結婚式 二次会余興。 結婚式余興,二次会余興のネタ〜新郎新婦取扱説明書【余興.com・中級編】

結婚式の二次会は「演出なし」もOK!飲み会風でも飽きさせない工夫

結婚式 二次会余興

結婚式二次会の幹事や司会をお願いされると、不安に感じる方も多いと思います。 でも、任されたのなら、上手に結婚式二次会を盛り上げたいですよね! 今回は、司会の台本サンプルをご紹介します。 また、結婚式二次会における司会を選ぶポイント・進行上で注意したいポイントもまとめました。 司会に選ばれたなら、スムーズに進行するためにチェックしておきましょう。 司会を選ぶときのポイント2点 結婚式二次会の司会は、どなたが担当するのでしょうか。 2点、気を付けたいポイントがありますよ。 司会は話上手な方に 幹事は通常、新郎側2名~3名、新婦側2名~3名となっています。 その中から司会を選ぶのがメジャー。 話をするのが上手な方にお願いしたほうが、場が盛り上がりますよね。 営業職に従事していて常日頃人と話をするのが得意な人や、ピアノ講師をしていて発表会の進行をしている人はいませんか。 幹事の中から司会を選ぶ際には、そういった得手不得手を充分配慮の上、決めるようにしましょう。 司会は一人で進行? 結婚式二次会の司会を担当するにあたり、一人で行ったほうがいいのでしょうか。 「自分一人で、二次会を仕切れるかな」と不安に感じて、つい誰かと一緒に…と考える方も多いようです。 でも、これが実は落とし穴。 司会が二人になると話がとっちらかってしまい、会自体のまとまりがつかなくなってしまうことが多いのです。 プレッシャーも大きいと思います。 しかし、スムーズにことを運びたいのなら、 司会は一人で腹をくくって引き受けましょう。 ただ、ゲストの人数が多く、一人で御しきれるか不安という場合もありますよね。 それなら、ゲームなどのゲスト参加型の場面のみ、アシスタント的に手伝ってくれるメンバーを用意するのもいいでしょう。 基本的な進行は、一人で行うほうが良さそうです。 結婚式二次会進行で注意したいポイント4点 司会が決まったなら、次は進行について考えましょう。 結婚式二次会を進める上で、注意すべき点がいくつかあります。 内輪ネタは避ける まずは、内輪ウケは避けるようにしましょう。 ゲストには、新郎側新婦側それぞれの友人がいます。 両方の共通の友人であることもありますが、どちらか片方しか知らない場合も当然ありますよね。 そんな時、自分のよく知らないグループが内輪ウケをする話題で盛り上がっていたら、どうでしょうか。 なんとなく疎外感を感じるのは想像ができると思います。 会場にいる全員が心から楽しむことができる話題しか取り扱わないというのが、大きなポイントと言えるでしょう。 下ネタは避ける 次に、下ネタは避けるようにしましょう。 「結婚式二次会だし、多少はいいでしょう」とつい下ネタに走ってしまいがち。 やはり気分を害するゲストもいらっしゃいます。 極力品のない話題は避け、 男性も女性も心置きなく笑えるような話題が良いですよね。 明るい雰囲気づくりを心がけましょう。 言葉使いに注意 司会者は新郎新婦サイドの人間であることを、忘れてはいけません。 結婚式二次会は、新郎新婦がゲストをおもてなしする場です。 司会は、そのお手伝いをする立場。 ですから、 新郎新婦には尊敬語は使いません。 「新郎が召し上がります」ではなく「新郎がいただきます!」というのが、正しいということなのです。 そして、 ゲストに対しては尊敬語を使います。 「ゲストが参ります!」ではなく「ゲストがいらっしゃいます!」ですね。 緊張していると、つい混合してしまいます. あらかじめきちんと意識しておくようにしましょう。 時間に注意 最後に、司会にとって一番重要な役割は、時間通りに進行をするということ。 