昭和30年 歳。 1955年(昭和30年)生まれ~年齢・干支・学歴・厄年早見表

年齢早見表

昭和30年 歳

三橋美智也は昭和5年、北海道で生まれました。 母親が民謡歌手で、美智也も5歳で初舞台を踏みます。 そしてなんと9歳で全道民謡コンクールで優勝します。 小学校卒業後、国鉄に就職。 働きながら民謡一座で歌い、津軽三味線を勉強しました。 19歳で上京。 民謡教室でアルバイト、ボイラーマンの仕事もしていました。 23歳でキングレコードの専属歌手としてデビュー。 1年後には『おんな船頭唄』が大ヒット。 その後も多くのヒット曲を歌い、昭和30年代前半は「三橋で明けて三橋で暮れる」と言われるほどだったそうです。 民謡で培った高い音程とこぶしが魅力の歌声ですね。 「民謡三橋流」の家元となり、門下生には千昌夫、細川たかし、石川さゆりがいます。 リンゴ村から 矢野亮作詞 林伊佐緒作曲 三橋美智也 昭和31年 好きだった人が田舎の町を出ていって幾歳か過ぎてしまいました。 今でも「覚えているかい?」と問いかけます。 歌っていると、主人公の気持ちに共感し、まるで自分のことのように思える名曲ですね。 古城 林鞠太郎作詞 細川潤一作曲 三橋美智也 昭和34年 冒頭の「松風さわぐ丘の上」で一気に古城の世界に引き込まれます。 松の木が風でザワザワと音を立てています。 栄華の昔の面影も消え、今は石垣も崩れてしまった。 古城はひとり、何を想っているのだろう。 こちらも名曲ですね。 哀愁列車 横井弘作詞 鎌田俊与作曲 三橋美智也 昭和31年 冒頭の高い音程の伸ばしは三橋美智也ならではと言えるでしょう。 歌うのは難しいので、セラピストが大きな声で歌い、皆をリードしましょう。 次は 村田英雄です。 昭和4年、佐賀県で生まれました。 三橋美智也より一つ歳上です。 村田英雄も三橋美智也のように、子供の頃から芸を仕込まれていました。 養父母が旅回り一座に入っていたのです。 4歳で初舞台。 5歳の時に浪曲師酒井雲に弟子入りします。 13歳で真打になったのですから大したものですね。 20歳で上京し、浪曲師として注目を集めるようになります。 29歳の時、古賀政男に見いだされ、古賀政男作曲の『無法松の一生』でデビュー。 なかなかヒットが出なかったのですが、32歳の時に『王将』が大ヒットしました。 下の動画は三波春夫と共演した浪曲「義士の本懐」です。 浪曲をご存知ない方はどうぞ。 三味線と二人の浪曲師の息がぴったりですね。 無法松の一生 吉野夫二郎作詞 古賀政男作曲 村田英雄 昭和33年 浪曲「無法松の一生」は村田英雄の十八番の演目でした。 この曲を受け、三船敏郎と高峰秀子の主演で映画化されました。 浪曲も映画もぜひ一度視聴されることをお勧めします。 人生劇場 佐藤惣之助作詞 古賀政男作曲 村田英雄(昭和34年) 楠木繁夫(昭和13年) 昭和13年に楠木繁夫が歌った歌を、村田英雄がリバイバルしました。 尾崎士郎の自伝的小説がもとになっています。 男性が好きな歌です。 王将 西條八十作詞 船村徹作曲 村田英雄 昭和36年 将棋棋士の阪田三吉をモデルにした曲。 ほとんどの人がよく歌えます。 将棋の好きな男性には特に人気があります。 3人目は 島倉千代子です。 昭和13年、品川区で生まれました。 15歳で日本音楽高等学校に入学、16歳でコロンビア全国歌謡コンクールで優勝し、デビューします。 デビュー曲の『この世の花』は200万枚のヒットとなり、人気歌手となりました。 30年代には『この世の花』『りんどう峠』『逢いたいなァあの人に』『東京だよおっ母さん』『からたち日記』『恋しているんだもん』などたくさんのヒット曲があります。 この世の花 西條八十作詞 万城目正作曲 島倉千代子 昭和30年 島倉千代子の歌はいじらしく純な女心が歌われているものが多く、女性に人気があります。 大正から昭和初期に生れた方々は、見合い結婚が多く、たとえ、好きな人がいても、親の言うことを聞いて結婚する人がほとんどでした。 2番の「想う人には嫁がれず 想わぬ人の言うまま気まま」という歌詞には、そんな意味も含まれているのかもしれませんね。 東京だよおっ母さん 野村俊夫作詞 船村徹作曲 島倉千代子 昭和32年 お母さんの手を引いて東京見物をします。 