平成 何年まで。 平成っていつから始まった?西暦と昭和何年何月何日で終わったのかも紹介! | 高齢者のための役立ち情報ブログ〜3歩進んで2歩下がる〜

平成は何年までありますか。

平成 何年まで

運転免許証をお持ちの方は、 平成から令和に変わることで運転免許証の有効期限が幻の『 平成〇〇年まで有効』と書かれていますよね。 特別、何か手続きをしないといけない訳ではないのですが、私は『 平成35年まで有効』と書いてあります。 ってか、 それ、いつよっ! という方に 令和と 平成の早見表を作ってみました。 昭和、平成、令和の早見表 西暦 昭和 平成 令和 2019年 94年 31年 元年 2020年 95年 32年 2年 2021年 96年 33年 3年 2022年 97年 34年 4年 2023年 98年 35年 5年 2024年 99年 36年 6年 2025年 100年 37年 7年 2026年 101年 38年 8年 2027年 102年 39年 9年 2028年 103年 40年 10年 2029年 104年 41年 11年 2030年 105年 42年 12年 2031年 106年 43年 13年 2032年 107年 44年 14年 2033年 108年 45年 15年 2034年 109年 46年 16年 2035年 110年 47年 17年 2036年 111年 48年 18年 2037年 112年 49年 19年 2038年 113年 50年 20年 私の場合、 平成35年の運転免許証更新は 令和5年になります。 平成〇〇年から30を引くと令和〇〇年になります。 和暦とは元号のことですね。 ぱっと出てこず、 『あれ?平成なんねんだっけ??』 なんて恥ずかしい思いをしたこともありました。。。 >< 今のうちに令和の年がすぐ解るように考えてみます。 西暦に82を足すと令和の年がわかる 西暦に82を足した下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年に82を足すと2132となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 西暦から18を引くと令和の年がわかる 西暦に18を引いた下2桁が令和の年です。 例えば、 西暦2050年から18を引くと2032となりますので下2桁、 32が令和の年です。 令和32年となります。 『018』レイワと覚えると簡単ですね。 終わりに 運転免許証の場合、 1ヶ月ぐらい前から更新のハガキが届きますので、平成表記と令和がごっちゃになって更新忘れた!なんてことは無いですけどね。 ちなみに 西暦から 平成の年を調べる場合、.

次の

【みんなの知識 ちょっと便利帳】明治何年? 大正何年? 昭和何年? 平成何年? 令和何年?

