ベトナム 新型 コロナ ウイルス。 【緊急レポート】新型コロナ対策優等生といわれるベトナム。在住日本人から見たベトナム政府の対応はどうだったか?

ベトナムの新型コロナ死者数がゼロなのはなぜ?国の対策や予防方法は?

ベトナム 新型 コロナ ウイルス

「感染者の少なさや厳しい取り組みを伝えても、東京に信じてもらえない」。 ベトナムの新型コロナウイルス対策について議論していた時、ある日本人駐在員が嘆いた。 日本とは違う社会主義国のやり方は参考にならないと思われているのかもしれない。 私も当初は政府の発表する感染者数が少なすぎると疑っていたし、徹底した隔離もやり過ぎではないかと感じていた。 新型コロナの感染拡大が始まって約3カ月。 今は「主義」の違いを超えて、日本が学べることは何かを考えている。 感染者数は本当? ベトナム政府は23日、「社会隔離」と名付けて1日から続けていた外出制限を緩和した。 首都ハノイや南部ホーチミンではレストランや露店が営業を再開し始めた。 タクシーも車両の台数に制限はあるが営業を許可された。 新たな感染者は16日から23日まで出ず、約9600万人の人口に対して、同日時点の感染者数は累計268人。 このうち約8割の220人がすでに回復した。 死者はいない。 24日になって新たに感染が確認された2人は、特別便で2日前に日本から帰国したベトナム人だった。 少ない感染者数をどう見るべきか。 当初の意見はベトナム国内でも分かれていた。 初めて感染が確認されたのは1月23日。 感染が広がった中国・武漢出身の親子だった。 感染者はその後、2月13日までに計16人に増加。 同14日時点でのクルーズ船を除く日本の感染者数は41人で、日越両国に大きな差はなかった。 中国と約1400キロの国境を接していることを考えると、ベトナムの方が感染者が少な過ぎると感じた。 ベトナムの政治に詳しい日本人にその印象を伝えると、「国民に危機感を持たせるためにも数字は隠していないはずだ」という答えが返ってきた。 一方で、親しいベトナム人からは逆に「ベトナム人は誰も政府の発表する数字を信用していない」と言われた。 感染者数に比べて、政府の進める対策があまりにも厳しく、実際の感染者数はもっと多いのではないかと疑いを持ったからだ。 ベトナム政府は2月1日に中国との旅客航空便の運航を停止。 同5日には過去2週間以内に中国に滞在歴のある外国人の入国拒否を始めた。 日本が中国からの入国の大幅な制限を決めたのは3月5日で、ベトナムの方が約1カ月早い。 さらに旧正月の休暇を終えて再開するはずだった学校も、早々に休校が決まっていた。 再開は繰り返し延期になり、結局、ほとんどの学校は1月下旬から休校したままになっている。 私の息子(9)も1月の赴任に合わせて転入した新しい学校に、旧正月前の4日しか通えていない。 2月13日には6人の感染者が….

次の

ベトナムハノイ 新型コロナウイルス続報

ベトナム 新型 コロナ ウイルス

在ベトナム日本国大使館からの続報2 今般,ベトナム保健省から新たな感染者に係る発表があったところ、その要旨は以下のとおりです。 追加情報においては,適宜お知らせします。 3名ともに武漢から帰国した者であり、うち 1名はタインホア省総合病院、残る2名は中央熱帯病院第二診療所(ハノイ)でそれぞれ隔離・治療中とのことです。 ベトナム保健省が発表した感染症予防のための注意事項 以上の状況を踏まえ、邦人の皆様におかれましては、引き続きベトナム保健省が発表した感染症の予防の注意事項の実施を心がけるようお願いします。 (1) 急性呼吸器感染症の患者との接触を制限する。 患者と接触する時は, 医療用マスクを適切に着用し,患者との距離を保つ必要がある。 (2)体を暖かくし,衛生状態を保ち, 石鹸でよく手を洗い,肺炎を防ぐためによく うがいをする。 (3)咳やくしゃみをする時は,分泌液の飛沫を抑えるために, 布やハンカチで口や鼻を覆う必要がある。 (4)中国湖北省武漢市から帰国した人,又は武漢市の新型肺炎患者と濃厚に接触した人で,14日以内に発熱,咳,息切れの等の症状を示したら至急相談・検査・治療のために最寄りの医療施設を受診する。 (5) 農場の動物や野生動物との濃厚な接触を制限する。 ベトジョー情報 ベトジョー情報でも最新の情報が得られるサイトです。 ベトナムでは、日本語でベトナムの最新情報が得られるサイトというのがなかなかなく、 このベトジョー情報、私が赴任中もよくよく見ておりました。 たびレジに登録 こういう状況下では 最新情報を正しいルートで早く得ることが重要です。 この在ベトナム大使館からの情報を得るためには登録が必要です。 以下いずれかの対応が必要です。 ・在留届を提出いただいた方(メールアドレスを記入いただいた方) ・「たびレジ」に登録いただいた方 外務省のHPから登録できます。 からご確認ください。 たびレジは、海外旅行者でも登録できます。 渡航前にぜひ登録ください。 まとめ 1.ベトナムでの感染者は5名(30日現在) 2.感染予防のために注意事項を守る 3.在ベトナム日本国大使館から最新情報を得るために「たびレジ」に登録を。 )の活動を一時停止 2月2日の記事 :ベトナム保健省の勧告 1月30日の記事: ベトナム保健省が発表した感染症予防のための注意事項 1月28日の記事:ベトナムハノイ 新型コロナウイルス続報 1月25日の記事:ベトナム国内で発症!新型コロナウイルスにご注意を!.