1番は二重橋、2番は靖国神社、3番は浅草ですね。 2番の歌詞、「優しかった兄さん」に逢いに行くおっ母さんの気持ちになって、涙する人も多いです。 からたち日記 西沢爽作詞 遠藤実作曲 島倉千代子 昭和33年 想いを寄せる人と相合傘をした経験はありますか? 肩と肩が触れ合ったりしてときめきました。 3拍子、2拍子、4拍子とコロコロ拍子が替わりますが、歌う側には自然に感じられる不思議な曲です。 まだ時間があるようなら、下記の中から選んで歌うのもいいかもしれません。 後半は坂本九の活躍が目立ちますね。 どの歌もよく歌える歌です。

次の

1955年(昭和30年)生まれ~年齢・干支・学歴・厄年早見表

昭和30年 歳

満年齢とは? 「満年齢」とは、 生まれた時を0歳とし、誕生日を迎えるごとにひとつ年齢が増える数え方のことで、生まれた一年後の誕生日に、1歳になります。 「満20歳」などと表記します。 普段の生活でしたら満年齢は「誕生日に年を重ねていく」ということで問題はありませんが、少しややこしいのが法律です。 年齢計算に関する法律(明治35年12月22日施行)では「年齢は出生の日より之を起算す」と書かれています。 これは、 誕生日に年を重ねるのではなく、誕生日の前日に年を重ねるということです。 誕生日を1日目とし、365日目に年を重ねるのです。 誕生日が1日目なら、365日目は誕生日の一日前なんですね。 誕生日の前日に年を重ねるので、4月1日生まれの人は3月31日に満年齢を迎えます。 そのため、4 月1日生まれの人は「遅生まれ」とされ、4月2日以降に生まれた人よりも学年が一つ上になるのです。 数え年とは? 「数え年」とは、 生まれたその日にすでに1歳で、元日(1月1日)に年を重ねるという数え方です。 例えば、2019年4月10日に生まれた人は、その時点で1歳です。 そして、2020年1月1日に2歳になります。 私たちが一番耳にする長寿のお祝いのひとつに 「還暦」があります。 還暦は満年齢60歳でお祝いをし、それ以外の長寿のお祝いは数え年でお祝いをします。 数え年で自分が今何歳なのか知りたいときは、 「元日から誕生日前までは満年齢+2歳」「誕生日当日から12月31日までは満年齢+1歳」と計算してみましょう。 2020年「満年齢」「数え年」早見表 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 令和2年 2020年 0歳 1歳 平成31年・令和元年 2019年 1歳 2歳 平成30年 2018年 2歳 3歳 七五三 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成29年 2017年 3歳 4歳 平成28年 2016年 4歳 5歳 七五三 平成27年 2015年 5歳 6歳 平成26年 2014年 6歳 7歳 七五三 平成25年 2013年 7歳 8歳 小学校入学 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成24年 2012年 8歳 9歳 平成23年 2011年 9歳 10歳 平成22年 2010年 10歳 11歳 平成21年 2009年 11歳 12歳 平成20年 2008年 12歳 13歳 平成19年 2007年 13歳 14歳 中学校入学 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成18年 2006年 14歳 15歳 平成17年 2005年 15歳 16歳 平成16年 2004年 16歳 17歳 高校入学 平成15年 2003年 17歳 18歳 平成14年 2002年 18歳 19歳 女性厄年 平成13年 2001年 19歳 20歳 平成12年 2000年 20歳 21歳 成人 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 平成11年 1999年 21歳 22歳 平成10年 1998年 22歳 23歳 平成9年 1997年 23歳 24歳 平成8年 1996年 24歳 25歳 男性厄年 