結婚式二次会の会場は、時間制で貸し切りにするというのが一般的となっています。 時間制、ということは、オーバーするごとに超過料金がかかるということ。 これが、意外と大きな負担となり、赤字になってしまうこともあり得ます。 あまりにも急いで進行をするのも印象が良くありませんので、上手に話を進めていきましょう。 時間内に結婚式二次会を終了できるようにするよう、心がけましょう。 ここが、司会者一番の腕の見せ所と言えるかもしれません。 結婚式二次会台本サンプル ここからは、具体的に二次会台本サンプルをご紹介しましょう。 場面別に分かれているので、それぞれチェックしてみてくださいね。 結婚式二次会台本サンプル~受付〜 結婚式二次会の受付がスタートしたら、事前に会場のゲストに お知らせすべき点をアナウンスしておきます。 トイレの場所や飲み物についてのお知らせ、テーブルや席が決まっている場合はそちらもアナウンスしましょう。 演出で使用するメッセージの記入や、ポラロイドカメラの撮影などもあればお知らせします。 いくつかご案内を差し上げます。 お手洗いは会場右奥にございます。 喫煙される場合は、廊下を出て左手に喫煙スペースがございますので、そちらでお願いいたします。 また、本日はテーブルのみ場所が決まっております。 受付でご自分のテーブルを確認していただきますよう、お願い申し上げます。 なお、飲み物はフリードリンクとなっております。 会場左手のドリンクカウンターにて、ご注文ください。 受付左手のテーブルにてお書きください。 」 結婚式二次会台本サンプル ~新郎新婦入場〜 いよいよ、新郎新婦の入場になります。 新郎新婦の入場は、結婚式二次会における最大の盛り上げポイントです。 少し意識して、高めのテンションでアナウンスするようにしましょう。 ここで自己紹介をしておくと、流れがスムーズになります。 入場が終わると、乾杯になります。 この時に、ゲスト全員の手元にドリンクが届いているかを確認するようにしましょう。 乾杯の音頭を特に依頼していない場合は、司会が自ら乾杯の音頭を取るようにします。 皆さまお手元にドリンクはお持ちでしょうか? 大丈夫そうですね。 乾杯が終わったタイミングで、司会も自己紹介をするようにしましょう。 この時に、幹事も紹介し、自分たちと新郎新婦の関係を簡単に説明します。 また、料理や飲み物についてのアナウンスも、この時にしておくようにしましょう。 もし何かございましたら何なりとお申し付けください。 私どもは、新郎のサークルの同期でございます。 そして、新郎新婦が出会い、恋に落ちた瞬間からずっと見守ってきたメンバーでございます。 細かい話は省かせていただきますが、ご興味のある方は、後程ご質問いただけたらと思います。 皆様に楽しんでいただけますよう、精一杯務めさせていただきますので、よろしくお願いいたします。 本日のお料理はビュッフェ形式となっておりますので、ご自由にお取りくださいませ。 」 結婚式二次会台本サンプル ~ケーキカット〜 ここから先は、 結婚式二次会のプログラムで違いが出てきます。 今回は一般的に多い演出を用いた場合の台本サンプルをご紹介します。 結婚式二次会では 演出定番のケーキカットも、司会が上手に盛り上げるポイントです。 また、ゲストが撮影しやすいように促すことも、忘れないようにしましょう。 ケーキ入刀が済んだら、次はファーストバイトを行います。 それでは、新郎からお願いします。 景品の紹介から始めるといいでしょう。 歓談中のまったりとした雰囲気から、ゲスト全員がゲームに参加したいという雰囲気を作ることができます。 目玉商品を紹介することで会場も盛り上がり、皆でゲームを楽しもうという空気になります。 景品の紹介に続いて、ルールを説明し、ゲームを開始します。 