いだてん ドラマ 評価。 「大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺~」」へのクチコミ(口コミ)

「いだてん」にギャラクシー月間賞 内容高評価「驚くほど現代の日本が抱える諸問題とリンク」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

いだてん ドラマ 評価

『いだてん』(NHK)より NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺』の最終回が12月14日に放送され、平均視聴率は8.3%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)だったことがわかった。 10月13日の39話で3.7%まで数字が落ち込み、そこからは盛り返しつつあったが、全47話の平均視聴率は8.2%で、大河史上初となる1ケタ台&歴代ワースト記録を打ち立てることに。 そんな同作の出来について、視聴者の間では「最高だった」「いろいろあったのが残念」など、さまざまな声が飛び交っている。 一作品で主人公が交代するという異例の構成が、当初ネット上で『主人公が2人って混乱しそう』などと不評を呼ぶことに。 序盤で視聴者の心をつかめなかったのが、低視聴率の原因の一つでしょう」(芸能ライター) 念願の東京オリンピック開会式当日が描かれた最終回。 過去の回想が流れ、これまで東京オリンピック開催に向けて尽力してきたメンバーも集結し、最後は落語家・古今亭志ん生(ビートたけし)「富久」のオチでエンディングを迎えた。 「視聴率は振るわなかったものの、最終回はTwitter上で『いだてん最高じゃんねぇ』のハッシュタグが登場し、一時トレンド入りを果たすほど大盛り上がりしていました。 また、脚本を務めた宮藤官九郎も、タクシーの運転手として初登場し、視聴者の関心を引いたようです。 初回から最終回まで見届けた視聴者は『かなり面白かった』『最後は感動で泣けちゃった。 よかったよ!』と大絶賛していました」(同) それだけに、出演中に不祥事を起こした出演者がいたことに対し、「残念でならない」という声が多数上がっている。 「3月、コカインを使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕されたピエール瀧は、前半の主要な役どころである足袋屋の店主役を担当していましたが、途中で三宅弘城に交代となりました。 また、10月に税金の申告漏れが発覚し、活動を自粛したチュートリアル・徳井義実は、東京オリンピックで金メダルを獲得した女子バレーボールの日本代表監督・大松博文役を演じていたものの、出演シーンに編集が加えられることに。 さらに、阿部と大河原やす子の川島海荷が、それぞれ10月と12月に接触事故を起こしています。 これに対し、ネット上では『せっかくいい作品だったのに残念』『いいキャストが揃ってたのに、運がなかったな』という声も漏れていました」(同) 低視聴率続きで、キャストの不祥事に見舞われてはいたものの、視聴者からは好評や同情の声も多かった『いだてん』。 そんな中、最後まで不評だったのが、たけしの演技だ。 「たけしは、志ん生の役でナレーションを務めていた時期があったのですが、『聞き取れない』『何言ってるのかわからない』と酷評の嵐でした。 最終回でも、やはり『志ん生の語りだけが微妙』との指摘が多くかったですね」(同) 来年の大河『麒麟がくる』も、メインの出演者である沢尻エリカの逮捕で早くもドタバタしているようだが、どんな展開になるのか楽しみにしたいところだ。

次の

【いだてん】感想まとめ一覧表!【1話~最終回まで!】

いだてん ドラマ 評価

番組内容、放送時間などが実際の放送内容と異なる場合がございます。 TiVo、Gガイド、G-GUIDE、およびGガイドロゴは、米国TiVo Corporationおよび/• またはその関連会社の日本国内における商標または登録商標です。 「Yahoo! テレビ. Gガイド」はYahoo! JAPANのサービスであり、ヤフー株式会社が株式会社GYAOと協力して運営しています。 - - - - -• Copyright C 2020 IPG Inc. All Rights Reserved. Copyright C 2020 GYAO Corporation. All Rights Reserved. Copyright C 2020 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.

