北斗 の 拳 天井。 【北斗の拳 強敵】天井・ゾーン・スペック解析・立ち回りまとめ|イチカツ!

北斗の拳天昇 有利区間継続時の恩恵|天井短縮+ゾーン強化+AT突入率アップ+ATレベル優遇

北斗 の 拳 天井

AT引き戻し抽選• AT終了待機状態 液晶右下にロゴが表示されます。 この間は レア小役でAT引き戻し抽選を行ってます。 AT復帰時は必ず 初期枚数が100枚以上になります。 また、 ATレベルなどは復帰前のAT中のものが引き継がれます。 引き戻しモードは通常1・通常2・高確の3種類があります。 ケンシロウステージは「高確」が確定となります。 レア小役は引き戻し確定です。 また、エンディング中 25G も引き戻しモードの抽選を行っています。 抽選は通常と同様です。 ヤメ時について AT引き戻しもかなり弱いですね。 ほぼないと言っていいレベルではないでしょうか。 前兆確認後ヤメにしてますが、下位ステージであれば即ヤメでもいいかもしれません。 ジャギステージであっても実践上は熱い感じはなかったですね。 一応打ったほうがいいと思います。 ラオウステージはないようです。 ケンシロウステージは打ちましょう。 終了待機状態中 液晶右下にロゴ表示 は引き戻し抽選を行っていますが、 期待するレベルではないですね。 天井狙い 向きではない もゾーン狙いも天国狙いも何にもなし。。 狙い目一切なしの設定狙い台ですね。 現状は終了待機状態中は打ってみようとは思いますが、下位ステージは実践値でもあるように即ヤメでもあまり問題はないと思います。 1000Gからで1500円ちょっとな感じです。 これでは中々実数では落ちてなでしょうね。 今のところは宵越しで狙う感じでしょうか。 天井の恩恵がAT当選だけで、ATレベルの優遇等は今のところないようです。。 ただ、転生も天井到達はまずなかったですから、実践値次第では変わってくるかもしれません。 狙い目としては1000G前後から狙っていきたいと思います。 また、完全ハズレにも設定差があります。 こちらは順押し・逆押し消化で常にカウントできます。 レアな小役を引いた時ほど、大量上乗せに期待できます。 リプレイ成立時にモード転落抽選• スイカはモードアップが主な役割• 強チャンス目はどの状況でもAT当選に期待できる• リプレイ成立時にモード転落抽選• スイカはモードアップが主な役割• 中段チェリー・強チャンス目・JAC成立で上乗せバトル以上確定• JACはプレミアム役につき恩恵も大きい 低確滞在時 設定差のないモード移行率 移行先 3枚ベル 角チェ 中段チェ 強スイカ 強チャンス JAC 低確 99. 通常時はATスタート直後に告知され、AT中は演出が被った場合は、残り枚数がなくなるタイミングで告知されます。 上乗せ 角チェリー 中段チェリー 弱スイカ 無し 99. 自力高確率への突入に関しては 弱レア小役 弱チェリー・弱チャンス目 経由と、スイカ・強チャンス目・中段チェリー当選時に点灯する「 北斗カウンター」による前兆経由でのルートもあります。 通常時のステージは ハート・シュウ・ジャギ・ラオウの4つとなってます。 滞在ステージによって 高確期待度や前兆期待度を示唆してます。 ボスキャラに違う部分はありますが、ステージ数やステージごとの役割は初代北斗を踏襲しています。 単発の演出後や連続演出失敗後などに発生します。 カットインのパターンが 稲妻 大 やキリン柄なら、上位ステージ移行や本前兆のチャンスとなります。 この他、 ラオウステージ移行が確定する「レイカットイン」も健在! 法則が崩れればチャンスアップ! さらには初代北斗にあった激アツパターンも存在! ステージ移行の基本法則• CZ当選率には 設定1~3と6で約4倍の差が存在します。 角チェリー・弱チャンス目からの CZ当選率 設定 CZ当選率 設定1~3 0. 21 設定4 1. 10 設定5 2. 74 設定6 3. いずれかのカウンターが作動している限り、上記の役を引くたびに 七星ランプが1つずつ追加で点灯していきます。 北斗カウンター• 七星ランプが多く点灯している状態ほどCZ当選に期待でき、 7個点灯ならCZ確定です。 CZに当選すると、 伝承の刻or七星勝舞のどちらかに振り分けられます。 七星ランプ消滅時のCZ当選率 点灯数 CZ当選率 1個 3. 七星ランプ•  レバー部分は死兆星ランプ 自力チャンスゾーン「CZ 伝承の刻」• 項目 内容 突入契機 レア小役経由 北斗カウンター経由 AT期待度 約40% 継続G数 20G CZ突入契機詳細• 弱チェリー・弱チャンス目成立時の抽選• 北斗カウンター「0」時の際、七星ランプの数に応じて抽選 20G間全役で「ひでぶ」獲得抽選を行う自力チャンスゾーン CZ です。 