吉田沙保里 ネタ。 吉田沙保里「相手が高速タックル凄い対策してきた……どうしよう……」 : 【2ch】コピペ情報局

武井壮 吉田沙保里の“倒し方”を解説→無理だな、吉田さんは目からビーム出せるからw

吉田沙保里 ネタ

キャッチコピーですから。。 可愛すぎる とか美しすぎる とかと同じですね。 気にすることはありません。 あえて言えば体力的にはゴリラが上ですがゴリラにレスリングのルールを教えても理解できないのでレスリング競技は成立しません。 したがって他の霊長類との試合はありえませんから必然的に人類最強=霊長類最強とはいえるでしょう。 霊長類とは動物学分類で霊長目とおなじで真猿類と原猿類(ロリス、キツネザル)とわかれ 真猿類は狭鼻目 広鼻猿目(クモザルなど新世界猿など)にわかれます 狭鼻目は旧世界猿(ラングーンやヒヒ、ニホンザル、ヒヒ)と類人猿にわかれ 類人猿にボノボ、オランウータン、チンパンジー、ゴリラ、ヒトがはいります。 この中で人類は現在ヒト科一属一種だけ現存していますが過去には北京原人やネアンデルタール人、ホモ・フローレンシスやアウストラロピテクスなど沢山いました。 結婚相手に誰を選ぼうが本人しだいで他人がとやかく言うことはありません。 関係ない話です ま、クラッシックバイオリニストよりは話題は合うとは思いますが。 >>実業家あるいはサラリーマンではだめなんでしょうか それともあなたが業家あるいはサラリーマンで結婚を望んでいるということですか??.

次の

吉田沙保里が嫌いな人が急増中?ウザイと言われる3つの理由とは?

吉田沙保里 ネタ

スポンサーリンク 「吉田沙保里伝説」というウソのような真実! 吉田沙保里さんが女子レスリングに与えた影響は大きいなんてレベルではありません。 さらに彼女の呼び名は「霊長類最強の女」だけに留まらず、ネットでは「吉田ネキ」「アニキ」「レジェンド」などと呼ばれて愛されております。 そんな吉田選手のヤバすぎる身体能力、功績、影響力の凄さが「 吉田沙保里伝説」として色々な内容があげられています。 伝説の内容があまりにヤバイのでネタかと思ってしまいそうですが、なんとこのほとんどが事実という・・・。 吉田沙保里伝説についてまとめました。 html• 吉田沙保里の背筋力は200kg• 世界大会で獲得したメダル20枚の内訳【金:20、銀:0、銅:0】• 中国でのあだ名は「 絶望」• 2001年から829週連続で世界ランキング1位• 中学時代に左腕を骨折した状態で大会に出場して優勝• 登坂絵莉は吉田沙保里がいるので階級を下げて金メダル• 伊調馨は吉田沙保里がいるので階級を上げて金メダル4連覇• 吉田沙保里がいるから階級を上げた伊調馨がいるから階級を上げた川井梨紗子が金メダル• 吉田沙保里の名言• 金メダルの数は忘れました。 ライバルたちはみんな私のタックルを研究して対策をしてくるので、タックルで倒した。 私、本当に自分が女でよかったと思っています。 男だったらきっと、試合で何人か相手を殺してますね。 可愛い外国人と戦うときは燃えますね。 「ブン投げてやる!」って。 ・・・強すぎる。 ここまで人々に愛され、伝説を作る選手はそうそう現れないでしょう。 逆に今回銀メダルとなったことで、「 これまでこんなに頑張ってきたんだから。 こんなに凄い人はいないんだぞ」と話題になりました。 今回の少しネタっぽい伝説で、吉田沙保里さんの凄さを知らなかった人も知ることができたのではないでしょうか。 しかし、33歳の彼女は今回の五輪で引退してしまうのか、それとも東京オリンピックにも挑戦するのか気になるところ。 もう年齢的にキツイという意見もありますが、今回だって銀メダリストになっていますし、少し衰えてきたからといって無理に引退をする必要はないと思います。 ただ、結婚や指導者としての道もあるので・・・本人次第ですね!.

