妊娠 中 甘い もの が 食べ たい。 妊婦におすすめのおやつ・お菓子は?妊娠中の甘いものや間食はOK?|Milly ミリー

妊婦も甘いものが食べたい!妊娠中はケーキをどれだけ食べていい?

妊娠 中 甘い もの が 食べ たい

スポンサーリンク 妊娠中でも甘いものが食べたい・やめられない! 女性は甘いものが大好きですよね。 ケーキやクッキー、チョコレートにプリン…言い出したらキリがないくらいです。 洋菓子、和菓子、ドリンクなど、毎日おやつタイムをしている女性もたくさんいるのではないでしょうか。 妊娠中にはつわりもあって、食べ物の好みも変わりますが、それでも甘いものだけは変わらず大好き!という妊婦さんもいます。 甘いものを食べ続けることは場合によっては妊娠に悪影響を与える可能性もゼロではありません。 しかし、そうとは頭で理解していても、食べたい気持ちが抑えられないですよね。 妊娠中に甘いものを食べ過ぎるとどんな影響が? 妊娠中には甘いものを適度に食べるだけであれば赤ちゃんにも妊婦さん自身にも大きな影響はないでしょう。 しかし、毎日大量の甘いものを食べ続けている生活を送っていると、悪影響がある場合もありますので注意する必要があります。 体重オーバー 妊娠中に常に意識しておかなくてはいけないのが体重です。 妊娠初期にはつわりがあり、食欲が落ちる、吐き気を伴う人が多いです。 ですから、体重が増えるどころか、みるみる痩せていく場合がありますが、問題はつわりの時期を過ぎてからです。 つわりが終わると、これまで食欲がなかった反動であれも食べたい、これも食べたいとなりがちです。 この時に甘いものを食べ続けてしまうと体重が一気に増えてしまうので注意が必要です。 妊婦健診ではその都度体重を測ります。 あまりにも短期間で体重が増えてしまっていると指導をされたり場合によっては医師から怒られてしまいます。 甘いものに限らず、何事もほどほどにしておいた方が良いですね。 妊娠中毒症 甘いものを食べ過ぎてしまうと、 妊娠中毒症になる恐れがあります。 妊娠中毒症の1つに 高血圧がありますが、甘いものを食べ過ぎると、この高血圧になってしまう可能性があります。 甘いものには砂糖の他にも塩分も多く含まれており、塩分が高血圧を引き起こす原因となるのです。 妊娠中には糖尿病を発症することもありますので、注意してくださいね。 甘いものを食べ過ぎると、胎児に影響がある 甘いものを食べ過ぎたからと言って、必ず胎児に影響があるわけではありません。 ただ、甘いものに含まれているブドウ糖を過剰摂取してしまうと、 胎児自身が肥満体質になる傾向があるとは言われています。 ただし、どうしても食べたい場合には、食べてしまうほうが良いこともあります。 ストレスが溜まっている場合 妊娠中には、ホルモンバランスが崩れるので、小さなことにイライラしたり、突然涙が出てきたりと、情緒不安定になりがちです。 そして、だんだんお腹が大きくなってくると、体の自由もききにくくなり、どうしてもストレスを溜めがちです。 甘いものを食べると、イライラを抑えたり、気持ちをリフレッシュすることも出来ます。 ストレスが溜まって爆発しそう!そんなときには、甘いものを我慢せずに食べてしまいましょう。 さつまいもは甘さもありますし、便秘改善の救世主です。 レンジでチンして食べるのも良いですし、輪切りにしてフライパンで焼いても良いでしょう。 そして、私が最もおすすめしたいのが、 焼き芋です! 最近では、スーパーに焼き芋コーナーがありますよね、1年を通じて焼き芋を販売しているスーパーもありますが、食べたことはありますか?あの焼き芋がとにかく甘くて美味しい!! 焼き芋にすることで甘みをギュッと濃縮されています。 食べる際にしっかりと水分をとれば次の日には念願の便秘解消が出来るかもしれません。 寒天ゼリー 寒天ゼリーには、果物やコーヒーなどの味付きのものがあります。 普通の果物ゼリーやコーヒーゼリーを食べるよりも、寒天ゼリーをチョイスしてみてください。 寒天ゼリーには、カロリーがなく、ほとんどが食物繊維で出来ています。 1パック食べれば結構な量にもなりますので、おやつタイムにも向いていますよ。

次の

【まさか、赤ちゃんにも味覚が!?】妊娠中に甘いものを食べると胎動が激しくなるってホント!?