平成7年 1995年 25歳 26歳 平成6年 1994年 26歳 27歳 平成5年 1993年 27歳 28歳 平成4年 1992年 28歳 29歳 平成3年 1991年 29歳 30歳 平成2年 1990年 30歳 31歳 平成元年・昭和64年 1989年 31歳 32歳 昭和63年 1988年 32歳 33歳 女性厄年 昭和62年 1987年 33歳 34歳 昭和61年 1986年 34歳 35歳 昭和60年 1985年 35歳 36歳 昭和59年 1984年 36歳 37歳 女性厄年 昭和58年 1983年 37歳 38歳 昭和57年 1982年 38歳 39歳 昭和56年 1981年 39歳 40歳 昭和55年 1980年 40歳 41歳 昭和54年 1979年 41歳 42歳 男性厄年 昭和53年 1978年 42歳 43歳 昭和52年 1977年 43歳 44歳 昭和51年 1976年 44歳 45歳 昭和50年 1975年 45歳 46歳 昭和49年 1974年 46歳 47歳 昭和48年 1973年 47歳 48歳 昭和47年 1972年 48歳 49歳 昭和46年 1971年 49歳 50歳 昭和45年 1970年 50歳 51歳 昭和44年 1969年 51歳 52歳 昭和43年 1968年 52歳 53歳 昭和42年 1967年 53歳 54歳 昭和41年 1966年 54歳 55歳 昭和40年 1965年 55歳 56歳 昭和39年 1964年 56歳 57歳 昭和38年 1963年 57歳 58歳 昭和37年 1962年 58歳 59歳 昭和36年 1961年 59歳 60歳 昭和35年 1960年 60歳 61歳 還暦・男女厄年 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和34年 1959年 61歳 62歳 昭和33年 1958年 62歳 63歳 昭和32年 1957年 63歳 64歳 昭和31年 1956年 64歳 65歳 昭和30年 1955年 65歳 66歳 緑寿 昭和29年 1954年 66歳 67歳 昭和28年 1953年 67歳 68歳 昭和27年 1952年 68歳 69歳 昭和26年 1951年 69歳 70歳 古希 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和25年 1950年 70歳 71歳 昭和24年 1949年 71歳 72歳 昭和23年 1948年 72歳 73歳 昭和22年 1947年 73歳 74歳 昭和21年 1946年 74歳 75歳 昭和20年 1945年 75歳 76歳 昭和19年 1944年 76歳 77歳 喜寿 昭和18年 1943年 77歳 78歳 昭和17年 1942年 78歳 79歳 昭和16年 1941年 79歳 80歳 昭和15年 1940年 80歳 81歳 傘寿 昭和14年 1939年 81歳 82歳 半寿 昭和13年 1938年 82歳 83歳 昭和12年 1937年 83歳 84歳 昭和11年 1936年 84歳 85歳 昭和10年 1935年 85歳 86歳 昭和9年 1934年 86歳 87歳 昭和8年 1933年 87歳 88歳 米寿 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 昭和7年 1932年 88歳 89歳 昭和6年 1931年 89歳 90歳 卒寿 昭和5年 1930年 90歳 91歳 昭和4年 1929年 91歳 92歳 昭和3年 1928年 92歳 93歳 昭和2年 1927年 93歳 94歳 昭和元年・大正15年 1926年 94歳 95歳 大正14年 1925年 95歳 96歳 大正13年 1924年 96歳 97歳 大正12年 1923年 97歳 98歳 大正11年 1922年 98歳 99歳 白寿 生まれ年 西暦 満年齢 数え年 年齢ごとの行事 大正10年 1921年 99歳 100歳 上寿 大正9年 1920年 100歳 101歳 大正8年 1919年 101歳 102歳 大正7年 1918年 102歳 103歳 大正6年 