ゴミ収集車 構造。 パッカー車(ゴミ収集車・塵芥車)の種類、価格と取扱い方法

ゴミ収集車(パッカー車)の外部と内部の仕組み/構造について解説します!

ゴミ収集車 構造

ゴミ収集の仕事は給料が高い? ゴミ収集の仕事の種類 色々と呼び名があるゴミ収集車ですが、国土交通省が使用している正式名称が「塵芥車」、一般的な呼び名が「ゴミ収集車」、業界内での呼び名が「パッカー車」です。 大きく分けると 「一般廃棄物」と「産業廃棄物」を運搬するのが仕事となります。 回転板式、プレス式、ロータリー式などいくつかの種類があり、用途などによって使い分けがなされています。 気になる!ゴミ収集の仕事の待遇 この仕事の待遇としては、まず給与面が優遇されています。 それに加えてドライバーとしては珍しいほど「勤務時間が安定」しています。 ドライバーと言えば不規則な勤務形態になることが多いのですが、ゴミ収集車の仕事は時間が決まっているために規則的な勤務となるのです。 ゴミ収集車は普通免許で運転できる? 普通免許の取得時期をチェック 街中のゴミを収集するのには2tトラックが多く使用されています。 そのため 取得した時期によっては普通免許で運転をすることが可能なのです。 「平成19年6月1日までに普通免許を取得している場合」 平成19年6月1日までに免許を取得している場合は、現在は中型免許(8t)限定とみなされます。 この場合は、車両総重量8t未満、最大積載量5t未満の車を運転することができるために、4tまでのゴミ収集車であれば運転できることになります。 「平成19年6月2日以降に取得した場合」 平成19年6月2日から、平成29年3月11日までの間に免許を取得している場合は「準中型免許(5t)限定」となります。 この場合は、車両総重量5t未満、最大積載量3t未満の車を運転することができるので、3tまでのゴミ収集車を運転できます。 3tを超えるトラックは運転することができないので注意しましょう。 「平成29年3月12日以降に取得した場合」 2017年3月12日以降に普通免許を取得した場合は、普通免許では車両総重量3. 5t、最大積載量2t未満の車両しか運転できません。 そのため準中型以上の免許を取得しなければゴミ収集車を運転することはできません。 ゴミ収集車の運転はMT免許が必要 ゴミ収集車はほとんどがミッション車となっています。 そのためAT限定免許では運転をすることができません。 ゴミ収集車の仕事を考えている場合はMT免許を取得するようにしましょう。 ゴミ収集車のサイズと必要な免許 2t車 2t車の代表的な寸法は以下の通りです。 車両寸法:全長522㎝ 全幅184㎝ 全高232㎝• 最大積載量:2t 運転するには「準中型免許」が必要になります。 4t車 4tのゴミ収集車のサイズは以下の通りです。 車両寸法:全長680㎝ 全幅217㎝ 全高273㎝• 最大積載量:1. 95t 4t車を運転するには、中型免許が必要になります。 中型免許を取得するには「普通免許を取得してから2年以上」「20歳以上」という条件があります。 それらを達成したら取得するようにしましょう。 大型車 大型のごみ収集車のサイズは以下の通りです。 車両寸法:全長930㎝ 全幅249㎝ 全高286㎝• 最大積載量:7. 4t 大型車を運転するためには大型免許が必要になります。 大型免許を取得するには、• 「21歳以上」• 「普通免許(MT車)を取得してから3年以上」• 「視力は両眼で0. 8以上、片眼で0. 5以上」 という条件をクリアしなくてはいけません。 しかしゴミ収集に関連する仕事、 特に産業廃棄物収集の仕事では大型免許があるとかなり有利になります。 取得できるときに取得するようにしておきましょう。 まとめ ゴミ収集車には用途に応じて大きさや種類が色々とあります。 それぞれ必要になる免許が違っていますので、 自分が運転する予定の車に必要な免許を取得しておくようにしましょう。

