プレデター プランツ アナコンダ。 遊戯王カード考察:≪捕食植物(プレデター・プランツ)ヴェルテ・アナコンダ≫超融合と相性抜群!様々な融合デッキで使えます

遊戯王 捕食植物改2デッキレシピ捕食植物(プレデタープランツ)【ファン・テーマ】

プレデター プランツ アナコンダ

属するは全て・で統一されている。 属する自体はで等が登場していたが、正式なになったのは上記シリーズからである。 また、属するのはにも属している。 の特徴の一つとして、にを揃えてからのを重視する傾向を持つ。 これはアニメ・漫画での使用者が共通するを意識したものであると思われる。 実質この専用のであるを擁する。 また、属するのいくつかはをか、を利用した何らかのを持つものが存在する。 をを持つは、以下のを共通して持っている。 捕食カウンターが置かれたレベル2以上のモンスターのレベルは1になる。 上記のは、をを持つがをもされるという特徴がある。 基本的に自体は何もを持たないというのが普通であるにおいては、比較的珍しいと言える。 各は全て実在する植物がモチーフとなっている。 なお、「捕食」の名前を持つが、すべてが食虫植物モチーフという訳ではない。 また、いくつかのはと(主に肉食の)動物がしたようなデザインになっており、属するのの背景はを除き、全て同じデザインで色違いになっている。 未では、アニメ版で《捕食植物スタペリア・ワーム》・《捕食植物セファロタスネイル》・《捕食植物テッポウリザード》が登場。 としてはアニメ版で《種砲連射》・《 捕縛蔦城 アイヴィ・バインド・キャッスル 》、《 捕食植物蘇生 プレデター・プランツ・リボーン 》が登場している。 さらに、《 捕食発芽 プレデター・ガーミネーション 》によってされる「捕食植物」も存在する。 になる際の口上では「魅惑の香りで虫を誘う〜輪の美しき花」と称されている。 の既存のでとは直接関係ないにおいてもが存在した例は・などに見られたが、アニメ出身ではこのが初めてである。 アニメARC-Vでは、がでもできるためか、のは登場せず、存在するのかも不明である。

