サーチ コンソール アナリティクス。 検索クエリとは?意味を理解してキーワードとの違いを把握しよう|SEOラボ

サーチコンソールとアナリティクスの連携(紐付け)方法とメリットや違い

サーチ コンソール アナリティクス

検索アナリティクスの使い方 ログイン後、左メニューの検索トラフィック>検索アナリティクスでは、 検索結果でのサイトのパフォーマンスを確認することができるサーチコンソールのメインとも言える機能です。 サイトに流入した検索クエリ(ユーザーがサイト訪問した時に入力したキーワード)ごとの検索結果でのクリック数、表示回数、クリック率、掲載順位、などが確認できます。 これによってターゲットとしていたキーワードでどれくらい効果を出せているのか?といったことがわかります。 Googleアナリティクスではわからない 検索キーワードとそのクリック率や検索順位がわかるので、ページの改善などの指標に役立ちますね。 関連記事• 手動による対策の使い方 検索トラフィック>手動による対策では、 Googleガイドライン違反によるGoogleペナルティ(手動ペナルティ)を受けた場合、違反メッセージが表示されます。 違反メッセージが届くと、手動ペナルティ扱いとなり、サイトの検索順位が下落したり、インデックス削除などのペナルティが課せられます。 そのため、トラフィックが急に減った場合はまずここに何かメッセージが届いていないか確認してみましょう。 手動ペナルティを解除するには、メッセージ内容に沿ってサイトを改善し、再審査リクエストを行う必要があります。 再審査リクエストが承認されれば、 手動ペナルティが解除され、検索順位やインデックス状況が改善されます。 関連記事• Fetch as googleの使い方 クロール>Fetch as googleでは、 サイトの認識を早めることができます。 Fetch as googleで認識を早めたいサイト(ページ)を指定することで、クローラーを通常より早く呼び込むことが可能です。 使い方はクローラーに巡回を促すページを入力して「取得」ボタンをクリックします。 次に遷移したページで「インデックス登録をリクエスト」をクリックすることで完了です。 例えば、コンテンツ追加やタイトルタグ変更など、修正したページをすぐに反映させたい場合、 Fetch as googleを利用することで修正内容を早く認識させる方法として活用できます。 関連記事• サーチコンソールの登録・設定方法 では、サーチコンソールにサイト登録・設定する方法も簡単にご説明していきます。 まずはサーチコンソールにログインしましょう。 そしてアカウント作成後、Googleサーチコンソールにログインします。 テキストボックスに登録したいサイトのURLを入力し、「プロパティを追加」ボタンをクリックします。 すでにいくつかサイト登録済みの場合は、以下のボタンからもプロパティ追加することができます。 続いてサイトの所有者のチェックへ進みます。 このチェックはご覧の通り、いくつかの方法が用意されています。 今回は発行されたタグをサイトに追記して確認してみたいと思います。 上記のようにタグが表示されていますので、こちらのタグをコピーし、サイトのhead内に貼り付けましょう。 そして、タグを貼り付けたHTMLファイルをサーバーにアップロード後、先ほどのページで「確認」ボタンをクリックします。 正しく設定できていれば下記のように所有権が確認されるので、 「続行」を押すことで登録完了となります。 (ひとつのアカウントで1,000個まで登録することができます。 ) 関連記事• サーチコンソールとGoogleアナリティクスの連携方法 続いて、サーチコンソールとアナリティクスを連携することで、先ほどご紹介した 検索クエリ(検索キーワード)をGoogleアナリティクス側でも確認することが可能となります。 連携方法の手順は一度だけで簡単なのでぜひ連携しておきましょう。 Googleアナリティクスにログイン後、上部メニューの「アナリティクス設定」から、「プロパティ設定」をクリックします。 次に一番下の「Search Consoleの調整」をクリックします。 「編集」から連携可能なSearch Consoleプロパティを選択し、完了ボタンをクリックします。 すると、以下のよう、選択したプロパティが表示されるようになり、連携してることが確認できます。 実際にGoogleアナリティクスのレポート左メニュー「集客」>「Search Console」>「検索クエリ」をクリックします。 サーチコンソールから検索キーワードが取得され、 Googleアナリティクスとうまく連携できることがわかります。 検索クエリ以外に、ランディンクページ、国、デバイスの指標を確認することが可能です。 Googleオーガニック検索に特化して分析する場合、このSearch Consoleメニューが役立ちます。

次の

サーチコンソール(Search Console)とは?登録・設定・使い方についてまとめ|SEOラボ

サーチ コンソール アナリティクス

続いてGoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールの関連付けをしましょう GoogleサーチコンソールとGoogleアナリティクスを関連付ける Googleサーチコンソールとアナリティクスの紐づけをしましょう。 Googleアナリティクスへログインします。 「ランディングページ」をクリックします。 アナリティクスでのSearch Consoleデータを有効化にする画面が表示されます。 「Search Consoleのデータ共有を設定」をクリックしましょう。 画面下に表示されている「Search Consoleを調整]をクリックします。 連携がされている場合、サイトURLが表示されます。 関連付けの設定はまだなので、「追加」をクリックします。 アカウントの安全を保つための本人確認があります。 アカウントの本人確認後、関連付けの画面になります。 関連付けられているアナリティクス ウェブプロパティのサイトURLにチェックを入れ「保存」をクリック 関連付けの追加「OK」をクリックしましょう。