次の

働く車の中でも、生活に必要不可欠なごみ収集車についてまとめてみた

ゴミ収集車 構造

投稿日:2019年07月17日 14時21分• カテゴリー:• タグ:, , , , , , , , パッカー車は、家庭から出た ゴミを集めて、焼却場まで運んでくれる、とても身近なトラックです!トラック業界では、「 パッカー車」や「 塵芥車」と呼ばれることが多いのですが、一般的には、「 ゴミ収集車」「 清掃車」と呼ばれていることが多く、同じパッカー車でも様々な呼び方があります。 また、外観の見た目は同じでも、使用用途により、「 プレス式」と「 巻込み式」で使い分けることができたりします。 実際、中に入れられるごみの量ですが、 小型 2t車 で1トン~1. 4トンほど運べるそうです。 巻込み式のパッカー車の場合、回転板がゴミをかきこんで積み込むので、ごみの飛散を防ぎ、ゴミを荷室の奥まで押し込んで積むことができます。 また、 プレス式の場合ですが、とても強力なものになっており、 普通の家具などは簡単に押しつぶせるようなパワーを持っています!(大型冷蔵庫やタンスなどなど)そのため、操作員が作業中に誤って巻込まれてしまう事故も発生しているので 安全第一で作業しなければいけません。 ゴミを分別する地域では、回収する日程が曜日によって定められていますが、生ゴミを含むゴミを回収する際に出る水分は、かなりの悪臭がするため垂れ流さないように 汚水タンクが取り付けられています。 その 威力はかなり強力で、手前と奥の2段階でゴミを強力にプレスすることができます。 まず、入口付近でプレスプレートにてゴミを細かく砕き、次に押し込み板を使ってゴミを奥へ詰め込んでいきます。 入り口付近でゴミを砕いてから、奥へ押し込んでいくため、 小さい家庭ゴミから粗大ゴミまで収集できちゃいます! 先ほどお伝えしたように、かなりのプレスパワーを持っているんですが、冷蔵庫・テーブル・自転車なども圧縮できる力を持っているそうで・・・。 過去には、作業員の方が巻込まれて押しつぶされてしまう事故が起こったりしているので、作業する際は安全第一で行うようにしてください。 プレス式よりは圧縮力が弱く、プレスして箱内に積んでいくというよりは、 ゴミを奥へ積み込んでいくイメージで、圧縮力が弱いぶん積み込めるゴミの量は少なめです。 ロータリー式は、 ドラムの中が回転していて、ゴミを奥へ積み込んでいきます。 このタイプのメリットは、常にドラムが回転しているため、連続でゴミを投入することができるところです。 プレス式や巻込み式などのように、 汚水が飛び散らないことや、 シンプルな造りになっているので 掃除がしやすいことから、 作業員からは人気を集めているようです!ですが、他の種類と比べて圧縮するパワーが弱いため、積めるゴミの量が少ないそうです。 そこで8ナンバーとはどんなものか説明していきます。 8ナンバーとは? どの自動車にもナンバープレートが付いていると思うのですが、地域名の右側に書かれている初めの数字は、自動車の 大きさや 用途を表しています。 特種用途自動車に分類される車には800~899までの数字が使われ、このナンバーのことを 通称8ナンバーと言います。 緊急車両、 2. 法令特定事業で使用する自動車、 3. その他の特種な目的で使用する自動車の3つがあり、 すべての形状で78あります。 現在、日常で使用する車(特殊車両以外)に8ナンバーを付けることはほとんどなくなっています。 排出する際は、ダンプトラックのように荷台を持ち上げてゴミを出します。 ・プレス式のパッカー車と違って、飛び散ることが少ないので、生ゴミ・缶・瓶の回収に向いています。 圧縮板式車(プレス式) ・テールゲートにゴミを圧縮できる板があり、そこでゴミを圧縮してから荷台の奥に押し込んでいきます!車によっては、ゴミ逆流装置(センターパネル)を装備するものもあります。 このタイプは、ダンプのように荷台を持ち上げてゴミを排出するタイプよりも、箱の奥から排出板で押し出してゴミを排出するタイプのが多いです。 冷蔵庫や自転車を潰す力を持っているとか・・・! 荷箱回転式車(ロータリー式) ・荷台に円形のドラムを載せていて、そのドラムを回転させてゴミを巻き込み、圧縮して押し込んでいくタイプのゴミ収集車です。 汚水の飛び散りがないなどのメリットがあるのですが、積めるゴミの量が巻込み式・プレス式より少ないことから、現在、あまり見かけることがなくなってしまいました。 分別が厳しくなってる地域が増えてきてますが、現代では新しいものが増えている分、ゴミもどんどん増えてきているので、たくさん積み込めるパッカー車が人気をあるめているようです。

次の

富士車輌株式会社

ゴミ収集車 構造

冷蔵庫やテーブルも砕いて圧縮できるんですよ ただし、ハイパワーゆえに注意点もあります! 過去には、作業員が プレスプレートに巻き込まれて押しつぶされてしまった事故がありました。 () 巻き込まれた本人は、とっさに緊急停止ボタンを押せない場合もあります。 作業員は最低でも2人、可能なら3人に増やすといった安全対策をとりましょう。 回転板式(別名:巻き込み式) 回転板式は、プレス式ほどの圧縮力はありません。 圧縮というよりは、 ゴミを重ねてまとめていくといったイメージです。 作業員が投入口に放ったゴミを回転板が荷箱へかき込み、押し込み板で奥に詰めていくという仕組みです。 圧縮力が弱いぶん 積める容量は少なめで、長い鉄製品などが混ざると回転板が停止してしまいます。 そのため粗大ゴミには不向きなものの、小さなゴミであれば十分に収集できます。 剪定作業後の小枝の収集などに最適なので、 造園会社からのお問い合わせは多くなっています。 回転板式に適したゴミ• 家庭ゴミ• 事業ゴミ• 木くず• 繊維くず…etc. ロータリー式(別名:荷箱回転式) ロータリー式は、 大きな円柱型ドラムがゆっくり回りながらゴミを荷箱へ押し込んでいきます。 このタイプは常にドラムが回っているため、 ゴミを続けて投入できるという点がメリット。 現場からは「小さな回転板のようにゴミをかき込むわけではないので、汚水が飛び散らない」「シンプルな構造だから清掃しやすい」という声があがっており、 作業員にとっては扱いやすい車両として重宝されています。 しかし3種類の中で圧縮力はもっとも弱く、 積めるゴミの容量が少ないため運送効率が良いとは言えません。 たくさんのメリットはあるものの、最近は中古トラック業界でもあまり見かけなくなりました。 ロータリー式に適したゴミ• 家庭ゴミ• 汚水を含むゴミ…etc.

次の