次の

吉田沙保里 vs なんJ民2人 > なんJ > まとめ太郎!

吉田沙保里 ネタ

最強の金メダリスト オリンピックの戦歴しかご存知ない方も多いですが、吉田沙保里選手がえぐいくらい強いと言われている理由としては、 世界大会で金メダルを20個ほど取りまくっているからです。 オリンピック以外での世界大会にも出場されており、 全て1位という戦歴を残しています。 世界ランキング829週1位らしいのですが、これではピンと来ないですよね? 調査してみると 20年以上前から王者ということになります。 結構王者に君臨するのって難しいことなのですが、過去の戦歴を見ると本当に 霊長類最強女子と言っても過言ではないでしょう。 この霊長類最強女子というあだ名はあながち間違っていないのかもしれません。 海外選手の方が身体能力が優れていたりするので、1回は勝てても他の試合では勝てないということは普通にあったほどです。 それを当たり前のように勝利していたので、 吉田沙保里選手は海外でも恐るべき存在であるとされていました。 吉田沙保里選手の代表的なあだ名である霊長類最強女子というあだ名は、 元々ロシアのレスリング選手のカレリン選手のものだったのです。 引退してしまいましたが 吉田沙保里選手はカレリン選手を超えた人物であるとされ、世界的に見ても霊長類最強女子と認定されたと言われています。 しかし 吉田沙保里選手は200㎏もあるのです。 ちなみに女性の背筋力は80㎏そこそこのようですね。 吉田沙保里選手の背筋力はどのくらい凄いのかと言いますと、 背筋力のトップクラスが205㎏ということなので相当強い背筋力を持っているということになります。 女性なので服の上からだとわかりにくいのですが、ボディービルダー並みにムキムキだと考えておいた方が良いでしょう。 通常タックルというのは腰を低くして相手に飛び込むのですが、よく見ると 吉田沙保里選手のタックルは少し腰を高くされているのです。 そのため普通とは違いノーモーションとなるので、相手にタックルを仕掛けることを悟られることはありませんでした。 お父さんに教えられ形見といっても間違いないタックルではあるのですが、 改良を加えたことによって相手の返し技の対処にも努めたほどです。 最強的すぎるあだ名 吉田沙保里選手が中国でのあだ名が、 絶望や白起と呼ばれていると言われていましたが、ガセネタの可能性が高いとされています。 実際はフィギュアスケートの浅田真央選手だけらしいですね。 ガセネタの可能性は高いものの、 ネット民的にはこのあだ名は言い得て妙だという声が上がっています。 確かに海外選手からすれば勝てる相手ではないので間違ってはいないでしょう。 えげつないあだ名ですが、戦歴を見ているととても否定できません。 実は霊長類最強女子というだけではなく、 他にもいくつかあだ名があります。 あだ名というよりもキャッチコピーに近く、女性につけるのはどうかと思いますが、かなりインパクトのあるあだ名ですね。 どんなものがあるかいくつか紹介致しましょう。 命喰う者に課せられた責任 — 信信 モンハン楽しい 5eloNR0 漫画なのでめちゃくちゃな設定ではあるのですが、彼の凄すぎる伝説を紹介させて頂きましょう。 ただ海外での戦歴を見ている限り、 リアル範馬勇次郎であると言われてもおかしくない人物でしょう。 実際吉田沙保里選手もリオデジャネイロオリンピック以外は負けなしでした。 正確には『 めちゃくちゃ強い奴らに来いしちゃう。 来いする乙女』というものでした。 恋多き女としても有名な吉田沙保里選手にかけてかもしれませんが、あまりにもインパクトがあったと言われています。 霊長類最強女子にこのセリフを言われてしまうと、人気漫画の ドラゴンボールの主人公孫悟空にしか聞こえないという方もいるようです。 他の方のポスターもあるのですが、チート級に強い吉田沙保里選手なのでネット民はざわついていたと話しています。 アサシンというのは 暗殺者ですね。 (笑) 絶望は理解できますが、アサシンは影の暗殺者であるのでネーミングとしてはいまいちでしょう。 