それでは、気になる景品からご紹介しましょう。 」 結婚式二次会台本サンプル ~ブーケトス〜 ブーケトスは、結婚式の定番と言える華やかな演出です。 ただ「独身女性」というキーワードを使ってしまうと、参加したくても行きにくくなってしまう方もいらっしゃいます。 あまり 何度も召集を掛けないほうがいいでしょう。 人数が集まらないなと感じたら、敢えて男性陣にも声を掛ければ、盛り上がれるんですよ。 参加されたい方はぜひ、前方までお集まりください。 」 結婚式二次会台本サンプル ~キャンドルサービス〜 結婚式二次会の キャンドルサービスは、披露宴よりもカジュアルな雰囲気にしましょう。 そのために、司会も堅苦しくなり過ぎないことがポイントです。 かといってあまり浮かれた様子では見苦しいので、落ち着いたトーンで進行するようにしましょう。 また、新郎新婦が各テーブルを回っている間は、少し間が空きます。 どのように間を持たせるか、あらかじめ対策を練っておくといいでしょう。 例えば各テーブルのゲスト一人にインタビューをするのも、楽しいですね。 お近くにまいりましたら、ぜひお声がけください」 結婚式二次会台本サンプル ~演出後の歓談〜 演出が終わったら、歓談へと移ります。 その際に、歓談の時間中なら 新郎新婦と写真撮影しやすいということをアナウンスしておくといいでしょう。 新郎新婦と写真撮影を希望される方は、今のうちにぜひどうぞ。 」 結婚式二次会台本サンプル ~締めの一言〜 結婚式二次会の最後には、新郎新婦から一言ずつコメントをもらうようにしましょう。 素敵な余韻を残せますよ。 新郎新婦が退場した後は、さり気なく退場を促します。 「お忘れ物がございませんように」などとアナウンスすると、ゲストも自然とお店から出ていきます。 新郎新婦がお店の出口でお見送りの準備をしていることもあります。 会場代に追加料金が発生せずに済むよう、 できるだけスムーズに退場を促しましょう。 ここが、司会の腕の見せ所ですよ。 (新郎新婦挨拶) それでは、お名残り惜しくはございますが、パーティーもお開きの時間となります。 新郎新婦のご退場です。 本日一番の拍手でお送りください。 」 結婚式二次会台本サンプル ~言葉が詰まったときは〜 これまで、 結婚式二次会の流れに合わせて台本サンプルをお伝えしました。 緊張もすると思いますので、最後に魔法の呪文をお伝えしましょう。 言葉に詰まったり、進行が滞った時に使えますよ。 結婚式二次会の間に 何度言っても違和感なく、上手に場を繋いでくれます。 本番をできるだけ楽しんでみてくださいね。 結婚式二次会における司会を選ぶポイント・進行上で注意したいポイントも あわせて頭にいれておきましょう。 結婚式二次会の司会はプレッシャーの大きな仕事です。 その分、やり終えた時の達成感も大きいですよ。 新郎新婦、そしてゲストからの「良かったよ!」「ありがとう」という言葉は、本当に嬉しいもの。 「疲れも吹き飛ぶ」とは、この瞬間のためにある言葉かもしれないと感じるほどです。 一度やり切ると、クセになるほどの充実感を味わえますよ。 結婚式2次会プランナー 元結婚式のプランナー、友人の結婚式2次会の幹事を経験して結婚式二次会にはまる。 その後世の中の結婚式二次会をもっと楽しく広めるために日々活動中 関連する記事• 2017. 04 結婚式二次会幹事はやりがいのある仕事です。 ですが二次会幹事として準備や企画を行っている最中に揉める […][…]• 2017. 02 新郎新婦と幹事の顔合わせが終わると本格的な二次会準備が始まりますね。 ここでは二次会幹事がやる主な仕 […][…]• 2017. 27 結婚式二次会の当日に幹事がバタバタすることの1つに【受付の準備】があります。 受付は、参加者から会費 […][…].

