バッタ の 大群 日本。 【海越えられない?移動】バッタの大群、日本襲来の可能性(動画)

蝗害

バッタ の 大群 日本

5月末、インド北西部・ラジャスタン州に飛来したバッタの大群は、居住用マンションの屋上を隙間なく覆った 写真:アフロ 「忘れもしない5月25日の午前10時頃、私が取材で訪れていたインド・ジャイプルに奴らが来ました。 無数の羽音が近づいてきたかと思うと、晴れた空が一瞬にして黒い雲に覆われた。 町中の人が外に出て、プラスチックの容器を必死に叩いて音を出し、奴らを追い払おうとします。 しかし、数が多すぎて効果はあまりない。 新型コロナウイルスの蔓延に苦しむ人類に、もう一つ未曾有の災厄が襲いかかる。 「サバクトビバッタの大群」だ。 農学・昆虫学を専門とする東京農業大学の足達太郎教授が解説する。 「本来サバクトビバッタは、1匹単位で生活する大人しい種です。 しかし、一昨年から昨年にかけて、東アフリカで季節外れの大雨が降った影響で、バッタが大量発生した。 すると、性質に変異が生じ、翅 はね が長く獰猛で群れを作る種が生まれました。 その種が長距離を大群で移動して、各地に被害を及ぼしているのです」 過去70年で最大規模とされるバッタの大群は、生まれ故郷のアフリカを出発し、各地で農作物を食いつくしながら東進中。 現在インドに到達した。 中国政府は警戒を強め、ニュース番組は連日のように『4000億匹のバッタの大群がインド・パキスタン国境から中国に迫っている』と報道。 中国農業科学院植物保護研究所の研究員は、6月中にバッタが飛来する可能性を示唆している。 足達教授は話す。 「変異して群れるようになったバッタは、季節風に乗って飛ぶ。 風がうまく吹けば、数千㎞飛ぶことも可能です。 過去には、西アフリカからカリブ海諸島に到達したという記録もあります」 当然、日本も他人事では済まされない。 中国に侵入したバッタの大群が、黄砂を運ぶ風に乗って海に隔てられた2000㎞をやすやすと越え、日本列島へと飛来することは十分にあり得るのだ。 今年の1月中旬頃、ケニアでサバクトビバッタが大量発生。 サンブル国立保護区の災害対策チームもたじたじだ 『FRIDAY』2020年6月19日号より• 写真:アフロ.

次の

バッタの大群が日本に来るか調べてみた!大量発生の理由をくわしく解説!

