今後 とも よろしく お願い し ます 意味。 「今後とも」の例文・ビジネス・メールでの挨拶方法・類語|よろしく

間違う人も多い「何卒」の正しい意味・使い方・例文

今後 とも よろしく お願い し ます 意味

今後とも。 今後ともお付き合いの程よろしお願いします。 今後ともお引き立てのほうよろしくお願いいたします。 今後ともご愛顧(ごあいこ)の程よろしくお願いいたします。 今後ともご指導の程よろしくお願いいたします。 「お引き立て」や「」は、「する」という意味の丁寧な表現で、常日頃からお世話になっていたり、よくしてもらっている相手に対して使う言葉です。 例えば、取引先の会社がいつも自分の会社の商品を注文してくれているという場合などは、「これからもどうぞうちの商品をご贔屓にしてくださいね。 」というニュアンスを込めて挨拶しましょう。 また、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」は、特に上司や社長さんなどビジネス上での先輩、指導をしてくれている人に使います。 上司などにも「今後ともよろしくお願いします。 」と使うことはできますが、「今後ともご指導の程よろしくお願いします。 」の方が、より丁寧な言い方です。 2-2.結びの言葉(手紙を締めくくるための言葉) 「今後とも」は、口頭でも使う言葉ですが、手紙やメールなどの書き言葉として使われることが多く、一番最後の結びの言葉として使われます。 本来、ビジネスメールや丁寧な手紙文書などは、初めの挨拶と終わりの挨拶を入れるのが基本です。 初めの挨拶は「いかがお過ごしでしょうか」や「はありがとうございました。 」など、過去や現在のことに触れた挨拶をします。 そしてメール・手紙の本題に移り、 最後に「今後とも」というフレーズで、これからの未来もよろしくお願いします、というように結ぶと非常にスムーズな流れ。• 1回だけのお付き合いの相手には、「 また機会がありましたら、どうぞよろしくお願いいたします。 」などといった「次回またお付き合いすることがあれば」というニュアンスで締めましょう。 」と締めるのは非常に違和感があります。 相手によっては、今回のミスをに受け止めていないのではないか、と不快な思いをさせてしまう可能性もあるので、使わないようにしましょう。 トラブル対応などで迷惑をかけている時には「 この度は大変でした。 」「 重ねて。 」など、しっかり反省していることを伝えるフレーズにしましょう。 また、問題などが既に解決した時には、「この度は誠にありがとうございました。 」など感謝の気持ちを伝えることも大切です。• これから先も仲良くしていこう。 将来的にもいい関係が気づけたらいいと思っています。 以後も同様の手順で進めることとします。 ビジネスのメールや挨拶などではこれらの類語よりも 「今後とも」の方がフォーマルな言い方で使いやすいですが、「今後とも」を使うとかえって不自然になる場合もあります。 そんな時は、同じニュアンスで使える類語を使ってみてください。 4.「今後とも」の英語表現 英語で「今後とも」と表したい時には、 continued(引き続いた)のワードを用いることが多いです。 ビジネスメールの締めのフレーズとして、「今後ともよろしくお願いいたします。 」をそのまま直訳した英語はありません。 しかし、同じようなニュアンスで書きたい時には、以下のフレーズを使うことができます。

次の

「今後とも」を使ったビジネスメールの結びの挨拶例文

今後 とも よろしく お願い し ます 意味

【例文】 「今後ともよろしくお願いいたします。 」 「今後とも変わらぬ、お付き合いのほどをよろしくお願いいたします。 」 「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 」 「どうか今後ともよろしくお願い申し上げます。 」 「今後ともよろしくお願いいたします」の使い方は「引き続きよろしくお願いいたします」とほぼ同じで、挨拶に使えます。 大きく違うのは、「引き続き…」は「今後とも…」に言い換えられる点です。 同じ用件でやりとりが続いていっても、それは「今後とも」やり取りをすることになるのでおかしくありません。 逆に、その場で今までのやり取りが終わるのに「引き続き」を使うのは不自然になってしまいます。 このように、逆はできても「今後ともよろしくお願いいたします」を、「引き続きよろしくお願いいたします」に言い換えすることはできませんので注意しましょう。 「今後とも」は指す範囲がとても広い言葉ですが、「引き続き」はそうではないということでもあります。 」 依頼メール 「ご返信をお待ちしております。 」 返事が欲しい場合の依頼メール 「ご確認の上、問題がなければご返信は不要です。 」 返信がいらない場合 「ご確認いただければ幸いです。 よろしくお願い申し上げます。 」 確認を依頼するメール 「まずはお礼申し上げます。 」 とりあえずお礼を伝える場合 「取り急ぎ、お礼を申し上げます。 」 時間がない時にお礼だけを伝える場合 ここで取り上げたものは一例であり、他にも使える結びの挨拶は存在します。 状況ごとに結びとして使える挨拶は変わっていきますので、柔軟に対応していくことが肝要です。 どれもビジネスで使えるものですが、「取り急ぎ」を使った挨拶は目上の人には失礼になるため気を付けましょう。

