アコード ハイブリッド。 Honda

ホンダ・アコードハイブリッド

アコード ハイブリッド

また、アコード ハイブリッドをベースに、家庭用電源からの充電を可能にした新型「アコード プラグイン ハイブリッド」は、日常走行のほとんどをEV走行できるプラグインハイブリッドシステムを搭載し、70. 法人企業や官公庁などを中心に、6月21日(金)からリース販売します。 新型アコード ハイブリッドは、「楽しさ」「低燃費」を高次元で両立させた新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を採用したHonda独自の革新的なハイブリッドシステムSPORT HYBRID i-MMDを搭載。 発進と低中速域のクルーズは主にモーターのみで走行し、加速時などはエンジンで発電しモーターで走行、高速クルーズは主にエンジンで走行するなど、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを自動的に切り替えて走行することで、軽自動車トップクラス並みの30. 0km/L(JC08モード)という圧倒的な低燃費を実現しています。 また、発進の瞬間から最大トルクを発生させるモーターで走行することで、滑らかで力強い加速性能を発揮し、今までにない新次元の運転感覚に加え優れた快適性と静粛性を実現しています。 SPORT HYBRID i-MMDの搭載による燃費性能向上と、力強く滑らかな走りの価値を一層高めるために、リニアなハンドリングとフラットで快適な乗り心地をさらに進化させました。 サスペンション回りの大幅な軽量化を行うとともに、乗り心地と運動性能を高める新たな技術を多数投入。 バッテリーの搭載に伴う重量増を感じさせない、軽快感のあるハンドリングと優れた乗り心地を追求しました。 加えて、「フィット EV」で新開発した新しい世代の回生ブレーキ「電動サーボブレーキシステム」をさらに進化させHondaの市販車として初めて搭載。 これまでにないほど、より多くの減速エネルギーを回収できるシステムとしました。

次の

写真で見る ホンダ「アコード」(2020年フルモデルチェンジ)

アコード ハイブリッド

また、アコード ハイブリッドをベースに、家庭用電源からの充電を可能にした新型「アコード プラグイン ハイブリッド」は、日常走行のほとんどをEV走行できるプラグインハイブリッドシステムを搭載し、70. 法人企業や官公庁などを中心に、6月21日(金)からリース販売します。 新型アコード ハイブリッドは、「楽しさ」「低燃費」を高次元で両立させた新世代パワートレイン技術「EARTH DREAMS TECHNOLOGY(アース・ドリームス・テクノロジー)」を採用したHonda独自の革新的なハイブリッドシステムSPORT HYBRID i-MMDを搭載。 発進と低中速域のクルーズは主にモーターのみで走行し、加速時などはエンジンで発電しモーターで走行、高速クルーズは主にエンジンで走行するなど、EVドライブ、ハイブリッドドライブ、エンジンドライブの3つのモードを自動的に切り替えて走行することで、軽自動車トップクラス並みの30. 0km/L(JC08モード)という圧倒的な低燃費を実現しています。 また、発進の瞬間から最大トルクを発生させるモーターで走行することで、滑らかで力強い加速性能を発揮し、今までにない新次元の運転感覚に加え優れた快適性と静粛性を実現しています。 SPORT HYBRID i-MMDの搭載による燃費性能向上と、力強く滑らかな走りの価値を一層高めるために、リニアなハンドリングとフラットで快適な乗り心地をさらに進化させました。 サスペンション回りの大幅な軽量化を行うとともに、乗り心地と運動性能を高める新たな技術を多数投入。 バッテリーの搭載に伴う重量増を感じさせない、軽快感のあるハンドリングと優れた乗り心地を追求しました。 加えて、「フィット EV」で新開発した新しい世代の回生ブレーキ「電動サーボブレーキシステム」をさらに進化させHondaの市販車として初めて搭載。 これまでにないほど、より多くの減速エネルギーを回収できるシステムとしました。

次の

写真で見る ホンダ「アコード」(2020年フルモデルチェンジ)

アコード ハイブリッド

大小さまざまなエコカーが増えている昨今だが、低燃費かつゆとりの室内空間を持つセダンのハイブリッドカーは、意外と選択肢がない。 そんな貴重なハイブリッドセダンが、ホンダ アコードである。 アコードはホンダを代表するミディアムセダン/ワゴンとして以前から販売されてきたが、2013年に登場した9代目より、ハイブリッド専用車となっている。 同時に、昨今のハイブリッドカーへの追い風も重なることで、中古車相場は高値安定が続いていたのだ。 そんななか、先日10代目となる新型アコードが発表されたことで、相場が今後動く可能性があり、いま注目すべき1台なのである。 今回は、先代アコードの魅力に触れつつ、中古車相場を探っていこう。 ホンダ アコードってどんなクルマ? シビックよりもひとまわり大きいサイズのハッチバックとして、1976年に登場したのがアコード。 翌年にはセダンも追加され、以降国産ミドルクラスの代表としてロングセラーとなったモデルである。 度重なるモデルチェンジで、ワゴンやクーペなども登場。 さらに仕様地ごとにデザインが異なるなど、ひと口にアコードと言っても幅広いバリエーションが存在する。 しかし共通するのは、FFパッケージによるゆとりの室内空間を持つこと。 さらに上にはフラッグシップのレジェンドが存在するが、アコードも十分広くて快適。 ライバルはトヨタ カムリである。 2013年6月には、9代目にフルモデルチェンジ。 この世代より、アコードは全車ハイブリッド化し、名称も「アコードハイブリッド」として販売された。 新世代パワートレーン「SPORT HYBRID i-MMD」を採用し、2. 0L 直4エンジンにモーターを組み合わせることで、JC08モード燃費は30. また、欧州仕様と共通だった先代に対し、北米仕様と車体が統一されてボディが大型化したこともトピック。 全長は4. 9mと、レジェンドに迫るサイズとなり、室内はより広々として快適となった。 また、外部充電が可能なプラグインハイブリッド仕様も後に追加され、数少ない上級ハイブリッド/PHEVとしての選択候補となっている。 なお、今年2月に登場した新型もそれを踏襲し、ハイブリッドのみで展開される。 まずは、先代アコードの改良遍歴を振り返ってみたい。 2013年6月発表時のグレード展開は「LX」と「EX」。 プラグインハイブリッドも同時に発表されたが、当初は法人や官公庁向けに限定されていた。 同年12月より、個人向けに400台限定でプラグインハイブリッドを販売。 車両本体価格は500万円だった。 2016年5月にはマイナーチェンジを実施。 外観は、フロントおよびリヤデザインがリニューアルされたほか、フルLEDヘッドライトが採用されてより先進的な佇まいとなった。 室内は、木目調パネルの柄が変更され、ミラーブラックパネル、スポーツコンビシート(EXのみ)を採用。 走行面では、リチウムイオン電池の設計が一新されて小型・軽量化を実現。 「LX」のJC08モード燃費は30. また、ホンダセンシングが全車標準装備されるなど、安全面も強化。 なお、この改良以降は車名が「アコードハイブリッド」から再び「アコード」に戻された。 それらを踏まえ、年式別中古車平均価格を見ていこう。

次の