半額 サポート プラス。 ソフトバンクが半額サポート+(プラス)で端末単独販売!ただし分割支払い前提なのでSIMロック100日間NG

ソフトバンク「半額サポート」の仕組みを解説。下取りが条件のキャンペーン内容とは?

半額 サポート プラス

こんにちは!この記事にお越しいただきありがとうございます。 端末価格の割引が以前ほど大きくなく、スマホの端末価格は年々上昇しています。 今までは2年周期で買い替えるが一般的でしたが、最近は4年が当たり前となりつつあります。 確かにスマホは高価な物で4年程使うのが妥当と思いますが、 正直3年では買い替えたいところ。 また、毎日使う物なので快適に利用したいですよね。 そう考えると4年は少し長く感じるのです。 実際に4年間同じiPhoneを使いましたが、処理速度やバッテリー面でストレスを感じました。 そこで気になるのが ドコモの『スマホおかえしプログラム』と ソフトバンクの『半額サポート』ではないでしょうか。 この記事ではそれぞれについてと、どちらがお得なのかを紹介します!是非参考にしてください。 故障すると2万円が必要なので特に注意が必要ですね。 スマホおかえしプログラムと半額サポートどっちが良い? それぞれについて紹介しましたので、実際に試算するとどちらがお得なのかを見てみます! 今回はドコモとソフトバンクどちらにも取り扱いがある人気機種『iPhone XS 64GB』で比較します。 端末価格の比較 まずは端末価格で比較します! iPhone XS 64GB ドコモ ソフトバンク 一括払い 128,304円 136,800 24回払い (月額) 5,346円 5,700円 プログラム適用時 ドコモ スマホおかえし プログラム ソフトバンク 半額サポート 月々:3,564円 総額:85,536円 月々:2,850円 総額:68,400円 端末料金は一括の場合ドコモが安いですが、プログラムを適用するとソフトバンクの方が断然お得です! ただし、ソフトバンクは次に機種変更する時も対象機種に乗り換える必要があるので、他のキャリアや格安SIMに乗り換えようと感がている方は注意が必要です。 比較するプランは定額でたくさんのデータが使用できるプランで比較します。 ドコモであれば30GBまで定額で利用できる料金プラン『ギガホ』 ソフトバンクであれば定額50GB+人気SNSのデータ通信量がカウントされない『ウルトラギガモンスター+』 iPhone XS 64GB ドコモ:ギガホ ソフトバンク:ウルトラギガモンスター+ ドコモ ソフトバンク 1〜6ヶ月目 10,022円 9,850円 6〜12ヶ月目 11,102円 9,850円 12〜24ヶ月目 11,102円 10,850円 どちらも電話オプションは無を選択しており、家族割引や光回線割引も適用していません。 ドコモは30GBに対してソフトバンクは50GB+人気SNSのデータ通信量がカウントされないので、 ソフトバンクの方がお得です。 ギガモンスター+ データカウント無の対象サービス 対象サービスにはYoutubeなども含まれる為、実質ほとんどデータが消費されません。 とにかくデータ通信をたくさん行う方はソフトバンクが端末価格も安くおすすめです!• 定期的に新しいスマホを使いたい• 使い終えたスマホをサブ機として使わない• 自分でスマホを売るのが面倒 また、長くスマホを利用したい方や、使ったスマホをサブ機として持ちたい方、自分で売ることができる人は利用しない手もありです! 発売から2年しか経っていないスマホであれば売却価格も高く、返却プログラムを使用することによって割り引かれる金額よりも高く売れる可能性があります。 自分で売却するのが面倒で無いという方は、自分で売る方がお得な場合もあるので注意が必要です。 「スマホおかえしプログラムと半額サポートはどちらがお得?比較してみた!」でした。 購入は各社公式オンラインショップがお得です。 家電量販店やショップでは頭金という名の手数料が5,000円〜1万円近く設定されているところもあります。 オンラインショップは頭金が無く料金が安い・待ち時間がない・24時間購入できるの主に3つのメリットがあるので是非利用してみてください。

次の

ソフトバンク「半額サポート」の仕組みを解説。下取りが条件のキャンペーン内容とは?

