ヨハン ブレーク。 日本人よ、もっと鍛えよ~短距離走編 日本人スプリンターのフィジカルは、本当にこのままでいいのか?

「ヨハン・ブレーク」のニュース一覧: 日本経済新聞

ヨハン ブレーク

陸上選手 短距離 ロンドン五輪金メダリスト 生年月日:1989年12月26日 国籍:ジャマイカ 出生地:セントジェームズ 経歴:高校選手権で活躍し、卒業後は陸上短距離の世界王者ウサイン・と同じの西インド諸島大学にを置く陸上クラブで練習パートナーとして力を付ける。 2011年世界選手権大邱大会100メートルではボルトがでとなる中、史上最年少の21歳で金メダルを獲得。 2012年6月ジャマイカの五輪代表選考会の100メートル、200メートルでボルトを上回るシーズン世界最高記録で優勝。 8月のロンドン五輪100メートルでは自己ベストタイの9秒75をマークするもボルトに及ばず。 200メートルでもボルトに次ぐ銀メダル。 180センチ、76キロ。 2011年世界選手権大邱大会100メートルではボルトがフライングで失格となる中、史上最年少の21歳で金メダルを獲得。 2012年6月ジャマイカの五輪代表選考会の100メートル、200メートルでボルトを上回るシーズン世界最高記録で優勝。 8月のロンドン五輪100メートルでは自己ベストタイの9秒75をマークするもボルトに及ばず銀メダル。 200メートルでもボルトに次ぐ銀メダル。 180センチ、76キロ。 出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」 現代外国人名録2016について.

次の

ヨハン・ブレーク(Yohan BLAKE)選手のトップスピードランニングフォーム

ヨハン ブレーク

見出し• ヨハン・ブレークの自己記録• 100m 9秒69 -0. ヨハン・ブレークはボルトと同じジャマイカ出身で、ボルトの練習パートナーを務めながら、力をつけてきました。 あ、ヨハン・ブレークのトレーニング風景が見たいという方もいると思うので、ここに載せておきますね^^。 1位 ヨハン・ブレーク 19秒80 2位 ウサイン・ボルト 19秒83 ヨハン・ブレークは身長が180cmとボルトのように体が大きいわけでもないんですね。 それでも、ボルトに勝つなんて凄い! 以下は100mの世界記録で上位の選手の身長をまとめてみました。 参考になれば幸いです。 ウサイン・ボルト(ジャマイカ) 195cm• アサファ・パウエル(ジャマイカ) 190cm• ジャスティン・ガトリン(アメリカ) 185cm• ヨハン・ブレーク(ジャマイカ) 180cm• タイソン・ゲイ(アメリカ) 178cm で、ヨハン・ブレークはこんなことも言っていましたよ。 「 練習に集中すればボルトの記録に追い付ける」と。 ボルトが世界陸上男子100メートルで世界新記録となる9秒58をたたき出した時は、ボルトを超える選手は数十年は出てこないだろうと誰もが思ったに違いないでしょう。 そんな中、ボルトの記録に追い付けると自分を信じて練習に励む精神は本当に素晴らしいなって思います。 そして、ボルトに勝ったことのある二人目のジャスティン・ガトリンも見ていきましょう。 200m 19秒68 -0. ガトリンは1982年2月10日生まれで、現在32歳(2014年11月時点)なんですよ。 だから、老けて見えるのも仕方ありません^^;。 で、ガトリンは2004年のアテネ五輪、05年ヘルシンキ世界陸上の連続金メダリストなんですね。 しかし、2006年に薬物検査でドーピング違反が発覚し、4年間の資格停止処分を受けました。 2010年に復帰しましたが、この時は既にボルトの時代になっていたんですよ。 2012年のロンドン五輪では、9秒79で自己新記録するも、ボルトとヨハン・ブレークのジャマイカ勢に届かず銅メダルを獲得しました。 ちなみに、ガトリンは腕を伸ばし気味にして走るのが特徴なんですよ。 この特徴を理解した上で、以下のボルトに勝利したときの動画を見てみてくださいね。 01秒の差ですが、ボルトに勝ちましたね。 ボルトに勝ったガトリンはこう語っていました。 「 昨シーズン多くの試合を一緒に走り、ボルトとブレークは最後の20メートルが違うとわかった。 自分も五輪後に、レースの後半を強化してきた」と。 なるほど、どうやら勝因はレースの後半を強化したことにあるようです。 ボルトが敗れたのは、2012年のジャマイカ陸上選手権でヨハン・ブレークに負けて以来なんですね。 ボルトを破る選手が二人目まで出てくるとは思わなかっただけに、とてもびっくりしましたよ! ますますこれからの陸上競技が楽しみになってきましたね。 ボルトを破るだけでなく、彼の持つ世界記録を抜く日が近い将来ありそうです。 スポンサーリンク.

