カンタス 航空 運航 状況。 カンタス航空-航空券 予約・時刻表・運行状況

カンタス航空グループ、6,000人の人員削減を発表 今後1年は100機の運航を停止し新機材の受領は延期

カンタス 航空 運航 状況

新型コロナウィルス感染対策のために都市のロックダウンや海外との渡航禁止措置を取っていた各国が、ロックダウン解除や域内の移動を再開し始めてきました。 国内に限らずヨーロッパ内での行き来はOKとする国も出てきたり、日本でも、個々の国同士で、往来の許可を出す動きが出てきています。 IATA TRAVEL内にて、渡航の可否が逐一更新されていますが、06月25日時点にて、渡航に制限のない国は以下の4か国となっています。 トルコ• メキシコ• ウクライナ• マケドニア メキシコやトルコあたりは日本人観光客も多く訪れる国ですし、日本からの航路と日本帰国時の制限さえなくなれば、すぐにでも旅行が出来るような状態にはなってきています。 航空会社からの発表 6. そのほとんどが貨物目当て、そして帰郷者の足として運航しているのだろうなぁ~と推測できます。 現状、入国制限を受けないトルコやメキシコなどへ渡航したとして、日本帰国時に立ち塞がる壁が以下のような状態です。 検疫法に基づき、本邦空港にて検疫官にその旨を申告することが義務づけられています。 空港の検疫所において、質問票の記入、体温の測定、症状の確認等が求められます。 また、検査結果が判明するまで、御自身で確保されたホテル、旅館等の宿泊施設には移動できません。 検査結果が陽性の場合、医療機関への入院又は宿泊施設等での療養となります。 上記の検査等は、検疫法に基づき実施するものであり、検疫官の指示に従っていただけない場合には、罰則の対象となる場合があります。

次の

【新型コロナウィルス】カンタス航空,国際線の10月末まで運休継続を発表

カンタス 航空 運航 状況

アメリカ合衆国税関・国境警備局は、米国に渡航する旅行者に対する電子渡航認証システム ESTA の処理期間の変更を発表しました。 米国に渡航されるお客様は、フライト出発の72時間より前までにESTAを申請する必要があります。 72時間前を過ぎてからの申請者は、ご出発までにESTAが承認されない可能性があり、米国行きの予定されたご予約で渡航ができません。 オーストラリアを含む対象国のパスポートをお持ちで、ビザ免除プログラムをご利用の方は、有資格者の条件を満たしており、旅行前にESTAを取得していれば、ビザ無しで90日まで米国に滞在できます。 以前、対象の旅客は米国への渡航前はいつでもESTAを取得できましたが、現在は即時承認は利用できませんので、できるだけ早く申請することをおすすめします。 旅行の予約時が理想的です。 ESTAは引き続き から申請できます。 オーストラリア政府は最近、マニラとオーストラリア間のフライトではチェックインおよび搭乗ゲートの両方で追加の保安検査を行うよう命じました。 チェックイン時には、すべての搭乗者はお預け手荷物を保安検査官に提示する必要があります。 チェックインをできるだけスムーズにお済ませになれるよう、お預け手荷物をビニールで包装したり、鍵をかけたりしないでください。 搭乗ゲートで液体物、エアゾール、ジェルの追加の検査も行われますので、ご搭乗の際に100mlを超えるアイテムをお持ちにならないようご注意ください。 保安検査や空港を通過するのにさらに時間がかかることがありますので、ご旅行を計画される際はこの点に留意してください。

次の

カンタス航空、A380を3年は駐機へ

カンタス 航空 運航 状況

アメリカ合衆国税関・国境警備局は、米国に渡航する旅行者に対する電子渡航認証システム ESTA の処理期間の変更を発表しました。 米国に渡航されるお客様は、フライト出発の72時間より前までにESTAを申請する必要があります。 72時間前を過ぎてからの申請者は、ご出発までにESTAが承認されない可能性があり、米国行きの予定されたご予約で渡航ができません。 オーストラリアを含む対象国のパスポートをお持ちで、ビザ免除プログラムをご利用の方は、有資格者の条件を満たしており、旅行前にESTAを取得していれば、ビザ無しで90日まで米国に滞在できます。 以前、対象の旅客は米国への渡航前はいつでもESTAを取得できましたが、現在は即時承認は利用できませんので、できるだけ早く申請することをおすすめします。 旅行の予約時が理想的です。 ESTAは引き続き から申請できます。 オーストラリア政府は最近、マニラとオーストラリア間のフライトではチェックインおよび搭乗ゲートの両方で追加の保安検査を行うよう命じました。 チェックイン時には、すべての搭乗者はお預け手荷物を保安検査官に提示する必要があります。 チェックインをできるだけスムーズにお済ませになれるよう、お預け手荷物をビニールで包装したり、鍵をかけたりしないでください。 搭乗ゲートで液体物、エアゾール、ジェルの追加の検査も行われますので、ご搭乗の際に100mlを超えるアイテムをお持ちにならないようご注意ください。 保安検査や空港を通過するのにさらに時間がかかることがありますので、ご旅行を計画される際はこの点に留意してください。

次の