確定 申告 スマホ 2020。 【2020年確定申告】2020年からスマホで確定申告できるようになる【これは使えるっ!】

2019年確定申告からスマホで申告できる!カードリーダなしでOKに [確定申告] All About

確定 申告 スマホ 2020

確定申告の方法にスマホ作成が加わった! 確定申告は、1月1日~12月31日までの1年間の所得額を計算し、納付するべき所得税額を確定するために行うもの。 2020年(令和2年)の確定申告の期間は、2月17日(月)~3月16日(月)の間となっています。 「確定申告は面倒」という印象が持たれがちですが、申告するために税務署の行列に数時間かけて並び、申告書類を作成、提出しているという人はいないでしょうか? よほど複雑な申告をするのでない限り、自宅で準備をして書類を郵送するかe-Tax(電子申告)を利用するほうが不要な時間がかからずスムーズです。 確定申告をするには、大きく以下の3つの方法があります。 申告書類を税務署で入手したり、国税庁のホームページからプリントアウトして、必要事項を手書きして提出する• 国税庁のホームページの「確定申告書等作成コーナー」で必要事項をフォームに入力し、入力が終わったらプリントアウトをして提出する• とくに3のe-Taxは、WEB上で必要事項を入力し、送信ボタンを押せば申告が完了します。 しかも、e-Taxでは源泉徴収票や領収書の提出も省略できるのが大きなメリットです(領収書は5年間の保存義務あり)。 これだけでもかなり手軽なのですが、これまでパソコンのみだった2と3が、2019年1月よりスマートフォン(以下スマホ)・タブレットに対応したことで、さらに便利になりました。 スマホで確定申告できるケースは広がる予定 スマホで確定申告ができるようにはなったものの、実は2019年は以下のように対応できるケースが限られていました。 【2019年時点でスマホでの確定申告ができたケース】• 当年分のみ確定申告を行う• 申告する収入が給与のみ• 源泉徴収票は1枚• 勤務先で年末調整をしている• 医療費控除や寄付金控除の適用を受ける• 医療費控除や寄付金控除以外に、確定申告で追加する控除や年末調整の内容に変更はない つまり、会社から給与をもらっている人で、副業などによる申告すべき収入がなく、勤務先で年末調整を済ませており、かつ当年分の医療費控除、寄附金控除の確定申告をする場合にのみ、スマホでの確定申告が可能ということになります。 ただし、上記は前回(2019年)の確定申告時のスマホ対応の状況です。 国税庁の「確定申告等作成コーナー」のお知らせによれば、 2020年(令和2年)からは、給与が複数ある人や公的年金などの雑所得がある人も対象になる予定です。 スマホからe-Taxを利用する方法としては ID・パスワード方式と マイナンバーカード方式の2種類があります。 ID・パスワード方式では「ID・パスワード方式の届け出完了通知」(この後で詳しく解説)が必要です。 一方、マイナンバーカード方式では、マイナンバーカードとマイナンバーに対応したNFCスマホが必要です。 以上のように、2020年からはスマホで確定申告ができるケースや方法が広がります。 スマホで確定申告をするにあたっての準備 では、スマホで確定申告をする場合に必要な準備について見ていきましょう。 【スマホでの確定申告に必要な書類】• 給与所得の源泉徴収票• マイナンバーカード(ID・パスワード方式の場合はマイナンバー(番号)がわかるもの)• 還付金を受け取る口座番号の記載された預金通帳• 医療費控除の申告をするなら医療費の明細書、寄附金控除の申告をするなら寄附金受領証明書など• e-Taxで申告する場合は以下のどちらか [パスワード方式を利用する場合]ID・パスワード方式の届出完了通知 [マイナンバーカード方式を利用する場合]マイナンバーカード対応のスマホ ここで気を付けたいのが、e-Taxを利用する場合です。 ID・パスワード方式を利用するならば、 「ID・パスワード方式の届出完了通知」という書面に記載されたIDと暗証番号(パスワード)が必要になります。 この書面を受け取るには、本人確認ができる運転免許証などを持って近くの税務署へ行く必要があります。 一方、マイナンバーカード方式を利用する場合は、 マイナンバーカードとマイナンバーに対応したNFCのスマホが必要です。 マイナンバーカードをまだ持っていないという人は、早めに交付申請を行いましょう。 スマホでの確定申告の手順 必要な書類等が準備できたら、実際にスマホで申告をしていきしょう。 スマホで申告する場合は、 書類をプリントアウトして提出するか、 e-Taxで提出するかを選ぶことができます。 しかし、最終的に書類をプリントアウトするのであれば、普段から使っているパソコンで作業したほうがスムーズといえます。 せっかくスマホで作業するならば、e-Taxを利用するといいでしょう。 ここでは、2019年の画面をもとにe-TaxでID・パスワード方式で医療費控除をする際の大まかな流れをご紹介します。 申告内容によって流れは変わりますので、1つの参考としてください。 スマホ画面からの医療費控除申告の流れ• 国税庁「」から「作成開始」をタップ• 申告内容に関する質問に回答し、e-Taxか書面か提出方法を選択。 利用規約に同意する• 「ID・パスワード方式の届出完了通知」に記載されている利用者識別番号と暗証番号を入力する• 氏名、生年月日、住所などの本人情報が表示されるので確認し、誤りがあれば修正する• 源泉徴収票に基づき所得などを入力する• 控除の入力画面で「医療費控除」を選択。 画面に従い医療費を入力する• 医療費控除額が表示されるので確認する• 氏名、年齢、現在住所など、本人情報を入力する• マイナンバーを入力する• 「帳票確認・印刷」をタップして入力した内容を確認• 利用者識別番号を確認し、特記事項があれば記入• まとめ:自分に合った方法で期日中に申告を スマホでの申告は、画面の指示に従って入力を進めれば、それほど難しいものではありません。 特に若い世代のなかには、パソコンよりもスマホを使う方が、作業が素早く行えるという人もいるでしょう。 時代に合わせて少しずつ確定申告の方法は進化してきているので、自分に合った方法を選択して、期日中に確定申告をしっかりと済ませるようにしましょう。 アーカイブ• 9 都道府県から探す 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 訪問相談を依頼する• 人気エリアから探す 北海道・東北• 甲信越・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 保険ショップから探す• お役立ちコンテンツを見る• 日本生命グループ企業•

