ハウス クリーニング フランチャイズ 失敗。 ハウスクリーニングのフランチャイズ・代理店募集一覧

ハウスクリーニングのフランチャイズ経営実態について!独立開業で失敗する理由

ハウス クリーニング フランチャイズ 失敗

脱サラされて開業を考えている方、退職後セカンドビジネスとしてお掃除ビジネスを検討している方にお薦めしたい内容です。 今、TV-CMなどで有名なお掃除ビジネスを展開中の フランチャイズ店への加盟を考えておられますか? でも、待って下さい!アントレなどビジネス独立起業関連雑誌を隅々まで読む前に、先ず今回のブログを読んで下さい。 アナタが本当に知りたいリアルで厳しい現実の一部分をお伝えします。 これから 「お掃除をビジネスとして始めよう!」 という方や 退職後のセカンドビジネスとして 「掃除なら経験が無い素人の 私でもできそうだし、 ちょっと開業してみよう!」 と考えておられるアナタに 薦めたい内容です。 東京 府中から 東京の武蔵野・多摩地区周辺を中心に 都内23区内外と埼玉、神奈川の 一部地域へ出張対応中の 汚れの解決請負人こと オフィスねこの手 代表の山下です。 お掃除ビジネスのハウスクリーニング という仕事は、 他の飲食業や小売店業に比べて 敷居が低く、お店を始める前に 多額な開業資金を準備しなければ お店が開けない、仕事が始められない という性格の業種ではありません。 とはいえど ある程度の開業資金があった方が 会社を継続する上で大切なことは 間違いありません。 ですが、大事なことは 資金だけではありません。 お掃除の専門知識や 実際に実務的な経験が無くても 昨日まで素人の方でも誰でも 始めることはできます。 極端なことを言えば、 開業するだけなら誰でもできます。 高校生でも大学生でも できるでしょう。 しかし、お掃除ビジネスを 継続することは素人では無理です。 120%、いや200%不可能です。 「誰でもできそうだから ちょちょっとやれば楽に稼げるだろう」 と安易な考えなら必ず失敗します。 何故だと思いますか? その理由を解説していきましょう。 至極当たり前なことですが、ご自宅のお掃除を依頼されるお客様は、ど素人に仕事は依頼しません。 絶対にです。 極端なことを言えば、ど素人に自分の大事なお金を支払うおめでたい人はこの地球上に、いや銀河系には1人も存在しません。 これは紛れもなく揺るがない事実です。 アナタがおウチの中のキッチンや トイレの水漏れ発生して困った時 アナタなら、どうしますか? 100人中99人の人は 水道設備修理のプロの信頼できる 会社を調べて、連絡をして 早急な修理、修復してもらうよう 頼みますよね? ハイ、ここがポイントです。 おウチの水漏れの対応する 水道設備修理業者を お掃除ビジネスの ハウスクリーニング会社へ そのまま置き換えて考えましょう。 つまり、アナタが お客さんにしたい人たちは 自分が困っている 速やかに解決したい問題を ど素人には絶対に任せない! という当たり前な事実。 「何言ってんの!そんなの当たり前でしょ?」 と自分がお客さんの立場の時は 普通に考えることです。 水漏れを直して欲しいから頼んだのに いざ来た人が 「いや~、私経験が無くてー プロじゃないんで素人ですんで ちょっと無理ですねー」 などと言われたら 誰しも(はぁ?!)と怒りますよね。 追い返して玄関にあら塩でも 蒔きたくなります。 ところが、商売としてお客さんに 自分がサービスを提供する時には この大事な部分が 割と多くの方が頭の中から すっぽり抜け落ちてるのです。 かなり大雑把に言えば 水道業者さん、内装業者さん リフォーム業者さん達と ハウスクリーニングは 同じようなような仕事です。 餅は餅屋といいます。 人は誰しもが自分の抱えた悩みや 問題は豊かな経験と裏付けされた 専門知識を備えている その道のプロ、専門職の人に 任せたいと考えます。 だからアナタがど素人のままでは お客様はおろか世界中 いや地球上の誰一人として アナタにお掃除を依頼しません。 だって、素人では 掃除のプロではないのですから。 では、どうしたら良いのか? カンタンです。 アナタがプロになればいいのです。 一言付け加えると プロになるといっても そうそう甘いものではありません。 では、経験を積んで 仕事を依頼されるプロになるには どうしたら良いのか? それは私がお教えすることでは ありませんよね? もしアナタが本気ならば アナタご自身の頭で考えて 行動に移そうするでしょうから。 ハウスクリーニングの仕事は、 自分の命の時間を毎日削って 削りまくって提供する仕事です。 やってみれば分かりますが 体力的にもかなりキツイことも 多々あります。 