ガーリック バター レシピ。 ほうれん草のガーリックバター炒め:レシピ - リンナイ

ガーリックバターの作り方&アレンジ活用レシピ!作り置き保存も可能

ガーリック バター レシピ

【ガーリックシュリンプのレシピ】ハワイアンソースに漬け込むのがコツ 材料(2人分) 【下処理】• バナメイエビ(殻付き・大)…14~16尾• 片栗粉…適量• オリーブオイル…大さじ3• レモン汁…大さじ2• バター…20g• 塩、粗びき黒こしょう…適量 【トッピング(省略可)】• レモン(くし形切り)…適量• 味が染み込みやすく、殻ごと食べるガーリックシュリンプに最適です。 作り方 1 エビを塩・片栗粉でもみ、流水で洗う ボウルにバナメイエビ・塩・片栗粉を入れ、全体を絡めるようによくもむ。 流水で洗い、片栗粉を完全に落とす。 これでエビの汚れや臭みを取り除くことができる。 2 殻に切り込みを入れ、つま楊枝で背ワタを取り除く キッチンばさみを使い、エビの殻に切り込みを入れる。 頭側から尾の1節手前まで、背に沿ってはさみを入れるとよい。 切った殻の間からつま楊枝を刺して背ワタを取る。 背ワタが残っているとジャリジャリした食感になるので、しっかり取り除くこと。 3 尾を半分ほど切る 尾は汚れがたまりやすいため、半分ほど斜めに切り落とす。 ペーパータオルでエビの水けをしっかり拭き取る。 4 ガーリックソースに漬ける ポリ袋にエビ、ハワイアンガーリックソースの材料をすべて入れて、袋の上からもむ。 冷蔵庫で1時間ほど漬ける。 エビは下味冷凍もおすすめ。 冷凍方法は 5 エビをフライパンに広げ、強めの中火で焼く ポリ袋のエビとソースをすべてフライパンに出す。 エビが重ならないように広げて火をつけ、強めの中火でしっかり焼き目を付ける。 焼いている間はあまり触らない。 6 背の殻が開いてきたら裏返す 殻が赤くなり、切り込みを入れた部分が開いてきたら、裏返してもう片面を焼く。 7 塩・こしょうをし、バターを絡める 両面にこんがりと焼き目がついたら、塩・粗挽き黒こしょうで味を調える。 さらにバターを加えて溶かし、全体に絡めたら火を止める。 ガーリックシュリンプの完成 トッピングのパセリを散らして、レモンを添えてできあがり。 パンチの効いたガーリックの風味、バリバリの殻、そしてぷりっぷりのエビ! とにかくビールがすすむ1品です。 手づかみで殻ごと食べる「ハワイアンスタイル」でいただきます。 下味冷凍も便利です! ガーリックソースに漬けたエビは冷凍保存も可能です。 冷凍することで味がさらに染みこみます。 冷凍エビで作る場合は、下味冷凍できません。 冷凍方法• 【作り方】工程4で漬けこんだエビとガーリックソースを冷凍用保存袋に移し、空気を抜くようにして口を閉じる(初めから冷凍用保存袋に入れてもんでもOK)。 におい移りを防ぐため、さらに冷凍用保存袋に入れて2重にし、口を閉じる。 冷凍庫で保存する。 2週間程度保存可能。 解凍方法・食べ方 冷凍用保存袋ごと流水に20~30分当てて解凍する。 【作り方】工程5から同じように焼く。 調理済みのガーリックシュリンプも冷凍OK! 冷凍方法• 完成したガーリックシュリンプを小分けにして冷凍用保存袋に入れる。 さらに冷凍用保存袋に入れて2重にし、口を閉じる。 冷凍庫で保存する。 1週間程度保存可能。 解凍方法・食べ方 耐熱皿にガーリックシュリンプを出し、レシピ1人分あたり電子レンジ(600W)で1分加熱する。 加熱が足りなければ30秒ずつ様子を見ながら温める。 エビの殻をよりパリッと仕上げたい場合は、電子レンジで1分加熱した後、フライパンに移して中火でさっと炒めるとよい。

