ライオンキング 名言 英語。 運命と向き合う勇気をくれる『ライオンキング』の名言10選

運命と向き合う勇気をくれる『ライオンキング』の名言10選

ライオンキング 名言 英語

【厳選】英語が学べる映画の名言 Do, or do not. 『試し』は無しだ。 」(「試す」という選択肢がない)という表現で、「半端ではいけない」という意味を表しています。 似たような表現で「There are no ifs, ands, or buts. 」(「もし」も、「それで」も、「だけど」もない)という言い回しがあり、「つべこべ言ってはいけない」という意味を持ちます。 どちらも口語らしい表現といえます。 Fear can hold you prisoner. Hope can set you free. 希望はあなたを解放する。 」 1994年公開の映画「The Shawshank Redemption」(ショーシャンクの空に)を象徴するキャッチコピーです。 英語では、「fear」や「hope」のような、生物でないものが主語になることはしばしばあります。 例としては、「Business took her to Sapporo. 」(彼女は仕事で札幌へ行った)のような文があります。 Oh yes, the past can hurt. But you can either run from it, or learn from it. しかし、過去からは逃げることも、学ぶこともできよう。 」 1994年公開の映画「The Lion King」(ライオン・キング)で、呪術師ラフィキが主人公シンバに語る言葉です。 英語独特の響きを感じやすいフレーズです。 「run from it, or learn from it」(そこから逃げる、もしくはそこから学ぶ)という部分を口に出すと、流れるような言葉のリズムを味わうことができます。 There are three ways of doing things around here, the right way, the wrong way and the way that I do it. 正しいやり方、間違ったやり方、俺のやり方だ。 」 1995年公開の映画「Casino」(カジノ)の劇中で主演のロバート・デニーロが語る言葉です。 「way of ~ing」は「~の方法」を意味します。 また、「the way that I do it」(私がそれをやる方法)は、「how I do it」と言い換えることができます。 It is not our abilities that show what we truly are… it is our choices. 」 2001年公開の映画「Harry Potter and the Chamber of Secrets」(ハリー・ポッターと秘密の部屋)で、校長ダンブルドアが語る台詞です。 「It is ~ that」という強調の形が使われている英語表現です。 」(能力は、私たちが本当は何なのかを示さない。 選択が示すのだ)と言い換えることもできます。 強調の形は、「It was you that made this cookie. 」(このクッキーを作ったのは君だった)のように使います。 」 2001年公開の映画「Moulin Rouge」(ムーラン・ルージュ)の冒頭とラストに登場する台詞です。 「you」は直訳すると「あなた」となりますが、特定の誰かを示さない使い方をしています。 「just to love and be loved in return」は、「ただ愛し、そしてその代わりに愛されること」を意味します。 日本語にすると長い説明になってしまう内容をすっきり表せるフレーズといえます。 そうやって俺はやってきた。 「you」(あなた)に対する命令形が使われていますが、特定の誰かを示さない言い回しともいえます。 また、「how I get by」(私がなんとかやっている方法)は、「the way I get by」と言い換えることもできます。