1917年 103歳 104歳 大正5年 1916年 104歳 105歳 大正4年 1915年 105歳 106歳 大正3年 1914年 106歳 107歳 大正2年 1913年 107歳 108歳 茶寿 大正元年・明治45年 1912年 108歳 109歳 明治44年 1911年 109歳 110歳 明治43年 1910年 110歳 111歳 皇寿 明治42年 1909年 111歳 112歳 明治41年 1908年 112歳 113歳 明治40年 1907年 113歳 114歳 明治39年 1906年 114歳 115歳 明治38年 1905年 115歳 116歳 明治37年 1904年 116歳 117歳 明治36年 1903年 117歳 118歳 明治35年 1902年 118歳 119歳 頑寿 満年齢と数え年の違いがわかりましたね。 七五三や長寿のお祝いなどは、もともとは数え年で行っていましたが、現在は満年齢で行うこともあるようです。 地域やご家庭によって数え年か満年齢か異なるかもしれませんので、事前に周囲の人に相談して決めるようにしましょう。 また、厄年も多くの神社やお寺では数え年で厄払いを行いますが、満年齢で行うところもありますので事前にチェックしておきましょう。 関連: 関連: 関連: -.

次の

1955年(昭和30年)生まれの年齢早見表|西暦や元号から今何歳?を計算

昭和30年 歳

他の紀年法 [ ]• 干支:(きのとひつじ)• 日本(月日は一致)• 30年• 2615年• (月日は一致)• 44年• ・(月日は一致)• 4288年• 44年• :2497年 - 2498年• :1374年5月7日 - 1375年5月16日• :5715年4月7日 - 5716年4月16日• MJD :35108 - 35472• LD :135949 - 136313 スズキ初の軽自動車 1月 [ ]• - が「」を発売し、同時に「」も登場。 - 前穂高岳にて「」発生• - ビキニ被災補償でアメリカ合衆国が200万ドルの慰謝料を支払うことが日米の間で公文交換される。 - が「」を発売(発売の「」の源流で、10月に「ダットサン・210」も発売)。 - 国鉄電車がへ転落し、30余名が死傷• - 衆議院解散() 2月 [ ]• - の建設現場にて爆発事故。 死者19名、負傷者多数。 - ソ連首相辞任。 日本トルコ通商協約成立。 - が東京版発刊、同時に同紙の発行元がから分社化、株式会社デイリースポーツ社を設立(3月1日に神戸新聞社に吸収合併され解散)。 - 英国が製造開始発表• - ので(犠牲者99名)• - が「」を創刊。 - が「」を創刊。 - 投票(解散()) 3月 [ ]• - 召集(閉会)。 航海訓練所練習船が地域の日本将兵の遺骨5889体と元日本兵4人を乗せて帰国。 - 第二次鳩山内閣発足 4月 [ ]• - テレビ(現在の)開局• - 栄電社(後の、現在の)設立• 4月7日 - イギリスで首相が引退、が後任に• - 通産省に原子力課新設• - の炭鉱で大規模なボタ山崩落事故()が発生(犠牲者68人)• - ので開催 5月 [ ]• - が「ぺんてるくれよん」を発売。 5月1日 - が「オリンパス35S」を発売(9月には「オリンパスワイド」も発売)。 - がの完全回復を宣言• - (犠牲者168名)• - 結成、冷戦激化• 5月14日 - 内で修学旅行生を乗せたバスが橋から転落し12名が死亡。 - の先代のターミナルビルが開館。 - 内部の内紛から監督が辞任し、が選手兼任で監督復帰。 - 初版発行()• - が来日。 6月 [ ]• 現行の発行開始。 - で同学会と大学当局が対立、総長が監禁暴行される()• - ので開催されたで、レース車両が観客席に飛び込む事故が発生。 死者84名。 - ソ連初のダイヤモンド鉱山・が発見される。 - 全廃 7月 [ ]• - が完成。 - 「」が発生• - のに開園• - 経済審議庁をに改組• - (現在の)設立• - の中河原海岸で水泳講習中の橋北中学校の女子生徒36名が水泳訓練中に溺死()。 8月 [ ]• - の玩具用花火工場が爆発。 死者18名()。 - にある火薬工場にて爆発事故があり死者3名()。 - が少女漫画雑誌「」を創刊。 - 第1回開催• - が初の発売。 - の(作)除幕式• - が発覚 9月 [ ]• - が「」を発売。 - の投手が通算300勝を達成、シーズン終了後に現役引退。 - 連越、越南祖国戦線に改組• 9月10日 - 日本が GATT に正式加盟• - のが交通事故死。 10月 [ ]• 10月1日 - が「フェザーシャンプー」を発売。 - で『 ()』、で『』が放映開始。 - が自社初の軽自動車「」を発売。 - が左派と右派の分裂状態を4年ぶりに解消()• - はがに4勝3敗で2年ぶりの日本一。 - オーストリア議会が永世中立を決議。 11月 [ ]• 11月1日 - の茂尻炭鉱でガス爆発事故、60人死亡。 - 「」発刊()• 11月3日 - 開業• - 結成(ら)• - 発足によりのはじまる。 - 調印。 - 社会党の再統一に刺激され、二大保守政党のとが合併し、が誕生する()。 その後38年間続いたいわゆるの幕開けとなる。 - 第23回臨時国会召集(開会) 12月 [ ]• - モンゴメリー・バス・ボイコット事件(1955年、)• 12月1日 - が料金前納式の公衆電話機を発売。 - との都市提携成立(日本初の)。 - トヨタ自動車が「」を発売。 - 日本のへの加盟にソ連がを行使• - 第24国会召集(閉会)• - の九州の拠点としてが設立される。 、「」を開設。 が進む• との二大政党制(55年体制)がはじまる。 (崩壊)• の始期• のにおいてが発見される。 名古屋、神戸、東京など全国的に毒ガが異常発生し被害続出 周年 [ ] 周年であること自体に特筆性のある項目(元のトピックの特筆性ではありません)のみ記述してください、また期間限定イベント(五輪、万博など)は開幕日-閉幕日起点で記述してください 以下に、過去の主な出来事からの区切りの良い年数()を記す。 ・()関連、終結から10周年。 - 軍による解放。 - -。 - -。 - -。 - 撃沈。 - -。 - -。 - 受諾。 - 調印により()終戦。 - 生誕120周年。 - ラジオ放送開始30周年。 - (当時は広島県物産陳列館)竣工40周年。 - から90周年。 - 施行30周年(当時は25歳以上の男性に投票権があった)。 - 創立40周年。 - による日露講和条約()50周年。 - 発売開始10周年。 - 結党10周年。 - 発足10周年。 - 創設20周年。 獲得10周年。 40周年(旧制中学時代を含む)。 芸術・文化・ファッション [ ]• 優勝 読売ジャイアンツ• (最高優勝)• 初場所• 春場所 千代の山雅信• 夏場所• 秋場所• (監督:、主演:)• (監督:)• () (監督:)• () (監督:)• (監督:)• (監督:)• (監督:)• (監督:、主演:・)• (監督:、特撮監督:、主演:)• (監督:)• (監督:、主演:・)• 1955年の文学• 第33回(1955年上半期) - 『白い人』• 第34回(1955年下半期) - 『太陽の季節』• 第33回(1955年上半期) - 該当作品なし• 第34回(1955年下半期) - 『強力伝』、『香港』• 第1回 - 『探偵小説辞典』• 1955年のテレビ• 真昼は考える• 1955年のラジオ• - 、• - 、元女子プロ選手・• - 、(家族会)元副代表• 1月3日 - 、• 1月3日 - 、プロ野球選手• 1月3日 - 、プロ野球選手• - 、、、• 1月5日 - 、の政治家、首相• - 、、、• - 、• - 、作家、• - 、• 1月13日 - 、女優、元• 1月13日 - 、政治家• - 、元プロ野球選手• - 、• - 、声優• - 、• - 、• 1月20日 - 、• - 、• - 、女優• 1月22日 - 、• - 、• - 、ミュージシャン()• 1月26日 - 、• 1月26日 - 、• - 、の政治家• 1月28日 - 、 2月 [ ]• - 、元• 2月1日 - 、• - 、・• - 、• 2月4日 - 、• - 、俳優• 2月5日 - 、• - 、• 2月8日 - 、• - 、• 2月10日 - 