ぷるるん マダム。 ぷるるんマダム

ぷるるんマダム エリナ

ぷるるん マダム

【場所・所在地】・【店舗外観・内装】 と同じ内容になるので割愛します。 【料金説明】 プレイ料金は オールタイム均一となっています。 に掲載されていたを利用し、 75分コース13,000円のところが、 75分コース9,980円で利用することが出来ました。 なお、上記割引には 指名料や、 ホテル代が加算されていたので、 プレイルームとして利用したにて ホテル代の請求はありませんでした。 結果、 総支払金額は 9,980円のみとなりました。 【受付 男性スタッフの対応】 お店に電話を架けていませんので、電話対応については不明となります。 受付をしてくれ店員は 紳士的な初老の男性。 親切丁寧に接客をしてくれたので、 とても好印象でした。 【在籍嬢の人数とレベル】 在籍している女性の総人数は およそ60人。 来店した際に受付カウンターに並べられた写真パネルは およそ10枚でした。 写真パネルを見た限りでは、 ルックスレベルは高めです。 綺麗な淑女が多いような印象を受けました。 【システムとプレイ内容】 システムは 一般的な人妻ホテルヘルスと同じ。 受付時にでプレイ料金を支払い、待合室に移動。 女性の準備が整うと店員に呼ばれ、お店を出て女性と対面します。 一緒にホテルへと向かい、チェックインを済ませ入室すると、女性がお店に電話を入れ部屋番号を伝えます。 それが終わってからプレイ開始となります。 プレイ内容は・・などの一般的なサービスとなっています。 【今回サービスを受けた女の子について】 受付カウンターに着くと、カウンターの奥から現れて紳士的に接客を薦めてくれる男性店員。 並べられた写真パネルを見ていると、 「どのような女性がお好みですか?」聞いてくる男性店員。 女性を選んでいるときにあまり声をかけられたくないコミュ障な私。 そんな店員の声が聞こえないフリをして、数枚ある写真パネルの中から、 「この人は指名は出来ますか?」一枚の写真パネルを指差し、男性店員に聞きます。 身長が148cmとミニマムな印象なのにバストがEカップというなかなかのスペックを備えたその女性。 「では、女性の準備が出来ましたらお呼び致しますので、外に出て通路奥の隣の部屋でお待ちください。 」受付を済ませると、丁寧に待合室へ案内してくれる男性店員。 男性店員に促されるままに隣の部屋へ移動すると、そこはとても広い小洒落た空間です。 『ゆっくり待つには良い感じの部屋やな。 』思いながらソファに腰掛け、プレイへの意気込みを抑えつつ爪の手入れをする私。 指名した女性の情報を頭に思い描きながら、爪の手入れをするこの時間がとても好きな私。 ミニマム女史が好きな私は、指名した Tさんとの行為を妄想しつつ、早くも股間をジュンジュン疼かせてしまいます。 「お客様、お待たせしました。 」店員に呼ばれ、待合室の前へ移動。 部屋を出ると、そこには想像していたよりも身長の高い、 とても綺麗な淑女が私のことを待っていてくれています。 「よろしくお願いします。 」ニコッと微笑んで私に挨拶をしてくれる彼女。 全体的にバランスの良い体つき。 洋服の上からでも分かるスタイルの良さ。 綺麗な黒髪が主婦っぽさや素人っぽさを醸し出していて最高の雰囲気です。 身長は思っていたよりも高かったのですが、それを差し引いてもかなりの上玉の Tさんを見て、生唾ゴックンして緊張を身体に走らせてしまう私。 あまり綺麗な女性と身体を合わせたことが無いので、何か彼女に期待をしてしまいます。 Tさんに案内されて、プレイルームとなるホテルへ移動。 ホテルへの道中、 『今日はお休みだったんですか?どの辺りに住んでいるんですか?』私が緊張しているのを察してか、和気藹々と話しかけてくれる彼女。 見た目も良ければ、性格も良し!話をしているうちにどんどん Tさんという女性に惹かれている自分が分かります。 ホテルに到着し、チェックイン。 部屋に移動すると、ヒールを脱いでお店に部屋番号を伝える電話を架ける彼女。 ヒールを脱ぐと、低くなる身長を見て、 『なるほど!思ってたよりも身長が高く感じてたのは、ヒールのせいやったんか。 洋服を脱いでいく Tさん。 徐々に露わになっていく白い肌。 それを見て再び生唾ゴックンしてしまう私。 もう性的衝動を抑えることが出来ません!自分も洋服を脱ぎつつ、彼女の脱衣姿を穴が開くほどに見つめてしまいます。 