「ひでぶ」が貯まるほどAT期待度アップです。 「 100ひでぶ」到達で 北斗揃い濃厚です! 最終ゲームバトルキャラ• 伝承の刻最終ゲームでは 必ずバトルに発展します。 リプレイ・7枚ベル こぼし 以外が成立すれば、ひでぶ獲得確定です。 強チャンス目・JAC成立時は100ひでぶ獲得が確定します。 小役別のひでぶ獲得率 全設定共通 小役 獲得率 リプレイ 12. 41 5. 41 ひでぶ 角チェリー 弱スイカ 弱チャンス目 中段チェリー 5 76. 03 25. 29 ひでぶ 強スイカ 強チャンス目 JAC 10 68. 81 100. 小役変換抽選 伝承の刻中は成立役によって、リールが再始動して 中段チェリー等へ変換される場合があります。 中段チェリーへの変換は、中段チェリー成立時と同様にひでぶ獲得を抽選します。 赤7揃いor角チェリーへの変換は100ひでぶ獲得確定です! 伝承の刻中 小役変換発生率 全設定共通 変換先 リプレイ 7枚ベル3枚ベル 角チェリー 中段チェリー 中段チェリー 0. ひでぶ数の下1ケタが「5」の場合は、 AT期待度がひとつ繰り上がります。 100ひでぶ貯めた場合は北斗揃い確定です。 また、 0ひでぶの場合はAT期待度は低いですが、当選時は必ず北斗揃いとなります。 ひでぶ数によるAT当選率 全設定共通 ひでぶ 非当選 赤7 北斗 0 94. ここでの抽選には貯めたひでぶ数の影響はないです。 伝承の刻バトル中のAT当選率 全設定共通 小役 非当選 赤7 北斗 完全ハズレ 99. 項目 内容 突入契機 レア小役経由 北斗カウンター経由 AT期待度 約83% 継続G数 7G CZ突入契機詳細• 弱チェリー・弱チャンス目成立時の抽選• 北斗カウンター「0」時の際、七星ランプの数に応じて抽選 7G間、毎ゲームAT抽選を行う高期待度の自力チャンスゾーン CZ です。 1GにおけるAT当選期待度は約22%です。 対戦相手として登場するのは 若き日のラオウ・ジャギ・トキとなっており、勝利すればAT当選です。 レア小役成立時はAT確定です。 七星勝舞中のAT当選率 全設定共通 小役 当選率 リプレイ 50. AT「激闘乱舞」 AT「激闘乱舞」• 項目 内容 突入契機 CZ経由 レア役直撃 純増枚数 約2. 直差枚数上乗せ「上乗せバトル」• 差枚数上乗せ特化「北斗乱舞」• スペシャルエンディング「強敵昇天」 AT「激闘乱舞」の初期差枚数保障は「 100枚以上」、継続率は「 50%以上」となってます。 ATの継続率は、突入時のオーラの色やステージによってマルチに変化します。 ステージは4種類 宿命・覇道・激闘・闘神 存在し、「ATレレベル」をオーラ色で示唆する従来通りの演出です。 上位ステージほどAT継続率及び差枚数上乗せに期待が持てます。 ATレベル詳細 ATレベルはAT開始時に1度のみ抽選されAT終了迄は転落・昇格はしないです。 激闘乱舞開始時における「 ケンシロウのオーラ色」で示唆します。 赤オーラや虹レインボーオーラ出現時は高いATレベルに期待です。 また 「北斗揃い」成立時は北斗乱舞が確定するだけでなく「ATレベル3以上」が確定です。 最高レベルである「ATレベル4」は79%以上のループ率を誇り期待が持てます。 AT「激闘乱舞」中のステージは全4種類です。 基本的には最下位「宿命ステージ」から開始です。 ステージアップ抽選は主に小役当選時に行われ、液晶上でのステージ表示で告知、 残り差枚数ゼロ到達時点での滞在ステージが継続バトルの勝敗に関わる継続率となります。 また「 闘神ステージ」経由の継続バトルは 必ず勝利・上乗せとなります。 ATレベル・滞在ステージ別継続率 Lvとステージ 宿命 覇道 激闘 闘神 ATレベル1 50% 60% 79% 100% ATレベル2 55% 67% 84% ATレベル3 67% 79% 89% ATレベル4 79% 89% 95% 各ATレベル・ステージ別において「 段階的に継続率差が存在」します。 レベルとステージの両方が高いと高継続率に期待できます。 AT中ステージ移行 AT中は4ステージ「宿命・覇道・激闘・闘神」存在しますが、ステージの移行はゲーム数で管理されています。 ATの初当たり時と継続時に抽選され、以下の流れになります。 完走時は必ず闘神ステージに移行しているので、勝利確定バトルが発生します。 4ステージ完走 総ゲーム数振り分け 総G数 Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 25G 0. 宿命ゲーム数振り分け 総G数 Lv1 Lv2 Lv3 Lv4 0G 14. 状態は「上乗せバトル」「SPエピソード」「追撃の抽選」に影響します。 高確滞在中はレイ同行などの演出が出やすいです。 