もちろん毎日勉強し続ける意識と 習慣も必要になります。 決して甘い世界ではありません。 そんなアナタに伺います。 まぁ、どんな仕事でもそんなに 甘いものではないことは アナタが一番お分かりですよね? 誰でも気軽に踏み入れられて 始めることができる お掃除ビジネス。 しかし、 お客様からご依頼1つを頂くこと。 継続し続けることが 実は一番何よりも厳しく 難しいことなのです。 今現在実際に数多くのお客様へ ハウスクリーニングサービスを 提供し続けている この私がいうのですから 間違いありません。 ハウスクリーニングの仕事を片手間で誰でもできる片付け屋として考えるか? それともアナタの技術とノウハウをお客さまがお金を出してでも頼みたいと考え、一時でもお客さまの【お家】という財産と健康をお預かりして清潔さと快適さをお渡しする仕事と考えるか? この目には見えない意識の持ち方でアナタの道は大きく変わります。 その道のプロになるということは 一朝一夕になれるものではありません。 経験を積むための長い時間も必要です。 繰り返しになりますが、 安易な、安直な心構えで 始められる、続けられる仕事は この世にありません。 楽なことばかりではありません。 むしろ大変なことばかりです。 アナタが辛いと思うことも 山のようにあります。 しかし、この仕事には それらの全てを チャラにしてしまうだけの 意義のあること 価値のあることがあるのも また事実です。 アナタがお掃除ビジネスを 始めようと思われ縁あって このブログを読んで下さったなら 是非もう一度アナタ自身に こう自問自答されてください。 『なぜ私はこの仕事を したいのだろうか?』 と。 強い覚悟と信念をもった方が お掃除ビジネスの世界に 来ていただけるなら 私は大歓迎です。 価値があること、と思うものを 是非アナタ自身の手で 創り出して下さい。 生み出して下さい。 何かに挑戦しようと 行動を起こすそんなアナタを 私は応援しています。 皆さま、初めまして。 当社オフィスねこの手の 代表 山下晴重と申します。 よろしくお願いいたします。 ハウスクリーニングに どういったイメージをお持ちですか? ご自分で落とせない汚れだけ 落としてさっさと帰る お掃除屋さん、 と思われていませんか? 当社は、もしかしたら アナタがこれまでに ご利用された他社さんや 漠然とイメージをされていた ハウスクリーニングとは、 全く異なるものかも知れません。 当社は、 いつでも安心な価格体系や サービスの内容を ご利用されるアナタのために 分かりやすさにこだわっています。 ご利用されるアナタに 分かりやすくなければ 意味がありません。 サービスの価値とは お客様である、アナタのために あるものです。 アナタのおウチのお掃除で お困りな事は何でも お気軽にご相談下さい。 どのような些細な事でも 親切・丁寧にお答えします。

次の

ハウスクリーニングのフランチャイズ『ランキング比較』!評判と料金と実態

ハウス クリーニング フランチャイズ 失敗

いざハウスクリーニングのフランチャイズ経営をはじめたものの、中には思うよう業績が伸びない、依頼がこないなど思うような結果が出ずに失敗してしまったという例もあります。 フランチャイズ加盟自体は誰でも無理なく始められますが、実は廃業を経験する人も少なくありません。 せっかくかけた初期投資をムダにしないよう、これからハウスクリーニングのフランチャイズをはじめようと思っている方はあらかじめ失敗の理由、対策を把握しておくことが大切です。 ここでは、実際にハウスクリーニングのフランチャイズ加盟店をしていた私自身の体験談も含めて、よくある失敗例をご紹介します。 またその失敗を防ぐための対策も解説しますので、ぜひ参考にしてください。 失敗しないフランチャイズ経営なら「おそうじ本舗」がオススメ!• 全国で 知名度が高いから集客効果も高い• 実店舗がいらない、人件費をかけずに店舗運営ができる• 原因として以下のもがあります。 売上が思うように上がらずに経営を続けるのが困難になった• ハウスクリーニングの経験がない• 実習経験が少ないなどのスキル不足• 立地が悪いなどの外部環境の影響• 加盟しているフランチャイズのブランド毀損 それぞれくわしくご紹介します。 売上が思うように上がらずに経営を続けるのが困難になった 第一に理由として考えられるのが金銭的な失敗です。 とりあえずフランチャイズ経営を始めればそなんとかなるだろうと軽い気持ちでスタートするオーナーさんもいます。 