オートウェイ 逮捕。 オートウェイ事件、不起訴でオートウェイ側大勝利!無罪放免(扱い)です!!

【逮捕!】オートウェイの社長らが粗悪ホイール販売容疑で逮捕された!?買おうとしてたのに。。

オートウェイ 逮捕

国土交通省が定めた保安基準に満たないタイヤホイールを販売 したとして、愛知県警は13日、 不正競争防止法違反(誤認惹起表示)の疑いで、福岡県苅田町の輸入タイヤ・ホイール販売会社「オートウェイ」の社長 倉元進容疑者(58)=同県福津市=ら男3人を逮捕した。 捜査関係者によると、ホイールが原因となった事故は確認されていない。 3人は昨年、 基準に適合したことを示す「JWL」マークを刻印して品質を誤認させる表示をしたホイールを輸入し、兵庫県の男性に十数本を販売した疑いが持たれている。 同社ウェブサイトによると、年間230万本以上のタイヤをインターネットで販売している。 出典:共同通信 事件の詳細 事件の経緯 倉元進容疑者らは去年7月ごろから11月ごろまでの間に、海外から輸入した安全性に問題があるホイールに対して、国の安全基準に適合したことを示す「JWL」マークを付けて、品質を偽装して販売した疑いがもたれています。 逮捕前、倉元進容疑者は東海テレビの取材に対して 「うちは輸入ホイールで海外から世界中で売られているホイールを仕入れてますが、そりゃあメーカーが使う検査機は、日本のJWTCという組織の、公的団体が試験をやった機械で検査していますからね。 うちの会社が特別に問題があったと思ってませんので」 引用:東海テレビ と答えています。 事件発覚の経緯 今回の「粗悪ホイールの品質偽装」が発覚したのは全く別の事件がきっかけでした。 今年2月、ドイツ製の人気ホイールメーカー「BBS」の偽物マークが付いたホイールを販売したとして、兵庫県の会社員が逮捕される事件がありました。 この男は「オートウェイ」でBBS風デザインのホイールを購入して、「BBS」の偽物マークを付けてインターネットオークションで販売していました。 これだけ聞くと「オートウェイ」自体は関係なく、偽ブランド品を販売した会社員だけが悪いように見えます。 しかし、その後の捜査で「オートウェイ」から購入したホイールが国の安全基準に適合していないことが判明してしまいます。 そしてホイールの販売元であった「オートウェイ」に捜査が入り、今回の品質偽装が発覚したのです。 犯行動機 倉元進容疑者ら3人は調べに対して容疑を否認しています。

次の

カー用品オートウェイの社長ら逮捕 アルミホイールの粗悪品販売

オートウェイ 逮捕

東証一部「プロトコーポレーション」完全子会社。 インターネット通販で輸入タイヤやアルミホイールの販売をしています。 2019年11月 粗悪品販売で社長ら逮捕 2019年11月13日、アルミホイールの品質基準を保証する「JWL」マークを偽装し、粗悪なアルミホイールを販売した不正競争防止法違反の容疑で社長・常務取締役・仕入担当者の3人が逮捕されました。 県警によると、別件で人気ホイールメーカー「BBS」の偽造品販売をしていた事件を捜査していたところ、購入経路にオートウェイが浮上したとしています。 同社はサイト上に「重要なお知らせ」と題した文章を掲載しています。 本日、弊社の代表取締役社長、常務取締役及び従業員1名が、 不正競争防止法違反の疑いで愛知県警察に逮捕されました。 これまでも捜査機関による捜査に全面的に協力してまいりましたが、 弊社といたしましてはこのような事態に至りましたことにつきまして、厳粛に受け止め、引き続き捜査に協力をしてまいります。 しかしながら、弊社としましては、不正競争防止法に違反した認識はなく、 この点に関しましては司法当局による判断を待ち、これまで同様法令順守の徹底に努めてまいります。 お客様やお取引関係者の皆様には多大なるご迷惑ならびにご心配をお掛けしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。 株式会社オートウェイの評判 株式会社オートウェイについて、ネット上では様々な投稿があります。