内部状態は高設定ほど高確スタートしやすい特徴があります。 リプレイ成立時に転落を抽選しています。 完全ハズレ成立時の高確移行率 設定 完全ハズレ時高確移行率 設定1 1. 継続バトル• 残り差枚数「0枚」で突入• 継続率に応じた抽選• 勝利すればAT継続です。 ケンシロウがどの攻撃で勝利したかによって、次セットの初期枚数が変化します! このモードに突入すると、当該AT中の継続バトル勝利時に ケンシロウが必ず必殺技を放ちます 3ケタ枚数確定。 突入率は設定2・3が優遇されています。 AT当選時の百裂モード突入率 設定 突入率 1 2. ケンシロウの攻撃ヒット後に 「追撃」が発生すれば上乗せ枚数が増加! トキ追撃なら大量上乗せに期待です! 継続バトル中の抽選 追撃抽選 AT継続 継続バトル勝利 が確定している場合、 継続バトル中の小役で追撃抽選を行います。 追撃当選率には AT中の内部状態が大きく関係します。 高確滞在時は通常滞在時に比べ、当選率が10倍近くに跳ね上がります。 なお、追撃当選時はバトルゲーム数が1増加します。 複数回当選する可能性もあり、その都度昇天カウンタの減算も行われます。 継続バトル中の追撃当選率 全設定共通 小役 通常AT中 高確AT中 リプレイ 0. 継続バトル中の復活当選率 全設定共通 小役 当選率 弱チェリー 1. エピソード EP 経由と百裂モードの場合は 百裂拳以上が確定します。 ケンシロウの攻撃パターン振り分け 設定 通常攻撃 特殊攻撃 百裂拳 剛掌波 宿命 66. 0 80. 上乗せバトル当選率 全設定共通 設定 通常 高確 3枚ベル 0. 8 バトル当選時振り分け 上乗せバトル当選時は、5パターンから振り分けされます。 サウザー• ジャギ• リュウガ• エピソード確定バトル AT通常中は、相手キャラが優遇されます。 EP確定時は相手キャラをランダムで決定します。 キャラ別の小役勝率 設定 シン サウザー ジャギ リュウガ リプレイ 3枚ベル 約29. 0ptまで減らせば強敵昇天発生!! 契機別の昇天ポイント減算振り分け 全設定共通 減算pt 赤7揃い 北斗揃い 0pt 76. 48pt 20. 00pt 減算pt AT継続 追撃発生 1pt 83. 39pt 1. 00pt 2. 78pt 「北斗乱舞」• 最高位の差枚数上乗せ特化ゾーン• 毎ゲーム差枚数上乗せ• 1Gの上乗せは 最大500枚 「北斗乱舞」は 毎ゲーム枚数上乗せが発生する特化ゾーンです。 突入契機はいくつかあり、圧倒的な上乗せ性能があります。 「 奥義」や「 複数人 2人or3人 での攻撃」であればより大きな差枚数上乗せが発生します! 23 北斗乱舞中はケンシロウorラオウorトキの 攻撃パターンによって上乗せ枚数が変化します。 三兄弟同時攻撃なら大量上乗せ必至です! 消化後は獲得した枚数を所持してAT「激闘乱舞」に突入します。 北斗乱舞中の上乗せ 北斗乱舞中は成立役に応じて上乗せ枚数を決定します。 レアな小役を引いた時ほど、大量上乗せに期待できます。 特にAT終了時のステージ移行は高確スタート等設定推測にも有効です。 ハートステージ滞在時• ジャギステージ移行で高確以上に期待• 通常以下なら9割以上がシュウステージへ移行 シュウステージ滞在時• ジャギステージ移行で高確以上の期待大• ハートステージ移行で通常以下の可能性大 ジャギステージ滞在時• シュウステージ移行で 本前兆の可能性大! 本前兆中でない限り、ほとんどがハートステージへ まだ高確にも期待できる ラオウステージ滞在時• ジャギステージ移行で高確以上に期待• ラオウステージ中は連続演出へ発展しない AT終了待機中• ジャギステージ移行で高確以上の期待大! ジャギステージ後はモードの影響がほぼ無し• ラオウステージには移行しない 払い出しランプ演出 払い出しランプの点灯パターンには、 通常点灯とロング点灯 MAXBETを押すまで光り続ける が存在します。 払い出しランプの矛盾には法則があります。 通常時• 最初の1PUSH目• PUSH連打中• セグのカウントアップ停止時• 演舞・強• 闘気演出• オーラ爆発 ひでぶ獲得確定• ケンシロウオーラ爆発演出• ケンシロウ演舞・強• ケンシロウ闘気でリプレイ否定 オーラ爆発演出• VSアミバに発展• 20ひでぶ以下でVSジャギに発展• 75ひでぶ以上でVSハートに発展• ケンシロウオーラ爆発演出から連続演出発展 剛掌波から発展は北斗揃い確定! レバー根元部分の死兆星ランプ点灯 赤:勝利、レインボー:北斗揃い 楽曲・SE音変化演出 AT中の継続バトル突入時に以下の楽曲が流れれば 継続確定です。 条件次第では 昇天確定となる場合もあります。 