筋肉痛 お腹。 筋肉痛はなぜ起こる?その症状と原因、疲れにくい体づくりのポイント|スポーツによる慢性の痛み|痛みwith

筋肉痛の症状・原因|くすりと健康の情報局

筋肉痛 お腹

この記事の目次• お腹の筋肉痛は避けては通れない関門 できることなら、筋肉痛を起こさず、効果的にストレッチしていきたいものです。 しかし、実際には激しくまじめにトレーニングをしていけばいくほど、筋肉痛を起こす結果となってしまいます。 これは、運動によって筋繊維が傷害され、それによって痛みを起こすからです。 しかし、 筋肉がより大きくなるためには、この筋肉を傷つけるという、自殺行為にも等しい行動が必ず必要となります。 そもそも、筋肉を大きくしようと思ったとき、必要なのはその部位の筋肉に対する強い刺激です。 高負荷をかければ、いつか筋繊維は必ず破綻しますから、筋肉痛は絶対起こります。 そして筋肉が大きくなるのは、この筋繊維が傷害を受け、それが再生するときさらに強固な状態で再生する、というメカニズムを駆使しているためでもあります。 つまり、身体を鍛える上で、特に筋肉をつけようと思ったら、筋肉痛は絶対に避けては通れない道なのです。 お腹の筋肉痛はマッサージで軽減できる? 問題は、絶対起こる筋肉痛をどのようにやり過ごすかということです。 せっかくであれば、少しでも辛い思いを最小限にしていきたい、そう思うのは当然ではないでしょうか。 筋肉が再生するためには、再生を促す栄養が必要不可欠です。 そして、さまざまな再生に必要な栄養や物質を運んでいるのは血流に他なりません。 筋肉が傷害を受け張っている状態では、張った筋肉によって血管が圧迫されるため、あまり血流の良い状態とはいえません。 そこでマッサージという技術が登場します。 マッサージの良いところは、 固く緊張した身体の組織を少しでもやわらかくすること、より血流や物質の流れを良くするということです。 筋肉が傷害されると老廃物も少なからず発生しています。 この老廃物は筋肉に蓄積すると痛みや疲労を発生させることがわかっていますから、出来ることなら早めに血流に流し、処理してもらったほうが良いのです。 こうしたことからも、 ストレッチというのは、筋肉痛を少しでも緩和し、傷害した筋肉の回復を早めるのに大変効果的であることがわかります。 お腹の筋肉痛には腹筋を休めるストレッチが効果的 では、腹筋が筋肉痛を起こしている場合には、どのようなストレッチが効果的なのでしょうか。 腹筋というのは身体の軸である体幹を支える、身体の前面に位置する筋肉群のことを呼んでいます。 これらは非常に大きな筋肉であり、一度傷害を受けると、どのような動きでも影響してきます。 比較的痛みを感じやすい筋肉であると言えるでしょう。 大切なのは、ストレッチにおいて傷害を受けた筋肉を優しく伸ばしてあげることで、柔軟性を取り戻すことが出来るという点です。 腹筋を伸ばすには、普段トレーニングで腹筋に負荷をかける方法の逆を取ると良いと言われています。 つまり、 仰向けではなくうつぶせに寝た状態で、しっかりと身体を支えながら、ゆっくりと身体を反ることで、腹筋を伸ばすことが出来るというわけです。 ここで、筋肉痛があると、身体を伸ばす際に大変痛みを伴いそうです。 しかし、すばやく伸ばすのではなく、 痛みの程度にあわせてゆっくりと自分のペースで伸ばしていくことで、痛みを最小限に抑えることが出来ます。 痛みを保護しながらしっかりと伸ばすことができると、案外痛みもありますが、気持ちよさも出てくるはずです。 こうした状態になったとしたら、ストレッチは成功と呼べるでしょう。 また、 側腹部の腹筋が傷害されている場合には、できるだけ身体をひねる状態でストレッチをすることで、側腹部の筋肉を伸ばすことが出来ます。 片方の足を伸ばし、逆にもう片方の足を曲げます。 こうした状態で曲げた足を伸ばした足の向こう側においてください。 そのまま身体をひねっていくことで、片方の側腹部が伸びているのがわかりませんか?これを両側同じように行いきましょう。 痛みを和らげるにはお腹の腹筋を休めるマッサージが効果的 筋肉痛を和らげる手段は、ストレッチのほかに、優しくほぐしていくマッサージもあります。 マッサージをする場合には、 出来るだけ固くなった身体がリラックスした状態で行うのが良いとされています。 出来るだけ身体の柔軟性を得られるお風呂で行うと、その効果が高くなります。 決して熱すぎないように、どちらかといえばぬるま湯でマッサージを行っていきます。 ぬるま湯のお風呂に慣れていない人であっても長時間しっかりと浸かっていると汗が出てきます。 こうなったら、かなり身体がリラックスできており、筋肉も少し柔らかくなってきていることでしょう。 決して、ごりっと強く組織を壊すような揉み方はしないでください。 あくまで 優しく揉んでいくことで、筋繊維をほぐしていくことができます。 あまりにも痛みが強い場合には、一度アイシングをしてください。 