自身で経営を気軽に始められるのがフランチャイズの利点ではありますが、 経営を続けるには費用として家賃や光熱費のほかに、得た利益の一部を本部に渡すロイヤリティ代も存在します。 これらの一連の費用をあまり考慮せず開業した結果、売上げが満足にないと生活費を稼げない結果に。 フランチャイズ経営はすぐに軌道に乗る例もゼロではありませんが、同時に売り上げが安定し続ける保証もありません。 そもそも開業後ハウスクリーニングの利用者が少なければ、経営が立ち行かない状況に。 ハウスクリーニングは一般的に家全体の 大掃除が必要になる年末、引っ越しシーズンである春といった繁忙期は収入が伸びがち。 しかし、この繁忙期の収入がずっと続くわけではありません。 いざ利用客が減ったときでも経営が続けられるように、資金にゆとりを持つことが経営を長く安定して続けるうえで重要です。 もちろん、はじめて起業する方も多いのがフランチャイズ経営です。 しかし掃除の知識や接客の経験がほとんどない状態よりもある程度習得できるスキルを学んでいる方が、効率よく経営を進められると言えます。 特に ハウスクリーニングは一般家庭でする掃除とは異なり、専門的な道具、スキルも必要。 ハウスクリーニングを依頼する顧客は、個人レベルでの掃除ではなくプロとしての質の高さを求めています。 簡単な掃除でも素人とはレベルの違う取り組みをしてはじめて、技術が評価されリピーター獲得へとつながるのです。 フランチャイズによっては事前に研修を用意しているところも多く、プロとしてのハウスクリーニングの専門的なスキルを学べます。 反対に、こうしたハウスクリーニングとしての技能を学ぶ機会が少ないフランチャイズを選んでしまうと、お客様に満足のいくサービスをしたくても自身の経験不足によってリピーター獲得につながりません。 今後フランチャイズ経営をはじめたいと考えている方は、このような 研修制度やフランチャイズのサポートを十分に受けられるところを選ぶことも重要です。 それ以外にも気をつけたいのが、店舗を構える立地です。 たとえば、コンビニや歯医者など全国的に店舗数が多い業界は近くにあるライバル店との争いが熾烈。 道すがらに、道路を挟んだ向かいにコンビニ同士が出店している。 同じコンビニが近くに並んでいる状況を目にしたことがありませんか?このようなライバル店が多い地域は、客足に大きな影響を受けます。 これはハウスクリーニングも同じことで、 自身が対応する地域に複数のフランチャイズがあればそこは全てライバル店。 経営の経験がない方がいきなり激戦区に出店をしても、そもそも顧客が分散しておりうまく集客できないケースがほとんどです。 私がハウスクリーニングを経営していた最初の2年間は近くに他店がなく顧客をほぼ独占できていたものの、同地域に他フランチャイズ加盟店が増えて、売上げが全体的に落ちたことがありました。 未来のことをすべて予測はできないものの、これから出店を考えているのならライバルがどれくらいいるか、また ハウスクリーニングを利用してくれる住宅地が多くあるかなど、立地条件は慎重に検討していきたい要素です。 加盟しているフランチャイズのブランド毀損 そもそも加盟したフランチャイズの世間的なイメージの良し悪し、知名度も売り上げに影響を及ぼします。 ハウスクリーニング技術が高くていねいなイメージがあるフランチャイズなら、それだけである程度の集客が見込めます。 口コミ評価が高く企業としての実績が多いお店。 新しくできたばかりで名が知られてないお店。 仕事を依頼する際にどちらを信用してハウスクリーニングを頼みたいと感じるでしょうか? 自身は優れた経営知識やスキルを持っていても、大元となるフランチャイズが何らかのトラブルを起こしている、知名度が低いと安定した顧客獲得につながりにくくなってしまいます。 また、宣伝力が低いフランチャイズに加盟するのも失敗してしまう原因の一つ。 たとえば今なら ホームページやSNSといったインターネットでの情報の拡散をはじめ、テレビCMや雑誌などのメディア露出はとても重要です。 加盟をしても特に開店したと宣伝をしてもらえなかった、サポートがほとんどなかったといったフランチャイズを選んでしまうと集客が難しくなる原因に。 もちろん開業したあと、自身でのビラ配りやなどある程度の広報活動はできるものの、個人経営で行うには限度があります。 しかし世間での認知度が低いと、利用を検討する顧客の割合は減ってしまうためフランチャイズでの経営失敗の原因になり得るのです。 ハウスクリーニングの開業を失敗しないための対策とは? ここまで失敗例をご紹介してきましたが、ではどう対策をすれば開業後の失敗のリスクを軽減できるのでしょうか?私自身が取り組んでいたことを含めて、対策と成功させるポイントを解説します。 