愛を取り戻せ• 楽曲が変化していない状態• TOUGH BOY• 楽曲が「愛を取り戻せ」の状態• ピエロ• 楽曲が「TOUGH BOY」の状態• この他にも強敵昇天時・北斗乱舞時などは、専用の楽曲が流れます。 SILENT SURVIVOR SPECIAL ENDING 強敵昇天 時の楽曲。 STILL ALIVE 北斗乱舞時の楽曲 ユリアよ永遠に エンディング時の楽曲 SE音変化 赤7揃い時や北斗乱舞突入時には プレミアムSEが発生する可能性があります。 継続バトル中の演出 継続確定のラウンド開始画面• バトル1G目のチャンスアップ• シン 「おまえとおれには致命的な~」• サウザー 「愛ゆえに人は苦しまねば~」• ラオウ 「このラオウ もはや拳王の~」• ラオウ初代風ケンシロウ構え バトル2G目のチャンスアップ• VSシン 「地獄の底から~<おれは昔の~<きさまは殺す! 継続確定 」• VSサウザー 「シュウ…! <この石段はシュウの~<ならばおれは愛のために~ 継続確定 」• VSラオウ 「きさまが握るのは~<くるえる暴凶星~<俺の中にはユリアへの~ 継続確定 」 バトル3G目のチャンスアップ• ケンシロウのターン 継続確定• 敵の構えがノーマル• ケンシロウにチェンジ 継続確定• 強攻撃が来た場合は無想転生で避けます。 バトル5G目のチャンスアップ• 攻撃を避ける• バトル7G目のチャンスアップ• 敵のセリフが通常以外ならチャンスアップ バトル8G目の継続確定パターン• 背景の雲が動いている• リン復活• ユリア復活 百裂拳以上確定• 味方キャラ登場時のセリフのほか、以下の演出パターンにも注目してみよう。 強ザコ出現時のケンシロウ攻撃• ステージチェンジ濃厚• 七星画面割れ3G継続• マミヤ「ケン、かわるわよ」• 下パネル消灯演出 AT中のレバーON時に下パネルが消灯すれば、何かしらが確定。 継続バトル中の発生が特にアツい!! プレミアム演出 プレミアム演出は非常に多彩です。 通常時に発生した場合はAT当選濃厚です。 AT中に発生した場合はSPエピソードや大量上乗せなど、ロング継続に関わる特典に期待できます。 アマテラシュちゃん• ダナゾ表示• モアイぃ~• 「肉」• 金ザコ• サバ缶• エイリやん• 「A」 プレミアム演出• ダナゾ表示• サバ サバ缶• エイリやん• アマテラシュちゃん• モアイぃ~• 獣王「A」• 獣王「肉」• アミババトル発展• リン演出・PUSHにつまづく• バット演出・金リンゴ• 金色ザコ• 小役ナビ演出レインボー レバー音プレミアム• スタート音無音• スタート音遅れ• 初代北斗の予告音• アラジン予告音• 獣王マングース登場音• ディスクアップ「じゅわん」 音声系プレミアム• ナレーション「200X年~」• ユリア「ケン、会いたかった」• ナレーション「レバーを見よ! ナレーション「PUSHを押せ! BET時ケンシロウ「おまえはもう当たっている」• BET時リンorバット「ケーン! アタァ! 役モノ作動 北斗乱舞中の演出• 三兄弟攻撃• キリン柄• デカPUSH レバーON時の登場キャラ• 5連 ATレベル2 3. 0連 ATレベル3 5. 0連 ATレベル4 9. 2連 ATレベル 平均継続ゲーム数 ATレベル1 148G ATレベル2 172G ATレベル3 282G ATレベル4 539G 北斗揃い時のAT性能 ATレベル 期待獲得枚数 ATレベル3 1360枚 ATレベル4 2095枚 ATレベル 平均連チャン ATレベル3 5. 8連 ATレベル4 10. ゲーム数4795G• 初当たり10回• 平均連チャン数2. -1900枚 非常にキツかったです 涙 ATに当選しても全く出てくれないんです。。 激闘ステージに突入しても結構終わりますからね。 それでは稼働を振り返りたいと思います。 通常時について まさに試練ですね。 レア小役の落ちが以前と比べて重たくなっているのではないかと思います。 特に強チャンス目は2回しか引けませんでした。 知り合い4名も5000G弱まわして2〜3回とか多くても6〜7回とかでした。 かなり重たいので当選率が気になります。 通常時は強チェリー待ちは変わらないですね。 CZは七星ランプの点灯数で突入確率が変化します。 またこれが鬼仕様です。 これが中々貯まらないですよ。 初めはCZにそれなりに突入してましたが、後半は 2000G以上突入しませんでした。 仲間も中々入らないと言ってました。 まさに苦行の通常時です。 自力チャンスゾーンCZについて CZに突入する時ですが、通常時 カウンター「0」から煽りが発動してCZに突入します。 カウンター発動時に煽りが発生することもありますが、デフォルトはカウンター「0」からです。 なので レア役引いてカウンター「0」になったから即ヤメはしないほうがいいです。 