次の

ヨハン・ブレーク(ジャマイカ):時事ドットコム

ヨハン ブレーク

レーサーズトラッククラブに所属し 、ボルトとの練習パートナーを務め 、ともにグレン・ミルズの指導を受けている。 経歴 ブレイクはに生まれた。 にあるセント・ジャゴ高校に通った。 2007年4月、ブレイクはで行われたカリブ海貿易自由協定競技大会で100m10秒11のジャマイカジュニア記録を樹立した。 この大会では200mをも制したほか、・にもメンバーとして出場し大会記録を更新して優勝を飾った。 2009年5月、ブレイクはニューヨークで行われた100mBで優勝した。 同7月には、ローマで行われたのに出場し9秒96を記録して、19歳196日時点にを当時の史上最年少で突破。 、に次ぐ3位に入り、シニアの舞台で成績を残した。 ブレイクは前の7月に行われたジャマイカ国内のドーピング検査で、同国のらと共に興奮剤(4-メチル-2-ヘキサンアミン)の陽性反応を示した。 ジャマイカ反ドーピング連盟(JADCO)が組織する裁定委員会は、検出された薬物がの指定禁止薬物リストに記載されていないことを理由に、ブレイクに対してドーピング違反の判断をすぐに下さなかった。 しかしながらJADCOは指定禁止薬物(tuaminoheptane)に似た構造の薬物を摂取しないように選手が自制すべきであるとした。 委員会の裁定は世界選手権後に下される予定であったためにジャマイカ陸連はブレイクらを同選手権の代表から外した。 2009年9月、ブレイクと3名の選手に3ヶ月の出場停止処分が下された。 2011年8月28日、ブレイクは男子100mで決勝まで勝ち進んだ。 決勝はチームメイトのボルトがフライングにより失格となり、9秒92の記録でらを下して優勝を飾り世界選手権の金メダルを獲得した。 世界選手権後の9月8日、ブレイクは100mに出場して9秒82の記録で優勝。 9月16日にで行われた最終戦のでは、スタートのが出場選手9人の中で最も遅い0秒269 であったが、世界歴代2位となる19秒26を記録し優勝した。 同12月、ブレイクはジャマイカ陸上連盟 JAAA により、2011年のジャマイカ最優秀選手に選ばれた。 2012年6月29日、ブレイクは100mでボルトに勝利してジャマイカのオリンピック選考会を突破し 、同のでは、ボルトに次ぐ9秒75(自己ベストタイ)でを獲得した。 続く8月9日の200mでもボルトに敗れ銀メダル。 2013年4月、ジャマイカで行われた大会の100mでを痛めてしまう。 前回大会100mを制しているため同種目の出場権は既に持っており、ジャマイカ選手権(選考大会)などを欠場して回復に努めた。 しかし、このまま出場しても良いパフォーマンスが期待できないとして、7月に世界選手権の欠場を発表した。 幸先の良いシーズンのスタートを切ったように見えたが、6月14日の第6戦の100mは10秒21(-1. 2)の6位と惨敗すると、7月11日のIAAFダイヤモンドリーグ第9戦のグラスゴー大会100mでハムストリングスを再び痛めてしまう。 後日手術を受けて松葉杖生活を送ることになり、シーズンの残りは欠場となった。 2015年6月、に出場するためジャマイカ選手権100mに出場するも、10秒36(-1. 3)の準決勝全体9位で決勝に進めず、2011年大会以来の世界選手権出場は叶わなかった。 4)をマーク。 7)で優勝。 0)、決勝は20秒29(-1. 5)と、両ラウンドで2013年以降の自己最高記録をマークして優勝し、4年ぶりにスプリント2冠を達成した(ボルトは怪我のため100m決勝と200m予選を棄権)。 同年、にの2走で出場、チームは金メダルを獲得した。 2017年8月4日、ブレイクは、の予選に出場、組2着で準決勝進出をする。 8月5日、準決勝組1着で決勝進出を果たし、3大会ぶりの世界選手権で雪辱を果たすが、決勝では、3位のに0秒04届かず、去年のと同じ結果になった。 