ぼうぎんくn。 ウボォーギン (うぼぉーぎん)とは【ピクシブ百科事典】

【消える漢方薬】銀翹散(ぎんぎょうさん)がない?代わりの漢方薬!|玄武の薬箱

ぼうぎんくn

「 何よりも強く ただ 強く」 概要 団員No. ライオンを彷彿とさせる風貌の巨漢。 豪放磊落な性格でタイマン好きの戦闘狂。 危険な任務を好む旅団の特攻団員で、見た目通りのパワーファイターである。 旅団一の肉体の強さに加え、拷問を受けても揺るがない不動の精神力を持つ。 力任せに戦う一方で、相手の能力を探ったり的確な攻撃手段を選ぶなど、しっかりと戦略は立てている。 旅団結成時からのメンバーの一人で虐殺にも関わりのある人物。 とは旅団ができる前からの仲であり、コンビでの相性は抜群。 若い頃はアフロヘアだった。 からは「ウボォーさん」と呼ばれる場面もあり、団長より年上だったのかもしれない。 曰く、守るものがあると力を発揮するタイプで、能力も含めてとは共通点が多い。 に拘束された時も決して仲間の情報を渡さずに命を落とした。 金や所持品には頓着がなく、全て盗めば済むと考えている。 時間には厳しい。 プロフィール 名前 ウボォーギン 愛称 ウボー、ウボォー、ウボォーさん 年齢 不明 身長 258cm 体重 189kg 血液型 B型 出身地 念能力 超破壊拳(ビッグバンインパクト) 系統 団員No. 11 刺青の位置 背中腰 加入時期 初期メンバー 腕力 旅団腕相撲ランキング13人中1位 CV (1999年フジテレビ版)、(2011年日本テレビ版) 「 てめェら倒すのに 首から上が動けば十分だ」 能力者 幻影旅団一頑強な肉体の持ち主で、腕相撲も旅団内で一番強い。 拳銃やライフルの弾を皮膚で弾き、戦車を破壊できるバズーカ砲すら片手で防ぐ(さすがにかなり痛がった)。 これと言った制約無しの念能力だが、念無しでもずば抜けた身体能力が更に強化されるため、単純な行動もウボォーの身体能力にかかれば必殺の威力と化し、人を紙クズのように引きちぎったり、遠距離の敵も投石で粉砕してしまう。 手練れの念能力者であるとの戦いで首から下が動かなくなった際も「噛み付き」や「咆哮」などの攻撃で敵を圧倒した。 団長は・とは相性が悪いと見ており、一時期捕まっていた際にが生存していれば、情報を引き出してそのまま殺されていた可能性も有る。 超破壊拳(ビッグバンインパクト) 硬で固めた右手の拳で打ち抜くストレートパンチ。 シンプルだが小型ミサイルほどの威力を誇り、地面に向けて放てば局地的な地震を起こし巨大なクレーターができる。 早い話がタメなしの。 ウボォー本人の最終目標はこの技で核ミサイルレベルの破壊力を出すこと。 比較的初期に登場した念能力者だが、破壊力と言う点ではずば抜けており、戦闘における強化系の強さをコレでもかと体現している。 関連イラスト.