特に七星ランプが3個以上の場合はCZに期待がもてるので様子を見たほうがいいです。 CZ伝承の刻は20G内に小役でひでぶを貯めていく感じです。 ベルなどで1回に獲得できるひでぶはデフォルトで5ひでぶでした。 レア役を引けばもっと貯まると思いますが、弱チェリーで5ひでぶでしたので過度の期待は注意です。 溜まったひでぶで対戦し勝利だとAT突入です。 こんな感じでバトルになります。 上位CZ七星勝舞はほぼほぼ当選します。 6回確認 周りの台含め 全部当選でした。 CZ伝承の刻は私は調子が良かったですが、30〜50ひでぶいけばいいほうだと思います。 突入するのも苦難なのにこんなものです。 AT中について AT中もマジで地獄でした。。 AT中に中段チェリーを引いても上乗せがないこともしばしばです。 継続バトルも中々勝てません。 平均で2. 6連でした。 ゲーム数で17Gですよ・・ ありえない仕様ですね。 また、JAC当選 北斗図柄揃い で当選が2名いましたが、単発と2連終了でした。 1人は激闘ステージで終了してました。。 北斗図柄揃いはATレベル3以上が確定です。 つまり最低でも89%の継続率があるのに終了でした。 激闘ステージでの終了も数多く 移行自体が少ないので 納得出来ない感じでした。 ATレベルはAT突入時のオーラで示唆しますが、私自身 レインボーオーラが1回ありましたが、2連終了でした。 まだ、オーラの色別のATレベルの確率等は出てないのでなんとも言えないんですが酷すぎます。 わかりにくいですが レインボーでした。 ちなみにAT当選時はリールが勝手に逆回転し勝手に7や北斗図柄が揃います。 ボーナスくらい揃えさせてよ。。 AT中のペナルティ AT中は押し順ナビのミスには気をつけたほうがいいかもしれません。 はっきりと見ていたわけではないですが、ペナして通常時に転落した人がいたとのこと。 データ機のゲーム数が1600Gなのに内部ゲーム数が プッシュボタンでチェックできます 460Gになってました。 天井発動しないで騒いでいました。 最高位特化ゾーン北斗乱舞について 知り合い等で合計4回引きましたが 私は引けませんでした・・ 大体150枚程度です。 なんなのこれ。。 200枚オーバーはいませんでした。 期待できません。 設定狙いについて まだ判別要素が少ないのでなんとも言えないのが素直なところです。 私が打った台はまず入ってなかったと思います。 特化ゾーンなど演出を見たかったので21時過ぎまでうちましたが、やはり角チェリー・弱チャンス目からのCZ当選はなかったです。 角チェリー・弱チャンス目からのCZ当選率 設定 CZ当選率 1~3 0. 21 4 1. 10 5 2. 74 6 3. 95 AT当選率はあんまり重視しないほうがいいかもしれません。 3000Gとかではわからないと思います。 早めのAT当選率では設定は掴めないと思います。 設定6は別格な動きをするのかもしれませんが。 ヤメ時について 現状前兆確認後ヤメにしてますが、即ヤメでもいいかもしれません。 ジャギステージスタートでも意味無いです。 ただ、1回だけ「ケンシロウステージ」に移行がありました。 これレアかもしれません。 数ゲームでAT復活でした。 これは直ぐにわかりますね。 稼働にての感想 全体的に出てなかったです。 設定を入れてなかったからなのかもしれませんが、台の仕様が上記の通りかなりキツいです。 一つもオススメするところがないです。 メダル持ちくらい(笑) まさに超絶台です。 モンストの大黒天クエストくらいキツイです。 これほどとは。。 残念で仕方ありません。 以上稼働報告でした。 設定1 設定3挙動? 設定5、6挙動? 打ちました。 300~700台位の中ハマリが続き疲れます。 設定5、6は高確率に300ゲーム台までよく滞在します。 多分AT転落時に高確率に入りやすい感じです。 小役が軽く特に弱チャンス目、弱スイカ連続から高確率に上がりやすいと感じました。 とにかく初当たりが軽いです。 通常、AT含め1000ゲーム打てば小役確率と挙動で設定看破は容易な台と感じました。 設定5、6挙動台は高確率時に弱スイカ、弱チャンス目からもAT当選しました。 北斗カウンター動いてないのに当たりビックリしました。 後は高確率に上がりやすいためチャンスゾーンに入る前にATによく当たってました。 今回の北斗は高確率じゃない嘘ジャギがよくあるので自分は演出の頻発度 第一停止消灯と雑魚蹴り演出の頻発 で高確率を見極めてます。 後はレア役対応演出のベル、リプレイもよく見られました。 勝ちかたはとにかく継続させて強敵エンディングなどの北斗乱舞を多く引く、闘神ステージに上げてトキストックをためる感じだと思いました。 