次の

確定申告もスマホでできる時代に!手順を徹底解説

確定 申告 スマホ 2020

毎年2〜3月は確定申告のシーズン。 2019年よりスマホからも確定申告ができるようになったが、マイナンバーカードを読み取れるスマホがAndroidスマホに限定されており、対象者も年末調整済みの給与所得者、つまり一般的な会社員に限られていた。 ところが、2020年からはiPhoneでもマイナンバーの読み取りが可能になり、対象者も副業や公的年金などの収入がある人にまで拡大し、より利用しやすくなった。 2007年に「e-Tax(イータックス)」というサービスを国税庁が始めるまでは、確定申告には、税務署で入手した申請書へ電卓片手にせっせと手書きで記入するか、あるいは専用の会計ソフトを購入してパソコンにインストール、入力したものをプリントアウトして、税務署に提出するしか方法がなかった。 「e-Tax(イータックス)」が始まってからは、国税庁の専用サイトにパソコンからアクセス、WEB上で必要情報を入力して(自動的に計算もしてくれる!)申告書を電子的に作成できるようになった。 これをプリントアウトして提出することもできるが、国税庁に直接送信することで申告を完了できるのがe-Taxならではの大きなメリットだ。 なにせ、税務署の行列に並ばなくて済むし、3週間程度で処理してくれるので還付金の戻りも早くなる。 また源泉徴収票や領収書を提出しなくてもよい(領収書は5年間の保存義務がある)。 とはいえ、先述したようにいくつかの条件がある。 2020年からはすべての所得控除が対象に 2019年時は、給与所得が1カ所からのみ、さらに年末調整済みで、医療費控除やふるさと納税などの寄付金控除を受ける人が対象であった。 2020年からは対象が拡大して、2カ所以上から給与所得があったり(年末調整未済もOK)、公的年金や雑所得などがある人も対象になり、すべての所得控除ができるようになった。 つまり、副業をしている会社員も対象になったわけだ。 ただし、事業所得がメインの自営業などの人はスマホでの確定申告の対象とはなっておらず、従来通り、パソコンからe-Taxを利用することになるので注意してほしい。 2020年、スマホで確定申告の利用対象者はこう変わった より引用 利用には「マイナンバーカード」か「専用ID・パスワード」が必須 さて、スマホで確定申告をするには、もうひとつ条件がある。 マイナンバーカード方式を利用する場合には「マイナンバーカード」を、ID・パスワード方式を利用する場合には税務署で発行してもらう「ID・パスワード方式の届出完了通知」を持っていることだ。 「ID・パスワード方式の届出完了通知」は、免許証などの本人確認書類を持参して近隣の税務署に行くと発行してもらえる。 ここで、スマホで確定申告を利用するために必要なものをあらためて整理する。 マイナンバーカードの読み取りに対応したスマホ。 iOS 13. 1以降を搭載したiPhone 7以降の機種(対応ブラウザはSafariのみ)もしくはマイナンバーカードの読み取りに対応したAndroidスマホ(対応ブラウザはChromeのみ)。 Androidスマホについて、どの機種が対応しているかは『』で確認してほしい。 「マイナンバーカード」あるいは、「ID・パスワード方式の届出完了通知」。 源泉徴収票や控除に関係する書類など、入力に必要な書類。 以上が準備できていれば、すぐに確定申告に取りかかれるというわけだ。 ここでは、「マイナンバーカード方式」でAndroidスマホを使用した場合を例に、申告書の作成の流れを簡単に説明していこう。 (1)国税庁ホームページにアクセスする。 確定申告書等作成コーナーのページを開き、[作成開始]をタップ。 (2)申告内容に関する質問に答えていく。 [はい/いいえ]を選択するだけなので簡単だ。 (3)質問の最後は提出方法の選択。 [e-Tax(マイナンバーカード方式)]を選択。 なお、マイナンバーカードもID・パスワードも持っていない場合は、書面を選ぶ。 この場合、送信はできないのでプリントアウトしたものを税務署に持って行き、提出することになる。 iPhoneユーザーは事前にマイナポータルの登録を 以上のような流れで確定申告の作業は終わるが、iPhoneでは専用アプリ「マイナポータルAP」での認証などが必要なため、作業の流れが多少異なる。 国税庁では、iPhoneの場合は最初にマイナポータルでの登録を済ませ、マイナポータルのWEBサイトのトップページからe-Taxへアクセスすることを推奨しており、実際、その方がスムーズに作業できるようだ。 YouTubeの国税庁動画チャンネルのiPhoneユーザー向けの情報動画も参考にしてほしい。 住宅購入、医療費、寄付といった控除のほかにも、働き方改革により始めた副業や、ふるさと納税など、確定申告が必要な人も増えてきている。 24時間どこでも申請書の作成から送信まででき、税務署の行列に並ばずに済むスマホでの確定申告。 年々便利になっているので、ぜひ利用してみてほしい。