次の

結婚式の二次会ゲームで盛り上がるのは?チーム対抗から大人数・個人戦まで

結婚式 二次会余興

もくじ• 余興なし、ゲームなし、景品なしの二次会もOK! 二次会に演出なしなんて変じゃない?と心配になる方もいるでしょう。 しかし実際に結婚式を挙げた新郎新婦のなかには、 ゲームや演出を一切しない二次会を選択し、成功したカップルもたくさんいます。 ゲストとの歓談をメインにしたいから、という理由で、 飲み会形式のカジュアルな二次会をすることは、 まったく非常識ではないですよ。 ただし二次会の演出をなしにすることには、メリットもデメリットもあるので、よく比べてから決めることが大切です! 結婚式の二次会を、演出無しにする5つのメリット 結婚式の二次会を演出なしにすると、次のようなメリットがあります。 1.歓談メインで、ゲストとゆっくり会話を楽しめる 二次会の演出をなしにすると、 時間をすべて歓談にあてられます。 結婚式の最中は、新郎新婦とゲストがじっくり話をする時間をなかなか取りづらいもの。 ゆっくりゲストと交流する場にしたいなら、演出なしの二次会がおすすめです。 2.大人婚は演出無しでしっぽりと。 落ち着いた雰囲気になる ゲスト全員参加のゲームや新郎新婦クイズなどは、二次会の定番演出ですが、騒がしくなって収集が付かなくなることもしばしば。 またゲストの年齢層が30代以上など、大人カップルの場合は、 二次会の定番ゲームにも飽き飽きしているかも? 演出無し&ゲーム無しにすることで、 落ち着いた雰囲気で、ホームパーティー的な二次会がかないますよ。 3.演出や景品費用の節約になる 演出やゲームをしなければ、機材や業者、景品などにかける 費用が安くすみます。 新生活に向けて節約したい、会費を低く抑えたいといった場合にも、演出なしの二次会はぴったり。 4.幹事の負担が軽い。 むしろ幹事なしでも準備可能 二次会の幹事をたのまれた友人は「結構大変だった」という声が多いものです。 演出やゲームを企画したり、景品などを手配したりする必要がなければ、 二次会を準備する 幹事の手間ひまが少なくなります。 むしろ友人に二次会幹事を頼まなくても、 新郎新婦が幹事として主催することもできちゃいますね。 幹事を頼むなら、ゲストとのコミュニケーションを目的とした、 会話重視のパーティーにしたい、ということを幹事に伝えておきましょう。 5.歓談のみなら、会場の選択肢が増える 余分な演出をしない場合、 音響や映像などの設備が必要ありません。 そのため設備が整った会場を選ぶ必要がなくなり、二次会の会場選びの幅がぐんと広がります。 「何もしないの?」演出無しの二次会に不満の声?2つのデメリット 一方、演出なしの二次会にはデメリットもあります。 1.ゲストが退屈する 演出を一切しないと、 ゲストが手持ちぶさたになってしまう可能性があります。 ゲスト同士が交流しやすい工夫や、演出以外で楽しんでもらえる企画が必要です。 また「みなさん、自由にご歓談ください!」と言われても、初対面同士だとなかなか決まずいもの。 新郎新婦が積極的に話題に入ったり、コミュニケーションを取りやすくしてあげましょう。 2.会費が高すぎる!と感じてしまう 演出や余興がなにもないと、 支払った会費が高すぎると感じる可能性があります。 ゲストからしてみれば、二次会とはいえ、特別な演出もゲームも無ければ、ただの飲み会です。 会費の金額や、飲食物の内容などには気を使うべきですね。 歓談のみの二次会を「つまらない」と思わせない!4つのアイディア 演出なしの二次会でゲストが退屈しないために、次のような工夫をしてみましょう。 1.スピーチなしはNG!