なかなか大勝は難しい台と思いました。 設定通りの収支なりやすいので気長に打てる人は勝てる台と思います。 初打ち設定4挙動でした 投資19kで最終出玉は2500枚でした 5000回転で弱チェリー、弱チャンス目からcz3回入りました。 弱チェリー確率とスイカ確率に設定差がありそうです。 その事を考えると設定6は弱チェリー、弱スイカからのcz回数が多く、そこからの北斗揃い確率が段違いなのではないでしょうか? ちなみに私の設定4と思われる台はAT継続時の役物稼働が多く100枚以上の上乗せが多かったです。 AT継続は最大5連でした。 AT中の中段チェリーは上乗せ全然しないのですがバトル高確率からの中段チェリーで北斗カウンター0からエピソード2回連続し、強敵エンディングに発展しました。 今回の勝ちはczからの北斗の揃いと北斗乱舞、強敵エンディングからの北斗乱舞による勝ちだと思います。 ちなみに北斗乱舞は上乗せが280枚と250枚でした。

次の

パチスロ北斗の拳~天昇~

北斗 の 拳 天井

【技術介入要素】 通常時にスイカとチェリーを取りこぼさないようにする。 ボーナス中の白フラッシュ発生時は、いずれかのリールに黄7を狙うようにする。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールか中リールから停止させるようにすること。 【1000円あたりの回転数】 34. 6G~35. 演出から天国モード滞在の可能性があるようならば、転落するまで打ち続ける。 低確っぽい挙動ならば即ヤメでOK。 【天井】 ボーナスもARTも引かずに1599G消化(=通常状態で1599G消化)することにより、天井到達となる。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 設定変更があろうと電源OFFがあろうと、液晶ステージや同行するキャラは変化しない。 ただし、ART中に閉店して設定変更された場合は、シンステージからスタートする。 8 通常時の打ち方・通常時の小役確率 - [北斗の拳 世紀末救世主伝説] 【通常時の打ち方】 通常時は、中押しで消化するのがベスト。 まず、中リール上段あたりに黄7を狙う。 【中リール中段に黄7が停止した場合】 成立役は、リプレイ or チェリー or チャンス目。 右リール上段あたりにいずれかのボーナス絵柄を狙う。 上段にボーナス絵柄が停止した場合は、角チェリー or 中段チェリーなので、左リール枠上あたりに黄7を狙う。 下段にボーナス絵柄が停止した場合は、チャンス目なので左リール適当打ち。 下段リプレイテンパイ時は、リプレイなので左リール適当打ち。 【中リール下段に黄7が停止した場合】 スイカ確定。 右リール枠下あたりに黄7か赤7を狙い、左リールは適当打ち。 平行揃いならば弱スイカ、斜め揃いならば強スイカとなる。 右リールのスイカは、黄7の下にあるスイカを狙うと弱スイカと強スイカの判別が出来なくなるので注意。 【中リール中段にベルが停止した場合】 成立役は、強ベル or 押し順ベル or チャンス目 or ハズレ。 中段ベルテンパイハズレでチャンス目、中段ベル揃い+効果音発生で強ベル。 なお、通常時に右リールから停止させると、ペナルティが発生する場合がある。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールか中リールから停止させるようにすること。 6G 設定2 : 34. 7G 設定3 : 34. 7G 設定4 : 34. 8G 設定5 : 35. 0G 設定6 : 35. 払い出し枚数が113枚を超えると終了、純増枚数は約76枚。 最後に繰り広げられるラオウとのバトルに勝利すれば、ARTへ突入する。 白フラッシュ発生時は、いずれかのリールに黄7を狙ってジャックインを回避する。 その他の場合は適当打ちでOK。 通常時のモードについて - [北斗の拳 世紀末救世主伝説] 北斗の拳~世紀末救世主伝説~の通常時には、「低確率モード」・「通常モード」・「天国モード」・「前兆モード」 の4つのモードが存在する。 前兆モード移行時はART確定。 前兆モードは最大34G継続。 モード移行抽選は、特定小役成立時に行なわれる。 液晶ステージにより、ある程度滞在モードが判別できる。 低確率モード滞在時のモード移行率 - [北斗の拳 世紀末救世主伝説] 低確率モード滞在時の、特定役成立時のモード移行率については以下の通り。 モード推測は、設定判別のためだけでなく、この機種をより楽しむためにも必要なので、しっかりと把握しておくべき。 ARTは、ストック方式+継続率方式+ゲーム数上乗せのMAXタイプ。 ARTへは、「小役成立時の前兆移行抽選に当選した場合」に、最大34Gの前兆を経由してから突入する。 