ただこのあだ名を見て理解できるように、 海外での吉田沙保里選手への反応は勝てない相手であるという風に認識されていることは間違いないようですね。 現実ではなく漫画の人物もいますが、確かに間違いないと思いますよ。 最強であるがゆえに連想しやすいという理由もふくまれています。 全員どれも地球最強で強い人物でありますからね。 元ネタをたどれば 一番ひどいのは範馬勇次郎でしょう。 色んな番組でも彼はネタにされることは多く、その大本自体がありえないルーツであるため、ある種霊長類最強女子である吉田沙保里選手にもひっかかってしまったんですよ。 アルソック戦隊 昔吉田沙保里選手が 警備会社のアルソックに所属していたころ、あるCMが流れました。 それは吉田沙保里選手が主役となったアルソックのCMです。 安心戦隊アルソックというテーマでCMされており、そのインパクトは日本国民に残るものでした。 アルソック戦隊のCMですが、このお陰で 吉田沙保里選手に対するイメージは最強であると認識されたのではないでしょうか? 国民が吉田沙保里選手に対する最強というイメージを植え付けたであろうアルソックのCMについてお話しましょう。 もしも何かしらの異常があった際、警備会社の人が駆けつけてくれるというシステムになっています。 吉田沙保里選手だけではなく、 柔道で有名な中矢力選手や田知本愛選手、レスリングの伊調馨選手などオリンピックなどで活躍された選手が所属されていることで有名ですね。 大体オリンピック選手はどこかの会社に所属し、スポンサーになってもらうということが多いのですが、アルソックほどオリンピック選手が多く所属されている警備会社はいないでしょうね。 吉田沙保里選手のCMからアルソックに所属しているオリンピック選手が多いということも分かり、 ある種最強の警備会社という見方が出来たとも言えるでしょう。 こんな人が守っている家に侵入しようものなら、間違いなくけちょんけちょんにされるというイメージを付けられたでしょう。 吉田沙保里選手の服装がレスリングの衣装そのものだったので、これもまた迫力がありまくります。 しかも 仮面ライダー並みの高さのある屈伸前屈を行っているのがまた凄すぎますよね。 大体スタントを使うらしいのですが、吉田沙保里選手は アルソックのCMでスタントをされていません。 ごつい体格の人が3人もいるとなると、超人的すぎてだれも窃盗に入らないだろうという気持ちにさせました。 単純に3人の吉田沙保里選手だけであればそこまででもなかったでしょうが、何よりもど肝を抜いたのは 目からのビームでしょう。 吉田沙保里選手はCM内で 年配者を守るために目からビームを出されていました。 しかもその時ビームを出していた体制が、 スパイダーマン並みに壁に張り付いている状態だったのがまた半端なかったですね。 壁に張り付いた状態ですとめちゃくちゃきつかったと思いますが、その辺も考えるとさすが最強の女性だと感心された方が多かったのですよ。 bokete boketeという大喜利のアプリをご存知ですか? これはユーザーがお題を作成したり、またそのお題に対して上手く答えるのが面白いのですが、 吉田沙保里選手もお題の1つにされているのです。 私は結構boketeが好きで見ているのですが、色んな芸能人がネタにされている中で、吉田沙保里選手が一番大喜利に使用されていることが多いですね。 まさに最強をネタにしたからこそ成り立つのものばかりでした。 大喜利はお題に対してどれだけ上手く答えれるか、また視聴者が共感できるかが重要となります。 単純な遊びではあるものの、結構頭を使うんですよね。 吉田沙保里選手を題材にしたお題と回答はこんな感じでした。 ちなみに 吉田沙保里選手の大喜利はかなり人気があり、 頻度も高いネタとされています。 そのため吉田沙保里選手の大喜利を世に多く出回ることとなった際、 色んな尾ひれがついてしまったのも事実ですね。 実際吉田沙保里選手の あだ名である範馬勇次郎などもboketeから来ています。 誰もが本気で思っている訳ではないのですが、ただあのアルソックのCMも合いまったことによって吉田沙保里選手は マジで霊長類最強女子だという認識を持たれているのは事実です。 