プログラムにメリハリをつけよう 二次会の始まりと締めの挨拶はしっかりと心を込めて行い、メリハリをつけます。 始まりの挨拶では、 二次会の趣旨が歓談中心であることを伝え、交流を楽しんでもらうようにしましょう。 締めでは、ゲストへの感謝をきちんと伝えるのがマナー。 2.料理やデザート、飲み物にこだわる 演出なしの二次会では、余興などがない分、 食べ物や飲み物でゲストに喜んでもらいましょう。 おいしく見た目にも美しい料理やデザートは、会話の糸口にもなりますし、写真撮影などで盛り上がるきっかけにもなります。 披露宴からの流れで食事が続くゲストのためには、豊富な種類の飲み物や軽くつまめるミニデザートを用意するのがおすすめ。 3.プチギフトをちょっと豪華にする 二次会が飲み会風だと、普段の飲み会費用と比較して 会費が高すぎると思われる可能性があります。 節約した演出代で、ゲストに喜んでもらえるような、ちょっとうれしいプチギフトを用意するのもおすすめです。 披露宴の プチギフトの費用相場は200円~400円ほどなので、これよりもすこし高めで探してみては? 結婚式の二次会を「演出なし」にした場合の会費は? まず、結婚式の二次会会費の相場は、このとおりです。 全国平均金額: 男性 6,100円/女性 5,400円• 演出なしの二次会では、演出・景品費用がほとんどかからないため、 会費は相場よりも安く設定するのが理想的です (首都圏なら5,000円台~6,000円台程度)。 会場に支払う費用は、地域や会場、料理などによって変わりますから、実際にかかる費用を相場と比較したうえで価格を設定しましょう。 演出なしの結婚式の二次会、内容はどうする? 演出やゲームなどなしで二次会をやるとなると、どんな内容にすればよいのか迷いますよね。 次のような内容を企画するのがおすすめです。 ケーキカット 派手な演出をしない代わりに、ケーキカットの演出をしてみましょう。 これだけでも、イベントらしさが出ますよ。 お世話になった方に新郎新婦がケーキを食べさせる 「サンクスバイト」、予告なしにゲストにケーキを食べさせる 「サプライズバイト」を盛り込むのもおすすめ。 新郎新婦がウェディングケーキをカットして、ゲストにサーブするのも素敵ですね。 新郎新婦のテーブルラウンド 演出なし&歓談中心の二次会で必ず取り入れたいのが、 新郎新婦のテーブルラウンドです。 テーブルラウンドといっても、披露宴のように司会者が音頭をとるような演出ではなく、各テーブルを 新郎新婦が自由に移動して乾杯する程度でOK! すべてのゲストとまんべんなく顔を合わせて話ができ、直接感謝を伝えることができますよ。 BGMにムービーを流す 映像設備がある会場なら、思い出のシーンや挙式・披露宴の様子を撮影した ムービーをBGM的に流すのもおすすめです。 食事や会話をしながら、視覚的にも楽しめますし、二次会しか参加しないゲストがいるなら、特に喜ばれる演出ですよ。 ゲストへのインタビュー 歓談タイムがひと段落したら、ゲストに新郎新婦に関するインタビューをしたり、新郎新婦への質問を募ったりする企画も楽しいですよ。 場が和やかに盛り上がるでしょう。 まとめ:演出なしでも二次会は工夫次第で楽しめる• 演出なしの二次会もアリ• ゆっくり歓談が楽しめる、費用が抑えられるなどのメリットがある• ゲストが退屈する可能性や、会費に割高感が出る可能性がある• ゲストが退屈しない企画や適切な会費設定がポイント 演出なしでも、ポイントを押さえて企画すれば、素敵な二次会が実現します。 ゲストとの交流を楽しみたいなら、演出なしの二次会も検討してみてくださいね! 関連記事.