【ARTの仕様】 ARTは、1セット30G+バトル8Gの合計38G。 ラオウとのバトル勝利でART継続確定。 北斗カウンターの下一桁が「7」でARTへ突入した場合は、高継続の期待ができる。 激闘乱舞ターボでの獲得枚数は約76枚。 激闘乱舞ターボ中は、各小役成立時のゲーム数上乗せ当選率がアップしており、押し順ベルでも高確率で上乗せする。 しかし、一度の激闘乱舞ターボで上乗せできるゲーム数はそこまで多くなく、数十ゲーム程度で終わることが多い。 【上乗せバトルについて】 ART中の特定役成立後は、上乗せバトル発生のチャンス。 バトルの相手は「シン」・「サウザー」・「ジャギ」のいずれか。 【ART中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従う。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でスイカとチェリーをフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 【ARTストックについて】 ストックには、「トキストック」と「ループストック」の2種類が存在。 ループストックは、ストックごとに継続率が付与されており、継続抽選に漏れるまでストックが消滅しない。 トキストックは、継続率が存在せず、1セット消化ごとに1個のストックが消費される。 ストック抽選は、主に「ラオウとの継続バトル中」や「前兆中」に行なわれている。 【ART中の純増】 ART中は、1Gあたり約2. 2枚のペースでコインが増加していく。 プレミアART(拳王乱舞)について - [北斗の拳 世紀末救世主伝説] 北斗の拳~世紀末救世主伝説~には、通常のART「激闘乱舞」の他にも、プレミア的な上乗せART「拳王乱舞」が 搭載されている。 激闘乱舞中の黄7入賞後は、拳王乱舞突入のチャンスゾーンとなる。 転落リプレイが入賞するとチャンスゾーン終了。 激闘乱舞中の状態と上乗せバトル詳細 - [北斗の拳 世紀末救世主伝説] 通常ARTである激闘乱舞中には、「低確」・「高確」・「バトルショート」・「バトルロング」という4つの状態が存在する。 状態移行は、特定役成立時に行なわれる。 各特定役成立時の状態移行率については以下の通り。 滞在状態と成立役によって、バトル発生率が異なる。 直撃上乗せに当選した場合は、特定役が成立したゲームにて上乗せが告知される。 告知方法は、「液晶にてその場で上乗せゲーム数が告知される」・「七星チャンスとしてストック」のどちらか。 なお、直撃上乗せ当選率は全状態共通。 各契機からの上乗せゲーム数振り分けについては以下の通り。 トキストックとは、継続率が存在せず、1セット消化ごとに1個のストックが消費されるストックのこと。 激闘乱舞ラスト1Gから継続バトル終了までのトキストック抽選確率は以下の通り。 前兆の種類によって前兆ゲーム数や激闘乱舞継続率が異なる。 前兆Cはプレミアで、移行すれば高継続率が選択されやすい。 各契機からのストック個数振り分けについては以下の通り。 ボーナスもARTも引かずに1599G消化(=通常状態で1599G消化)することにより、天井到達となる。 なお、設定変更時は天井到達までのゲーム数がクリアされる。 小役とボーナスとの重複当選 - [北斗の拳 世紀末救世主伝説] 北斗の拳~世紀末救世主伝説~には、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。 各小役での重複当選確率は以下の通り。 0 【重複ボーナス出現率詳細】 北斗の拳~世紀末救世主伝説~の、重複ボーナスの詳細については以下の通り。 0 主な設定差・立ち回り一言アドバイス - [北斗の拳 世紀末救世主伝説] 初代北斗を完全踏襲した仕様となっている今作「北斗の拳 世紀末救世主伝説」。 ART中の上乗せバトルなどの改良も加えられ、非常に高いクオリティを誇る機種となっている。 それでは設定判別について。 主な設定判別要素は以下の通り。 この3つの出現率は要チェック。 レア小役とは、「角チェリー」・「中段チェリー」・「弱スイカ」・「強スイカ」のこと。 これらの合成出現率は以下の通り。 設定1と6とでは、倍ほどの違いがある。 天国モード滞在時の弱スイカからのART当選が多い台はかなり狙い目。 単純に高設定ほどART初当たりが多くなる。 また、上乗せバトルの対戦相手が「ジャギ」で、かつ「+60」の上乗せが発生した場合は、設定6が確定する。

次の

北斗の拳 天昇(北斗天昇) スロット 新台 天井 ゾーン 設定判別 解析 評価

北斗 の 拳 天井