次の

サーチコンソール(Search Console)とは?登録・設定・使い方についてまとめ|SEOラボ

サーチ コンソール アナリティクス

このことから、クエリは、「質問」を意味する用語であることがわかります。 つまり、 検索エンジンから情報を引き出すために、ユーザーが検索窓に入力した質問(語句や文字列)のことを、「検索クエリ」と言うことができます。 「検索クエリ」と「キーワード」の違い 「検索クエリ」と「キーワード」は、以下のように 用語の意味に明確な違いがあります。 「検索クエリ」は、ユーザーが検索エンジンを使って検索窓に入力した語句(単語、フレーズ、複合語など)のことを意味します。 問題の解明や内容の理解の上で、重要な手掛かりとなる語。 情報検索で、検索の手掛かりとして使用する語句。 つまり、 検索エンジンとの関わりの有無が、「検索クエリ」と「キーワード」の大きな違いの1つと言えます。 検索クエリの数を調べる 検索クエリの数を調べるには、以下のようにGoogleアナリティクスを活用する方法があります。 Googleアナリティクスログイン後、左メニューの「集客」>「Serach Console」>「検索クエリ」をクリックします。 すると、 右下に「12330」と検索クエリの総数が表示されてることが確認でき、一つの目安として活用できます。 この機能を活用するには、以下関連記事で紹介する Googleアナリティクスとサーチコンソールを連携させる設定が必要となります。 関連記事• 検索クエリを調べる(調べ方) 検索クエリを調べるには、以下2つのアクセス解析ツールを使った方法があります。 図の右赤枠の「検索アナリティクス」をクリックでも大丈夫です。 また、上記のよう、検索クエリの「合計クリック数」「合計表示回数」「平均CTR(クリック率)」「平均掲載順位」が確認でき、検索クエリごとにデータを分析することも可能です。 Googleアナリティクスの検索クエリが表示されない(not set)について Googleアナリティクスの検索クエリが表示されない場合、以下のように 「not set」という指標または値が示され、うまくデータ取得できないことを意味します。 このように、 「not set」によって表示されないデータは、以下のような検索クエリが該当するようです。 Googleアナリティクス内のsearch consoleレポートで表示される not set ですが、下記ヘルプページの 『ユーザーのプライバシー保護の観点から、あまり頻繁に行われない検索クエリや、個人情報やデリケートな情報を含む検索クエリのデータは、「(その他)」にまとめられます。 』 が、該当すると考えられます。 ユーザーが検索結果からサイトへアクセスするときに使用したキーワードを意味します。 簡単に言うと、「 検索結果からユーザーが訪問したキーワード」のことです。 Googleアナリティクスにログイン後、集客>キャンペーン>「オーガニック検索キーワード」から指標が確認できます。 このように、 「検索クエリ」は、検索結果にページが表示された時点で指標として成り立ち、一方、「オーガニック検索」は、検索結果に表示されたページからサイトに訪問することで指標として成り立つことがわかります。 つまり、 検索結果からサイトに訪問したか否か?が、「検索クエリ」と「オーガニック検索キーワード」の違いを見分けるポイントの1つと言えます。 検索クエリの「(other)」とは? Googleアナリティクスの検索クエリの項目で確認できる「(other)」とは、 仕様による制限や上限で残ったデータをまとめて集約した値のことです。 このように、 「検索クエリ」含め、「オーガニック検索トラフィック」や「サイト内検索キーワード」などの値の種類が多い項目で、「(other)」が表示されます。 「(other)」という値について、Google公式に以下のように言及してます。 個々のレポート ディメンション(ページ、ブラウザ、画面の解像度など)に該当する値には、数多くの種類がある場合があります。 1 つのディメンションに該当する固有の値の合計数は「基数」と呼ばれます。 たとえば、モバイル(ga:isMobile)ディメンションには 2 つの値(「Yes」か「No」)が該当するため、このディメンションの基数は 2 になります。 他のディメンションにもさまざまな種類の値があります。 たとえば、ページ ディメンションでは、サイトに表示される各ページのさまざまな URL が値になります。 値の種類が多いディメンションは、高基数ディメンションと呼ばれ、こうしたディメンションを含むレポートは、アナリティクスのシステム上の制限に影響されることがあります。 その場合はレポートに集約項目 other が作成され、システム制限を超えたデータがその項目に集約されます。 日次処理済みの表のデータ制限 日次処理済みの表には、標準のアナリティクスで 50,000 行、Google アナリティクス 360 で 75,000 行まで保存されます。 ディメンション値の組み合わせが表の上限数を超えた場合は、上位 N 個の値3が保存され、残りの値の組み合わせについては [ other ] 項目が作成されます。 アナリティクス 360 でカスタム表をご利用の場合、1 日の上限数はさらに多く 100 万行までとなります。 (中略) 複数日にまたがる処理済みの表のデータ制限 (中略) 複数日処理済みの表は対応する日次処理済みの表から作成され、標準のアナリティクスで最大 100,000 行、360 で最大 150,000 行を保存できます。 日次処理済みの表と同様、複数日処理済みの表の中のディメンション値の組み合わせの数が規定数を超えると、アナリティクスは上位 N 個の組み合わせを保存し、残りの値の組み合わせには [ other ] 項目を作成して対応します。 (中略) レポートクエリの上限 レポートクエリの制限も、[ other ] 項目が作成される原因となるシステム制限の 1 つです。 どのような期間が指定された場合でも、レポートに表示されるのは最大 100 万行です。 100 万行を超える場合、残りの行は [ other ] 項目にまとめられます。 例えば、サイト運用において、ページや文章を増やすとともにキーワードの数が増え、検索クエリの数が増えます。 検索クエリの数が増え続ければ、Googleアナリティクスの仕様で制限がかかり集計外となったデータが、検索クエリの項目で「(other)」の値として表示されるといった具合です。 検索クエリをSEOに活用する 検索クエリは、 「ユーザーが検索時に入力する語句」の意味を持つとともに、欲してる情報を把握するのにSEO視点で役立ちます。 実際に検索クエリをSEOに活用するには、以下のようなツールや機能を使います。 キーワードプランナーを使う.

次の