次の

結婚式の余興と二次会幹事を同時に頼まれた人のリアルな話

結婚式 二次会余興

ステップ1 新郎新婦・幹事同士の顔合わせ 「顔合わせ」とは、新郎新婦と幹事全員が初めて顔を合わせる打ち合わせのこと。 時期は二次会の3~4ヶ月前が目安です。 これから二次会当日まで一緒に準備をしていくチームメイトとして、仲良くなっておきましょう! 顔合わせでは次の4つのことを話しあっておくと、その後の準備がスムーズになります。 (1)二次会のおおまかなイメージをつかむ まずは新郎新婦に次の3つの質問をしてみてください。 Q1「二次会のテーマや目的は何?」 A1「ゲスト同士が交流を深められる」 「リラックスしてもらえる」 Q2「誰を招待する?人数はどれくらい?」 A2「友達中心」 「会社の人も呼ぶ」 「全員で50人くらい」 Q3「やりたい演出は?」 A3「ケーキカット、スピーチ、クイズ、ビンゴ・・・」 このようにして、新郎新婦が考えている「二次会のおおまかなイメージ」をみんなで共有しておくことが、成功への第一歩です。 (2)大体の会費を決める ゲストに払ってもらう「会費」を大体いくらにするか、考えます。 費用については、新郎新婦に一部負担してもらえるのか聞いておきましょう。 具体的にどこを負担してもらうかまで話しあっておけるとベターです。 詳しい会費の決め方については、こちらの記事を参考にしてください。 (3)幹事側がする仕事をはっきりさせる 二次会は幹事がメインで準備する場合がほとんどですが、新郎新婦にしてもらった方がスムーズな仕事もあります。 一般的に新郎新婦が決めた方がいいと言われているのは、次の2つ。 ・ゲストを誰にするか ・予算をいくらにするか ほかにも、例えば新郎新婦が会場に強いこだわりを持っているのなら、会場選びはふたりにお任せした方が早く決まるかもしれません。 「幹事の仕事」と「新郎新婦の仕事」はキッチリ分けておきましょう。 (4)幹事の仕事を割り振る まずは、幹事をまとめるリーダー役を決めます。 次に、誰がどの仕事を担当するのか幹事同士で決めておきましょう。 一般的に、幹事の仕事には次のものがあります。 ・会計 ・出欠受付 ・会場選び ・プログラム決め ・備品や景品の買い出し ・BGM選び ・司会 ・撮影 ・音響・照明 仕事を分担することで、みんなが責任を持って仕事をするようになりますし、仕事量の偏りもなくなります。 それぞれの仕事の内容について詳しく知りたい人は、こちらの記事をチェックしてください。 ステップ2 希望に合った会場を探そう! 顔合わせが終わったら、次は二次会の会場を探します。 希望の会場が予約で埋まってしまわないよう、二次会当日の3~4ヶ月前を目安に探し始めましょう。 会場を決めるまでの流れは、次の通りです。 会場の条件・希望を整理する まずは、 ・二次会の日時 ・おおよそのゲスト数 ・会場の場所 ・会場の雰囲気 ・料理やドリンク ・パーティースタイル ・必要な設備 など、顔合わせで新郎新婦から聞いた二次会会場の条件と希望を整理しましょう。 会場候補を探す 次に、条件と希望に合う会場候補を探します。 3~5ヶ所くらいの候補を挙げて、優先順位をつけましょう。 優先順位の高い順に連絡をとり、希望の日時が空いているか確認。 空いていたら実際に下見に行きます。 会場を予約する 下見をして気に入ったら、予約をしましょう。 会場のなかには、仮予約ができるところも。 仮予約は1~2週間と期間が決まっているところが多いです。 その場合、その期間内に、正式な予約をするかどうか決める必要があります。 予約するときには、次のことを確認しておきましょう。 ・前払い金は必要か ・キャンセル料は発生するか ・追加料金は発生するか 会場選びのポイントをもっと詳しく知りたい人は、こちらの記事を読んでみてください。 ステップ3 二次会をプランニングする 会場が決まったら、二次会の内容を考えます。 二次会当日の3ヶ月前を目安に、幹事で集まって打ち合わせをしましょう。 二次会当日のおおまかなプログラムを決めて、進行表と台本を作り、幹事と新郎新婦で共有を。 おおまかな流れが決まったら、ゲームや余興など、それぞれのプログラムの詳細を考えます。 このとき、ゲームや余興に必要な備品・景品をリストアップしておけば、その後の買い出しもスムーズに。 また、余興やスピーチを幹事以外の人に頼みたい場合は、早めにお願いをしておきましょう。 プランニングが終わったら、備品代・景品代や演出にかかる費用がはっきりします。 場合によっては、費用が最初に決めた予算を超えてしまうかもしれません。 予算オーバーになったときの対処法は、こちらの記事で紹介しているので、気になる人はチェックしてみてください。 ステップ4 招待状を送付&出欠の確認 二次会当日の流れが決まり、会費が確定したら、ゲストに招待状を送り、出欠の確認を取ります。 招待状の送付 招待状は2ヶ月前を目安に送付しましょう。 招待状を送る方法としては、 ・メール(携帯、PC) ・SNS(FacebookやLINE) ・ハガキ などがあります。 最近は、メールやLINEで送るのが主流のようです。 招待状を作ったら、まず幹事の間で内容を確認し、新郎新婦にもチェックしてもらいましょう。 出欠の確認 ゲストからの返信の締め切りは、二次会の1ヶ月前を目安にします。 出席者の顔ぶれが決まったら、正確な会費の合計額を再確認。 もしここで、「景品や備品にお金が回らない!」となった場合は、 ・予定している景品の数を減らすか、別の物にする ・新郎新婦に相談して、一部負担を考えてもらう といった対策を取りましょう。 ステップ5 備品やBGMなどを準備する 二次会当日の1ヶ月前にもなると、準備がいよいよ本格化します。 役割を分担して、効率よく準備を進めていきましょう。 このタイミングですることは、主に次の5つ。 購入したら必ず領収書かレシートをもらい、会計係の人に渡しましょう。 どんな曲を選んでいいか分からなければ、結婚式にぴったりの曲をまとめたコンピレーション・アルバムから探し始めるとスムーズ。 新郎新婦の思い出の曲を入れておくのもGOODですね。 CDとデータどちらで用意するかは会場の音響設備によって違うので、その点も確認しておきましょう。 具体的に必要なものはこちら。 事前に備品や景品を持ち込めるか会場に確認して、OKであれば前日までに持ち込んでおきましょう。 三次会をしたいかどうか、ふたりに聞いてみましょう。 準備がすべて終わったら、幹事で集まって当日のリハーサルをしておくとベター。 二次会の流れを再確認して、当日に備えましょう!.

次の