次の

岩手で行われたLANパーティに参加してきました|よしペン|note

ぼうぎんくn

SS投稿掲示板 SS投稿掲示板 No. 19初稿 本作は、銀河英雄伝説の世界をメインとするクロスオーバー作品です。 「ルドルフ大帝以来の武門の名門ロットヘルト伯爵家の嫡男に生まれた貴族の若さまトーマスくん」というオリキャラが主人公。 銀英伝の原作では、 上級貴族の子弟でありながら、みずから積極的にラインハルト陣営に組したのはイザーク・フォン・トゥルナイゼンただひとりでした。 本作では主人公兄弟も加え、「武門の名門の門閥の宗主」である主人公トーマス、トゥルナイゼン、主人公の弟シュテルンの3人が、それぞれ自分の一門を率いてラインハルトをかつぎ、原作の史実から歴史の歩みを分離させていきます。 「門閥貴族からの好意を受け入れるラインハルト」や、門閥貴族の一員である主人公たちが帝国貴族階級をダメだこりゃと判定していくプロセスなんかを説得力をもって描くことができるかどうかにこの作品の正否がかかっていると、作者としては考えています。 生あたたかく見守っていただけるとうれしいです。 また、ストーリーを語り進めることのほかに、原作の記述を膨らませる形で ・帝国貴族の人間関係や私設艦隊の組織、正規軍の組織機構に対する門閥貴族の支配や干渉 ・第2次ティアマト会戦の敗北が貴族階級にあたえたダメージ(帝国貴族の統治能力の喪失、 貴族の私設艦隊の武力の空洞化、正規軍に対する支配力の衰退など) ・正規軍の内部における平民出身者の台頭 などを描いていきたいとも思っています。 それではお楽しみください。 武門の名家ロットヘルト一門の宗家の嗣子(次期当主)。 イザーク・フェルナンド・フォン・トゥルナイゼン: 主人公の友人。 原作キャラ。 武門の名家トゥルナイゼン一門の宗家の当主 オリ設定。 シュテルン・フォン・ミュンヒハウゼン: 主人公の異母弟。 武門の名家ミュンヒハウゼン一門の宗家の嗣子。 エーリケ・フォン・ロットヘルト: 主人公の弟。 ロットヘルト一門の軍政・内政担当。 ヴィクトーリア: 主人公、エーリケの母。 ロットヘルト伯爵家の当主グレーフィン・フォン・ロットヘルト ロットヘルト伯爵夫人。 残念な人柄。 婿のカール(主人公・エーリケ・シュテルンの 父)の浮気に気づき、ロットヘルト家から追放。 カール・ヒエロニュムス: 主人公ら3兄弟の父。 浮気相手のフロイライン・ゼーゼマンの存在と彼女のシュテル ン妊娠が同時にばれてロットヘルト家を追い出され、実家のミュンヒハウゼン男爵家にも どる。 のちに兄二人が嗣子を残さず戦死したためミュンヒハウゼン男爵家の当主となり、 シュテルンが嗣子となった。 クラーラ 泥棒猫 : シュテルンの母、カールの現妻。 ミュンヒハウゼン男爵夫人。 旧姓ゼーゼマン。 エドゥアルト・ルドルフ: イザーク・フェルナンドの父。 トゥルナイゼン家の当主の座をイザークに譲って隠居、臣 下からは「ご先代さま」と呼ばれている。 アーデルハイト: イザーク・フェルナンドの妹。 トーマスの許嫁。 実母は早逝、ヴィクトーリアを実の母の ように慕っている。 大貴族、門閥大貴族とも。 本作の独自設定として、上流貴族が約4000家、そのうち宗家が250家、宗家に率 いられた末流の家々が3000家、宗家が断絶して「宗家-一門各家」という組織を 形成していない家々が約700家、という設定。 実例:ブラウンシュヴァイク家・リッテンハイム家・ミュッケンベルガー家・ノ ルデン家、トゥルナイゼン家、ロットヘルト家、ミュンヒハウゼン家など。 一門…祖先を同じくする宗家と分家からなる同族集団。 門閥とも。 ブラウンシュヴァイク一門におけるフレーゲル男爵家、シャイド男爵家。 宗家を欠いたカストロプ家とマリーンドルフ家など。 門閥…一門を参照。 門閥大貴族…一門の宗家の当主。 門閥貴族…特定の一門に所属する貴族の当主。 大貴族…宗家を参照。 原作知識・チート無し。 原 作 : 田中芳樹『銀河英雄伝説』 小説 、デイビット・ウェーバー「紅の勇者オナー・ハリントン」シリーズ、ジェイムズ・P・ホーガン『量子宇宙干渉機』 備 考 :「量子宇宙干渉機」の暴走により、「銀英伝世界のオリキャラ」に「オナー・ヴァースの登場人物」の意識が憑依。 本作の舞台は、この前作の並行世界で、ヴィクトーリアにオナーの降臨はなく素のまま、ヴィクトーリアの長男トーマス君に憑依が起きます。 帝国貴族の組織とかメンタリティとかは、前作『銀紅伝』のそれと共通ですが、前作をお読みになっていない方や原作知識の無い方など、予備知識の無い方でも楽しんでいただけるよう頑張ります。 この小説は「らいとすたっふルール2004」にしたがって作成されています。

次の

サンヘドリンでの裁判の後,ピラトの所へ連れていかれる — ものみの塔 オンライン・ライブラリー

ぼうぎんくn

「 何よりも強く ただ 強く」 概要 団員No. ライオンを彷彿とさせる風貌の巨漢。 豪放磊落な性格でタイマン好きの戦闘狂。 危険な任務を好む旅団の特攻団員で、見た目通りのパワーファイターである。 旅団一の肉体の強さに加え、拷問を受けても揺るがない不動の精神力を持つ。 力任せに戦う一方で、相手の能力を探ったり的確な攻撃手段を選ぶなど、しっかりと戦略は立てている。 旅団結成時からのメンバーの一人で虐殺にも関わりのある人物。 とは旅団ができる前からの仲であり、コンビでの相性は抜群。 若い頃はアフロヘアだった。 からは「ウボォーさん」と呼ばれる場面もあり、団長より年上だったのかもしれない。 曰く、守るものがあると力を発揮するタイプで、能力も含めてとは共通点が多い。 に拘束された時も決して仲間の情報を渡さずに命を落とした。 金や所持品には頓着がなく、全て盗めば済むと考えている。 時間には厳しい。 プロフィール 名前 ウボォーギン 愛称 ウボー、ウボォー、ウボォーさん 年齢 不明 身長 258cm 体重 189kg 血液型 B型 出身地 念能力 超破壊拳(ビッグバンインパクト) 系統 団員No. 11 刺青の位置 背中腰 加入時期 初期メンバー 腕力 旅団腕相撲ランキング13人中1位 CV (1999年フジテレビ版)、(2011年日本テレビ版) 「 てめェら倒すのに 首から上が動けば十分だ」 能力者 幻影旅団一頑強な肉体の持ち主で、腕相撲も旅団内で一番強い。 拳銃やライフルの弾を皮膚で弾き、戦車を破壊できるバズーカ砲すら片手で防ぐ(さすがにかなり痛がった)。 これと言った制約無しの念能力だが、念無しでもずば抜けた身体能力が更に強化されるため、単純な行動もウボォーの身体能力にかかれば必殺の威力と化し、人を紙クズのように引きちぎったり、遠距離の敵も投石で粉砕してしまう。 手練れの念能力者であるとの戦いで首から下が動かなくなった際も「噛み付き」や「咆哮」などの攻撃で敵を圧倒した。 団長は・とは相性が悪いと見ており、一時期捕まっていた際にが生存していれば、情報を引き出してそのまま殺されていた可能性も有る。 超破壊拳(ビッグバンインパクト) 硬で固めた右手の拳で打ち抜くストレートパンチ。 シンプルだが小型ミサイルほどの威力を誇り、地面に向けて放てば局地的な地震を起こし巨大なクレーターができる。 早い話がタメなしの。 ウボォー本人の最終目標はこの技で核ミサイルレベルの破壊力を出すこと。 比較的初期に登場した念能力者だが、破壊力と言う点ではずば抜けており、戦闘における強化系の強さをコレでもかと体現している。 関連イラスト.

次の