正直boketeイメージが大きいので、ある意味では 恋愛をしたがっている吉田沙保里選手にとってはマイナスかもしれません。 改めて考えてみると bokete地味に酷いですね。 何故か吉田沙保里選手の解説文もあるので、興味のある方は是非読んでみてください。 確かに 孫悟空、戸愚呂弟のような存在であると言っても過言ではありません。 (笑) 嫉妬による闘争心 以前インタビューで「 可愛い外国人選手と戦う時は集中力が上がりますね。 こいつ何でこんなに可愛いんだ」と思うそうです。 同性でもこの気持ちは理解できます。 大体は可愛い女性を好きだという同性も多いのですが、吉田沙保里選手はそうではありませんでした。 その理由としては「 すぐに倒したくなります。 燃えてきますね。 ぶん投げてやる」と思うそうです。 戦いによる理由は人それぞれなので良いとは思いますが、まさか 嫉妬による気持ちでぶん投げていたとは誰も思わなかったことでしょう。 ベタによくある戦闘の理由ではありますが、こんな 清々しい嫉妬は初めてですね。 こういう闘争心もあるからこそ、吉田沙保里選手はここまでのし上がって来れたのだと言えます。 ただこれを考えると嫉妬による原動力は怒りになるため、普通の試合よりも何かしらの念を込められているのでこんな力を発揮されたら相手には勝ち目など考えられなかったでしょうね。 よく知っているからこそ対策が取れたのですね。 もう年齢的にも自由が利かなくなっていましたし、 お父さんが急死されたこともあって精神的にはきびしかったのだと思います。 吉田沙保里選手は引退してしまいましたが、その伝説は今もなお残っています。 引退後は色々解放されている状態でしたので、これはこれでありではないでしょうか? 本当に引退したことは残念ですけどね。 男に生まれていたら 女性あるあるですが、たられば理論を好む方は多いです。 以前吉田沙保里選手はあることを言われていました。 もしも自分が男に生まれていたらどうなっていたか?ということについて話されていたのですが、物凄い回答が帰ってきましたね。 「 女に生まれてよかった。 男に生まれていたら試合できっと人を殺していたかもしれない」という発言をされていたのです。 同じような発言を金メダリスト伊調馨選手も言われていました。 伊調馨選手の場合は、「 男であれば楽しかったのかもしれない。 女に生まれたのが悔しい」というものです。 反対に吉田沙保里選手は男に生まれていたら…という考えが凄かったですね。 正直に言うと男性の方が良かったような気がしますよ。 理由としては 男性であれば色んな女性から間違いなくモテていたことでしょう。 吉田沙保里の伝説はまさに社交性のある性格ではないでしょうか? 女性は裏表が激しい生物です。 しかし吉田沙保里選手を知るものは 裏表がまるでないと話します。 昔から周囲に気難しいと言われている人に対しても普通に接することが出来るようですね。 3兄弟の末っ子という立場であったためか、 目上の人でも物怖じせず誰とでも話すことが出来ると言われています。 極めつけは 安心戦隊アルソックですね。 実はあのCMでは他の選手から嫌がられたであろうと話していたそうですが、 吉田沙保里選手のみOKされたという話があります。 ただ当人が天然なのか純なのか、ユーザーの反応はほぼネタ状態になっているのが面白いですね。 個人的に印象が強い名言をご紹介致しましょう。 勝負の世界で最後にものをいうのはこれです。 最初の名言というのは ちょっと意味不明になっていますね。 私のタックルをみんな研究し対策してくるのでって、その上でタックルでぶちのめしてやろうということでしょうか。 (笑) まとめ 改めて考えると吉田沙保里選手って本当に最強の人物だったんだなとしか言いようがありません。 リオデジャネイロオリンピックでは負けてしまいましたが、全盛期ではとてもかなう存在ではないと言っても良いでしょう。 背筋だけなく、 戦歴もすさまじいのは吉田沙保里選手だけですね。 同じ金メダリストの伊調馨選手は吉田沙保里選手のように霊長類最強女子扱いはされていませんが、それだけ 吉田沙保里選手の強さがガチであるということになります。 本当に 引退されたのが残念です。

次の