ギャ 予言。 松原照子さんの地震予言に驚愕!自然災害は2021年に起きる!?

コロナ予言を的中させたインドの少年、アビギャ・アナンド君

ギャ 予言

2050年の未来を体験してきたと語る人物が、2015年に膨大なやり取りと資料を掲示板に残していることが最近判明した。 掲示板の閲覧者が外部に情報を漏らすことを徹底的に守った結果、つい最近まで広くこの情報が知られることはなく、一部の好事家のみが2050年までに起こる出来事、地震や戦争といった災害に関する予言を目撃していた。 2015年から5年経ち、新たに判明した事実や情報を加えた上で、この体験者が見てきたと語る「これから訪れる未来」について解説する。 体験者の書き込み当初のIDが「14Q」であったことから、タイムトラベル体験者は「14Q」または、バンギャ(ヴィジュアル系バンドのおっかけ)由来の「ギャ」とも呼ばれる。 本稿では「14Q」と表記する。 「雑談たぬき」自体がバンギャの集まる掲示板であるため、質疑応答の進行中、書き込み主を「ギャ」と呼ぶ人はいない。 「14Q」がタイムトラベルをした期間は2014年12月28日から2015年1月2日まで。 競馬好きで、競馬で生計を立てている「14Q」が、2014年の有馬記念を中山競馬場で観戦後、最寄り駅であるJR武蔵野線の船橋法典駅から南船橋行きの京葉線に乗車したことをきっかけに、タイムトラベルに巻き込まれたとされる。 現地では、過去から未来(2014年から2050年)に移動してきた「14Q」を監視するため、男性スタッフがひとり常時随行。 必要な手続きや、施設見学の手配を行った。 「50代の三浦友和似のイケメン」の男性スタッフを、「14Q」は「親切男」と表現している。 「親切男」から聞いた2015年から先の未来の歴史や、本人が直接2050年で目撃した文化を、可能な限り説明しようと奮闘している。 東京オリンピック前後に起こる関東大震災、富士山噴火などの天災から、北朝鮮の有事をきっかけに起きるという第三次世界大戦、その後の世界についての予言を残している。 基本的に閲覧者の質問に回答する質疑応答形式を取っているため、タイムライン上でテーマが一貫しておらず、情報の把握が極めて難しい。 各種の発言や回答から、2015年以降、世界でなにが起こると書き込んでいるのか整理したが、時系列に誤りがある可能性があることを、あらかじめお断りしておく。 2014年12月28日:14Q、2050年に移動 2015年1月2日:14Q、2050年から帰還 2015〜2020年:非サンデーサイレンス産駒の馬が3冠を獲得 2015〜2020年:ジャニーズから「2020」デビュー 2021年?:東京オリンピック 2021年?:ジャニーズエンターテイメント解散 2021年?:北朝鮮が宣戦布告 2021年?:某国の島が炎上する 2021年?:中国と(日本? 世界?)争いが起こる 2021年?:関東大震災起こる 202? 年:エネルギー問題が解決。 タイムマシン開発成功 20?? 年:富士山が噴火 20?? 年:北朝鮮が日本海に核ミサイルを落とす 20?? 年:第三次世界大戦(2050年の時点で戦後何十年も経過している) 日本を襲う災害は、関東大震災、富士山噴火、第三次世界大戦の順番で起こると説明している。 全編を通して、具体的な年について「14Q」は明かしていないため、上記の年表も不正確な年代表記でまとめざるを得ない。 ただ、「(2050年は)第三次世界大戦から数十年経っていた」といった説明もされていることから推測するに、(「数十年」を「20年から30年」と捉えた場合、)2020年から2030年までのどこかで第三次世界大戦が勃発することになる。 仮に2030年とした場合、2020年から2030年までの10年間に、地震、噴火、戦争と、未曾有の事態が日本を襲う「試練の2020年代」ということになるのだろうか。 東京オリンピックとは「2020年」か「2021年」なのか 起点となるのは「関東大震災」であると「14Q」は明言している。 その関東大震災は「東京オリンピック前後に起こる」という。 この東京オリンピックが、何年を指すのかが問題になる。 御存知の通り2020年3月25日、東京オリンピックは正式に延期が発表されている。 本来開催予定だった2020年夏前後なのか、延期後の2021年夏前後なのか。 