下着も全て脱いで、一糸纏わぬ生まれたままの姿になったTさん。 手入れの行き届いた、白くきめ細かい肌。 大きくて柔らかそうなおっぱい。 きゅっと見事に括れたウエストに、少し大きめのお尻。 女性特有の柔らかそうな身体の腺を見て、辛抱堪らんほどに興奮してしまう私。 洋服を脱ぎつつも、チンコが勃起してしまいます! 脱衣を済ませてお風呂に移動すると、私の身体を丁寧に洗ってくれる彼女。 ワクワクしながらお風呂から出て身体を拭き、ベッドに横になるとお風呂から出て身体を拭き始める Tさん。 ベッドに横になりながら彼女の身体をマジマジと見つめていると、 「恥ずかしいから、あんまり見んといてください。 」少し恥ずかしそうに言う Tさん。 身体を拭いて彼女がベッドに横になると、襲い掛かるように上から覆い被さり、有無を言わさんばかりに豊満なおっぱいの先端に口を付けます。 口の中で徐々に硬くなる乳首を舐りまわし、おっぱいを揉みしだくと、だんだん彼女の表情が恍惚なものに変わっていくのを感じます。 両方の乳首を舐めまわし、乳首が ビンビンになったのを確認し、身体をスライドさせるように移動させる私。 Tさんの身体に舌を這わせて、舐めながら顔を移動させます。 私が身体を移動させながら、身体の線に添わせるようにフェザータッチをすると、 「はぁっあぁっ」声を漏らして気持ち良さそうに身を捩り悦に浸る彼女。 身体を Tさんの両足の間に移動させ、顔を彼女の股間に潜らせると、目の前には いやらしい液体で光沢を放つ綺麗なオマンコがお目見えします。 目の前に来たオマンコの匂いを嗅ぎ、太腿に舌を這わせると、じわりじわり昂ってくる 興奮と 熱情!本能の赴くままにオマンコに舌を這わせ、クリトリスを舌先で刺激すれば、 「あっああっ」Tさんは ビクッビクッ痙攣させるように腰を震わせて反応してくれます。 その彼女の反応を見て、一心不乱にクリトリスを刺激する私。 動く腰を抑え込み、足を閉じようとしても両腕でしっかり足を開かせます。 「ああっああっ!」叫ぶように嬌声を上げる Tさん。 『オラオラオラオラ!』これでもかというほどに、クリトリスを刺激し続ける私。 オマンコからトロトロに溢れ出るいやらしい液体は、私の唾液と交じり合い、お尻を伝いベッドに大きなシミを作っています。 顎がだるくなるほどにクンニリングスをすると、足を天に伸ばしてガクガク震えだす彼女。 「あかんっイクゥッ!イックゥッ!」言いながら膝を丸め込み、 「・・っ・・・っ!!!!!」ビクンッビクンッ!ビクンッビクンッ!声にならない声を上げてアクメに到達してしまいます。 絶頂に達し、泣きそうな表情を浮かべ、身体を移動させる私に抱き着いてくる Tさん。 私とキスを交わすと、ビンビンに勃起したチンコを手で優しく擦り、物欲しそうな表情で私を見つめてきます。 据え膳食わぬは男の恥!興奮冷めやらないうちに行動に移してしまおうと、素早く身体を移動させる私。 彼女の股間に股間を密着させるように移動させ、ゆっくり腰を股間に埋めていきます。 Tさんの表情を伺いながら亀頭を膣口に宛がい、「いい?」最後の問いかけをする私。 恥ずかしそうに彼女が黙って頷くのを確認し、私は腰をゆっくり彼女の腰に埋めていきます。 チンコにほとばしる得も言われぬ気持ちの良い感覚!表情を歪めながら私に抱き着いてくるTさんを抱きしめ、本能の赴くままに腰を動かし始めます。 腰を動かす度にチンコに感じる言葉にできないほどの気持ちの良い感覚。 腰が抜けそうなほどの快感を下半身に感じつつ、獣の如く腰を動かし続ければ、一気に射精感が高ぶってきます!連続して腰を動かすと、股間に込み上げてくる爆発してしまいそうな快楽!その気持ち良さにかまけて腰を動かし続ければ、尿道に精子が上がってくる感覚が込み上げてきます。 「あかんっイキそうや!」言いながら一心不乱に腰を動かし続ける私。 私の首に腕を回し、声を漏らしながらしっかり抱き着いてくる彼女。 下半身に感じる絶頂の予兆!ピストン運動を繰り返し続け、我慢できないほどの放出感に襲われた瞬間、「あかんっイクッ!イックゥ・・・!!」ブルッブルッ震えながら ドクッドクッドクッ、私は射精に至ってしまいます。 【店舗評価】 予想以上に自分の好みの女性がいたことに驚いてしまいました。 難波にある他の店舗と比べても、綺麗で質の良さそうな女性がいたようにも感じます。 このお店は本当にお勧めです。