激しい痛みがあるときは、組織が炎症を強く起こしているときです。 この場合、筋肉をはじめとして、周りの組織も全体的にはれていますから、まずはアイシングで炎症を抑える必要があります。 しっかりと冷やして、痛みが和らいでから、改めてマッサージを行うようにしましょう。 お腹の筋肉痛を和らげるための4つのポイント マッサージやストレッチを行っても、もっと和らげる方法を知りたいという人に必見の方法です。 実は、筋肉痛は筋肉の損傷のほかに、疲労物質が溜まることでも起こります。 この疲労物質は、筋肉の中で蓄積していく老廃物であり、マッサージやストレッチで血流に乗せて流すことで、より軽い状態にすることができます。 その他、具体的に疲労物質の蓄積を防ぐことができるとされている方法について見てみましょう。 運動を急に止めない 激 しい運動をした後、軽い運動をはさむことで、この疲労物質の蓄積を抑えることができると言われています。 疲労物質は乳酸と呼ばれており、筋肉が激しい運動をすると、筋肉に酸素が足りなくなった段階で、この乳酸というものが代謝されて出来てしまいます。 これが疲労の原因というわけです。 もし、激しい運動をしている最中に急に動きを止めてしまったら、血流もかなり滞ることが知られています。 一方で軽い運動をはさむと、徐々にペースダウンをしていくことができますから、より長時間血流を良好に保つことが出来るようになるのです。 こうすることで、乳酸が一箇所に集中して蓄積してしまうのを防ぎ、流すことでより全身に乳酸が渡るため、濃度を薄くしより早く処理されることが出来ます。 ブドウ糖を摂取する また、筋肉の再生を司るのはたんぱく質ですが、乳酸がこれ以上作られないようにするためには、ブドウ糖が栄養として必要であると言われています。 これは、体内の代謝システムに関係してきますが、より長期間大きなエネルギーを作り出すのは、糖による代謝です。 身体を大きく動かすためには酸素が必要であり、逆に言えば酸素が充実していれば乳酸による代謝は最小限に抑えられていきます。 一方で乳酸による代謝は嫌気性と呼ばれているものであり、酸素が欠乏した状態でも可能な反面、疲労物質である乳酸を作り出してしまいます。 いち早く乳酸の代謝のスイッチを切ってあげるためには、良質なブドウ糖を摂取して、糖の酸素を使った回路を回してあげることが必要です。 少しでも早く乳酸の回路を弱くすれば、筋肉痛を抑えることも出来ます。 近年ではスポーツ選手やスポーツ愛好家のために、激しい運動の後の補給として純粋なブドウ糖なども販売されており、ケースなどに入れて持ち運べるようになっていますから、是非試してみてください。 休息をとる 筋肉痛をどれだけストレッチやマッサージ、また運動の仕方で抑えたとしても、最終的に必要なのは休息と栄養に他なりません。 特に 休息を設けないというのは、回復をとめてしまっていることに等しいため、大変なマイナスとなります。 運動をした後だからこそ、しっかりと身体を休めて、多めに睡眠を取るようにしましょう。 睡眠というのは成長ホルモンが分泌されることがわかっており、これが私たちの身体の成長だけでなく、壊れた組織の修復に非常に大きな影響を及ぼすことがわかっています。 また同時に身体の中のさまざまな物質が分泌される、そのバランスも調整してくれる効果が睡眠にはあるとされていますから、まさに筋肉痛からの回復には一石二鳥ですね。 栄養バランスのとれた食事をする そして、食事は何よりも大切です。 運動後は身体が疲れていますが、同時に身体の消化器官もかなり疲れているのが現状です。 こうしたときに、いくら栄養の塊であるからといって、あまり消化の良くないものを食べていたら身体を壊してしまいます。 たんぱく質やブドウ糖は確かに大切ですが、食事の形態は消化しやすいようなものにすることが最も重要です。 そして、筋肉の再生を促すビタミンやミネラル類は、私たちが日常生活で不足している栄養素でもあることから、かなり貴重なものです。 たんぱく質、ブドウ糖と一緒に、それ以上に野菜をしっかりと摂取していくことが求められます。 お腹の筋肉痛を和らげる方法についてのまとめ ・お腹の筋肉痛は、腹筋を休めるストレッチがおすすめ ・うつぶせに寝た状態で体を支えながらゆっくりと体を反るだけ ・痛みの程度に合わせて自分のペースで伸ばすことがポイント ・お腹の筋肉痛の痛みを和らげるマッサージは、ぬるま湯のお風呂で優しく揉む ・お腹の筋肉痛を和らげるポイント 「激しい運動後に軽い運動をする」「ブドウ糖を摂取して乳酸の蓄積を防ぐ」「休息をとる」「栄養バランスのとれた食事をする」 単純に腹筋の筋肉痛といっても、それを和らげる方法はたくさんあることが分かりましたね。 自分から積極的に身体に働きかけるマッサージやストレッチが効果的なのは嬉しいことですね。 身体の疲れを、身体と対話しながら取る方法として、是非参考にしてみてください。