本稿では「延期後の2021年夏前後に、関東大震災が起こる」と仮定した。 大震災、富士山噴火、世界大戦といった大惨事と比較すれば、オリンピックが延期になったことなど些細な情報で、2050年の現地人もことさらに触れなかったのではないか、という想定だ。 第三次世界大戦へといたる経緯と影響 関東大震災前に、「北朝鮮が宣戦布告(どこに?)する」「どこかの島が燃える」「北朝鮮が日本海に核ミサイルを落とす」といった事象についても言及しているが、このあたりのタイムラインが判然としない。 北朝鮮が日本に宣戦布告をし、核ミサイルを落とすことで、日本海沿岸の島が炎上する。 これをきっかけに第三次世界大戦へと発展するという見方もできなくもないが、極東の小国であり、資源も戦力も乏しい北朝鮮が、わざわざ他国へ戦争をふっかけるとも思えない。 そもそも「地震の前に起こる大きな出来事は、北朝鮮が宣戦布告と、何とか島が燃えると中国と喧嘩する事と、あと一つなんかあったんだけど思い出せないから思い出したら書く!」との書き込みが見られる。 北朝鮮がどこに宣戦布告するつもりなのか、その戦争はどうなったのか、地震、噴火を挟んで大戦まで小さな戦争はずっと続いていたのかなど、謎は尽きない。 このあたりの整理には、一次資料である掲示板のさらなる読み込みが必要かもしれない。 また、「14Q」本人の他の書き込みによると、戦争の流れは以下のような時系列だという。 以下が「14Q」の説明だ。 親切男は半年もかかないで(筆者注:経たないで?)中国が自滅すると言ってた! どうやってとか詳しくはわからないけど中国対ロシア対日本アメリカドイツイギリスフランスインドの構図だからすぐ終わるみたいよ 中国が死んでどさくさに紛れてロシアも戦争やめるみたいな事を言ってたと思うけどもう記憶がかなり曖昧だからわからん それでも、2050年の日本は関東大震災と第三次世界大戦の影響による人口減少が解決しておらず、男性1に対して女性4人の性別比率になっているという(女子供は戦争に行かないとの言及がある)。 元々は(おそらく)戦争の影響で男性が減ったと考えられるが、「10年くらい前から政策でこの男女比を維持している」旨の書き込みが見られ、2040年あたりからこの男女比が合理的な社会が成立していることが伺われる。 また、戦後に日本人には「日本人手当」が支給されるという。 当初は戦争で戦った兵士とその遺族に支給されていたようだが、「銃後を守った国民にも支給するべきだ」との声に押され、日本人全員に支給されるようになったとの言及がある。 支給対象は、「純然たる日本人であること(ハーフなどの混血は不可?)、年金を支払っている人」とのこと。 未来に置いて、2011年の東日本大震災から、第三次世界大戦までは、「日本の暗黒の時代」と認識されているようだ。 11から戦争が終わるまでは冬の時代だけど戦争がキッカケで日本はよくなる?とか言ってたよ でも暗黒って思わなかったら暗黒じゃないと思いますって言ったらその通りとも言ってたから深く考えない方がいいと思うよ!考えても起こる事は変わらないし 戦争がきっかけでふたたび日本が良くなるというのは、数少ない朗報の一つかもしれない。 戦争と地震による地形の変化 関東大震災と富士山噴火によって、日本の地形が大きく変わるとも予言している。 特に関東地方の地形変化は著しく、埋立地等は人が住めなくなっているという。 「14Q」は、2050年に親切男から、未来の地図と現在の地図を比較して見せてもらい、説明を受けたと話す。 未来の地図を確認すると、東北地方から中国地方まで、広範囲にわたって現在とは地形が異なると話している。 青森県の形も「変わっている」となると、関東大震災や富士山噴火だけでは、ここまで遠方の地域の地形に影響があるとは思えない。 なにか別の要因でもあるのだろうか? 「安全な地域はないのか?」との問いに、「14Q」は「九州がオススメ」と答えている。 九州は、一部を除いて地震や台風の影響を受けないという。 ただ、九州が台風の影響すら受けないというのは、にわかには信じがたい。 放射能の影響 「14Q」は、質疑応答において一貫して放射能の悪影響について言及している。 東日本大震災の原発事故以外に今後、地震または戦争によって何らかの事故が発生、海洋汚染が進み、天然由来の魚介類は食べられなくなるという。 魚は関東地方はやめた方が良いと思うと言われたよ!