次の

2019年確定申告からスマホで申告できる!カードリーダなしでOKに [確定申告] All About

確定 申告 スマホ 2020

源泉徴収票の添付が不要に! サラリーマンが確定申告をする際に必要になるのが源泉徴収票です。 これまで、確定申告時には源泉徴収票を台紙に貼って提出していましたが、 源泉徴収票の添付は2020年以降の確定申告では不要になります。 源泉徴収票とは? 会社員などの給与所得者は、毎月の給与から所得税が源泉徴収されているはずです。 源泉徴収票とは、給与の支払者である会社などが、源泉徴収した金額を証明する書面になります。 会社員の場合、毎年年末調整が終わった後に、会社から源泉徴収票をもらっていると思います。 確定申告書への源泉徴収票の添付が不要になる サラリーマンは、通常、年末調整で所得税の精算が完了します。 しかし、サラリーマンでも、年収2,000万円を超える人や副業をしている人は、確定申告の義務があります。 また、サラリーマンが医療費控除などの一部の控除を受けたい場合にも、確定申告をする必要があります。 サラリーマンが確定申告をする際には、給与の支払総額や源泉徴収額などを確定申告書に記載すると同時に、これを証明するために源泉徴収票を添付しなければなりませんでした。 2020年度の確定申告からは、源泉徴収票の確定申告書への添付は不要になります。 情報の連携を行うことにより、同じ書類を何度も提出させるという無駄を省き、手続きの簡素化を図ることになったのです。 源泉徴収票は保存しておく サラリーマンが確定申告をする場合、源泉徴収票を見ながら確定申告書に金額を記入する必要があります。 源泉徴収票の確定申告書への添付は不要ですが、源泉徴収票が手元になければ確定申告ができません。 会社で 源泉徴収票をもらったら、なくさないように保管しておきましょう。 支払調書はどうする? 源泉徴収票と似たものに支払調書があります。 支払調書は、主にフリーランスや個人事業主として特定の会社から報酬等を受け取っている人に向けて送られます。 支払調書には、源泉徴収票と同様、支払総額や源泉徴収額が記載されています。 支払調書は源泉徴収票と違い、発行義務のある書類ではありません。 慣行として発行されているものなので、以前から確定申告書へ添付する必要はありませんでした。 支払調書はこれまでと変わらず、確定申告書への添付は不要です。 スマホでの確定申告がますます便利に! 今や1人1台が当たり前と言うほど、誰もが持っているのがスマートフォンです。 2019年からその スマホを使って確定申告ができるようになりました。 2020年には、スマホで確定申告ができる人がさらに増加します。 e-Taxがさらに便利に! 国税庁ホームページの確定申告書作成コーナーを利用すれば、確定申告書を作成して印刷したり、e-Taxで送信したりすることができます。 2019年1月以降、e-Taxがより便利になりました。 マイナンバーカードとICカードリーダライタがあれば、事前に電子証明書を登録することなく、自宅のパソコンからe-Taxが可能になったのです(マイナンバーカード方式)。 【参照】 なお、マイナンバー方式を利用しない場合には、税務署でIDとパスワードを発行してもらうことにより、e-Taxを行うことができます(ID・パスワード方式)。 【参照】 2019年よりスマホ申告が開始 2019年からは、スマートフォンによる確定申告も可能になりました。 スマホで国税庁の確定申告書等作成コーナーにアクセスすれば、スマホ専用画面から確定申告書を作れます。 スマホで作成した確定申告書は、ID・パスワード方式を利用することにより、スマホからe-Taxで税務署に送信ができます。 2020年はスマホ申告ができる人が増える 2019年には、スマホ申告の対象になる人はごく一部でした。 