妊娠 中 甘い もの が 食べ たい

スポンサードリンク 妊娠中は急激な体重増加は危険なので、甘いものを食べるのは控えたほうがよいとされています。 ケーキは甘くて、カロリーが高い食べ物。 そうは分かっていても、あの甘い香りとカラフルな見た目にワクワクさせられ、食べると至福を運んでくれますね。 スイーツバイキングという夢の空間には何度お世話になったことか。 しかし妊娠中は食べるものに気を配らないといけない時期。 カロリーの心配だけでなく、カフェインや洋酒など、スイーツには妊娠中に控えたい食材が使われることも多々あります。 ひょっとしたら今まさに「ティラミス食べちゃった!」とドキッとしている方もいるかもしれませんね。 こういったことからもやはりケーキも妊婦さんは食べないほうがいいのでしょうか? そうは言っても甘いものがどうしても欲しい時だってあります。 十月十日も、ショーケースを目の前に指をくわえて眺めてるだけなんて辛すぎる! 食べないのもストレスになりそう… もしケーキやシュークリームなどのスイーツを食べるとしたら、どんなことに注意をすればいいのでしょう? 今回は妊婦が妊娠中にケーキを食べる3つの注意点について解説します。 妊婦のかたは参考にしてください。 では解説していきます。 妊婦はケーキを食べても大丈夫? 妊娠中は甘いものを控えるようにいわれます。 控えるようにいわれますが、結論から言うと全く食べてはダメということではありません。 妊婦でも疲れたとき甘いものが欲しくなることや、ストレス発散に食べてしまうことはありますね。 1日のカロリーをオーバーしない程度に食べる分には問題ありません。 甘いものの代表格にケーキがあります。 ケーキは甘くて女性に大変人気。 ケーキバイキングに並んでまで足しげく通う方や、食事の後のデザートにケーキを食べる人は少なくありません。 先に述べたように妊娠中でもケーキを食べても大丈夫ですが、食べるときの注意点がいくつかあります。 どんな注意点があるのでしょう?次で詳しく解説していきます。 妊娠中にケーキを食べる3つの注意点 妊娠中にケーキを食べるとき注意して欲しいことが3つあります。 ケーキの種類• 食べ過ぎ• 食中毒 以上のことに注意してケーキを食べるようにしましょう。 それでは詳しく解説していきます。 ケーキの種類 ケーキの種類にはサバランやザッハトルテのように洋酒が入っているものがあります。 シュークリームのカスタードにもこっそり洋酒が入っている場合も。 それはなぜでしょう? ・胎児性アルコール症候群になる可能性がある 妊婦がアルコールを常用することでおこります。 胎児が、知能や発育に障害がでる可能性があり大変危険な病気です。 少量の飲酒なら大丈夫と飲むかたもいますが、母親の食べ物や飲み物はダイレクトに胎児へ送られます。 そのことを頭に入れて妊娠中の飲酒は極力控えるようにしましょう。 中には1日1杯程度なら大丈夫というかたもいますが、妊娠中は何がおこるかわかりません。 少しでもリスクがあるものは排除したほうが、心身的にも安心でストレスがかかりませんね。 胎児性アルコール症候群には治療法がありません。 防げる唯一の方法は、母親が禁酒をすることだけ。 そこで心配するのがケーキに含まれている洋酒です。 ケーキに含まれている洋酒は大丈夫? 基本的にはケーキを作る段階でアルコールは蒸発してしまうので大丈夫です。 しかし中にはアルコール度数が高いケーキもあるので注意しましょう。 しかし高級洋菓子店やデパ地下などで売られているケーキは風味をだすために、アルコール度数 2%以上 が高いものがあります。 心配なかたは購入を控えるようにしてください。 アルコール度数が高いケーキを、1日何個も食べているとリスクは高くなります。 妊娠中はなるべくアルコール度数が低いケーキを食べるようにしましょう。 食べ過ぎ ケーキを1日に何個も食べ続けていると当然ですが、肥満の原因になります。 ケーキ1個は約400㎉。 2個食べると800㎉と高カロリーです。 妊婦の1日の必要カロリー数は、妊娠初期+50㎉・妊娠中期+250㎉・妊娠後期+450㎉となっています。 成人女性の1日の平均必要カロリー数は約2000㎉なので妊婦は2050㎉~2450㎉が必要。 