取り込んでしまったら出てこないから取り込まないようにしなければならない、らしい! ちょっと高いけど九州のとか北海道の方とかのやつならいいんじゃないかな?九州のしめさばとかさんまの刺身とかは放射能関係なく美味しいしね! また、未来では医療が高度に発達しており、ほぼすべての病気を治すことができるようになっているが、放射能汚染や汚染に伴う染色体異常などは「病気ではない」とのことで、治療ができないという。 未来人「2062氏」との共通点 「14Q」の予言と、の言及には、かなり似通った点が見られる。 第三次世界大戦について、タイムマシンの形状、戦後の男女比率等、かなり細かいディティールまで共通している。 以下は、「2062氏」の第三次世界大戦についての説明だ。 一時、中国自治区になり其の後ロシアになった。 その他の共通項についても一部、見てみよう。 違法だが2~5人と結婚している男が数多く存在している。 あらゆる言葉で十分通用する。 これは10年以内に理解できるだろう(「14Q」は、出生時に翻訳機能を持つチップを体内に埋め込む。 考えられる可能性は2つある。 14Qは2062氏と同様の世界線の未来を見てきた• 14Qが2062氏の設定、未来予測をそのままパクり、模倣犯を演じた どちらが正解なのか。 それでもいくつか、確定した予言がある。 そちらについて解説する。 まだオリンピックは開催されていないが、現時点でデビューしていないところから、外れとした その他にも、新型コロナウイルスの蔓延、東京オリンピックの延期(または中止)についての言及もない。 それでも筆者は、引き続き「14Q」の予言に注目する価値はあると感じている。 理由のひとつは北朝鮮の動静だ。 金正恩の重体説からの華麗な復活劇。 あれは果たして単純な病からの復帰だったのだろうか。 公開された映像や写真から、替え玉説も根強く囁かれている。 替え玉自体は特に驚くべきことではない。 独裁者として生きている以上、影武者のひとりやふたり、用意していないほうがおかしい。 問題は、金正恩体制になって以来、最大の混乱が北朝鮮国内に起こっているだろうと思われる点だ。 今後、なにが起こっても不思議ではない。 「14Q」は2015年1月の段階で「北朝鮮が日本海にミサイルを撃つ」と予言している。 北朝鮮が、日本海にミサイルをぶっ放し、他国に示威行動を行なうようになったのは2016年2月からだ。 この予言・予測は当たっていると言っていい。 なんの客観的な説明にもなっていないが、「14Q」が見聞きした未来の様子が、奇妙にディティールに凝っている点も、不可解だ。 たとえば、「2020年代にGoogleはLinux関連の新しい会社と合併する」と言及した上で、インターネットにおける検索事情について、彼女はこう答えている。 おもしろかったのがGoogleないのに検索する事はググるって言う事! 電話かける事をダイヤルまわして~みたいな感じなんだろうなと思ったよー Googleはすでに存在しないのに、検索する行動を「ググる」と表現する文化は残っている、この細かい設定は、意図して浮かぶものだろうか。 それとも、ただ頭の回転の速い、虚言癖・妄想癖を持つキャラクターなのだろうか。 掲示板でのやり取りの中で、「14Q」は本名、顔出しした写真を第三者に公開されており、ほぼ身元が特定されている。 そこまでのリスクを負ってまでも、このようなウソをつき続けるメリットがあったのだろうか? それとも、いわゆる「メンヘラ」で、注目を集めることに快感を覚えるタイプだったのだろうか? 「14Q」がこの手の話題ならば入れ食いで食いつくことが容易に予想される、「5ちゃんねる」の「オカルト板」に現れなかったのも不可解だ。 注目されたい、承認欲求を満たしたいと考えるなら、オカルト板ほど適切な場所はない。 「自分よりも詳しい知識を持つ閲覧者からの攻撃を避けたかった」 「慣れていた『雑談たぬき』でやり取りしたかった」 などの理由が考えられるが、真実はわからない。 結論を下すのは、東京オリンピックの動静が決まるまで待ちたいと思う。 やり取り当初に公開した資料は公開期限が切れており閲覧ができないが、中期〜後記に残した資料は、有志によってバックアップされていた。 未来で見たこと、聞いたこと、感じたことなどを、現地で大量に残したメモを元に、後日書き直したものだ。 一部、参考資料として残しておく。