セミナー参加の前に資料請求をする フランチャイズ経営をはじめる前に、まずは加盟したいフランチャイズがどんなところなのかを念入りに調べましょう。 有名だからという理由だけで決めず、自分の経営方針に合っているのか、どのようなサービスを受けられるのかを調べて、他社と比較することが重要です。 事前に複数のフランチャイズから資料請求をして、学べること、必要な資金などを比較しましょう。 どのようなサポートを受けられるのか、どのような研修制度があるのか、サポート体制をチェックしましょう。 中には毎月の売り上げが保証されている定期案件が用意されていて、経営初心者でも働きやすい環境のフランチャイズも。 まずはどのような仕組みのフランチャイズなのかを把握するため、必ず資料請求をしてじっくりと数社から比較検討しましょう。 フランチャイズ経営は個人経営とくらべて、少ない資金ではじめられますが、それでも軌道に乗るまでは個人差があり生活費を安定して稼げるようになるには時間がかかるケースも多くあります。 はじめればなんとかなるだろうと軽い気持ちで経営をスタートしても、フランチャイズのサポートだけで売り上げが伸びるとは限りません。 また、自身にスキルがあっても体調を崩して働けなかった、売上が芳しくなく従業員への給料支払いで手一杯など、金銭的に苦しい状況の時期が出ることもあります。 特にハウスクリーニングは体が資本。 普段から気を付けていても、事故に見舞われて骨折をした、作業中にケガをしたなどの理由で、働きたくても働けないトラブルが起きる可能性も視野に入れておきましょう。 そんなとき、資金にゆとりがあれば多少売上が伸びない時期でも営業が続けられ、生活費確保につながります。 フランチャイズは資金が少なくとも開業できるのがメリットの一つ。 ですが、いざという 自体に備えて経営をはじめる前にせめて1~2か月は収入がゼロでも生活できる資金を用意しておくことをおすすめします。 また予算に応じて経費を節約するなど、普段から金銭面を適当にしないで意識していきましょう。 知名度のある大手フランチャイズを選ぶ フランチャイズ経営をはじめる際に重要なのがどのフランチャイズに加盟をするかです。 無名のところよりも知名度のあるところを選ぶのが無難。 やはりハウスクリーニングの業者として名前が知られているフランチャイズは、それだけで注目を浴び無名の業者よりも依頼される確率が高いと言えます。 自分自身がハウスクリーニングの技能が高くても、その仕事ぶりを知ってもらうにはまず依頼を受ける必要があります。 その目立つ 看板となってくれるのが大手フランチャイズの名前。 もちろん大手フランチャイズだから必ずしも自分も人気店になれるとは限りませんが、 どうせはじめるのなら名前が知られているところ、また宣伝力があるフランチャイズを選びましょう。 しかし、研修を一度受ければそのままで終わらず、さらに 自身のプロとしての技術を磨き続ける努力をしましょう。 たとえば、ハウスクリーニング技能検定をはじめとする掃除に関する資格を取得する、定期的にフランチャイズで開催される勉強会などに積極的に参加することが重要です。 料金がほとんど変わらないハウスクリーニングのライバル店が同地域にあるとしたら、 最終的に選ばれるのはやはり技術力が高く信頼して依頼できるお店。 いつまでも古い知識のままではライバル店にも遅れをとってしまいますし、顧客が満足するレベルの仕事をこなせない原因に。 常にプロとしての自覚を持ち、学び続けることを忘れないようにしましょう。 他社よりもきれいに掃除をしてくれる、対応が丁寧という信頼感があればリピーターを得るきっかけになります。 マニュアルどおりの作業をすることももちろん大事ですが、 ハウスクリーニングも依頼主に喜んでもらうための仕事です。 人対人のであることを意識して、顧客のニーズを満たせるよう丁寧で質の高い仕事を続けていければ、たとえライバル店があっても自身のハウスクリーニングに依頼してくれる顧客は必ずいます。 特に顧客相手に気をつけたいのがクレーム。 ハウスクリーニングの仕事でもっとも多いクレームが、掃除の際に室内の物や部屋を傷つけられたというケース。 うっかり掃除道具をぶつけて壁や床にすり傷をつけてしまった、または 素材に合わない洗剤を使って家具や家電を傷めてしまったなどのトラブルは、最悪弁償も必要になってしまいます。 たとえば汚れを落とそうとするあまり、バスタブの中でも強化プラスチック素材のものを、たわしなどの硬い素材でこすってしまうと全体的に傷がついたり塗装が剥がれたりする原因に。 こうしたハウスクリーニングの知識不足があると、顧客からの信頼も落ちその後の評判に大きな影響を受けてしまいます。 