次の

10月28日 ぷるるんマダム 難波店

ぷるるん マダム

スレッドタイトルは、タイトルを読んで中身がわかるように心がけて下さい。 スレッドは立てる前に、重複していないか確認してから立てて下さい。 重複スレッドは削除対象となります。 重複スレッドを発見した場合は、スレッド下部にある「重複スレの報告」フォームよりご連絡下さい。 店舗についての話題は各1スレにまとめて下さい。 個人についての話題はに書き込みして下さい。 店舗、個人以外の話題はに書き込みして下さい。 誹謗中傷による書き込みは利用規約違反になりますのでお止め下さい。 求人または求職に関する書き込みは禁止となります。 求人掲示板に書き込みして下さい。 一回の書き込みでアクセス禁止措置と致します。

次の

10月28日 ぷるるんマダム 難波店

ぷるるん マダム

【場所・所在地】・【店舗外観・内装】 と同じ内容になるので割愛します。 【料金説明】 プレイ料金は オールタイム均一となっています。 に掲載されていたを利用し、 75分コース13,000円のところが、 75分コース9,980円で利用することが出来ました。 なお、上記割引には 指名料や、 ホテル代が加算されていたので、 プレイルームとして利用したにて ホテル代の請求はありませんでした。 結果、 総支払金額は 9,980円のみとなりました。 【受付 男性スタッフの対応】 お店に電話を架けていませんので、電話対応については不明となります。 受付をしてくれ店員は 紳士的な初老の男性。 親切丁寧に接客をしてくれたので、 とても好印象でした。 【在籍嬢の人数とレベル】 在籍している女性の総人数は およそ60人。 来店した際に受付カウンターに並べられた写真パネルは およそ10枚でした。 写真パネルを見た限りでは、 ルックスレベルは高めです。 綺麗な淑女が多いような印象を受けました。 【システムとプレイ内容】 システムは 一般的な人妻ホテルヘルスと同じ。 受付時にでプレイ料金を支払い、待合室に移動。 女性の準備が整うと店員に呼ばれ、お店を出て女性と対面します。 一緒にホテルへと向かい、チェックインを済ませ入室すると、女性がお店に電話を入れ部屋番号を伝えます。 それが終わってからプレイ開始となります。 プレイ内容は・・などの一般的なサービスとなっています。 【今回サービスを受けた女の子について】 受付カウンターに着くと、カウンターの奥から現れて紳士的に接客を薦めてくれる男性店員。 並べられた写真パネルを見ていると、 「どのような女性がお好みですか?」聞いてくる男性店員。 女性を選んでいるときにあまり声をかけられたくないコミュ障な私。 そんな店員の声が聞こえないフリをして、数枚ある写真パネルの中から、 「この人は指名は出来ますか?」一枚の写真パネルを指差し、男性店員に聞きます。 身長が148cmとミニマムな印象なのにバストがEカップというなかなかのスペックを備えたその女性。 「では、女性の準備が出来ましたらお呼び致しますので、外に出て通路奥の隣の部屋でお待ちください。 」受付を済ませると、丁寧に待合室へ案内してくれる男性店員。 