次の

遊戯王カードWiki

プレデター プランツ アナコンダ

2つ目はこのカードが相手によって破壊された場合、このカードと同名以外の墓地のドラゴン族・植物族の闇属性モンスターを特殊召喚する事が出来ます。 1つ目の効果は、捕食カウンターを使う 「捕食植物」なら特殊召喚条件は比較的に容易にクリアする事が出来ます。 相手のフィールドにモンスターが存在する状態でこのカードを特殊召喚し、 「捕食植物サンデウ・ キンジー 」を召喚すれば、 「捕食植物トリフィオヴェルトゥム 」を融合召喚する事が出来ます。 2つ目の効果は、やや相手依存になるので、効果をどうしても発動したい場合は、 自爆特攻も視野に入ります。 初のレベル8 「捕食植物」モンスターで 「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」の素材となれるモンスターです。 「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」に特化するのであれば、 採用枚数を2枚にしても良いでしょう。 捕食植物サンデウ・キンジー このデッキの重要なモンスターの1枚で、捕食カウンターの載っている相手モンスターを闇属性扱いにすることができ、このカード自身と自分の手札とフィールド・相手フィールドのモンスターで融合召喚を行うことが出来ます。 モンスター版の闇属性限定の 「超融合」効果を持っており、 「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」などが融合召喚しやすい他に、相手のレベル8以上の闇属性モンスターを素材に出来れば、 「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」を融合召喚する事も可能です。 「捕食植物」では必須モンスターの為、採用は3枚です。 捕食植物 トリフィオヴェルトゥム 新規 「捕食植物」融合モンスターで融合召喚の条件はフィールドの闇属性モンスター3体です。 効果が3つあり、 1つ目はこ のカードの攻撃力はこのカード以外の捕食カウンターの載ったモンスターの元々の攻撃力分アップする効果。 2つ目は 融合召喚されたこのカードが存在する時、相手のエクストラデッキからモンスターが特殊召喚された際に、特殊召喚を無効に出来る効果。 3つ目は 相手フィールドに捕食カウンターが置かれている場合に墓地のこのカードを特殊召喚出来る効果です。 1つ目の効果は、捕食カウンターの載ったモンスターの攻撃力が高ければ、このカードの攻撃力の高さも合わさり、1ターンキルが狙えるほどの攻撃力になる事も可能です。 2つ目の効果は融合召喚した時限定で発動できる効果で、相手のデッキがエクストラデッキに依存するテーマであれば、1ターンに1度しか無効に出来ないものの、相手の動きを大きく牽制することが出来ます。 3つ目の効果は自己蘇生効果で、 蘇生後は2の効果が使えなくなってしまうものの、比較的緩い蘇生効果を持っております。 蘇生が守備表示の為、蘇生ターンに攻撃には参加出来ないので、各種素材として扱ってしまうのも手です。 例を挙げるのであれば、融合モンスターと言う点を活かし 「捕食植物 ドラゴスタペリア」の素材として相性が良いです。 捕食活動 新規 「プレデター」魔法カードで、手札から 「捕食植物」モンスターを特殊召喚する効果でその後デッキからこのカードと同名以外の 「プレデター」魔法カードをサーチする効果を持ちます。 特殊召喚する 「捕食植物」モンスターのレベルには制限がない為、使いやすく、 「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」などの融合召喚の為の展開力に役に立つ上に、 「プレデター」魔法カードをサーチ出来るので、状況に応じてサーチ先を選んで行くと良いでしょう。 デメリットはあるものの、展開とサーチを1度に行えるカードの為、 3枚必須です。 プレデター・プライム・フュージョン 新規収録された 「プレデター」速攻魔法で、 「捕食植物」専用の 「超融合」+「瞬間融合」効果を持ちます。 効果は フィールドに 「捕食植物」モンスターが存在する場合に発動でき、自分・相手フィールドから、闇属性の融合モンスターカードによって決められた、自分フィールドの闇属性モンスター2体以上を含む融合素材モンスターを墓地へ送り、その融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する ことが出来ます。 「プレデター」魔法カードなので 「捕食活動」でのサーチに対応しております。 「超融合」の様な使い方も可能ですが、 自分の闇属性モンスターを2体を素材にしなければ行けません。 「超融合」の様に相手モンスターを素材にする場合は、基本的に闇属性3体を素材にする 「捕食植物 トリフィオヴェルトゥム」を融合召喚する形になります。 また自分の闇属性2体であればデメリットのない、 「瞬間融合」の様な使い方ができ、 「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」や 「捕食植物キメラフレシア」を融合召喚することも出来ます。 相手フィールドに闇属性トークンを生成出来る 「闇黒世界-シャドウ・ディストピア-」と相性が良く、 「捕食植物 トリフィオヴェルトゥム」に必要な闇属性を準備しこのカードで融合素材に出来るので、相性が良いです。 相手を闇属性に変更できるので、 「超融合」や 「プレデター・プライム・フュージョン」と相性が良く、相手のフィールドにモンスターが存在しなくても、こちら側が能動的にトークンを準備できるので、 「超融合」や 「プレデター・プライム・フュージョン」のコストに困らない利点があります。 捕食計画 新規 「プレデター」罠カードで効果が2つあり、 1つ目が、 デッキから「捕食植物」モンスター1体を墓地へ送って発動できる効果で、フィールドの表側表示モンスター全てに捕食カウンターを1つずつ置く効果。 2つ目が このカードが墓地に存在する状態で、自分が闇属性モンスターの融合召喚に成功した場合、墓地のこのカードを除外し、フィールドのカード1枚を対象として発動でき、 そのカードを破壊する効果です。 1つ目の効果は罠カード故に発動は遅いものの、デッキから好きな 「捕食植物」を墓地に起きつつ、全てのモンスターに捕食カウンターを置くことができ、相手のエクシーズ召喚・シンクロ召喚の妨害に使うことも出来ます。 基本的に1つ目の効果は 「 捕食植物サンデウ・ギンジー」「捕食植物 トリフィオヴェルトゥム 」と相性が良いです。 2つ目の効果は相手のカードを破壊するのも良いですが、 「 グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」「スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン 」を融合召喚してこの2体を破壊することで能動的に破壊効果を起動するのも良いでしょう。 スポンサーリンク 「捕食植物」デッキの回し方・戦術 「プレデター」魔法カードを使い 「捕食植物」モンスターの展開や効果を使い、捕食カウンターを相手に乗せ、相手を妨害したり、相手のモンスターを闇属性に変更し、 「 捕食植物サンデウ・キンジー」や 「超融合」などで相手モンスターを奪い、 「捕食植物 トリフィオヴェルトゥム」などの闇属性を素材とした融合モンスターで戦っていきます。 新規カードである 「捕食活動」などのおかげで展開力を上げつつ、安定性が増し、フィールドでの融合召喚がしやすくなり、物量で押し切ることも可能になりました。 融合モンスターについては状況に応じて使い分けていくと良いでしょう。 またコチラでは「捕食植物」デッキの組み方・回し方を詳しく紹介しております! 2019-06-07 12:00 「捕食植物」デッキを改造するなら? 「捕食植物 バンクシアオーガ」を採用し、シンクロ召喚を行える様にしたり、 「捕食植物ヘリアンフォリンクス」の採用枚数や 「龍の鏡」などを採用し、強力な融合モンスターである、 「グリーディー・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン」に特化させた構築なども良いでしょう。 また構築自体は少し変わっては来るものの、 「シャドール」と 「召喚獣」とも相性が良く、融合先の候補が増えるので、混合構築する事で対応力の高い構築を行う事も可能です。