ほかにも、ハウスクリーニングだからと言って、色素沈着を起こした汚れ、カビなどは完全に落とし切れないものもあります。 しかし、掃除後に汚れをきれいに落とせなかったとなれば、きれいになると思っていた顧客の理解が得られずクレームに発展することも。 事前に、こうした理由で掃除をしても汚れが完全に落とせない可能性があることを説明し、理解を得るなどの事前のクレーム対策を徹底しましょう。 あのハウスクリーニングには依頼できないと信頼を損なえば、客足が途絶えて廃業という結果につながってしまう可能性もあり得ます。 ほかにも電話の際の受け答えの雰囲気が悪かった、訪問した際の従業員の態度が良くなかったといった接客の面もクレームが寄せられる原因。 自分自身が接客対応に気を付けることはもちろん、ハウスクリーニング以外の従業員教育も重要になります。 広告を見れば稼げる、儲かるというフレーズをよく見かけますが、ただ加盟して営業をすれば必ず事業として成功するとは限りません。 ハウスクリーニングの起業で失敗しがちな人に共通しているは、無理なく起業ができるからとりあえずはじめた、フランチャイズなら稼げると人任せな部分があること。 加盟しているとはいえ、そこからどう営業をしていくか、売り上げを伸ばしていくかは自分の心がけと工夫次第です。 あくまで起業がスタートで、そこからどう顧客に満足してもらうか、継続して仕事をもらえるかどうか心がけを忘れずに行動し続けることが大切だとハウスクリーニング事業をしていた私は感じました。 まずは知名度がある、 研修制度やサポートが充実している、口コミ評判など、複数のフランチャイズをていねいに比較してどこに加盟するかを検討しましょう。 また起業する前にある程度の資金を用意しておく、そしてリピーターを獲得できるように、自身のスキルを磨くなど失敗のリスクを下げる対策は多くあります。 反対に業績を伸ばそうと努力をすれば、企業に所属して給与を得るよりも多くの収入を得ることも夢ではありません。 リスクも確かにありますが頑張り次第では、多くのメリットもあるフランチャイズ加盟。 ぜひ起業を検討している方はハウスクリーニングでの起業に挑戦してみてはいかがでしょうか。

次の

失敗!フランチャイズ事業ので痛い目に遭わないために

ハウス クリーニング フランチャイズ 失敗

フランチャイズの失敗 こちらでは、フランチャイズ起業での失敗例をあげ、その対策について説明します。 フランチャイズ起業の失敗例と対策 独立開業をするということは、自分だけではなく家族の将来もかかってくることなので、絶対に失敗はできません。 しかし、あたりまえのことですが、すべての人が成功するというわけではないのです。 ここでは実例の中でもよくある失敗の例を挙げて、その原因と防止策を分析しています。 失敗例その1:FC本部に頼りすぎて失敗 起業前はやる気満々で、FC希望者向けセミナーでもどんどん質問をしていた勉強家のBさんは、ある堅実経営が評判のリサイクルFCチェーンに加盟し開業しました。 しかし、半年たっても予定していた売上が出ず赤字状態でロイヤルティの支払いもままならず、本部に対して不満がいっぱいでした。 Yさんの店は駅前商店街にあり立地はとても良いところですが、店内を見ると掃除が行き届かず商品の陳列も雑然としています。 Yさんは無精ひげで、薄汚れた格好、スタッフにも活気がありません。 そして「本部が何もしてくれないから売り上げが上がらない」というばかりでした。 数か月後、Yさんは別のオーナーに店を人に譲りましたが、新オーナーに変わった途端、店は大繁盛したのです。 店内にも活気があり、新オーナーのアイデアで見やすい商品陳列になり、明るい照明もつきました。 こうすれば失敗は防げた:本部だけ頼みにしてはならない Yさんは 「フランチャイズとは、本部が考えた商売のノウハウを、加盟者がお金を払って教えてもらって商売をすること」であるという本質を理解していなかったことが失敗の原因でした。 優れたノウハウがあり、加盟店成功実績が多い優良フランチャイズを選んだところまでは良かったのですが、実際に商売をするのは加盟者であるということを理解せず、何もかも本部がやってくれると思い自分は努力をしなかったのです。 新オーナーのように、自分でもいろいろ工夫をして努力すればBさんも成功できたはずです。 失敗例その2:ロイヤリティを考慮しないままスタート 「なんとかなる」という軽い気持ちでハウスクリーニングのFCに加盟し、開業までこぎつけたFさん。 当初は自分の店を持つことができ、やる気に満ち溢れていたのですが、半年が経って売り上げに伸び悩んでしまいました。 