男性店員に促されるままに隣の部屋へ移動すると、そこはとても広い小洒落た空間です。 『ゆっくり待つには良い感じの部屋やな。 』思いながらソファに腰掛け、プレイへの意気込みを抑えつつ爪の手入れをする私。 指名した女性の情報を頭に思い描きながら、爪の手入れをするこの時間がとても好きな私。 ミニマム女史が好きな私は、指名した Tさんとの行為を妄想しつつ、早くも股間をジュンジュン疼かせてしまいます。 「お客様、お待たせしました。 」店員に呼ばれ、待合室の前へ移動。 部屋を出ると、そこには想像していたよりも身長の高い、 とても綺麗な淑女が私のことを待っていてくれています。 「よろしくお願いします。 」ニコッと微笑んで私に挨拶をしてくれる彼女。 全体的にバランスの良い体つき。 洋服の上からでも分かるスタイルの良さ。 綺麗な黒髪が主婦っぽさや素人っぽさを醸し出していて最高の雰囲気です。 身長は思っていたよりも高かったのですが、それを差し引いてもかなりの上玉の Tさんを見て、生唾ゴックンして緊張を身体に走らせてしまう私。 あまり綺麗な女性と身体を合わせたことが無いので、何か彼女に期待をしてしまいます。 Tさんに案内されて、プレイルームとなるホテルへ移動。 ホテルへの道中、 『今日はお休みだったんですか?どの辺りに住んでいるんですか?』私が緊張しているのを察してか、和気藹々と話しかけてくれる彼女。 見た目も良ければ、性格も良し!話をしているうちにどんどん Tさんという女性に惹かれている自分が分かります。 ホテルに到着し、チェックイン。 部屋に移動すると、ヒールを脱いでお店に部屋番号を伝える電話を架ける彼女。 ヒールを脱ぐと、低くなる身長を見て、 『なるほど!思ってたよりも身長が高く感じてたのは、ヒールのせいやったんか。 洋服を脱いでいく Tさん。 徐々に露わになっていく白い肌。 それを見て再び生唾ゴックンしてしまう私。 もう性的衝動を抑えることが出来ません!自分も洋服を脱ぎつつ、彼女の脱衣姿を穴が開くほどに見つめてしまいます。 下着も全て脱いで、一糸纏わぬ生まれたままの姿になったTさん。 手入れの行き届いた、白くきめ細かい肌。 大きくて柔らかそうなおっぱい。 きゅっと見事に括れたウエストに、少し大きめのお尻。 女性特有の柔らかそうな身体の腺を見て、辛抱堪らんほどに興奮してしまう私。 洋服を脱ぎつつも、チンコが勃起してしまいます! 脱衣を済ませてお風呂に移動すると、私の身体を丁寧に洗ってくれる彼女。 ワクワクしながらお風呂から出て身体を拭き、ベッドに横になるとお風呂から出て身体を拭き始める Tさん。 ベッドに横になりながら彼女の身体をマジマジと見つめていると、 「恥ずかしいから、あんまり見んといてください。 」少し恥ずかしそうに言う Tさん。 身体を拭いて彼女がベッドに横になると、襲い掛かるように上から覆い被さり、有無を言わさんばかりに豊満なおっぱいの先端に口を付けます。 口の中で徐々に硬くなる乳首を舐りまわし、おっぱいを揉みしだくと、だんだん彼女の表情が恍惚なものに変わっていくのを感じます。 両方の乳首を舐めまわし、乳首が ビンビンになったのを確認し、身体をスライドさせるように移動させる私。 