次の

今後も 今後とも

今後 とも よろしく お願い し ます 意味

「今後とも」の正しい使い方の一つに、過去から継続している出来事に言及する方法があります。 例えば、次の例文から「今後とも」の正しい使い方を学ぶことができます。 ・先日は本当にお世話になりました。 今後ともよろしくお願いいたします。 この例文では「今後ともよろしくお願いいたします」が「これからも、よろしくお願いいたします」という意味で使われています。 しかし、「今後とも」の前の文章の「先日は本当にお世話になりました」に注目できます。 今まで一度も会ったことない人に「今後とも」を使ってしまうと非常に不自然です。 しかし、以前から交友関係がありお世話になった人に「今後とも」を言えば、正しい言葉の使い方がされているため、相手も意味を理解しやすく感じます。 「今後とも」では、ある特定の動作を継続的に続けて行くだけでなく、その動作を続けて欲しいと願っている気持ちも表現する使い方もできます。 「今後とも」の気持ちを表現するための言葉の使い方は次の通りです。 ・今後ともよろしく ・今後とも、どうぞよろしくお願いいたします 一つ目の例文である「今後ともよろしく」は親しい同僚に使える例文です。 働き始めたばかりの頃に、同僚が親切にしてくれたのであれば、その同僚に「これからも仲良くしてほしい」という意味を込めて「今後ともよろしく」と言うことができます。 「今後ともよろしく」を同僚に対して言うのが、馴れ馴れしいと感じる場合は「今後ともよろしくお願いします」や「今後ともよろしくお願いいたします」に言い換えられます。 自分の気持ちを表現する言葉の使い方に「今後ともよろしく」があります。 目上の言葉の使い方に「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」があります。 目上への言葉の使い方で大切なのは「今後とも」と一緒に使う言葉を丁寧にすることです。 そして、「どうぞよろしくお願いいたします」は非常に深い敬意が示されています。 「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」の「いたします」は、敬語の謙譲語です。 謙譲語は、自分の身分を相手よりも低くみなして敬意を示す言葉の使い方です。 つまり、「どうぞよろしくお願いいたします」はかなり目上に使うと良い表現です。 会社の社長と会話をしている時に「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」という言葉の使い方をしましょう。 そうすれば、これからも良好な関係を築きたいという意欲だけでなく、相手の立場にも深い敬意が示されています。 普段からお世話になっている人に「今後とも」を正しい使い方で言えば、普段示してくださる親切に感謝していることも表現できます。 ・平素より大変お世話になっております。 今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。 すでに何度も紹介された「今後とも、どうぞよろしくお願いいたします」に「平素より大変お世話になっております」という文章が一緒に使われています。 「平素より」とは「普段から」という意味を丁寧に伝えている言葉です。 この「平素より大変お世話になっております」という言葉の使い方で、普段からお世話になっていることへの感謝だけでなく、相手への深い敬意が示されています。 普段からお世話になっている上司に、改めて感謝する時に使うと良い言葉の使い方です。 「今後とも」は目上に対して使うこともできますが、自然な敬語を使用して「今後とも」を目下との会話で使用することも可能です。 「今後とも」が使われた、次のような例文を作成することができます。 ・いつも残業してくれて本当にありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。 非常にシンプルでありながら、人の気持ちを爽やかにする例文です。 目下の部下と会話をしているので、自然な敬語である丁寧語が使用されています。 しかし、「今後ともよろしくお願いします」と正式な敬語が使われているので、失礼な印象は受けません。 むしろ、残業について心からの感謝を述べた後に「今後ともよろしくお願いします」と正しい敬語の使い方ができているため、この例文が言われている部下は、自分の努力が評価されていることを知って、嬉しく感じるでしょう。 すでに紹介された「今後とも」と「引き続き」の意味の違いからも、「今後とも」は完了した作業に関連して使えることになります。 二つのフレーズの、意味の違いを理解しやすい例文は次の通りです。 ・先日は無事に工事を完了させることができました。 必要がありましたら、今後ともよろしくお願いいたします。 この例文からも「引き続き」と「今後とも」の意味の違いが明白です。 「今後とも」は完了した作業に言及できる、という違いがあることがわかります。 