テスタ ツイッター。 人気ブロガー・テスタさん 中編:トレード中は1株に集中!市場の動きは見ない主義

「億り人」のツイッターアカウント10選 資産100億円超えも!

テスタ ツイッター

「億トレーダー」になるには、デイトレ専業でもサラリーマン兼業でもなれるかもしれない。 二人は、株式投資で億を超える利益を稼ぎ出し、セミナーを開催すれば立ち見が出るほどの人気者だ。 しかし、株式相場を分析する視点も取引手法も全く違う。 そんな二人に、「億トレーダー」としての心構えや、2016年末までの相場をどのように考えているのかを聞いた。 「トレード専業」VS「サラリーマン兼業」、儲かるのは? まず、二人の投資手法から紹介しておこう。 テスタさんが得意とする株式投資の手法は、「スキャルピング」と言われる、超短時間で行う取引だ。 早ければ数秒でトレードが完結するため、リーマンショックなどの突発的な大暴落に巻き込まれにくく、利益を得る確率が高いとされる手法だ。 実はDUKE。 この手法でテスタさんが10億円近い資産を作りだしたことを知った時、ただただ「スゴイ人がいるなぁ」と思ったそうだ。 超短期トレードはリスクが少ない反面で、多額の利益を稼ぎ出そうとすれば、1日に数百回ものトレードを繰り返す必要があり、「東京証券取引所の取引時間が終わる午後3時には、ぐったりとしてしまう」というほど、集中力が必要な手法でもあるのだ。 一方、DUKE。さんが得意とするのは、でも解説している通り、「経済状況や企業の変革(新製品、新事業、新経営陣など)、いわゆるファンダメンタルズを中心に分析し、その銘柄が新高値をつけたときに買って、さらに高値になったところで売る」という手法だ。 帰宅後のわずかな時間で企業業績などを分析し、買い増しを行いながら一定期間保有するため、トレードに張りつけない「サラリーマン兼業トレーダー」でも投資することができる。 また、細かな値動きに惑わされないため、株価が10倍以上になったこともあるという。 テスタさんは、「DUKE。さんの手法なら、手持ちの資金を有効活用できるため、資産を100億円に増やすことも可能だと思う」と評価している。

次の

「億トレーダー」になるには何が必要なのか

テスタ ツイッター

Contents• テスタ氏の現在 ツイッターのフォロワー数は97,455人 2019. 25現在。 今、最も人気にのある株式投資家といっても過言ではないテスタ氏。 直近では、2018年の年間取引報告書をアップし、利益が7. 3億円だったことを公開し話題になりました。 今回の記事では、テスタ氏の経歴、最新の保有株状況、投資手法についてご紹介いたします。 テスタ氏の経歴 テスタ氏は、30代の男性で東京生まれ東京育ち。 大学を卒業したあと、パチンコやパチスロでお金を貯めて、株式投資を始めたようです。 そのため、株を始めた時は、パチンコで使っていた「期待値理論」を株に持ち込んで、独自の理論を構築していたとブログに書かれています。 株式投資をはじめてからの損益状況は下記の通り。 (2019. 25現在) 現在は、様々な雑誌やテレビ番組に出演されています。 テスタ氏の保有株状況 【8053】住友商事 住友系の総合商社。 油井管など鋼管は強大、CATVなどメディアも強い。 資源は非鉄が軸。 8% 株価 2019年1月25日:1,690円 保有株数 15,000株 【8001】伊藤忠商事 総合商社大手。 非財閥系の雄。 繊維や食料、中国に強い。 傘下にファミリーマート等の有力企業。 株価 2019年1月25日:1,982円 保有株数 12,500株 【7148】FPG 課税繰り延べメリットのオペリース商品で成長。 会計事務所、地銀と提携。 保険仲立など多角化。 株価 2019年1月25日:1,161円 保有株数 11,600株 その他、3244サムティ、8075神鋼商事、8078阪和興行、8591オリックス、8316三井住友、5938リクシル、8140リョーサン テスタ氏の投資手法 デイトレード 最小限のリスク テスタ氏は、リスク管理を徹底しており、中長期取引で、株式市場が大暴落し、大きな損失をうけることを嫌う。 そのため、デイトレードを徹底し、いかにリターンを得るか、よりもいかにリスクを最小限にするか、ということを考えてトレードしている。 変化に対応する テスタ氏は、自身のブログでこう説明している。 変化と進化 最近デイトレはアローヘッド(高速売買市場化)になってからアルゴ(プログラミング売買)の台頭でよく勝ちにくくなったとか僕にもそれなのになんで勝てるんですか?みたいな質問をされることが多いんですけど ではなぜアローになって勝ちにくくなったのかというお話。 livedoor. html わかりやすい銘柄に投資 伝説の投資家BNF、五味大輔氏もそうだったように、テスタ氏も、身の回りの情報から銘柄を選ぶことが少なくない。 たとえば、ゲーム株などは、インターネットやSNSで人気度を情報収集しやすい。 短期的に資金が集中する、所謂「仕手株」に参戦することもしばしばある。 まとめ いかがでしたでしょうか。 ご覧いただいたように、テスタ氏は常に最悪の事態を想定して投資をしている、非常に堅実な投資家だということがわかったと思います。 最近も、KYBの不祥事でテスタ氏は損失を受けたようですが、リスクを分散していた為、大きな痛手にはなりませんでした。 不祥事は明日は我が身。 テスタ氏は、生き残ることを最優先に投資を続けています。