次の

捕食植物ヴェルテ・アナコンダ(プレデタープランツヴェルテアナコンダ)カード情報・考察

プレデター プランツ アナコンダ

そのモンスターはターン終了時まで闇属性になる。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。 プレデター・プランツの新規となる闇属性植物族のLINK-2です。 植物で作られた大蛇といった見た目の怪物です。 ヴェルテとはドイツ語の姓の1つですがこの場合は恐らく イタリア語で「緑」を現す「ヴェルデ」から来ているのでしょう。 ところでこのカードは何の植物がモチーフなのでしょうね? ちょっと自分の知識だと分かりませんでした。 この効果は、その魔法カード発動時の効果と同じになる。 【捕食植物】では超融合やプレデター・プライム・フュージョンを墓地へ送り 相手モンスターごとこのカードで融合素材にするのが基本となるでしょう。 コピーするのは効果だけであり本来のカードにあるコストやデメリットは踏み倒す事が可能です。 超融合をコピーしても手札を捨てる必要はありません。 この効果の発動後、ターン終了時まで自分はモンスターを特殊召喚できない。 制約として効果を発動したターン それ以上モンスターを特殊召喚できなくなってしまいます。 特にこのカードを融合素材にしなかった場合そのまま場に残る事になってしまい 攻撃力500の状態で敵の攻撃にさらされる事になります。 発動時にライフ2000を払う事もあり相当痛いダメージが発生するので 出来る限り融合素材にして場から離れさせるのが望ましいです。 様々な融合デッキに使える 前述の通り超融合との相性が抜群でデッキに超融合が眠ってさえいれば 適当なモンスター2枚が相手モンスター1体を奪って スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴンや 捕食植物キメラフレシアを融合召喚できるカードと化します。 サンデウ・キンジーと一緒に並べる事が出来れば まずあちらの効果で相手モンスターを素材に捕食植物キメラフレシアを融合召喚、 次にこちらの効果で捕食植物トリフィオヴェルトゥムの融合召喚も可能です。 またリンク素材の縛りも緩く効果自体も融合全般で有用なものであり 【捕食植物】以外の融合デッキにも採用が可能です。 何かしらの効果モンスター2体が融合魔法に化ける為 ネオス・フュージョンをコピーしてレインボー・ネオスを出す、 オーバーロード・フュージョンをコピーして キメラテック・オーバー・ドラゴンを出すなんて芸当もできます。 上記の2枚はフィールドのこのカードもついでにどかしてくれますし 特にレインボー・ネオスはこのカード自身が効果発動のコストになれるので何かと都合がいいです。 また超融合をコピーしてこのカードと相手モンスターで融合召喚するというのは 【捕食植物】に限らずどのデッキにおいても狙えます。 言い方を変えれば様々なデッキに超融合を採用出来るようになると言えるでしょう。 ・・・なんか段々と【捕食植物】以外のデッキで使う方が強い気がしてきましたが 上記の通りサンデウ・キンジーと組み合わせたり 捕食接ぎ木で蘇生できるので他のデッキよりも有効活用はできるでしょう。

次の