「引き続き」の例文では違いがあって、工事が現在進行形だったのを思い出してください。 そのため、工事以外の内容だとしても「今後とも」は完了した作業に対して、そして、「引き続き」は完了していない作業に対して使える、という意味の違いを頭の中で整理できます。 違いが分からないと、2つの言葉を使いこなすのは難しいです。 「今後とも」をそのままビジネスやメールの中で使用することもできますが、簡単な言い回しにして、普段から親しくしているビジネスパートナーに「今後とも」と同じ意味を伝えることもできます。 ・いつも期日を守ってくださりありがとうございます。 これからもよろしくお願いいたします。 商品を発送してくれるビジネスパートナーが期日を守ってくれていることへの感謝と、これからも良好な関係を維持したい、という気持ちが上手に表現されている例文です。 「今後とも」が「これからも」と言い換えられています。 「今後ともよろしくお願いいたします」でも「これからもよろしくお願いいたします」でも、相手に伝える意味はほとんど同じですが、 「これからもよろしくお願いいたします」の方がフレンドリーな印象を与えることができます。 ビジネスの場面では「今後とも」と「お世話」という言葉を一緒に使うと非常に効果的です。 「お世話」と「今後とも」が使われている、次のような例文をビジネスの場面で使用することができます。 ・常日頃からお世話になっております。 今後ともどうぞよろしくお願いします。 ビジネスの場面で、数えるほどしかやり取りをしていない取引先に「常日頃からお世話になっております」という言葉遣いをすることに違和感を覚える人もいます。 しかし、ビジネスの場面では社交辞令として「お世話になっております」が使用されます。 そのため、もし何度か取引をしたことがあるビジネスパートナーと連絡を取るのであれば「今後とも」という言葉を使う前に、「常日頃からお世話になっております」のように、以前のやり取りを忘れていないことを表現できます。 ビジネスメールの中では、書き言葉でコミュニケーションが計られるため、会話よりもかしこまった敬語表現を使用しなければなりません。 「今後とも」と敬語表現を組み合わせて、ビジネスメールの中で使える、次のような例文が作成できます。 ・この度は、業務提携を結んでくださり誠にありがとうございます。 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。 少し長い例文ですが、かなり深い敬意をかしこまった言い方がされた敬語をビジネスメールで使って、表現できています。 この例文では、業務提携が結ばれたことにも言及しているため、丁寧な言葉を選んで感謝をしなければなりません。 また、重要な内容について扱っているビジネスメールの中で「今後とも何卒よろしくお願い申し上げます」のように「申し上げます」という謙譲語が使われているので、相手の身分を上にみなした言葉の使い方がされています。 「今後とも」を使う状況をよく考えなければ、聞いている人にとってマナーの悪い言葉の使い方になります。 例えば、「今後とも」の使われているマナーの悪い例文には、次のようなものがあります。 ・先日はお金を貸してくださりありがとうございます。 今後ともよろしくお願いします。 「今後とも」が使われることによって、「また今度もお金を貸してください」という意味に解釈されてしまうため、マナーが悪いと言えます。 このような、お金のやり取りがある場合には、感謝をするだけで十分です。 無理に「今後とも」を使ってしまうとマナーが悪いですし、その気はなかったとしても、ふざけて発言をしているように思われてしまうため、注意が必要です。 「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」はマナーの良い正しい敬語が使われている例文です。 「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」には謙譲語が使われているため、かなり目上の人に対しても使用できます。 ・山田社長先日はお世話になりました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 ・先日は取引内容について説明していただきありがとうございました。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 例文では「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」が社長やビジネスパートナーに使われています。 このように、最大限の敬意を示さなければならない相手にも、敬語の謙譲語が使われている「今後ともどうぞよろしくお願いいたします」が活躍します。 敬語の謙譲語を使っている時点で、「私はあなたのことを目上に見ています」というメッセージや敬意を伝えることができるため、あなたと会話をしている目上の人も、気持ちよく感じることでしょう。

次の