8月12日、は、決勝のみ3走に出場したが、アンカーのが、左足を痛め途中棄権。 5大会連続金メダルはおろか、メダル獲得にも至らなかった。 人物・エピソード• 貧困家庭出身。 空き缶を集めて売って学費を稼いだり、家に水がないため遠くからバケツに入った水を頭に置いて運ぶなどの生活を送っていた。 2011年に「ヨハン・ブレイク財団( YB Afraid Foundation)」を設立。 キングストン郊外に寄宿舎を建設し、貧困家庭の子供や孤児たちにスポーツや勉強などの学ぶ場を提供している。 練習の虫として知られ、他の選手が休んでいる中でも一人黙々と凄い形相で練習をしている。 そんなブレイクもが亡くなった時は1週間練習を休んだという。 かつてはビースト(野獣)の愛称を持っていた。 名付け親はウサイン・ボルトで、レポーターたちに「奴はトレーニングでビーストになるんだ」と言っていたのが定着したという。 しかし、2016年にビーストの愛称を返上した。 趣味はクリケット。 16歳の時に陸上競技をメインにするまでクリケットもやっていたことから 、現在も暇さえあればクリケットをするほど大好きで、自宅にはクリケットのボーリングマシーンがある。 将来は29歳で陸上競技を辞め、クリケットの選手になる計画を立てている。 4) 1位 40秒49(4走) 2006 3位 100m 10秒42(-0. 2) 準決勝 20秒37(-0. 8) 準決勝 20秒52(-0. - IAAF• - PUMA• - IAAF• - 中央日報• Reid, Tyrone S. 2007-04-10. 2008年9月17日, at the.. Jamaica Observer. Retrieved on 2009-08-13. Finisterre, Terry 2007-04-08. Retrieved on 2009-02-14. Retrieved on 2009-06-01. Retrieved on 2009-08-14. Ramsak, Bob 2009-07-10.. REtrieved on 2009-07-11. 2009-07-24. Retrieved on 2009-08-13. 2011年7月13日, at the. 2009-08-11. Retrieved on 2009-08-13. 2009-08-19. Retrieved on 2009-08-19. 2009-09-14. Retrieved on 2009-09-17. 2012年5月27日, at the. - IAAF• Mike Rowbottom 2011-09-18. 2011年9月18日閲覧• ニッカンスポーツ・コム、2011年9月17日。 - JAMAICA OBSERVER、2011年12月10日• Espn. com 2012年6月30日. 2012年8月7日閲覧。 細井伸彦 2012年8月6日. 2012年8月9日閲覧。 2013年7月17日. 2015年7月1日閲覧。 2014年7月23日. 2015年7月1日閲覧。 2015年6月27日. 2015年7月1日閲覧。 Jamaica Observer 2016年4月18日. 2016年7月14日閲覧。 2016年7月2日. 2016年7月14日閲覧。 2016年7月4日. 2016年7月14日閲覧。 IAAF. 2016年8月22日時点のよりアーカイブ。 2016年8月22日閲覧。 Heavy. com 2015年4月17日. 2015年7月1日閲覧。 (訳・生島淳)『ウサイン・ボルト自伝』、、2015年5月31日発行、 321頁。 Jamaica Observer 2016年4月19日. 2016年5月2日閲覧。 2011年8月28日. 2015年7月1日閲覧。 2014年5月16日. 2015年7月1日閲覧。 従来の記録はの22歳38日.

次の