次の

ガーリック バター レシピ|【みんなのきょうの料理】おいしいレシピや献立を探そう

ガーリック バター レシピ

にんにくとパセリの風味が食欲をそそる、エスカルゴバターをご存知ですか? 多めに作って冷凍しておけば、料理にアクセントが欲しいとき、すぐ使えてとっても便利。 その作り方と使い方を、フレンチのシェフに教えてもらいました。 美食の街で生まれた、別名「ブルギニョンバター」 「料理人の間では『ブルギニョンバター』と呼ばれ、フランスきっての美食の街・ブルゴーニュの名物料理『エスカルゴ』に使われるバターとして知られています。 魚介だけでなく、肉や野菜、パンにのせて焼いても美味しい、使い勝手のいい万能バターなんです」 そう語るのは、フランスの老舗食料品店&レストラン<ラ・ターブル・エディアール>でシェフを務める多賀清さん。 冷凍保存もOK!「エスカルゴバター」の作り方 材料(作りやすい分量)• 無塩バター…225g• パセリの葉…50g• にんにく…小さじ2(10g)• 粗びき白こしょう…少々 作り方 1)バターは室温に戻し、野菜はみじん切りにする バターは指で押してへこむ程度にやわらかくなるまで室温に戻します。 パセリの葉、エシャロット、にんにくはみじん切りにします。 「バターは電子レンジでほんの少し加熱して、やわらかくしてもOKです」 2)バターをクリーム状になるまで混ぜ、残りの材料を加える 「バターに野菜を混ぜやすくするために、なめらかにします。 泡立てる必要はありません」 3)ムラなく全体をよく混ぜる パセリの緑色が全体にゆきわたればでき上がりです。 ちなみにお店では、フードプロセッサーを使って一気に作っているそうで、パセリの緑色がきれいに出ます(写真右)。 冷凍すれば長期保存(=1ヵ月を目安に使い切るのがおすすめ)ができます。 詳しい保存方法は。 「好みで青じそや松の実、アンチョビを加えてアレンジしても美味しいです。 アンチョビは塩気があるので、加える場合、材料の塩は省いてください」と多賀シェフ。 パン粉と混ぜ合わせて羊肉に塗りローストにしても。 ステーキやフリットに添えてソースにしても美味。 臭みのある食材に使う場合は、しっかり加熱して香りを立たせるとよい。 きのこの炒めものや、フライドポテトなど野菜の素揚げにからめても。 トーストに塗ったり、ごはんやパスタを炒めたり。 クセのない食材に使う場合は、そのものの味を引き立たせるため、加熱しすぎない方がよい。 いろんな食材にのせて焼くだけで、たちまちフレンチ風に仕上がる便利なエスカルゴバター。 ワインをグイグイ飲みながら、器に残ったバターもパンにつけて残さず平らげたい美味しさです! 【保存方法】棒状に切って冷凍保存すると便利! 1 )深めのバットにラップを敷き、エスカルゴバターを入れて平らにならし、冷凍庫で冷やし固める。 2 )使いやすい厚さの棒状にカットし、1本ずつラップで包み保存袋に入れて冷凍する。

次の

ほうれん草のガーリックバター炒め:レシピ - リンナイ

ガーリック バター レシピ

【ガーリックシュリンプのレシピ】ハワイアンソースに漬け込むのがコツ 材料(2人分) 【下処理】• バナメイエビ(殻付き・大)…14~16尾• 片栗粉…適量• オリーブオイル…大さじ3• レモン汁…大さじ2• バター…20g• 塩、粗びき黒こしょう…適量 【トッピング(省略可)】• レモン(くし形切り)…適量• 味が染み込みやすく、殻ごと食べるガーリックシュリンプに最適です。 作り方 1 エビを塩・片栗粉でもみ、流水で洗う ボウルにバナメイエビ・塩・片栗粉を入れ、全体を絡めるようによくもむ。 流水で洗い、片栗粉を完全に落とす。 これでエビの汚れや臭みを取り除くことができる。 2 殻に切り込みを入れ、つま楊枝で背ワタを取り除く キッチンばさみを使い、エビの殻に切り込みを入れる。 頭側から尾の1節手前まで、背に沿ってはさみを入れるとよい。 切った殻の間からつま楊枝を刺して背ワタを取る。 背ワタが残っているとジャリジャリした食感になるので、しっかり取り除くこと。 3 尾を半分ほど切る 尾は汚れがたまりやすいため、半分ほど斜めに切り落とす。 ペーパータオルでエビの水けをしっかり拭き取る。 4 ガーリックソースに漬ける ポリ袋にエビ、ハワイアンガーリックソースの材料をすべて入れて、袋の上からもむ。 冷蔵庫で1時間ほど漬ける。 エビは下味冷凍もおすすめ。 冷凍方法は 5 エビをフライパンに広げ、強めの中火で焼く ポリ袋のエビとソースをすべてフライパンに出す。 エビが重ならないように広げて火をつけ、強めの中火でしっかり焼き目を付ける。 焼いている間はあまり触らない。 6 背の殻が開いてきたら裏返す 殻が赤くなり、切り込みを入れた部分が開いてきたら、裏返してもう片面を焼く。 7 塩・こしょうをし、バターを絡める 両面にこんがりと焼き目がついたら、塩・粗挽き黒こしょうで味を調える。 さらにバターを加えて溶かし、全体に絡めたら火を止める。 ガーリックシュリンプの完成 トッピングのパセリを散らして、レモンを添えてできあがり。 パンチの効いたガーリックの風味、バリバリの殻、そしてぷりっぷりのエビ! とにかくビールがすすむ1品です。 手づかみで殻ごと食べる「ハワイアンスタイル」でいただきます。 下味冷凍も便利です! ガーリックソースに漬けたエビは冷凍保存も可能です。 冷凍することで味がさらに染みこみます。 冷凍エビで作る場合は、下味冷凍できません。 冷凍方法• 【作り方】工程4で漬けこんだエビとガーリックソースを冷凍用保存袋に移し、空気を抜くようにして口を閉じる(初めから冷凍用保存袋に入れてもんでもOK)。 におい移りを防ぐため、さらに冷凍用保存袋に入れて2重にし、口を閉じる。 冷凍庫で保存する。 2週間程度保存可能。 解凍方法・食べ方 冷凍用保存袋ごと流水に20~30分当てて解凍する。 【作り方】工程5から同じように焼く。 調理済みのガーリックシュリンプも冷凍OK! 冷凍方法• 完成したガーリックシュリンプを小分けにして冷凍用保存袋に入れる。 さらに冷凍用保存袋に入れて2重にし、口を閉じる。 冷凍庫で保存する。 1週間程度保存可能。 解凍方法・食べ方 耐熱皿にガーリックシュリンプを出し、レシピ1人分あたり電子レンジ(600W)で1分加熱する。 加熱が足りなければ30秒ずつ様子を見ながら温める。 エビの殻をよりパリッと仕上げたい場合は、電子レンジで1分加熱した後、フライパンに移して中火でさっと炒めるとよい。

次の