店舗を運営するうえでかかる費用には人件費や家賃、光熱費のほかに、利益の15%を支出しなければならないロイヤリティ代があります。 このロイヤリティ代を考慮しないまま開業してしまった結果、売り上げがないので社員の給料が払えない状態になり、社員がどんどん辞めていってしまいました。 本部にヘルプを依頼しましたが、その時には手の打ちようがなく、そのまま店を閉めるという結果に。 Fさんは事前の計画不足が、経営困難な状態を生み出してしまったのです。 こうすれば失敗は防げた:資金計画をしっかり立てておく Fさんのような失敗を避けるためには、 資金管理計画を立てることが大事。 財務数値を理解して詳細に考えていかなければなりません。 FC加盟では店舗によってすぐに上手くいくところもあれば、軌道に乗るまで時間がかかるところもあるので、開業する前に様々なリスクヘッジが必要。 資金繰りの対策として運転資金を用意しておくと、売り上げが伸び悩んでいる時期でもお店の経営を続けることができます。 ハウスクリーニング経営に必要な経費は主に 洗剤代・道具代・車両代・人件費(従業員を雇っている場合)・ロイヤリティ代。 これらの出費費用を念頭に置き、日々の経営状態をリアルタイムで把握しておくと上手に運営できるでしょう。 【おさらいコラム】ロイヤリティの種類• 定額方式 本部に毎月固定の金額を払う方式です。 売り上げに関係なく毎月同じ金額を支払うため、資金管理がしやすく、わかりやすいのが特徴。 また、売り上げが良ければそのぶん、自分の手元に残る金額が大きくなるのでモチベーションが上がりやすいというメリットも。 金額は、1ヶ月数万円から十数万円ほどとフランチャイズ本部によって異なります。 売上歩合方式 最も一般的であるのが、売上歩合方式です。 売り上げの数パーセントを本部に支払うシステムになります。 売り上げの良し悪し関係なくロイヤリティの徴収ができるので、多くの業種で採用されている方式です。 フランチャイズ本部によって異なりますが、パーセンテージの割合は数パーセントから50パーセント程度。 高いブランド力を誇ったり、手厚いサポートを受けられるなどといった理由で、ロイヤリティのパーセンテージが高く設定される場合もあるようです。 粗利分配方式 多くのコンビニチェーンで使われている方式。 営業によって残った利益をフランチャイズ本部と店舗で分け合うシステムです。 本部に渡った資金は、広告宣伝・商品開発・フランチャイズシステムの改善費用にあてられ、各加盟店への集客・客単価や運営効率の向上につながります。 失敗例その3:売上があがらず本部を提訴 スイーツのFC店に加盟し、憧れのスイーツ店を開業したTさんは売り上げが思うように上がらず閉店することになってしまいました。 Tさんは売上が契約締結交渉時に本部から示された売上予測より低かったという理由で本部に対する訴訟を起こしました。 しかし、売上予測とはあくまでも本部が加盟店に対して提示した将来の予測であるため、予測と異なる結果が出ても違法とは認められませんでした。 こうすれば失敗は防げた:本部からの情報だけで判断せず自分の責任で運営する 本部からの情報だけを信じてフランチャイズ加盟しても失敗する可能性があります。 本部が提供する情報を十分に検討し、他の加盟店の意見を聞いたり、専門家に相談するなどしてから加盟を決定する必要があったのですが、Tさんは本部からの情報をうのみにして、それだけで開店を決めてしまったことが失敗の原因でした。 失敗例その4:競業禁止条項を見落としていた Kさんは、自分のお店を持つことに夢を抱き、勤めていた会社を退社。 知識や経験がなくてもはじめられそうな、ハウスクリーニング会社のフランチャイズ加盟になることを決意します。 ハウスクリーニング会社の担当Tさんは「開業前後の手厚い指導・サポートが充実していて、店舗を開業した場合の収益が十分見込める」とのこと。 信頼したKさんはフランチャイズ契約を進め、開業にまで至りました。 ところが、いざオープンしてみると指導やサポートは不十分で、経営は赤字続き。 それでも辛抱強く働き続けましたが改善が見込めませんでした。 ハウスクリーニング会社に不満を持ったKさんはフランチャイズ契約を解除し、店名を変えて独立営業をすることを決意。 しかし、フランチャイズ契約書には競業避止義務(競業禁止)条項が規定されていたため、独立することは叶いませんでした。 【おさらいコラム】競業避止義務とは? フランチャイズにおける競業避止義務とは、 フランチャイズに加盟している店舗側に対して求められている義務のこと。 これによってフランチャイズ本部と同種、または似た業種の事業を一定期間行うことが制限されます。 