次の

テスタ(@tesuta001)の注目銘柄・株まとめ:株ライン

テスタ ツイッター

Contents• 天才トレーダー トレーダー とは トレーダーとは、株式や債券、為替などの売買の取引を行う人のことをいいます。 ときに数十億円から数百億円単位の資金の運用に関わるため、責任は重大な仕事で、世界市場を含めれば、金融市場は24時間どこかで動いているため、トレーダーの仕事は多忙なものとなりがちです。 金融市場に関する専門知識ばかりではなく、経済動向を掴む力、素早い情報処理能力や決断力、行動力などさまざまなスキルが求められる仕事です。 トレーダーのスタイル• スキャルピング• デイトレード• スイングトレード• 中長期トレード 天才トレーダー には基本的に、スイングトレーダーが多い印象です。 もともとパチプロであったが、書店で見つけた本をもとに株を始める。 株によって数十億の資産形成する。 2014年から全国の児童養護施設への寄付活動も行なっている心の優しいお方。 今では中長期投資もやっている。 名前:テスタ 生年月日:10月31日 年齢:30代 居住地:東京都 2005年9月から投資を始めているテスタさん。 現在は総利益30億というとんでもない金額を稼ぎ出していますが、 最初は2~300万から始め、全く勝てなかった時期があります。 「最初の2ヵ月は勝てなかった。 トレードスタイルは、デイトレードやスイングトレードと呼ばれる短期取引手法。 一時は資産を104万円まで減らしたが、投資手法を長期から短期のトレードに変えたことをきっかけに資産を大きく伸ばした。 電子掲示板で「挑発的な発言」を行うことで、日本のデイトレーダーに知られるようになる。 2005年にジェイコム株大量誤発注事件で、ジェイコム株をストップ安で3300株購入し10分後に売却、約6億円の利益を得る。 2013年には約1兆7000億円の日本株を売買をしており、これはこの年の東京証券取引所での個人投資家による株式取引の0. 5%に相当する。 wiki ツイッターで有名な個人トレーダー。 日経平均先物まで個人のツイートで動かせると噂されている最強トレーダー。 (ブルームバーグの記事で紹介されたほど有名)数十億の利確のスクリーンショットは衝撃的である。 ネトゲが趣味で課金額も異次元である。 この人は最初の方は負けていたのは、今では不思議な感じ。 勝率は3割くらいらしい。 スイングトレーダー。 ついに本出しました!! BNF 大学生の時に160万円から株を始め、初めて2年で一億まで増やす。 その後も増やし続け、みずほ証券のジェイコム御発注事件で20億の儲けをだし、マスコミで話題となる。 株オタクと自分を言い、食事はカップ麺が多く、旅行にも行かない。 youtubeに動画あるので、興味があれば見た方が良いと思う。 考え方がとても為になる。 最近では不動産投資で数十億の利益を上げている。 スイングトレーダー。 2000年、都内の私立大学法学部3年生の時、それまでの貯金やアルバイトで稼いだ160万円を元手に株式投資をスタート。 ネットトレードを始めた時は大学に在学していたが、卒業までの単位を2科目残したまま中退している。 情報収集に、2ちゃんねるの「市況実況板」「ニュース速報板」を使用したり、「投資一般板」の株板相場師列伝スレッドにたまに「名無し」での書き込みをしているという。 2005年のジェイコム株大量誤発注事件により知られるようになる。 2008年5月17日には日本経済新聞の1面に顔写真入りで紹介された。 不動産にも投資しており、2008年10月には、秋葉原駅前の地上10階・地下1階の商業ビル「チョムチョム秋葉原」の所有権を90億円程度で取得し、2011年には東京都千代田区外神田一丁目(秋葉原)の、敷地面積800平方メートル、地上6階、地下2階建ての商業ビル「AKIBAカルチャーズZONE」を推定170億円で購入している。 地元に高級住宅を購入し、親には高級車を贈った他、タワーマンションを購入したこと以外には、特別に贅沢をしておらず、普段は専用のトレードルームに引きこもって一人で取引している。 片山氏はアルバイトで稼いだ65万円を元手に、22歳のときから株式投資を開始。 高校卒業後、専門学校に入学したが中退し、4年間ネットゲームばかりをやり続けたネトゲ廃人だったが、株式投資を題材にしたドラマ「ビッグマネー」を観たことにより、株式投資を開始することを決意した。 2006年まではアルバイトと株式投資を両方行う兼業投資家であった。 2006年末にアルバイトを辞めて専業投資家になったときの資産は200万円。 片山氏は初期はデイトレードで相場に挑んでいた。 自分では「デイトレードはうまくない」と語っているが、好調な相場環境にも助けられ、2007年10月には資産が1000万円に到達した。 しかし、2008年にリーマン・ショックが起こったことにより「デイトレードでは勝てない」と投資の方針を転換。 割安株への長期投資に切り替え、これがその後の大成功に繋がった。 クローズアップ株式.

次の