次の

筋肉痛はなぜ起こる?その症状と原因、疲れにくい体づくりのポイント|スポーツによる慢性の痛み|痛みwith

筋肉痛 お腹

1:筋肉痛の原因 誰しも経験した事がある筋肉痛の原因は1つだけとは限りません。 一般的に知られているのは「乳酸」が原因の筋肉痛です。 運動をすると筋肉に乳酸が蓄積されますが、それが溜まる事によって 筋肉が酸性になり、痛みになって表れるのが筋肉痛の原因です。 また運動する事によって筋がダメージを受け、それを修復するのに伴う痛みでもあります。 こちらは特に 普段運動をしていない方が急に運動した時に起こる筋肉痛で、歳をとると出るのが遅いとも言われますが、それは血液の老化とも関係があるためです。 その他には筋肉そのものを損傷した時に出る痛みという説もあり、筋肉の損傷を修復する時には、白血球が損傷した筋繊維を取り除いてくれますが、この時に発生する物質が 筋膜を刺激して痛みが発生します。 こちらも毛細血管が細くなってくると血液の循環が悪くなり、そのために痛みが遅れて出てきます。 2:筋肉痛を和らげるには 腹筋で筋肉痛になった時は、そのまま腹筋し続けたりすれば筋肉を修復するなんて事を言う方もいますが、それは大きな間違いで、余計に悪化してしまう原因になります。 痛みが激しい時はまず氷やアイスノンなどで 冷やす事で血流を抑え、一旦痛みが治まってから温めてマッサージをすると和らぎます。 お風呂に入ってマッサージするのも良いですが、ほど良い程度にマッサージするのがポイントで、揉み過ぎには注意して下さい。 休息を取る事も効果的です。 寝ている時は成長ホルモンが多く分泌されるますが、これは筋繊維の回復に大きく貢献する事がわかっています。 3:ストレッチ 筋肉痛の回復に有効と言われているのはストレッチです。 ストレッチは痛気持ち良い程度に筋肉をゆっくりと徐々に伸ばす事です。 運動した後の筋肉は硬くなっていますが、これが原因で血流が悪くなって起こる痛みをほぐす事によって和らげる効果があります。 特に運動直後は筋肉が疲れて硬くなっているので、 時間をかけてストレッチをするのがおすすめです。 少々痛みはありますが、丁寧にやった方が放っておくよりは回復が早いです。 腹筋をした後は、腹筋が盛り上がって、鍛えられた状態になっていると思いがちですが、実は硬くなっているだけかもしれません。 念入りにストレッチすると痛みを防いだり軽減したりできますよ。 4:サプリメントを摂る 腹筋は比較的大きな筋肉なので、身体の内側からケアするのも効果的です。 疲労が蓄積されるのを防ぐ効果もあり、30分程で体内に吸収されるので、腹筋前に摂ると予防にもなります。 また糖や脂肪がエネルギーに変わる時に酵素として働くアミノ酸の活動に必要不可欠な栄養素でもあります。 ・ビタミンC 筋肉や血管をつなげて丈夫にする役割を果たすコラーゲン生成に関わっている成分です。 ・ビタミンE 血行を良くしてくれて、ホルモンの生成や分泌にも関わっているので、寝ている間に筋肉痛が緩和されるのに大切な成長ホルモンの分泌を促します。 