フランチャイズに加盟している時だけでなく、フランチャイズ契約解除後の一定期間も対象になるので要注意です。 ただし、これらの契約は本部と加盟店の双方の合意があってのもの。 本部側が加盟者や過去に加盟していた人の「営業の自由」や「職業選択の自由」を不当に制限することはできません。 それではなぜ競業避止義務を設けているのか? それは、加盟店の事業を守るためです。 フランチャイズ契約を解除して独立された場合、そのノウハウが奪われたり、流出されたり、容易に真似される恐れがあります。 会社のビジネスを守るためには競業避止義務が欠かせない存在となるのです。 しかし、場合によっては競業が認められるケースがあるので紹介していきます。 本部側が加盟者に対して十分な説明がなかったとき• 虚偽の情報を伝えたとき• 約束していた条件が遂行されていないとき その他のケースでも競業が認められることはあります。 加盟者がトラブルを回避するためにできることは、 契約を結ぶ前に内容を確認するの一点に尽きます。 不明点があれば、フランチャイズに詳しい専門家に相談するなどの対処を行いましょう。 失敗例その5:店長の実務能力が欠如 ハウスクリーニングに関して全く無知なEさんですが、「開業前に本部からノウハウを学べば経営は大丈夫」と考えていました。 本部との研修を終えてすぐに開業。 本部との協力により、2人の従業員も確保し、順調なスタートでした。 しかし、しばらくたつと雇った従業員が自分についてきてくれず、2人とも辞めてしまう事態に。 また、どこの現場も想像以上に汚く、心が折れてしまいました。 結局、自分に向いていないと判断し、店舗を他の人に譲ることになったのです。 こうすれば失敗は防げた:フランチャイズに加盟する前に同業界での職務経験を積んでおく必要がある 店舗を運営するうえで重要なのは、 従業員の指導。 そのためにも普段からコミュニケーションを取ることが必須になります。 いくらビジネスを成功させるノウハウを学んでも、指導が満足にできなければ成功しません。 マネジメント能力が必須であり、これは実務経験からしか学ぶことが難しい知識になります。 経験を重ねていくとわからなかったことが見えるようになったり、自分が本当に向いているかどうかがはっきりしたりします。 店舗運営が上手くいくかどうかは店長次第。 実務経験が高ければ、顧客との信頼関係を築き上げ、固定客を獲得する可能性も高まり、利益を生み出すことに繋がります。 開業前に同業界で経験を積んでおきましょう。 失敗例その6:我流での経営 Jさんはフランチャイズに加盟したにもかかわらず、フランチャイズ本部の指導が気に入らないことから、全く学ぼうとしませんでした。 大きな赤字を抱えていたJさんに対して、本部側は改善策を立てて、アドバイスをしようと何度も試みましたが、聞く耳をもたず「二度と来るな」と突き放してしまったといいます。 フランチャイズ本部と良好な関係性を築けなければ良い情報を得られるはずもなく、改善策を見出せないまま赤字が膨らむ一方…意地になって自己流の経営を続けたJさんは結局倒産に追いやられました。 こうすれば失敗は防げた:オーナーは常に謙虚な姿勢で学び、FC本部と良好な関係を築くこと フランチャイズに加盟するメリットは、 知識のない状態でもフランチャイズ本部からの指導やアドバイスを受けてノウハウが学べること。 同じ店舗でも地域や経営状態によってとるべき施策は異なります。 フランチャイズ本部は、店舗運営を成功させる知識やスキルなど有益な情報をもっているため、アドバイスを真摯に受け止めることが成功の秘訣。 オーナーの味方となる本部を敵に回すようなことがあってはいけません。 フランチャイズ本部と加盟店はサービス提供者と顧客との関係ではなく、フランチャイズ本部とのビジネスパートナーと捉えるべきです。 常に学ぶ姿勢を持ち、忙しくてもフランチャイズ本部の主催によるセミナーへは参加するべきでしょう。 そこで得られる知識やスキルは必ず店舗運営において有益な情報となるはずです。 もし、どうしても本部の担当者との気が合わないという場合には 出店エリアのスーパーバイザーと面談する機会を設け、相談したり担当者を変えたりするなどして対処してください。 失敗例その7:フランチャイズに難しい業種を選んだ IT関係の仕事で生活していけるほどになったMさん。 しかしそのうち今の仕事でもうまくいかなくなってくるのではないかという将来の不安から、介護事業のフランチャイズを始めることにしました。 加盟したフランチャイズ自体は良い印象があったそうです。 しかし知識がほとんどなかった分野への参入はなかなかうまくいきませんでした。 