スマホ専用画面で入力できるのは1カ所からの給与所得のみだったので、サラリーマンで医療費控除やふるさと納税の還付申告をする人のみ、スマホ申告が可能でした。 2020年からは、給与所得を2カ所以上からもらっている人も、スマホ申告が可能になります。 また、一時所得や雑所得もスマホ専用画面で入力できるようになるので、 副業で給与以外の収入を得ている人もスマホ申告できるケースが多くなります。 なお、事業所得については、現状ではスマホ申告ができません。 個人事業主がe-Taxを利用する場合には、パソコンから確定申告書を送信する必要があります。 スマホ申告でもすべての所得控除に対応 所得から差し引かれる金額が所得控除です。 所得控除は全部で14種類あります。 所得控除を受けるには、確定申告書に所得控除の種類と控除額を記入しなければなりません。 2019年のスマホ申告では、所得控除のうち、医療費控除と寄付金控除にしか対応していませんでした。 2020年からは、スマホ申告でもすべての所得控除に対応します。 確定申告書Bの様式が変更に! 確定申告書Bを使って確定申告する人は、2020年から少し様式が変わっていることに気付くかもしれません。 今回の申告書様式の変更は、手続きの簡素化を目的としたものです。 確定申告書AとBの違い 確定申告書には、申告書Aと申告書Bの2種類があります。 申告書Aは申告書Bの簡易版で、申告できる所得が限定されています。 つまり、誰でも使えるのが申告書Bで、申告書Aは一部の人しか使えないものです。 申告書Aを使うのは主にサラリーマンで、申告書Bを使うのは主に個人事業主です。 サラリーマンが医療費控除などを受けるために還付申告するケースでは、申告書Aを使います。 申告書Aでは事業所得や不動産所得は申告できないので、サラリーマンでも副業の確定申告をする場合には申告書Bを使わなければならない場合があります。 確定申告書Bの変更箇所とは? 2020年から、確定申告書Bの様式の一部が変更になります。 変更になるのは、 「所得から差し引かれる金額」の部分です。 所得から差し引かれる金額とは 所得控除のことです。 所得控除は全部で14種類ありますが、申告書Bでは12個にまとめられており、2020年からの新様式ではこの所得控除の記載順が変わっています。 さらに、新様式では、所得控除のうち社会保険料控除、小規模企業共済等掛金控除、生命保険料控除、地震保険料控除、寡婦・寡夫控除、勤労学生・障害者控除、配偶者(特別)控除、扶養控除、基礎控除の9個の合計金額を記入する欄が追加されます。 これは、年末調整で受けられる所得控除と確定申告でしか受けられない所得控除を分けるためです。 年末調整を受けているサラリーマンが申告書Bを使って確定申告する場合、「年末調整で適用を受けた各所得控除の額」と「確定申告で適用を受ける各所得控除の額」が同額の場合には、所得控除の内訳の記載を省略できます。 申告書Aの「所得から差し引かれる金額」欄は、以前からこの様式になっています。 サラリーマンが申告書Bを使って確定申告をするケースもあるため、申告書Bも申告書Aと同様の配慮を施したわけです。 まとめ 2020年の確定申告では、主に手続きの簡素化を考えた変更があります。 大きな変更ではないので混乱はないと思いますが、覚えておくと便利です。 手間のかかるイメージのある確定申告ですが、年々便利になってきています。 確定申告義務がある人は期限に遅れないよう、還付申告をする人は還付金をきちんと受け取れるよう、確定申告を行いましょう。 【2020年4月6日追記】 国税庁は2020年4月6日、外出自粛などにより期限内の申告が困難な場合は、4月17日(金)以降も確定申告書を受け付けると発表しました。 申告書の作成または税務署へ行くことが可能になった時点で税務署に申し出れば、申告期限延長の取扱いとなります。 詳しくはをご確認ください。

次の