次の

コロナを予言したインドの占いで話題!春ウコンがオススメな理由・副作用はあるの?【アビギャ・アナンド】

ギャ 予言

インドの神童アビギャ・アナンド君の預言について とても気になる記事を見つけたので転載します。 地元で神童と呼ばれているインド人14歳少年の 新型コロナウイルスに関する予言です。 どちらかというと、僕は予言は信じないタイプなんですよね。 だって、起きた後からなら何とでもいえるじゃないですか。 しかし、アビギャ・アナンド君の預言は、時間的な整合性が証明できるものであったため、信憑性が高いと感じたのです。 再生回数も680万回と多く、世界的に話題になっているとのこと。 ソース: -転載ここから- インド人14歳少年の預言が的中して世界で話題 その子の名前はアビギャ・アナンド君(14歳。 地元では神童と呼ばれており、占星術師だそうです。 ことの発端は、彼が2019年8月22日に投稿したYouTubeからでしたが、これをアメリカのオンライン紙「International Business Times(4月4日付)」が取り上げたことにより世界的に有名になったようです。 彼は『2019年11月から2020年4月に世界が直面する危機』というタイトルの動画の中で、• 2019年11月からウィルスによるパンデミックが発生する• 2020年3月~4月にピークに達し、世界は非常に困難な時期を迎える• 経済から航空サービス分野まで世界は様々な困難に直面する• これは、5月29日以後徐々に収束していくが、6月末までは良いニュースがない を見事に言い当てていました。 ここまででもすごいですよね。。 5月末から収束していく、というのも確かに今までの流れを見ているとそれっぽいです。 それだけでなく、それ以降の予言もしているのが問題で。。 【今後の予言】(2020年6月以降の預言)• 2020年12月20日から新種のウィルスが多数出現する• そのウィルスが、本当の致命的なものになる• 世界で同時多発的に発生• 感染経路も分からない• いかなる予防措置も効果がない(治療薬もない)• これは、人間の共業(=集団としての責任)によって起こる• 全人類が覚醒してようやくこの疫病を乗り越えることができる• 対策としては、 免疫力を上げることぐらいしかない。 その中で一番重要なことは、有機野菜を食べることーーそれが免疫力の強化になる。 特にウコンがお勧め• とにかく 栄養と睡眠、メンタルマネージメントが大切 -転載ここまで- 2020年12月までに準備しておくこと 2020年12月から発生するよ予言されている新種ウイルスが不気味ですよね。。 しかし、アビギャ・アナンド君は大切なことも教えてくれています。 僕の心に刺さったのは、 「 全人類が覚醒してようやくこの疫病を乗り越えることができる」 の箇所です。 僕が考える「覚醒」とは、 人間は、「物理的な身体」と「宇宙創造主の分け御魂」とで構成されており、魂は精神レベルに応じた波動を伴っている。 偉大な力とは、意思を具現化する力であり、それは宇宙創造主の力でもある。 各人が自身に宇宙創造主の魂が宿っていることに気付き、その魂は宇宙創造主(ソース)とつながっていることを知り、利他的精神をもって行動することで偉大なる力を発揮できることを知る。 これが覚醒だと考えています。 この考え方が正しいのかは分かりませんが、アビギャ・アナンド君の言う「全人類が覚醒」というのは、自らの力を信じ、ウイルスに負けない覚悟を決めることの重要性を語っている、と僕は解釈しました。 「覚悟を決める=心の底からの決意する=意思」だと思えるのです。 また、アビギャ・アナンド君は、 「 いかなる予防措置も効果がない(治療薬もない)」 とも言っていますよね。 これも上の話と通ずるものがあるように思えるのです。 精神性を向上させることで、偉大なる力を発揮し、身体の免疫力が飛躍的に向上するのではないでしょうか?また、ウイルスを恐れないし負けもない、という強い精神も必要なのではないでしょうか? 「自分だけは助かりたい」などの利己的精神で行動したり、ウイルスに恐怖して精神力を低下させてしまうとアウトなのかもしれません。 2020年末、多数の新種ウイルスが本当に発生するならば、それは地球人類の覚醒を試されるときなのでしょう。 そう考えると、2020年末は地球人類を選別にかける時とも言えそうです。 アビギャ・アナンド君の預言は恐ろしい内容ではありますが、覚醒によって乗り越えられるとのヒントも教えてくれているので、覚醒を起こすべく自分なりの準備をしておこうと思いました。 動画を作ってくれて事前に教えてくれたアビギャ・アナンド君には感謝ですね。 予言に関する動画2本のリンクを下に貼っておきます。 アビギャ・アナンド君の動画 日本語での解説動画.