次の

運命と向き合う勇気をくれる『ライオンキング』の名言10選

ライオンキング 名言 英語

Magic Mirror on the wall, who is the fairest one of all? Magic Mirror on the wall, who now is the fairest one of all? 魔法の鏡よ、世界で一番美しいのは誰? fairestは、 fair(公正な、公平な)の最上級ですが、古語で美しい女性という意味もあります。 そのため、 fairestは「最も美しい(女性)」という訳になります。 「ピノキオ」のヴィランズは、• ジョン・ワシントン・ファウルフェロー(正直者のジョン):John Worthington Foulfellow(Honest John)• ギデオン:Gideon• ストロンボリ:Stromboli• コーチマン:Coachman です。 中でも有名なのが、ピノキオを ストロンボリに売り飛ばした ジョン・ワシントン・ファウルフェロー(正直者のジョン)です。 正直者のジョン(Honest John)の名言 Cinderella(シンデレラ)1950年 Left(左):Gideon(アナスタシア) Center(中):Ms. シンデレラのヴィランズは、• トレメイン夫人(Lady Tremaine):継母(step-mother)• ドリゼラ(Drizella Tremaine):継姉(step-sister)• アナスタシア(Anastasia Tremaine):継姉(step-sister) です。 慣用句【idiom】Hold your tongue! 「眠れる森の美女」のヴィランズは マレフィセントです。 マレフィセント(Maleficent)は、一番人気で一番かっこいい、いわば ディズニーヴィランズの代表ともいえます。 そのため、 Angelina Jolie(アンジェリーナジョリー、アンジー)がマレフィセント役を演じた、マレフィセントが主役の実写映画「 Maleficent(マレフィセント)」も作られたほどです。 ドラゴンに変身してもかっこいいんですよ。 マレフィセント(Maleficent)のかっこいいセリフ Oh dear, what an awkward situation. あぁ、なんて厄介な状況だろう。 マレフィセント(Maleficent)のセリフです。 Oh, dear. Oh, my dear. は、間投詞で、 「あらまぁ」という状況で使います。 Oh my god! とOh, my gosh(goodness)! 似たような間投詞に、 Oh my god! があります。 「あーあやっちゃった!」なんてときに、 オーマイガー!って使う人も多いですよね。 でも、最近ではむやみやたらに神様(god)を叫ぶのはよくないとされているので、• Oh, my gosh! Oh, my goodness! と言う人が多く、 SNSなどでは OMGと略されます。 Hang the papers! 新聞なんてほっておきな! 明日にはみんな忘れてるさ! クルエラデビル(Cruella De Vil)のセリフです。 いやな噂を流されても、次の噂が入ってきたらすぐに忘れ去られます。 「 人の噂も七十五日」と言いますよね。 「 人の噂も七十五日」にあたる英語の慣用句(idiom)は、 「 驚きは9日しか続かない」という意味の、 A wonder lasts but nine days. 日本では75日もかかるのに、英語圏では9日で忘れられるんですね。 Everything will be fine. ご心配なく。 すべてうまくいきます。 ジャファー(Jafar)のセリフです。 Everything will be fineは、よく使うフレーズで「 きっとすべてうまくいく」という前向きな表現です。 「ライオンキング」のヴィランズは スカーです。 スカー(Scar)は、主人公であるライオンの シンバ(Simba)のお父さんであり プライドランド(Pride Lands)の王である ムファサ(Mufasa)の弟、つまり、 シンバの叔父(uncle)にあたります。 スカー(Scar)の手下(といっても最後にはスカーを裏切る)である、ハイエナ3人組、• シェンジ(Shenzi)• バンザイ(Banzai)• エド(Ed) も悪役です。

次の

名作映画の名言(日本語、英語):『ファイトクラブ』『フォレストガンプ』『スタンド・バイ・ミー』他

ライオンキング 名言 英語

【厳選】英語が学べる映画の名言 Do, or do not. 『試し』は無しだ。 」(「試す」という選択肢がない)という表現で、「半端ではいけない」という意味を表しています。 似たような表現で「There are no ifs, ands, or buts. 」(「もし」も、「それで」も、「だけど」もない)という言い回しがあり、「つべこべ言ってはいけない」という意味を持ちます。 どちらも口語らしい表現といえます。 Fear can hold you prisoner. Hope can set you free. 希望はあなたを解放する。 」 1994年公開の映画「The Shawshank Redemption」(ショーシャンクの空に)を象徴するキャッチコピーです。 英語では、「fear」や「hope」のような、生物でないものが主語になることはしばしばあります。 例としては、「Business took her to Sapporo. 」(彼女は仕事で札幌へ行った)のような文があります。 Oh yes, the past can hurt. But you can either run from it, or learn from it. しかし、過去からは逃げることも、学ぶこともできよう。 」 1994年公開の映画「The Lion King」(ライオン・キング)で、呪術師ラフィキが主人公シンバに語る言葉です。 英語独特の響きを感じやすいフレーズです。 「run from it, or learn from it」(そこから逃げる、もしくはそこから学ぶ)という部分を口に出すと、流れるような言葉のリズムを味わうことができます。 There are three ways of doing things around here, the right way, the wrong way and the way that I do it. 正しいやり方、間違ったやり方、俺のやり方だ。 」 1995年公開の映画「Casino」(カジノ)の劇中で主演のロバート・デニーロが語る言葉です。 「way of ~ing」は「~の方法」を意味します。 また、「the way that I do it」(私がそれをやる方法)は、「how I do it」と言い換えることができます。 It is not our abilities that show what we truly are… it is our choices. 」 2001年公開の映画「Harry Potter and the Chamber of Secrets」(ハリー・ポッターと秘密の部屋)で、校長ダンブルドアが語る台詞です。 「It is ~ that」という強調の形が使われている英語表現です。 」(能力は、私たちが本当は何なのかを示さない。 選択が示すのだ)と言い換えることもできます。 強調の形は、「It was you that made this cookie. 」(このクッキーを作ったのは君だった)のように使います。 」 2001年公開の映画「Moulin Rouge」(ムーラン・ルージュ)の冒頭とラストに登場する台詞です。 「you」は直訳すると「あなた」となりますが、特定の誰かを示さない使い方をしています。 「just to love and be loved in return」は、「ただ愛し、そしてその代わりに愛されること」を意味します。 日本語にすると長い説明になってしまう内容をすっきり表せるフレーズといえます。 そうやって俺はやってきた。 「you」(あなた)に対する命令形が使われていますが、特定の誰かを示さない言い回しともいえます。 また、「how I get by」(私がなんとかやっている方法)は、「the way I get by」と言い換えることもできます。

次の