ケーキ1個当たり約400㎉なので、1日に何個も食べているとすぐにカロリーオーバーになり太ってしまいます。 チョコレートケーキや生クリームたっぷりのケーキは要注意ですね。 妊婦がケーキを食べ過ぎるとどうなる?• 妊娠糖尿病• 妊娠高血圧症候群 妊婦が太り過ぎると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になる確率が高くなるので注意する必要があります。 妊娠糖尿病 妊娠中の糖代謝異常の一種で、妊娠中に見つかったものをいいます。 糖尿病になったというわけではなく、放置していると糖尿病に移行してしまうため早目に治す必要がある病気です。 妊娠糖尿病は自覚症状がなく検査で発覚することが多いです。 妊娠糖尿病にならないためには、急激な体重の増加や肥満に気をつける必要があります。 糖分の摂りすぎにも気を付けましょう。 原因はわかっていませんが、妊娠高血圧症候群にかかりやすいひとの特徴は以下の通りです。 ・肥満 ・高年齢 ・糖尿病などの病気があるひと ケーキはカロリーが高いため、毎日何個も食べているとカロリーオーバーで肥満になってしまいます。 妊婦の体重増加には注意しましょう。 そのため食中毒には特に注意する必要があります。 リステリア食中毒 妊婦がリステリア菌に感染すると、胎盤を通して胎児に影響がでるだけでなく最悪、流産する危険があります。 現在は母子手帳にリステリア食中毒について掲載されています。 ナチュラルチーズ、妊婦は控えること レアチーズケーキやティラミスはナチュラルチーズを使用している場合があります。 ナチュラルチーズとは、加熱なしの外国から輸入されているチーズのこと。 このナチュラルチーズからリステリア菌が検出されたことはご存じのかたは多いと思います。 リステリア菌に感染すると母体に、影響がでてしまいます。 外国産のナチュラルチーズを使用する際は必ず加熱してから使うようにしてください。 日本のケーキでのリステリア感染報告は1例もありませんが、100%安全というわけではありません。 レアチーズケーキやティラミスを購入する際は、使用されているナチュラルチーズが加熱されているか非加熱かを確認して購入するようにしてください。 しかしココット1個程度でしたら問題ないのではないでしょうか。 もしご心配なようでしたら、次回からは食べないように気を付けることと、近く医療機関を受診するタイミングで医師に相談してみてください。 妊婦におススメのケーキはコレ! あれこれ食べ物の制限をされる妊婦ですが、胎児のためには考えられるリスクはなるべく排除したいですね。 そこで妊婦におススメのケーキがあるといいですね。 妊婦におススメのケーキベスト3 1. 野菜ケーキ 2. フルーツケーキ 3. 豆乳ケーキ 妊娠中ケーキが食べたくなったら、以上の3つを選んで食べると栄養も摂れて、なお且つ安全なのでおススメ。 かぼちゃやほうれん草入りの野菜ケーキ 果物たっぷりのフルーツケーキ 豆乳を使ったケーキにはバナナなどの果物を入れてもいいですね。 妊娠中はどんなリスクがあるかわからないので、自分で作るケーキが一番安心です。 でかけることや自分で作るのが面倒なかたは、通販でも販売しているので利用しましょう。 妊婦は極力甘いものは控えるようにいわれますが、我慢してばかりはストレスになります。 たまには自分にご褒美。 しかし1日に何個も食べていると、カロリーオーバーで肥満になってしまいます。 肥満になると、妊娠糖尿病や妊娠高血圧症候群になる可能性が高くなるので体重管理はとても大切。 また、海外のナチュラルチーズはリステリア食中毒の危険があります。 日本のチーズは全て加熱されていますし、ナチュラルチーズも厳しい品質チェックを受けて流通しているので安心です。 レアチーズケーキやティラミスはチーズを生のままで使用します。 どこの国のチーズを使っているのか確認すると安心ですね。 妊婦になると食べ物にいろいろと制限があります。 しかし、あまり神経質にならずに食べ過ぎに注意することと食べる種類を頭にいれておくと、殆どの場合クリアできます。 カロリーオーバーにならない程度にケーキを食べても大丈夫でしょう。 体重管理をしながら、楽しくマタニティーライフをエンジョイすることが大切です!.