Tさんの身体に舌を這わせて、舐めながら顔を移動させます。 私が身体を移動させながら、身体の線に添わせるようにフェザータッチをすると、 「はぁっあぁっ」声を漏らして気持ち良さそうに身を捩り悦に浸る彼女。 身体を Tさんの両足の間に移動させ、顔を彼女の股間に潜らせると、目の前には いやらしい液体で光沢を放つ綺麗なオマンコがお目見えします。 目の前に来たオマンコの匂いを嗅ぎ、太腿に舌を這わせると、じわりじわり昂ってくる 興奮と 熱情!本能の赴くままにオマンコに舌を這わせ、クリトリスを舌先で刺激すれば、 「あっああっ」Tさんは ビクッビクッ痙攣させるように腰を震わせて反応してくれます。 その彼女の反応を見て、一心不乱にクリトリスを刺激する私。 動く腰を抑え込み、足を閉じようとしても両腕でしっかり足を開かせます。 「ああっああっ!」叫ぶように嬌声を上げる Tさん。 『オラオラオラオラ!』これでもかというほどに、クリトリスを刺激し続ける私。 オマンコからトロトロに溢れ出るいやらしい液体は、私の唾液と交じり合い、お尻を伝いベッドに大きなシミを作っています。 顎がだるくなるほどにクンニリングスをすると、足を天に伸ばしてガクガク震えだす彼女。 「あかんっイクゥッ!イックゥッ!」言いながら膝を丸め込み、 「・・っ・・・っ!!!!!」ビクンッビクンッ!ビクンッビクンッ!声にならない声を上げてアクメに到達してしまいます。 絶頂に達し、泣きそうな表情を浮かべ、身体を移動させる私に抱き着いてくる Tさん。 私とキスを交わすと、ビンビンに勃起したチンコを手で優しく擦り、物欲しそうな表情で私を見つめてきます。 据え膳食わぬは男の恥!興奮冷めやらないうちに行動に移してしまおうと、素早く身体を移動させる私。 彼女の股間に股間を密着させるように移動させ、ゆっくり腰を股間に埋めていきます。 Tさんの表情を伺いながら亀頭を膣口に宛がい、「いい?」最後の問いかけをする私。 恥ずかしそうに彼女が黙って頷くのを確認し、私は腰をゆっくり彼女の腰に埋めていきます。 チンコにほとばしる得も言われぬ気持ちの良い感覚!表情を歪めながら私に抱き着いてくるTさんを抱きしめ、本能の赴くままに腰を動かし始めます。 腰を動かす度にチンコに感じる言葉にできないほどの気持ちの良い感覚。 腰が抜けそうなほどの快感を下半身に感じつつ、獣の如く腰を動かし続ければ、一気に射精感が高ぶってきます!連続して腰を動かすと、股間に込み上げてくる爆発してしまいそうな快楽!その気持ち良さにかまけて腰を動かし続ければ、尿道に精子が上がってくる感覚が込み上げてきます。 「あかんっイキそうや!」言いながら一心不乱に腰を動かし続ける私。 私の首に腕を回し、声を漏らしながらしっかり抱き着いてくる彼女。 下半身に感じる絶頂の予兆!ピストン運動を繰り返し続け、我慢できないほどの放出感に襲われた瞬間、「あかんっイクッ!イックゥ・・・!!」ブルッブルッ震えながら ドクッドクッドクッ、私は射精に至ってしまいます。 【店舗評価】 予想以上に自分の好みの女性がいたことに驚いてしまいました。 難波にある他の店舗と比べても、綺麗で質の良さそうな女性がいたようにも感じます。 このお店は本当にお勧めです。

次の