次の

いだてん〜東京オリムピック噺〜

いだてん ドラマ 評価

主人公に対して 主人公に華がない。 大河って、良くも悪くも歴史上の逸話を今風に脚色するから面白いのであって初めてオリンピックに出た人をフューチャーしてもピンと来ない。 皆が興味のない人物の生涯をだらだらと1年間にわたって見せられても退屈でしかない。 金栗四三のミスキャスト。 主人公が鈴木亮平や玉木宏のような役者だったらおもしろいと思います。 最後まで勘九郎には馴染めないと思う。 森山未來、役所広司などぴったりの俳優を選んでいるのに、なぜ勘九郎にしたのでしょう。 若き志ん生が主役を喰っちゃってる。 金栗くんに頑張ってもらいたいけど感情移入できず、感動しない。 つまり、主人公のモデルである金栗四三というモデルに魅力がないという意見、 また、その金栗を演じる中村勘九郎(の演技?)に魅力がないという意見から、 いだてんがおもしろくないとの評判があるようですね。 みなさんはいかがでしょう? 大河ドラマの時代設定について 織田信長や坂本龍馬の出てこない大河は大河じゃないと思っている人が多いんですよ。 日曜夜の大河は時代劇(幕末以前)じゃないと納得しないのでしょう。 「戦国時代から江戸時代初期か幕末以外の題材を扱ったものは大河じゃない」という変な保守が多いからだと推測されます。 大河ドラマは戦国時代か幕末でなければならないと考えている軍事オタが拒絶しているから。 今年度の大河ドラマいだてんは明治から昭和の時代設定になっていますので、 戦国の武将や幕末のヒーローを扱うのが大河ドラマの定番だという固定ファンが敬遠しているのではないかと、 つまり、おもしろくないとの評判は、時代劇ファンがおもしろくないと言っているのではないか、という意見です 笑 その他おもしろくない理由 東京オリンピック開催の直前に放送されていることで、現政権に対する追従番組だとして拒絶している視聴者がいるから。 来年の東京五輪に乗っかった企画のあざとさ。 ころころ時代が変わる脚本が分かりずらい。 たけしの活舌の悪さ、落語家に見えない。 途中に落語を挟むのを辞めないと。 話が寸断されて感情移入できない。 コミカル過ぎる軽いバタバタしたあわただしい作風、演出などが今までの大河と異なりすぎる。 大河作品らしい歴史ものの重厚さが皆無。 この脚本家は手法にばかりこだわっていて、ドラマとして一番大事な感動というものがない。 明治と昭和がシンクロしている、マラソンランナーと落語がシンクロしている。 人物像を深堀りしないで、芝居がかった演技でおふざけしている。 大多数の人はそんなの望んでいないよ。 以上、大河ドラマいだてんの評判のうち、おもしろくない側の評価などを紹介してみました。 いだてんをご覧になられている方々はどのような評価をされますか? 大河ドラマ「いだてん」はおもしろいという評判 おもしろくないという評価に対して、おもしろいよという評価もあります。 次に、いだてんは おもしろいという評判を拾ってみます。 いだてんがおもしろい オリンピックやスポーツにあまり興味のない(東京五輪開催にも反対)私ですが、そのポリシーを覆させるほどの名作だと思ってます。 スポーツを見る感動を知ってる人なら、この斬新なドラマを、設定だけで涙無しには見られないだろう。 近現代史は大河ではほとんど手つかずの分野なのでとても興味深い。 いつも信長・秀吉・家康ばかりじゃうんざりしてきます。 「麒麟が来る」はあまり期待していません。 「たった100年くらい前でも今とこんなに違うんだ」とツッコミどころも含めて楽しく見ています。 スポーツがいかに時代に翻弄され発展を阻まれてきたか、昔の日本人にスポーツという概念がどのように生まれ育ってきたか。 その経緯や関係者の苦難が凄く伝わってきます。 中心人物や時代を頻繁に切り替え、ある人物視点で描いたところをまた別の人物視点で描き、回を重ねるうちにストーリーがよくわかってくるように作る、天才の成せる業です。 これらがいだてんがおもしろいと評価される方々の評価です。 ・・・お気づきになられましたでしょうか 笑 おもしろいとの評判の根拠と、おもしろくないとの評判の根拠、がほぼ同じ! つまり、いだてんの時代設定をおもしろくない人もいれば、おもしろい人とに分かれているということです 笑 クドカンの脚本をおもしろくない人もいればおもしろい人もいるということです。 大河ドラマいだてんの評判、おもしろいと感じる方の意見とおもしろくないと感じる人の意見を比較してみたら、 結局は、観る人たちの好みの違いによるという、至極当たり前の結論に至りそうです 笑 しかし、いだてんの視聴率は過去の大河ドラマと比較してみると、歴史的なほどの低迷ぶりのようですから、 西郷どん、直虎、真田、官兵衛などと比較すると、おもしろくないと感じている方が多いということが考えられますでしょうか。 勘助、兼続、官兵衛あたりは印象に残っていますけど、 竜馬、江、直虎あたりは、ちょっと・・・。 おもしろいと感じるシーンもあれば、途中で寝てしまった回もあります。 個人的に、落語のくだりが要るのかなぁと思います、森山くんの演技は凄いと思いましたけど。 やはり、ドラマにしても映画にしても、観る人がどう感じるかなんてのは、それぞれなんだと思います。 今回のいだてんは、東京オリンピック開催に向けた啓発的な要素のあるドラマかもしれませんが、 主人公が初めてオリンピックに出場した金栗四三と、 1964年の東京オリンピックを招致した中心人物の田畑政治ですから、 今後、どんな仕上がりを見せていくのか、最後までみてみようとは思っています。 もっと面白くなることを期待していますけど 笑 まとめ 以上、今回は、低迷していると言われている大河ドラマいだてんについての評判、 おもしろいという意見とおもしろくないという意見を比較してみました。 視聴率から、他の大河ドラマと比べると、おもしろくないと評価する方が多いんだと思います。 他のテレビドラマと同じですね。 ただ、 大河ドラマは期待が大きいでしょうから、低迷したときの反響も大きいんでしょうね。 今後も注目していきたいと思います。 この記事が読んでくださったみなさんの気になる情報のお役にたてればうれしく思います。 よかったら過去記事のもご一読ください。 最後まで読んでいただきありがとうございます。

次の