、医師・政治家• - 、• - 、・俳優• 2月12日 - 、声優• 2月12日 - 、元プロ野球選手• - 、ポップ・• - 、アナウンサー• 2月17日 - 、俳優• 2月17日 - 、元プロ野球選手• 2月17日 - 、作家• - 、元、• - 、俳優、、• 2月23日 - 、元プロ野球選手• 2月23日 - 、プロ野球選手• 2月24日 - 、元ドライバー• 2月24日 - 、元プロ野球選手• - 、アナウンサー• 2月27日 - 、元プロ野球選手• - 、元アナウンサー 3月 [ ]• - 、俳優• 3月2日 - 、政治家• - 、タレント• - 、俳優• - 、• - 、作曲家・編曲家• - 、• - 、レーサー• - 、政治家• - 、元• - 、元• 3月15日 - 、声優• 3月15日 - 、選手• - 、俳優• - 、元プロ野球選手• 3月18日 - 、・• - 、俳優• - 、シンガーソングライター• 3月20日 - 、プロ野球選手• - 、サッカー監督• 3月21日 - 、第38代• - 、漫画家• - 、元バスケットボール選手• - 、・俳優• - 、フリーアナウンサー 元アナウンサー• - 、大学教授• - 、漫画家• - 、作曲家 4月 [ ]• - 、アマチュア野球指導者• - 、元• - 、漫画家• - 、プロ野球選手• - 、サッカー指導者、元サッカー選手(元日本代表)• - 、• - 、プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、• 4月13日 - 、• - 、• - 、元プロ野球選手• 4月18日 - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• 4月19日 - 、・• 4月19日 - 、選手• - 、• - 、元サッカー選手• - 、、• - 、・• 4月26日 - 、メジャーリーガー• - 、・奏者• - 、• 4月29日 - 、元プロ野球選手• 4月29日 - 、声優、俳優、音響監督、脚本家• 4月29日 - 、女優 5月 [ ]• - 、• - 、元• - 、• - 、指導者• - 、元プロ野球選手• 5月9日 - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、メジャーリーガー• - 、女優• 5月16日 - 、• - 、ソフトウェア技術者• - 、俳優• - 、プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• 5月25日 - 、落語家、タレント• 5月25日 - 、プロ野球選手• - 、、• - 、タレント• - 、元プロ野球選手• 5月30日 - 、元プロ野球選手• - 、• 5月31日 - 、 6月 [ ]• - 、元選手• - 、元• 6月6日 - 、プロ野球選手• - 、者• 6月8日 - 、• - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - (竹中尚人)、• - 、女優• - 、元プロ野球選手• - 、元サッカー選手• 6月21日 - 、俳優• - 、元プロ野球選手• 6月24日 - 、経済学者• - 、元プロ野球選手• - 、• 6月26日 - 、元プロ野球選手、長野県議会議員• - 、女優• - 、元、元• 6月29日 - 、、元、 7月 [ ]• - 、• 7月1日 - 、• - 、ケネディ行政大学院教授• 7月2日 - 、元• - 、、教授• 7月3日 - 、元• 7月3日 - 、選手• - 、アナウンサー• 7月6日 - 、• - 、• - 、声優• - 、精神分析医• 7月13日 - 、元プロ野球選手• - 、プロ野球選手• - 、• 7月18日 - 、元プロ野球選手• - 、映画監督• 7月20日 - 、小説家、エッセイスト• - 、元、指導者• 7月21日 - 、弁護士• - 、• - 、、社長• - 、• 7月28日 - 、プロ野球選手 8月 [ ]• - 、元• - 、元プロ野球選手• - 、元• - 、元野球選手• - 