半額 サポート プラス

最新情報 「半額サポート+」は、2019年10月10日に「トクするサポート」へ名前が変更となります。 サービスの内容は同じです。 ( 2019年10月2日更新)• 半額サポート+(半額サポートプラス) 「半額サポート+」とは、端末代金が 最大半額になるサービスです。 機種代金を48か月払いにして適用条件を満たすことで、25か月目以降(残り24回分)の端末代金の支払が不要となります。 つまり、端末代金が実質ほぼ 半額になります。 基本的なサービス内容は「半額サポート」と同じです。 サービス開始日 2019年9月13日 プログラム料 月額390円(24カ月間) 「半額サポート+」の仕組み(図解) 具体的に図を使って解説します。 「 64GB(端末価格10万6560円)」で「半額サポート+」を利用し、25か月目で新しいに機種変更するケースを例としましょう。 まず最初の2年間は、毎月2220円の機種代金と390円のプログラム料を支払います。 そして、25か月目に正常に動作する「」を返却し、新しいに機種変更した場合、 「iPhoneXR」の残り24か月分の支払い分5万3280円が免除されます。 つまり、「」の実質価格は6万2640円(5万3280円+プログラム料9360円)となります。 端末代金自体は半額ですが、24か月分のプログラム料9360円が加算されるので、実質 「ほぼ半額」と言えます。 1年買い替えオプション 「半額サポート+」では、 購入したを1年(13か月目以降)で買い替える事も可能です。 その場合は買い替えた時点で24か月目までの端末代金とプログラム料を一括で支払う必要があります。 例えば、「iPhoneXR 64GB」を購入し、13か月目に新しいに機種変更するとしましょう。 13か月目に機種変更する場合は、その月に、 残り12か月分の端末代金とプログラム料を一括で支払えば、残り24回分の支払いが不要になります。 「半額サポート+」の加入条件と適用条件 「半額サポート+」の加入条件と特典の適用条件は以下の通りです。 大手キャリアではこれまで「回線契約+端末」のセット販売が常識でしたが、ついに 他社ユーザーが回線契約なしで「単体」を購入出来るようになりました! ドコモやなどの大手キャリアユーザーや、やといったユーザーものを購入して、「半額サポート+」が使えます。 注意 にはがかけられています。 そして購入から最初の100日間は、基本的にロックの解除に対応していません(例外あり)。 つまり、 最初の100日間は回線のしかネット通信が利用出来ません(回線のは利用可能ですし、環境下でも使える)。 ただし、 ある条件をクリアすれば、以外のユーザーのみ100日以内のが可能です。 詳しくは後ほど解説します。 ユーザーが「」や「Galaxy」を使えるようになる! ()のユーザーにとっては、メリットがあるサービスといえます。 現在、「 1」や「Galaxy S10」といったは、大手キャリアでしか販売されていません(中古なら入手可能)。 今までユーザーが上記のを入手するには、「中古販での購入」か「海外版の購入」しか方法がありませんでした。 しかし、が今回単体での開始した事で、 ユーザーも「 1」などのハイエンドを新品で利用できるようになりました。 ユーザーが最新を安く買える 「」はアップルが端末を販売しているので、今までユーザーも最新機種を入手する事は可能でした。 ただ、「」版は大手キャリアの実質価格(端末補助サービスを利用した場合)に比べると、端末価格が2倍ほど高く、なかなか手が出せないユーザーもいたと思います。 今回他社ユーザーも「半額サポート+」の利用が可能になった事で、 ユーザーが安くを入手できるようになりました。 アップルで旧機種を下取りして新品を購入するよりお得です。 例えば、「iPhoneXS 64GB」の場合、版は8万4800円(税別)かかる一方で、で「半額サポート+」を利用すると約4万9333円(税別)で購入出来ます。 版より遥かに安いです( の返却は必要だが)。 注意点1 「半額サポート+」使うには、次回もでを購入する必要がある 「半額サポート+」を利用する方は、忘れてはいけない大きな注意点があります。 それは「 サービスを利用する場合、次回の購入も指定の機種でなければいけない点」です。 例えば25か月目で「iPhoneXR 64GB(定価10万6560円)」を返却して新しいを購入する際に、 他社指定のやを購入した場合は、指定のではないので、サービスの適用条件を満たさない事になります。 したがって、特典が利用できないので、結局「定価での支払い(10万6560円)」が必要となります。 このように適用条件を破ると、サービス適用時の 2倍の端末代金が発生するのでご注意ください。 注意点2 故障したを返却すると、2万円の罰金がかかる 返却したが査定の基準を満たさないと、 2万円(不課税)の追加料金を支払う必要があります。 査定基準を満たさないケース 以下のケースは査定基準を満たしません ユーザー以外は即日解除が可能 2019年10月1日から、 の回線契約がない利用者は「クレジットカード払い」で機種を購入すれば、100日以内でもの解除が可能となりました。 もちろん 即日解除もOKです。 ロックの解除方法を紹介する前に、がかかっていると、どんな影響があるのか図を使って解説します。 制限のだと、ドコモや回線のSIMが使えない 例えば、ユーザーがでは販売していない「 Pixel 3a」をで購入するとしましょう。 基本的に購入から100日間はの解除が出来ないので、のを挿入してもネット閲覧やアプリが利用出来ません( 環境下なら使える)。 ただし先ほど説明した通り、 ドコモ回線や回線のユーザー(を含む)は、購入から100日以内でもが可能です。 購入から100日以内にを解除する方法 100日以内にを解除する方法は簡単。 支払い方法を 「クレジットカード払い」にするだけです。 今後はの「アップグレードプログラムDX」の方法と同じく、「制(預り金制度)」が導入される予定なので、詳細決まり次第、解説します。 対象 の回線契約を結んでいないユーザー (ドコモ、、ワイモバイル、ドコモと回線などのユーザー) 受付店舗 ショップ 【注意】ワイモバイルユーザーは回線じゃない のサブブランドにあたる 「ワイモバイル」は、回線ではありません。 独自の回線を持っています。 「ワイモバイルSIM」でのを使う場合は、クレジットカード払いにしてを即日解除しましょう。 旧サービス「半額サポート」との違い 新サービス「半額サポートプラス」と旧サービス「半額サポート」との違いを表でまとめてみました。 違いは「プログラム料」と「他社ユーザー利用」にあります。 違い1 プログラム料が有料になった 残念ながら、既存ユーザーにとって今回のサービスは 改悪だと言えます。 既存ユーザーにとって、他の目立った変更点はありません。 総額9360円の負担です。 正直、1万円は大きい。 出来ればこれまで通り、無料のままにしてほしかったです。 違い2 他社ユーザーが単体で購入できるようになった 今まで、のを購入するには、回線契約とセットで購入する必要があり、他社のユーザーがのを購入することは出来ませんでした。 今回のサービスから回線契約の条件がなくなり、 「単体での購入」が可能になりました。 つまり、他社ユーザーでものが入手できるという事です。 特にを利用するユーザーには、メリットが大きいといえます。 「半額サポート+」の特徴をまとめてみた 最後におさらいです。 半額サポート+で知っておくべきポイントをリストで並べてみました。

