそう! 演技も本格的にしています。 確かに、ロッカーやトレーニングのシーンは、本物のラグビー選手ならではの迫力です。 スクラムやタックルは、ラグビーならではですからね。 ラグビーファンも大喜びになるようなキャストたちです。 (プロフィールの中の日本代表キャップ数とは、国の代表同士の試合に出場した数のことです。 tbs. 実は本格的なラグビー選手でした。 バックスもフォワードも経験済みです。 学生時代はラグビーに捧げた日々だったのだそう。 大学の時に「ラグビーでは一流になれない」と思ったことが俳優を目指すきっかけです。 天野義久:本波 寛人(もとなみひろと)役 天野義久 あまの よしひさ さんは、 現在俳優としても活躍中です。 田沼広之:西荻崇 (にしおぎ たかし)役 生年月日 1973年5月24日 出身地 神奈川県 身 長 193cm 体 重 90 kg ポジション: ロック ラグビー略歴:湘南学園高校、日本体育大学、リコー 日本代表キャップ数:42 の平昌オリパラ報告会が開かれ、 部の ・FWコーチにお会いしました。 元日本代表のRWC2019アンバサダー。 今季は好調でわが母校の も破りました。 「ディフェンスにフォーカスしてやっています。 まだ未完成ですが。 チーム力は上昇しています」。 楽しみです。 阿久根潤:阿久根潤(あくね じゅん)役 生年月日 1977年6月5日 身 長 192cm 体 重 106kg ポジション:ロック ラグビー略歴: 慶應義塾大学、東京ガス 日本代表キャップ数:2.

次の