赤ちゃん うつ伏せ 練習。 赤ちゃんのうつ伏せ練習はいつから始める?正しい仕方で好きになろう!|ゆうまま育児ブログ

赤ちゃんのうつぶせ練習【生後2か月】

赤ちゃん うつ伏せ 練習

助産師さん訪問や自治体の育児ガイドでも推奨されていたので、ウチでもすくすくと実践中です!ゆうくんの成長も感じられて楽しいです。 うつ伏せ練習の意味やメリット うつ伏せ練習をすることの意味やメリットは、身体機能の発達や体の調子を整えるなど、実に様々です。 寝がえりやハイハイに必要な筋肉の発達 うつ伏せ練習は赤ちゃんが自らの力で頭を持ち上げることから、 首や肩、背中の筋肉を鍛えることができます。 それによって首がすわりやすくなるほか、寝がえりやハイハイに必要な筋力も育ちます。 また、うつ伏せの姿勢は胸やお腹、手足の筋肉を発達させることにもつながります。 便秘の解消でうんちが出やすくなる うつ伏せ練習をすることで、 適度にお腹に腹圧がかかり、赤ちゃんのうんちが出やすくなります。 ウチのゆうくんも2・3日の便秘に悩んでいますが、うつ伏せ練習をした後にうんちが出ることが多いです。 心肺機能を発達させることができる 普段寝ているときは背中側ばかりに圧力がかかっていますが、うつ伏せの姿勢を取ることで 肺が広がりやすく、心肺機能を発達させることができます。 それにより、赤ちゃんの呼吸も整うようになり、鼻で呼吸する習慣も身についていきます。 好奇心の促進 うつ伏せ状態から頭を持ち上げる姿勢により、赤ちゃんは普段とは違った視線で物や周りの景色を見ることができます。 これにより、赤ちゃんの好奇心を刺激することができ、退屈しやすい赤ちゃんにも効果的です。 とくに、うつ伏せをしている赤ちゃんの前におもちゃを置いてあげることで、触ろうと必死に体を動かし、遊び感覚で身体機能を発達させることにもつながります。 赤ちゃんの成長を実感できる これはママやパパにとってのメリットですが、数週間前よりも赤ちゃんの頭が上がるようになったり、少しずつ左右に動こうとしたりするのを確認できるので、 赤ちゃんが目に見えないところですくすくと成長しているのを実感することができます。

次の

赤ちゃんのうつ伏せ練習はいつから?効果や、やり方のコツもご紹介!

赤ちゃん うつ伏せ 練習

赤ちゃんがうつ伏せをするメリットは? うつ伏せにしてあげることは、 赤ちゃんの成長において多くのメリットがあります。 赤ちゃんをうつ伏せにしてあげると、自力で頭を持ち上げようします。 そうすることで首の筋肉や肩の筋肉、背中の筋肉が鍛えられるのです。 成長に必要な筋肉が自然と鍛えられるので、首すわりや寝返り、ハイハイがしやすくなります。 顔を上げると視野が広がり、普段見ない景色が見られるので、赤ちゃんの脳にもよい刺激になります。 仰向けの状態と違い背中が圧迫されないので、肺が広がりやすくなり呼吸もしやすいというメリットもあるのです。 赤ちゃんのうつ伏せは何カ月から始めるべき?練習は必要? うつ伏せを始めるのは新生児期からでもよいという意見もありますが、赤ちゃんの様子を見て少しずつ始めてあげてください。 目安としては 生後2、3カ月くらいから始めてあげるとよいでしょう。 最初は短い時間から行い、徐々に慣らしてあげるようにしていってください。 うつ伏せの練習は必ずしも必要ではないです。 うつ伏せをさせなくてもその後の成長は、その子のペースでしていくものです。 うつ伏せをしなかったことが理由で、寝返りなどができないということはありません。 赤ちゃんの機嫌や体調をみて、うつ伏せをさせてあげるかの判断をしてあげてください。 うつ伏せをする時の注意点は? うつ伏せにはメリットばかりではありません。 どんな注意点があるのか把握して、赤ちゃんが安全にうつ伏せの姿勢をとれるようにしてあげましょう。 以下に注意点をまとめてみましたので参考にしてみてください。 ・赤ちゃんの周りにものを置かない ・なるべく固い場所で行う ・うつ伏せの状態のままで寝かせない ・授乳やミルクをあげた後は時間をおいてから行う ・うつ伏せの状態のまま目を離したり、1人にさせたりしない 最後の1点は最も重要です! 必ず大人の人が付き添って、目を離さず見守ってあげてください。 少しでも苦しそうだったり、機嫌が悪くなったりするようなら、無理に続けずやめてあげましょう。 まとめ 赤ちゃんのうつ伏せは、生後2、3カ月頃を目安に始めるとよいでしょう。 うつ伏せにはメリットもデメリットもあります。 うつ伏せをしている姿は成長を感じることのできる時でもあるので、注意点をきちんと把握して、親子で楽しい時間が過ごせるようにしましょう。 \資料請求で無料プレゼント貰える!詳しくは下をクリック/.

次の

赤ちゃんにうつ伏せの練習は必要?うつ伏せのメリットと注意点まとめ │ パピマミ

赤ちゃん うつ伏せ 練習

助産師さん訪問や自治体の育児ガイドでも推奨されていたので、ウチでもすくすくと実践中です!ゆうくんの成長も感じられて楽しいです。 うつ伏せ練習の意味やメリット うつ伏せ練習をすることの意味やメリットは、身体機能の発達や体の調子を整えるなど、実に様々です。 寝がえりやハイハイに必要な筋肉の発達 うつ伏せ練習は赤ちゃんが自らの力で頭を持ち上げることから、 首や肩、背中の筋肉を鍛えることができます。 それによって首がすわりやすくなるほか、寝がえりやハイハイに必要な筋力も育ちます。 また、うつ伏せの姿勢は胸やお腹、手足の筋肉を発達させることにもつながります。 便秘の解消でうんちが出やすくなる うつ伏せ練習をすることで、 適度にお腹に腹圧がかかり、赤ちゃんのうんちが出やすくなります。 ウチのゆうくんも2・3日の便秘に悩んでいますが、うつ伏せ練習をした後にうんちが出ることが多いです。 心肺機能を発達させることができる 普段寝ているときは背中側ばかりに圧力がかかっていますが、うつ伏せの姿勢を取ることで 肺が広がりやすく、心肺機能を発達させることができます。 それにより、赤ちゃんの呼吸も整うようになり、鼻で呼吸する習慣も身についていきます。 好奇心の促進 うつ伏せ状態から頭を持ち上げる姿勢により、赤ちゃんは普段とは違った視線で物や周りの景色を見ることができます。 これにより、赤ちゃんの好奇心を刺激することができ、退屈しやすい赤ちゃんにも効果的です。 とくに、うつ伏せをしている赤ちゃんの前におもちゃを置いてあげることで、触ろうと必死に体を動かし、遊び感覚で身体機能を発達させることにもつながります。 赤ちゃんの成長を実感できる これはママやパパにとってのメリットですが、数週間前よりも赤ちゃんの頭が上がるようになったり、少しずつ左右に動こうとしたりするのを確認できるので、 赤ちゃんが目に見えないところですくすくと成長しているのを実感することができます。

次の