内部モード別の天井ゲーム数に関しては 通常Aが700G、 通常Bが600G、 通常Cが400G、そして チャンスが200Gとなっています。 また、天井到達時の挙動は状況によって異なり、通常A最深部以外では断末魔ゾーンを経由して激闘ボーナスに当選しますが、通常A最深部に到達した場合は断末魔ゾーンを経由せず激闘ボーナスに当選します。 さらに、通常A天井到達時にAT「真・天昇ラッシュ」非当選だった場合には激闘ボーナス終了後に有利区間がリセットされず、 次回チャンスモードへの移行が濃厚になるようです。 法則性は非常にシンプルで、 有利区間開始から1回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合には有利区間を引き継ぐというもの。 そして、2連続で真・天昇ラッシュに非当選だった場合、真・天昇ラッシュに当選して通常時に転落した場合には有利区間がリセットされます。 【オンラインカジノを始めたい人必見】 天井狙い目 内部モードやゾーン振り分け解析次第で狙い目は微調整していきますが、現時点での北斗の拳 天昇の天井狙い目は、通常時300Gハマリを目安ということにしておきます。 世紀末ゾーン突入に関わる世紀末ポイントや激闘ボーナス突破率に影響する昇舞魂の貯まり具合も考慮する必要がありそうですが、状況不問と仮定しても300G程度までハマっていればまず問題ないでしょう。 なお、その時点のハマリゲーム数は液晶左下に表示されているので、天井狙い稼働の際には液晶で正確なゲーム数を把握するようにしてください。 具体的には、 有利区間開始から400G以内に激闘ボーナスに当選している場合は130Gハマリ前後、 有利区間開始から401G以上で激闘ボーナスに当選している場合はゲーム数不問で天井狙いということで。 有利区間リセット後の天井狙い目に関しては、200Gゾーンをカバーしながら激闘ボーナス当選まで打ち切れる 190G~ということに変更します。 内部モードによって期待度の高いゾーンが異なる機種が多いですが、北斗の拳 天昇はどのモードも百の位が偶数ゲーム数がゾーンとなっているようです。 現時点では詳細振り分けは不明ですが、実戦値の200Gゾーンの当選率次第で天井狙い目を調整します。 ゾーン狙い目 現状は狙い目となるゾーンはなしということにしておきますが、実戦値や解析続報が入り次第ゾーン狙い目は再考察します。 ゲーム数のほかに狙い目になりそうなのは世紀末ポイント。 ただ、現時点では世紀末ポイントと昇舞魂の貯まるペースがどのくらいか分からないので、こちらも続報が判明次第追記していきます。 やめどき 北斗の拳 天昇のやめどきは激闘ボーナス、真・天昇ラッシュ終了後に即やめということで。 ただ、天井恩恵の項目で解説した通り、 最深天井到達時に真・天昇ラッシュ非当選だった場合はチャンスモードへの移行が濃厚となるので、その場合は激闘ボーナス当選までフォロー。 なお、激闘ボーナス終了後や真・天昇ラッシュ終了後には基本的に七星チャージ突入率&昇舞魂獲得率が優遇された『荒野ステージ』に移行しますが、スペック面やゲーム性を踏まえるとフォローする必要はないと考えています。 とは言え、詳しい解析や実戦値を見ないことには断定できませんし、最深天井到達時以外にも有利区間を引き継ぐ可能性があるので、もしやめどきに変更があれば改めて追記します。 まず、 真・天昇ラッシュ終了後や有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真・天昇ラッシュ非当選だった場合は即やめということでいいでしょう。 北斗の拳 天昇はクレジットの右側に有利区間ランプがあるので、不安な場合は有利区間ランプが消灯したことを確認しておくとより安心です。 また、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが400G以内の場合も真・天昇ラッシュ後と同じく 即やめで。 そして、有利区間開始から1回目の激闘ボーナスが401G以上かつ真・天昇ラッシュ非当選だった場合は 次回激闘ボーナス当選までフォロー。 この時も心配なら有利区間ランプが一旦消灯しないかどうかを確認しておきましょう。 【やめどき】 ・真天昇ラッシュ終了後(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から2回目の激闘ボーナスで真天昇ラッシュ非当選(有利区間リセット):即やめ ・有利区間開始から400G以内に1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):即やめ ・有利区間開始から401G以上で1回目の激闘ボーナスに当選(有利区間継続):激闘ボーナス当選まで <解析まとめ・記事一覧>.

次の