そして雇用したスタッフ、責任者との折り合いもどんどん悪くなる一方に。 その結果、開業した事業所は1年で閉鎖することになってしまったのです。 こうすれば失敗は防げた:フランチャイズに向いている業種を選ぶ 業種選びを失敗しなければ、 経営に失敗することはなかったかもしれません。 フランチャイズはさまざまな業種を選べます。 会社によっては社員教育や責任者の指導などに力を入れてくれるところがあるので、どの業種を選んでも成功すると思ってしまいがちです。 しかしMさんが選んだ介護事業は、黒字化するまで時間がかかる業種でした。 介護事業を請け負っているフランチャイズの中には「黒字化は早ければ半年で達成する」というところもありますが、実際は開業から2~3年経っても赤字の事業所もあるようです。 介護事業のように定期的にサービスを利用する方がいる業種によっては、すぐに廃業できないケースもあります。 実際にサービスを受けている個人と、その家族のやり取りも関わってくるからです。 フランチャイズに加盟する場合は、フランチャイズに向いている業種を選ぶことも意識しましょう。 失敗例その8:フランチャイズ詐欺に引っかかってしまった 不景気により、経営していた会社が倒産しかかっていたEさん。 なんとか会社を立て直そうと別の業種を模索することにしました。 そこで紹介されたのが焼肉店のフランチャイズを経営している会社だったのです。 参加したセミナーで紹介された成功例に感銘を受けたEさんは、疑うことなくフランチャイズに加盟しました。 しかし実際には焼肉店を任されることはなく、居酒屋店を任されることに。 さらに立地条件が悪く、経営が悪くなる一方で、スタートから赤字続きでした。 しかしそんな状況になっても本部からのサポートはなし。 そればかりか、事業の撤退を言い渡されてしまいました。 そこでEさんはやっと、これがフランチャイズ詐欺であることに気付いたのです。 結局Eさんには5,000万円以上の借金が残ってしまいました。 こうすれば失敗は防げた:本部の情報を鵜呑みにせず情報をしっかり見極める フランチャイズ詐欺は、実際には売り上げが出ないのに、「成功する」「儲かる」といった説明をしてフランチャイズに加盟させ、お金を搾取していく手口を指します。 数多くの成功事例を紹介し、必ず成功するような気にさせたり、「誰でもできる」といった誘い文句を使ったりとさまざまな方法で加盟を促すのです。 しかし実際には全く売り上げが出ないのに高いロイヤリティを納めなければならず、本部は一向にサポートせずに指示するだけ。 しかも任された店舗は立地が悪い場所です。 このような状態では事業を始めても自分には何の得にもなりません。 フランチャイズ詐欺に合わないためには、本部の言葉だけを鵜呑みにせずにしっかりと情報を見極めることが大事です。 任される可能性がある店舗がわかれば、立地条件も確認しましょう。 実店舗での営業がうまくいくかどうかは、立地条件によって大きく左右されます。 フランチャイズの言葉や用意されたデータに惑わされず、経営者としての考えも持っておきましょう。 再チャレンジするならこんなFC本部を選ぼう フランチャイズでの起業にて再びチャレンジするのであれば、まず本部自体の経営状態を調べておくことが大事です。 既存店の成長率や閉鎖率、同業他社と比較して何が優れているのかを把握しておきましょう。 実際に加盟店に足を運んで、情報収集をすることも必須。 入念に打ち合わせしても店舗の雰囲気や清潔感、衛生管理、接客態度が悪ければ本部の指導が行き届いていないと考えられます。 ましてやクリーニング店で清潔感がなければ契約を考え直す必要があるでしょう。 フランチャイズ契約では「競業禁止義務」が定められていることが多いので、契約内容をしっかり把握したうえでサインするようにしてください。 そして、フランチャイズに加盟する際、忘れていけないのが「ロイヤリティ」です。 ちなみにハウスクリーニング業界でのロイヤリティの費用は定額方式で数パーセント、歩合方式で3~8パーセント程度と言われています。 ロイヤリティの費用が高ければ、オーナーの手に残る金額が少なくなってしまうので要注意。 一概には言えませんが、定額制低価格の設定金額を設けているFC本部が、比較的参入しやすいのではないでしょうか。 独立開業におすすめのハウスクリーニングのFC このサイトでは、2020年までには8,000億円市場に成長すると予測されているハウスクリーニングサービスのFC本部を比較検討し、ランキングを作っています。 独立開業に再チャレンジするならば、ご検討してみてはいかがでしょうか。

次の