次の

【神童の予言】2020年12月20日から新種のウィルスが多数出現する!2020年5月末までの状況が預言内容と一致しているだけに不気味です(※心が弱い方は閲覧注意です、ショックを受けるかもです) | 地球人類の光と闇

ギャ 予言

皆さんは占いや予言を信じますか? それとも信じませんか? 僕が小学生の頃は ノストラダムスの大予言がめちゃめちゃ流行っていて 今で言う 『都市伝説』のはしりのようなものがありました笑笑 1999年7か月、 空から 恐怖の大王が来るだろう、 の大王を蘇らせ、 の前後に首尾よく支配するために 出典: 当時、人類滅亡だと言われて話題になっていましたわ! 20年近く前のことは置いて、ここ最近になってとても話題になっている 14歳のインド人少年 アビギャ・アナンドについて書いていきたいと思います! どうもLio です。 いつもは 留学やニューヨークの事について書いているのですが、実は 都市伝説や 未解決事件などが大好きなのでどうしても気になって色々と調べてしまいました笑• アビギャ・アナンド君はどんな少年なのか? アビギャくんがなぜ有名になったのか??? 巷では有名過ぎるくらい出回っている話なのですが 改めて紹介していきたいと思います! 去年2019年の8月22日にUPした動画が事の発端でした。 その動画内で彼は占星術を使い、今回の コロナウイルスの流行を予言していたのです!! さらに凄いのがその 流行する期間までも正確に当てたというから世界中で話題になっています。 でも、占星術って何?って思う方もいるかもしれないので簡単に説明します。 占星術とは太陽・月・惑星・小惑星などの天体の位置や動きを人間または社会のあり方を経験的に結びつけて占っていくものです。 元々は天文学と強い繋がりがあったようですが 長い年月を経て今では別の物として扱われています。 と思ってしまうかもしれませんが、中国の武漢市からコロナウイルスが発生したのは去年の11月のことだったんです。 ちなみにニューヨークではそこまで大きく取り上げられていなかったように記憶しています! もちろんニュースは見ましたが初めは 『中国国内だけで騒がれているんだろうなぁ〜』といった感じでした。 そして今年の1月31日には 世界保健機関 WHO が国際的に流行する可能性があるとし緊急事態宣言。 3月には パンデミックに相当すると認識されました。 なんとこの一連の流れを 2019年の8月の時点で予言していたのです! 航空サービス分野など世界は様々な分野で危機に直面する• 6月末までは良い知らせがない• 本格的な収束は7月頃から... 5月30日現在、ニューヨークでは多くの人が外を歩くようになってきています! もちろんマスクや手袋は欠かせませんが、、、 少しずつ変化してきているのは確かです。 それにしても去年の夏にここまで的中させているのは恐ろしですね... 