5:予防するには 腹筋をするたびに筋肉痛になってしまうようなら、予防するのが良いでしょう。 それには毎日習慣的に運動をする事です。 普段から運動していないと心臓の機能が弱くなって、血液の老化も進行してしまいます。 血流が悪くなれば、筋肉痛になりやすい他にも 集中力がなくなったり、脳の働きが弱くなったりします。 習慣的に運動していても、普段とは違う筋肉を動かせば筋肉痛にはなりますが、運動習慣のある方が軽く済みますし、 疲労感も少なく済むでしょう。 6:間違った治し方 筋肉痛にはお風呂でマッサージが効くと言いますが、これは やり方によっては余計に悪化させてしまう原因となります。 炎症が原因の筋肉痛だった場合、血流を良くする事によって炎症が促進されてしまいます。 ストレッチに関しては、勢いをつけてやらないようにしましょう。 筋肉は急に引っ張られると元に戻ろうとして縮んでしまいますし、無理に伸びて痛んでしまう事もあります。 ゆっくり行って筋肉を伸ばさないと逆効果になってしまうでしょう。 まとめ ダイエットや身体作りのために腹筋する事はとても良い習慣ですが、それが原因で筋肉痛になってしまえば毎日できなくなってしまうので意味がありませんよね。 しかしすぐに回復する方法を知っていれば、いくら腹筋をしても大丈夫です。 正しい予防と正しいケアで、腹筋による筋肉痛とさよならしましょう。

次の

お腹の筋肉痛のような痛み…放っておくと取り返しの付かない事に!

筋肉痛 お腹

なので、これからお話しさせて頂く内容は「ある説」レベルのものだという認識でいてください。 2.破壊された筋繊維の回復をさせるために血液が集まる。 一つ目の理由としては先にお伝えした「胃の圧迫」によるものが考えられます。 二つ目に考えられることとしては、 腹筋運動をする(交感神経)と胃腸の働きである消化及び吸収(副交感神経)が原因で起こる内臓の機能低下です。 また、「無理な食事」をしたまま毎日腹筋をすることで下痢や便秘になる可能性は十分に考えられます。 要するに、栄養が足りていない状態で腹筋運動をすることで起こる胃の圧迫や腸への過度な刺激を行った後に「回復」をしないことが原因です。 逆に言えば「睡眠」や「入浴」といったもので疲労回復を行なったり、「食物繊維」や「乳酸菌」、「発酵食品」、「水」を多めに摂取して腸の働きを活発にしてあげることも良いでしょう! ここまで来ると腹筋運動が原因ではない場合も想定されますが、 「胃痙攣」という症状の可能性があります。 消化不良や便秘・下痢という症状だけではなく、食欲不振や神経痛(要は激痛)、吐き気というかなり重い症状の場合は「胃痙攣」の可能性が高いです。 「胃痙攣」と言っても実は結構原因が多くあるため、腹筋運動のフォーム改善や負荷の改善をすることだけではなく、食事や休息(睡眠時間や入浴等)、ストレスを少なくする、といった改善方法まで行なう必要があります! ともかく、「胃が激痛」になる直前で腹筋の筋肉痛ではないということと、早急な診断を胃腸科や内科に診てもらうようにしましょう!そして絶対安静で運動を行わないようにしましょう。 お腹の痛みと運動の関係まとめ.

次の