次の

妊娠中にお菓子ばかり食べていたらどうなりますか?妊娠8ヶ月です 体重に...

妊娠 中 甘い もの が 食べ たい

甘いものが我慢できない!!2つの理由 普段はそんなに甘いものを食べないのに 妊娠中は無性に食べたくて仕方ない… そんな妊婦さんは意外と多いようです。 最近では妊婦健診で体重増加を 厳しくチェックする産院もあり できれば理想的な体重の増加を 維持していきたいのに食欲が止まらないのは とてもストレスになりますよね。 どうして妊娠中に甘いものやお菓子を 食べたくなってしまうのでしょうか。 これには2つの理由があるのです。 1つは 「ホルモンの変化による影響」です。 妊娠すると妊娠を維持するために 黄体ホルモンの分泌が増加します。 黄体ホルモンは味覚に影響を 与えることがあり、 味覚が変わるだけでなく味を 感じにくくさせてしまうため 薄味では満足できなくなります。 そのためにより甘いものを求めてしまうのです。 妊娠中に限らず普段から生理前になると食欲が増したり 甘いものや味の濃いものを求めることはありませんか? これも排卵後に増加する黄体ホルモンの影響なのです。 黄体ホルモンは妊娠初期に急激に増え 後期になると徐々に減りますので 妊娠初期・中期に甘いものが食べたくなるのは 黄体ホルモンによるところが大きいのです。 そして2つ目は 「ブドウ糖の不足による影響」です。 母体はブドウ糖を栄養分として胎児に送り続けています。 だんだん胎児が大きくなってくると 母体のブドウ糖が不足してきて 必然的に甘味を求めるようになるのです。 中期〜後期にかけては特に赤ちゃんに 栄養を与えるために必要とするのです。 このように妊娠期間中はずっと甘いものを 欲してしまう可能性があるのですね。 私自身は二度の妊娠中ともに、 つわりがピークを迎えているとき以外は 常に甘いものが食べたくて仕方なかったです。 どうしても我慢できないほどの食欲。 私の意志が弱すぎるのかと思いましたが 甘いものが食べたくなる原因がちゃんと あるのだとわかると少しほっとしますね。 つわり中は我慢せず、つわりが終わったら少し我慢! 妊娠中に甘いものを欲してしまう 理由があると説明しましたが、 だからと言って食欲のままに食べてしまうと 体重もどんどん増加してしまいますし 妊娠経過に悪影響を与えてしまうことがあります。 産道に脂肪が多くついてしまうと 難産になってしまうことがありますし 妊娠糖尿病などのリスクも上がってしまいますので 過度の摂取は避けたいところです。 妊娠初期のつわりがひどい時期、 食べられるものが限られている場合、 ドーナツしか食べられなさそうなのに ドーナツは甘いから我慢…と考える必要はありません。 他の甘くないものが食べられるのならば良いのですが つわり中は不思議なことに 「今はドーナツ以外は食べられない!」 という状態になりますよね。 そのような時はあまり心配しすぎずに 食べられるものを食べましょう。 私もつわり中に「お団子しか食べたくない」 という時期があり2週間ほど 毎日あんこのお団子を食べていました。 妊婦健診時に助産師さんに 「今はお団子しか食べたくないんです」と話したら 吐きづわりで体重がかなり減少して いたせいもあるかもしれませんが 「徐々に落ち着くから今はそれでも大丈夫」 と言ってもらえました。 徐々につわりによる偏食も落ち着いて 食べられるものが増えてきたら バランスを考えて食べるようにすれば大丈夫です。 つわりが終わってなんでも 食べられるようになってからは 甘い食べ物を過剰に食べ過ぎないように 意識し始めましょう。 つわりが終わってからの1か月・2か月は 特に注意すべき期間です。 というのもつわり中には食べられるものに 制限があったりおいしく食べることが できなかった反動で、 つわりが終わると暴飲暴食しがちだからです。 あっという間に1か月で3キロも増えちゃった! というものよくある話です。 つわりが終わったら 糖分が胎児に与える影響を考えて 食欲をうまくコントロールしていきましょう。 食べすぎないために効果的な対処法とは? それでは甘いものを 食べたい気持ちをどのように コントロールすれば良いのでしょうか。 まず第一に「家にお菓子を置かない」 ことがもっとも効果的な方法です。 家に甘い食べ物があるとついつい手を伸ばしてしまいます。 特に危険なのが一口で手軽に 食べられるようなお菓子。 こういったものはついつい「ひとつだけ」 という気持ちで口に入れてしまい 気づいたら一日に10個も食べていた! なんてことになり兼ねません。 こういったお菓子はなるべく家に置かないようにしましょう。 ただ、まったく甘いものを食べないというのも ストレスになってしまいますよね。 そういうときは「1日1つ」や「外食時のデザートはOK」などと 自分でルールを決めてみましょう。 私は「1日1スイーツはOK、妊婦健診が終わった日は いつもより豪華なスイーツもOK」 と決めていました。 1日1つと決めるとその1つを じっくりと味わうので満足感も得られますし 漠然と「食べ過ぎちゃいけない」と考えるよりも しっかりセーブすることができます。 まったく食べないとなると「食べたい食べたい」 という気持ちが増してしまい 我慢できなくなった時に反動で 暴食してしまうことがあります。 絶対にダメとは決めないほうが長続きしますよ。 無理しすぎも禁物!頑張っている自分にご褒美を 妊娠中はホルモンの影響やブドウ糖の不足により 甘い食べ物や味の濃いものを 好んで食べたくなることがあります。 過剰に食べてしまうとお腹の赤ちゃんに 悪影響を与えてしまうことがありますので 欲のままに食べるのは厳禁です。 とはいっても「甘いものは絶対にだめ!」 と無理してしまうと ストレスがたまってイライラしてしまったり 我慢しきれずに反動で食べ過ぎてしまうこともあります。 自分でルールを決めて、時には頑張っている自分に ご褒美のスイーツも許してあげましょうね。

次の