特に最近だと航空サービスが次々と破産申請を出しています! タイのタイ国際航空、 中南米最大の航空会社ラタム航空、 同じく中南米2位のシェアを誇るアビアンカ。 そして日本の航空会社にもダメージは大きく、この状況が 仮に1年続いたとすると全体の減収額は2兆円に上ると言われいるようです。。。 なんたって国外線に関しては 9割減便を強いられているようですからね 汗 ちなみに、ニューヨーク市長デブラシオ氏は 6月8日から活動を再開させると発表しているのでもう少しの辛抱が必要です! 落ち着くのは8月又は9月頃になると予想されます。 2020年さらなるパンデミックが襲いかかる?? 日本では規制が解除されたり少しずつ収束ムードに入っているように思います。 しかし、このアビギャくんは続けてとんでもない予言をしているのです! 2020年12月20日新種のウイルス スーパーバグ によりパンデミックが発生する• 世界同時多発的に起きる• 感染経路がわからず予防も出来ない• 2021年3月31日まで続く• コロナウイルスよりも遥かに深刻な状況になる この スーパーバグって言われてもなんのこっちゃと思う方も多いはずです。 実は抗生物質 お薬 が効かない 最強の細菌なんです!! 2018年にオーストラリアの研究者によって発見され、現在これが世界中で少しずつ広まっている可能性があると警告を出しているんです。 対策方法はあるのか? 予言によると対策方法はあると言うのです。 私はこれを初めて知った時に 『本当にこれで予防できるの? 』と思いました。 有機野菜を摂取し免疫力を高める• ウコンを取り入れる これ、一体どういうことなのか? 簡単に言ってしまえば 『生活習慣を整えていきましょう』という風に私には感じられました。 私も含めて現代の人は当たり前のことを疎かにしてしまっているのでは。。。 本来あるべき形に戻していく必要があると考えるのが良いのではないでしょうか? 深夜遅くまで起きるのはやめて、当たり前のように夜は寝て朝はしっかり起きる。 脂っこいものやお酒を毎日のようにたしなむのではなく、健康的な食事を取り入れてみる。 こういうのって簡単そうに見えて難しいんですよね 汗 でも、今回のコロナでいわゆる 『おうち時間』の過ごし方によって生活ルーティーンが変わった人も多いと思います。 今回のようにいきなり自粛が始まりリセットされた状態で新たな生活スタイルを続けるか、または今までの生活に戻してしまうかで未来が変わってくるという考えなのだそう。 まとめ 今回はインド人少年アビギャ・アナンド君を紹介してきました。 預言者って大抵嘘くさかったりするんですけど、アビギャ君に関してはかなり信憑性が高く今から今年の年末が怖いです笑 これから第2波が来ると予想されていますが、それとこのスーパーバグとは全く別物なのか? だとしたら、来年の日本はオリンピックどころではなくなってしまいます。 私たちとウイルスの戦いは始まりに過ぎないのかもしれません。。。 lio6090.

次の