次の

ベトナム、「新型コロナウイルス」に関する最新情報

ベトナム 新型 コロナ ウイルス

技能実習に係る新型コロナウイルス感染症関連情報(2020年6月15日更新) 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、技能実習生の受入れについても関係機関においてさまざまな措置が講じられております。 本お知らせでは、監理団体・実習実施者向けに各機関が公表している情報を一覧にとりまとめてご案内いたします。 入国・在留諸申請に関すること 法務省のウェブサイトに次のとおり各種情報が掲載されています。 )、 インドネシア、 フィリピン、 タイ、シンガポール、マレーシア、韓国、台湾、ブルネイ、インド、パキスタン、バングラデシュ、モルディブ ・その他 「法務省 新型コロナウイルス感染症の拡大防止にかかる上陸拒否等について」をご参照ください。 対象となる国・地域及び措置の内容については、上記URLまたは下記のJITCOからのお知らせをご参照ください。 5月29日付けお知らせ 2 在留資格認定証明書の有効期間の延長 2020年3月10日から、在留資格認定証明書の有効期間については、当面の間は6か月有効(通常は3か月)として取り扱われることとなりました。 従前と同一の業務で就労を希望するもの。 (4月27日より、従前と異なる受入機関での就労も認められることとなりました。 就労を希望しないもの。 また、「特定技能1号」への移行を希望している技能実習修了者についても、移行の準備が整わないときは、「特定活動(4か月・就労可)」への在留資格変更が可能です。 単に受験手続きが遅れたなどの理由は本取扱いの対象となりませんので、事前に申請先の地方出入国在留管理局へご相談されることをおすすめします。 )により出国中である方が、出国前に在留資格変更許可申請又は在留期間更新許可申請を行っている場合であって、新型コロナウイルス感染症の影響により再入国できないときは、本邦にある親族又は受入れ機関の職員等による当該申請の許可に係る在留カードの代理受領を認めることとし、出国中の方が再入国許可による上陸申請を行うことが可能です。 また、新たな受入先を探すためのマッチング支援も展開されています。 詳細は下記URLをご参照ください。 新型コロナウイルス感染症の影響により解雇等をされた技能実習生等への雇用維持支援について(4月27日付けお知らせ) 2. 技能実習の実施に関すること 外国人技能実習機構のウェブサイトに次のとおり各種情報が掲載されています。 これらの情報は掲載後に内容が更新されるコンテンツもありますので、随時ご確認ください。 「外国人技能実習機構 新型コロナウイルス感染症について」 1 「新型コロナウイルス感染症に関するよくあるご質問について(周知)」 法務省のウェブサイトにも同一の内容が掲載されています。 2 「入国後講習の実施にあたっての新型コロナウイルス感染症対策について」 入国後講習を実施する際は手洗いやアルコール消毒、受講者の座席間に一定の距離を置くことを要請する内容です。 ) 3 「新型コロナウイルス感染症の感染拡大の影響により技能実習責任者等の養成講習の受講が困難となった場合の取扱いについて」 新型コロナウイルスの影響による講習の開催延期等により、本年3月31日までに技能実習責任者に養成講習を受講させることが困難となった実習実施者が、技能実習計画の認定申請を行う場合は、当初の受講予定と今後の受講見込みを記載した資料を添付することとされています。 4 「監理団体及び実習実施者における新型コロナウイルス感染症に関する対応について」 監理団体・実習実施者向けの感染防止対策に関する案内資料です。 5 「新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止に向けたお願い」 外国人技能実習機構に対する各種申請・届出書類は郵送による提出は、極力として郵送を利用すること、また監査・訪問指導の実施が困難な場合には同機構に相談するよう呼びかけるものです。 6 「生活を支えるための支援のご案内」(厚生労働省) 各種助成金や融資などの支援策がわかりやすく網羅されています。 事業者の方だけでなく、支援を必要とするあらゆる方に向けたリーフレットです。 7 「新型コロナウイルス感染症の影響に対する外国人及び受入れ機関への支援策」.

次の