、・・ドラマデザイン社代表取締役・元ドラマ部門• 8月9日 - 、元アメリカンフットボール選手• 8月9日 - 、元アメリカンフットボール選手• - 、による日本人拉致の被害者の1人• 8月10日 - 、プロ野球選手• - 、・• - 、• 8月13日 - 、元プロ野球選手• - 、実業家• - 、格闘家・シュートボクシングの創始者• - 、声優• - 、元プロ野球選手• - 、歌手・• - 、漫画家• - 、俳優• - 、• - 、• 8月28日 - 、声優• - 室山眞弓、漫画家コンビ「」姉• 8月30日 - 、元プロ野球選手• 8月30日 - 、プロ野球選手• - 、陸上選手 9月 [ ]• - 、指導者・・俳優• - 、• - 、プロ野球選手• - 、書評家・経営者• 9月4日 - 、・・• 9月4日 - 、声優• - 、政治家• - 、• - 、アマチュア野球指導者• - 、• - 、プロ野球選手• - 、• - 、漫画家• - 、小惑星探査機「」のプロジェクトマネージャー• - 、サッカー選手• - 、プロ野球選手• 9月26日 - 、女優• - 、 10月 [ ]• - 、・• - 、メジャーリーグ審判員• - 、元• - 、• - 、元プロ野球選手• 10月8日 - 、• 10月8日 - 、プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、・• 10月11日 - 、• - 、プロ野球選手• - 、歌手、俳優• - 、タレント• - 、、。 - 、小説家・• - 、・• 10月24日 - 、元プロ野球選手• 10月24日 - 、• - 、選手• - 、の創立者• - 、元女優• - 、プロ野球選手 11月 [ ]• - 、映画監督• - 、• - 、歌手・タレント• 11月5日 - 、• 11月5日 - 、女優・声優• - 、映画監督• - 、王国第四代国王• - 、政治家• - 、・• 11月13日 - 、プロ野球選手• - 、元選手• - 、俳優• 11月16日 - 、• - 、選手• - 、調教師• - 、声優• - 、国際• - 、俳優・声優• - 、・• - 、野球部監督• - 、 12月 [ ]• - 、歌手• - 、• - 、• - 、大相撲元、年寄・• 12月9日 - 、• - 、俳優・• - 、ミュージシャン• 12月14日 - 、キャスター• - 、ミュージシャン• - 、フォーク歌手• - 、・・俳優• - 、ミュージシャン• 12月21日 - 、• - 、元プロ野球選手• - 、元プロ野球選手• - 、• - 、元プロ野球選手 死去 [ ] 「」も参照 1月 [ ]• - 、• - 該当者なし フィクションのできごと [ ] ゴジラとアンギラスが出現する。 画像は映画ポスター 死去 [ ]• - 、小説『』と映画『』の主役。 2月6日 - から来日した「現代の」と大評判のの女性・鮎川マリとその母・君江の正体を暴いて欲しいと矢部杢衛の依頼とそれを阻む脅迫状を受け、はの田舎町「射水町」を訪れる。 翌7日、23年前の同日に殺害された矢部英二の父・杢衛がその息子と同じの「底なし井戸」のそばで殺される。 (小説『』)• 下旬 - 、静養のために鬼首村を訪れる。 (小説『』)• - エメット・L・ブラウン博士が自宅トイレの床で滑って転び、便器で頭を打ったショックでの原理(次元転移装置)を思いつく。 同時に30年後の未来であるからマーティ・マクフライという少年が現れる。 この日から博士は30年間「次元転移装置」実現の為、家も財産ごと使い込む事になる。 (映画『』)• - 午後10時4分、ヒル・バレーのタウンスクエアにある裁判所の時計台に雷が落ち、それ以降時計が止まったままとなる。 マーティ・マクフライは1955年のエメット・L・ブラウン博士の協力により、この落雷をタイムマシンのエネルギーとして利用し1985年に戻る事に成功する。 (映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』)• とが出現。 (映画『』)• SF作家(没)が、『』で度のを受賞する。 (小説『』) 脚注 [ ] 注釈.

次の