バッタ の 大群 日本

バッタの大群は日本に来る? ずばり、大量のサバクトビバッタが日本に来る可能性は限りなく低いでしょう。 海に囲まれているためバッタは日本まで直接来れませんし、現在大量発生しているバッタはヒマラヤ山脈で引き返しています。 バッタの大群が日本に来るかもというツイートを見かけたが そもそも現在はヒマラヤ山脈でUターンしている。 まずいことに変わりはないがもっと勉強してどうぞ。 しかしそうして日本に入ってきてしまったサバクトビバッタは日本の環境に適していないので影響は少ないでしょう。 それは輸入の影響です。 サバクトビバッタの大群によって、インドでは飛行機の離着陸に影響が出ています。 また、バッタの群衆が農作物を食い荒らして移動しているため、食糧危機となっている地域も。 ヒマラヤ山脈を超えられなかったバッタたちはUターンして、アフリカなどで第二波の被害が出始めているようですね。 インドの民間航空省は、バッタの大群は今やあまりに巨大化し、「航空機の運航にとって極めて重要な離着陸の際、機体に脅威を及ぼし得る」と懸念を示し、「個々のバッタは小さいが、無数のバッタがフロントガラスを覆えば、操縦士の視界に影響を与えることは明白だ」と話した。 — AFPBB News afpbbcom インドでバッタが農作物を食い荒らし、政府が駆除に追われています。 被害は26年間で最悪の規模とか。 輸入に頼る日本の食への影響が心配です。 食糧も「脱中国」で、自給率を高める必要があります。 — 釈 量子 shakuryoko 日本は輸入に頼っていることが多いので、間接的な被害は避けられないかもしれません。 アフリカから、バッタの大群がインドや中国に渡ってきています やがて日本にも? 日本に来なくても、食料の多くを輸入に頼っているわけで・・・ サバクトビバッタの正体 ちなみにイナゴと違って食用には適さないそうです — ビジネスマインド buisinesmind SNSでの反応、バッタの群衆写真 やはり日本に来るのではないかと思っている人は多く、以下のような反応が多いですね。 殺虫剤が品切れになる!• 日本に来たらどうしよう…• あんなバッタの大群がいたら生きられない 精神的に 自分も思います。 あんな大量のバッタが家の周りを飛んでいたら、まず外に出れませんし、精神的に追い詰められそう、と 笑 バッタの大群は今やあまりに巨大化ついにインドに。 怖すぎる。 インドでは飛行機の運行にも影響が出てるらしい。 車ですら、こんなの襲ってきたら停めて去るのを待つけど、 飛行機は停まれないもんな~。。 ウィルスの次はバッタ、それに付随した食糧危機。。 とか、今年は本当に大変な年になったな~。 日本に来ないことを祈るしかない。 — きのこ sizenseikatsu1 まとめ• 日本にサバクトビバッタが群衆で来る可能性は低い• 輸入用コンテナなどに成虫や卵が入り込む可能性はある• 日本には直接の影響はないが、間接的に影響はありそう サバクトビバッタについては、こちらの動画でとても詳しく解説されていて、私も視聴させていただきました。 70万回以上再生されている今回のバッタの解説動画なので、気になる方は是非ご覧ください!.

次の

バッタ(サバクトビバッタ)の大群が中国へ。農作物を食い尽くす|気になる調べ隊!

バッタ の 大群 日本

バッタの大発生と聞くと、外国の出来事を思い浮かべてしまいますが、かつて日本においても悩まされていました。 今回は日本におけるバッタの大発生について、紹介していきたいと思います。 日本でバッタが大量発生したのはいつ?その理由や原因は? バッタの大発生により作物などが大打撃を受けることを、「 蝗害」といいます。 明治初期に北海道で、 2回も蝗害に見舞われました。 1875年(明治8年)9月27日、道東の太平洋沿岸を台風が直撃し、大洪水が起こりました。 その結果、ヨシやススキなどイネ科の植物が生い茂る草原が現れました。 その後、数年間天気に恵まれたため、トノサマバッタの大繁殖を招くこととなりました。 1879年(明治12年)から発生の兆しが見られましたが、本格的には1880年(明治13年)8月のことです。 翌年(明治14年)にも再び大発生し、この年は渡島国軍川まで進出しました。 当時の記録では、捕獲した数、なんと約 400億匹とまったく想像もできません。 蝗害はその後も続き、1883年(明治16年)には道南の日本海側まで達することになります。 日本で大量発生したバッタへの対策措置は? スポンサードリンク この事態に対して、陸軍は大砲を撃ちこむなどしてバッタの駆除にあたりました。 しかし、民家の障子紙まで食い尽くされ、北海道の各地でとても大きな影響が見られました。 これから開発が進む予定だった、十勝国では開発が進んでいなかったので、大きな被害は出ませんでした。 1884年(明治17年)には延べ 3万人のアイヌの人々が駆除に駆り出されましたが、それでも 終息しませんでした。 北海道では翌年の予算に前代未聞のバッタの駆除費用を組み込むこととなりました。 しかし、1884年(明治17年)9月の長期にわたる降雨によってバッタの多くが子孫を残すことができませんでした。 蝗害は昭和の初期まで、その後も何度か起こっています。 まとめ まさかこれほどまでの被害が出ていたとは思いもしませんでした。 開発が進み、生態系のバランスが崩れたところへ、天災に見舞われた結果、バッタにとって好環境が誕生しました。 天災とも言えますが、間接的には人災の要素も含んでいるような気がします。 スポンサードリンク.

次の