次の

【ソフトバンク】半額サポート+は本当にお得?SIMフリー版一括購入と実質負担額を比較

半額 サポート プラス

とくに2年ほど使用してすぐに買いける人は大幅にお得になりますので、ぜひ活用しましょう! ソフトバンクでスマホを購入したい方の参考になれば幸いです。 \ オトクなキャンペーンを確認 / この記事の内容• ザックリいうと、『購入した機種を3年目以降に返却して新たに機種を購入したら、分割払いの残額は支払わなくていいよ』というプログラムになります。 このプログラムの対象機種は、新型のiPhone 11シリーズを始めとした各種スマホ端末やタブレット、ケータイも対象になっています。 しかし、ソフトバンクの端末にはソフトバンクのSIMロックが掛かっているため、購入から100日が経たないと、SIMロックを解除できない点には注意が必要です。 一応、ソフトバンクの回線を用いたMVNO(LINEモバイルなど)については、SIMロック解除なしでもそのまま利用することができますね。 大幅に安くなるのは間違いありませんが、最大半額というのは、プログラム利用料は含まれていないという点に注意してください。 48回払いで契約した場合に限り利用可能• 対象機種はiPhone 11シリーズを始めとした各種スマホ、タブレット、ケータイ• 対象機種を24ヵ月間利用後、25ヵ月目以降に対象機種を購入することが条件• 新規端末の購入の翌月までに、それまで使用していた端末をソフトバンクに返却する必要がある• ソフトバンクとの回線契約に関わらず、加入や特典の適用を受けることができる• 48回払いで契約した場合に限り利用可能• 対象機種はiPhone 11シリーズを始めとした各種スマホ、タブレット、ケータイ• 対象機種を24ヵ月間利用後、25ヵ月目以降に対象機種を購入することが条件• 新規端末の購入の翌月までに、それまで使用していた端末をソフトバンクに返却する必要がある• ソフトバンクとの回線契約に関わらず、加入や特典の適用を受けることができる• [Tasu to Ten]タストテン 横浜歴30年以上の横浜大好きブロガー。 ブログ開設1年で年間390万PVを達成。 ブログだけでなく、フリーランスとしてWeb制作やライターの仕事もしています。 このブログは既存のテーマに頼らず、自分でデザインしてコーディングし、記事を書いています。 生活の一部として役立てることができれば幸いです。 レビューのご依頼などにつきましては、お問い合わせもしくはTwitterからお願いします。 カテゴリー• キーワード• アーカイブ.

次の