平成 何年まで

2019年の元号は何? 2019年5月1日に「平成」から「令和」に元号が切り替わりました。 4月30日までは平成31年なので、2019年は「平成」と「令和」2つの元号が入り交じった年となります。 平成と令和の期間について【2019年】 つまり、令和元年は2019年5月1日から12月31日までの8ヶ月間、ということです。 当たり前ですが、令和2年は2020年1月1日から始まります。 ちなみに、改元日以降に通知される公的な文書は、原則「令和」表示が用いられることになりました。 「改元に伴う元号による年表示の取扱いについて」より一部抜粋 各府省が作成する文書において、元号を用いて改元日以降の年を表示する場合には、「令和」で表示するものとする。 学校のように4月スタートで年度を数える場合(学校年度)は、たとえば2019年4月~2020年3月を令和元年度として扱います。 組織によっては、令和元年度ではなく「平成31年度」と表記している場合があります。 ちなみに、たとえばやも、学校年度と同じ期間です。 つまり、令和元(平成31)年度の保険料は、2019年4月~2020年3月で区切られています。 「令和元年」と「令和1年」どっちが正解? 書類などに元号で年を記入する際、「令和元年」と「令和1年」どちらが正しいのか迷うかと思います。 実際はどちらでもOKとしているケースが多いです(平成・令和の区別も同様)。 ですから、この問題についてはそこまで神経質にならなくてもいいでしょう。 公的に発行される書類の場合、全体としては「令和元年」表記が多いです。 ただ、以下のようにシステムの都合によって数字でしか表示できないケースでは、やむなく「令和1年」と表記されることがあります。 登記簿における年の表記について — 不動産登記及び商業・法人登記等 元号を改める政令の施行日(本年5月1日)以降は、登記簿における年の表記は、原則として、「 令和1年」と表記されます。 また、登記に関する証明書の認証日付・証明日付や登記識別情報通知書の通知日付等は、原則として、「 令和元年」と表記されます。 「L1」ではありません。 確定申告の書類にはどう記入すればいい? 改元に伴って、確定申告で提出する書類の様式が更新され、今まで「平成」と記載されていたところが「令和」に変わりました。 例として、白色申告者が提出する「収支内訳書」の記入例を紹介します。 今年の申告(2020年2月17日~4月16日)では、以下のように記入します。 まず、一番上の確定申告をする期間については、「令和01年分収支内訳書」と記入します。 「青色申告決算書」や「確定申告書B」など、ほかの確定申告書類についても同様です。 書類の詳しい記入方法については以下のリンクをご覧ください。 そのまま使用することも可能ですし、「平成」に二重線を引いて「令和」を書き込んでも有効です。 元号を訂正するだけなら、訂正印も不要です。 訂正せずに使う場合 訂正する場合 金融機関は、平成表記のままでも令和に読み替えて取り扱うので、どちらでも認めてもらえます。 いちいち二重線を引くのが面倒であれば、訂正せずに平成表記のまま使用するといいでしょう。 西暦・和暦(平成・令和)対応表 令和元年から令和10年までの西暦・和暦がひと目でわかるよう、対応表にまとめました。 書類を作成する際などにお役立てください。 西暦と和暦の対応表 西暦 令和 平成 西暦 令和 平成 2019年 令和元年 平成31年 2024年 令和6年 平成36年 2020年 令和2年 平成32年 2025年 令和7年 平成37年 2021年 令和3年 平成33年 2026年 令和8年 平成38年 2022年 令和4年 平成34年 2027年 令和9年 平成39年 2023年 令和5年 平成35年 2028年 令和10年 平成40年 令和に変換するときは、平成の年数を30マイナスするだけなので、わかりやすいですね。 西暦から令和に変換したいときは、西暦の下二桁から18を引けば、令和の年数を割り出せます。 改元に伴うFAQまとめ 改元にまつわる主な疑問点5つに対する回答をまとめました。 2019年の元号は? A. 1月1日~4月30日は「平成」で、5月1日~12月31日は「令和」 Q. 令和元年度はいつ? A. 学校年度のように4月スタートで考える場合は、2019年4月~2020年3月 Q. 「令和元年」「令和1年」どっちを使えばいい? A. どちらでも可としている場合が多い Q. 「令和」のローマ字表記は? A. Reiwa(令和元年=R1) Q. 平成表記の手形や小切手は使用できる? A. 使用可能 平成に変換したときの年数を記入するか、「平成」に二重線を引いて隣に「令和」と記入する(訂正印は不要) 役所に提出する書類の多くは、元号を間違えて記入したところで大きな問題は発生しません。 どうしても気になるというのであれば、直接問い合わせるのが確実です。 また、当然のことですが年数は間違えないようにしましょう。

次の

【早見表】運転免許証『平成〇〇年まで有効』って令和だと何年??

平成 何年まで

期間は、 1868年の10月23日から1912年の7月30日までです。 一般的に明治維新の年は、1867年を指すので約45年間続いた時代です。 大化から数えて244番目の元号になります。 大正はいつからいつまで? 大正は、 大正15年までの約14年続きました。 期間は、 1912年の7月30日から1926年の12月25日までです。 期間は、 1926年の12月25日から1989年の1月7日までです。 昭和の場合は、元年と64年の期間が非常に短いのが特徴ですね。 これが、何年まで昭和だったのかを、忘れやすくしていますね。 平成はいつからいつまで? 平成は、 平成31年までの約30年続きました。 期間は、 1989年の1月7日から2019年の4月30日までです。 例えば令和11年なら18を足すと、29なので西暦2029年だと分かります。

次の