次の

粗悪ホイール品質偽装「倉元進」ら3人が逮捕、顔画像や犯行動機・経緯は?【オートウェイ】

オートウェイ 逮捕

オートウェイを信頼してタイヤやホイールの紹介をしていた管理人としては、非常に驚いております。 逮捕の理由を調べたところ、中国より輸入したホイールが安全基準を満たしてるとの事で販売してましたが、実は満たしておらず、粗悪なホイールを販売した容疑となっております。 オートウェイの社長が逮捕に繋がったのは、愛知県警の捜査により、有名ホイールメーカー「BBS」の偽物をインターネットで販売していた会社員の男を逮捕したことで発覚しており、そのホイールがオートウェイで販売されていたホイールだったようです。 そもそも日本国内で販売してされるホイールには国土交通省が定めた安全基準をクリアしたものに与えられる「JWL」マークがあり、その試験をクリアした物しか販売できませんが、それを偽って表示していたとの事。 一刻も早く真相究明してもらい、オートウェイの信頼を回復してもらいたいですね。 以下オートウェイホームページより引用 本日、弊社の代表取締役社長、常務取締役及び従業員1名が、 不正競争防止法違反の疑いで愛知県警察に逮捕されました。 これまでも捜査機関による捜査に全面的に協力してまいりましたが、 弊社といたしましてはこのような事態に至りましたことにつきまして、厳粛に受け止め、引き続き捜査に協力をしてまいります。 しかしながら、弊社としましては、不正競争防止法に違反した認識はなく、 この点に関しましては司法当局による判断を待ち、 これまで同様法令順守の徹底に努めてまいります。 お客様やお取引関係者の皆様には多大なるご迷惑ならびにご心配をお掛けしましたことを重ねて深くお詫び申し上げます。 以上 オートウェイ社長 不起訴処分 12月3日付で、代表取締役社長1名、同社常務取締役1名及び同社従業員1名 の合計3名が不起訴処分となりました。 以下オートウェイホームページより引用 2019年11月13日付「お知らせ」のとおり、当社の代表取締役社長1名、同社常務取締役1名及び同社従業員1名の合計3名が、2019年11月13日付で、不正競争防止法違反の疑いで愛知県警察に逮捕されておりました。 本件に関しまして、2019年12月3日付で、当該3名が不起訴処分となったとの事実を確認いたしましたので、その旨をお知らせいたします。 関係者の皆様には、ご心配とご迷惑をおかけしましたことについて、深くお詫び申し上げます。 なお、当社といたしましては、コンプライアンスをより意識した適切な経営判断を行うための体制作り、ガバナンスの強化及び組織内におけるチェック機能の強化等に取り組んでおりますが、更に、リスクマネジメントを強化することで信頼回復に努めてまいります。 本件に関する問題の所在及び今後の対応については精査中であり、確定次第、別途開示いたします。 以 上 人気記事ランキング【過去7日間集計】• 1930年に日本初の純国産タイヤ生産を行ったメーカーご... 日本最強で最高のコメディアン、志村けんさんが、コロナウ... TURANZA(トランザ)とは、TOURINGとPOT... FALKEN(ファルケン)タイヤの評判は?ユーザー口コミ評... エクストリームコンタクトdws06(extremeco... 管理人が拠点とする九州は、台風や被害が目立つ地域の1つ... グッドイヤー(GOODYEAR)タイヤ通販のユーザー口コミ... コンチネンタルタイヤとは? コンチネンタルタイヤ... DUNLOP(ダンロップ)タイヤを格安通販するなら事前... 今回はタイヤ交換体験談です。 愛車のシビックタイプR(FK2... DAVANTI(ダヴァンティ)は、イングランドのタイヤ... ミシュランタイヤは1880年にフランス生まれた歴史ある... ハイエースは日本が誇るトヨタ自動車の定番ワンボックスカーで... モモ(MOMO Srl)は、創業1964年と50年以上... HIFLY(ハイフライ)タイヤの評判は?ユーザー口コミ評価... Radar レーダー は、シンガポールのOmni Un... YOKOHAMA(ヨコハマ)タイヤの評判は?ユーザー口コミ... イタリア ミラノに本社を置くタイヤメーカーPIRELL... アジアンスポーツタイヤがおすすめできる時代になりました。... 「ナンカン(NANKANG)」の本社は台北市南港区。 カテゴリー•

次の