足立 区 山口組。 足立区一ツ家2丁目(トラック)のヤクザ暴力団事務所はどこで山口組?

足立区の今現在のヤクザの勢力図 #274に返答

足立 区 山口組

から約半年、六代目山口組と神戸山口組の衝突が急速に激化するなか、ついに警察は殺し合いを待たずに「抗争」と認定した。 かつて抗争に乗じて「頂上作戦」と呼ばれる壊滅作戦を指揮してきた警察は、いま新たな勝負に打って出た。 フリーライター・鈴木智彦氏がリポートする。 * * * 2つの山口組が爆(は)ぜた。 新宿・歌舞伎町のど真ん中で乱闘騒ぎが起き、神戸山口組の中核団体である福井県の正木組本部に銃弾が撃ち込まれて以降、全国の火薬庫に誘爆したかのごとく暴力事件が頻発したのだ。 2月25日は長野県松本市で神戸山口組系組員に対する集団暴行事件が起き、翌26日には静岡県三島市で山健組(神戸山口組・井上邦雄組長の出身母体)幹部の車両が破壊された。 続く27日には神奈川県厚木市の弘道会(六代目山口組・司忍組長の出身母体)系事務所にトラックが突っ込んだ。 同日の午後9時頃には埼玉県八潮市市役所から1. 5キロの住宅街にある山健組幹部宅の壁や屋根に数発の銃弾が撃ち込まれた。 拳銃を使った事件は、暴力団にとって特別の意味を持つ。 捕まれば銃刀法はもちろん発射罪や器物損壊が加算される重罪だが、誰でも入手できる日用品を使わず、あえて拳銃を使用したほうが、暴力のプロとして玄人受けし、実行犯の虚栄心も満たされるのだ。 車両を使った器物損壊とは覚悟が違う。 実話誌は車を使った器物損壊事件を「車両特攻」と劇画チックに煽り立てるが、悪ふざけが過ぎると言うほかない。 逃走を考え、バックギアで突っ込む事件のどこが特攻だというのか。 拳銃発砲事件の3時間後、東京都足立区の団地前の路上で、同じ山健組系の幹部が2人組の男に催涙スプレーを吹きかけられた後、刃物で斬りつけられ、全治2か月の重傷を負っている。 こちらも犯行の手段から、殺す意志はなく、あくまで警告と解釈していい。 2つの事件は、山健組内の同じ組織を標的にしているため、なんらかの関連性があると考えられている。 実行犯は不明だが、被害を受けたのは神戸山口組側なので、分裂という一撃を加えられた六代目側のターンだろう。 事件翌日、足立区の団地を訪れてみたところ、暴行現場には派手な血痕が多数残されていた。 片っ端からベルを押し、住民に気になる点を聞き込みした。 本来、暴力団は公営団地から締め出されたというのが建前だ。 公営住宅からの暴力団排除をめぐる裁判では、すべて暴力団側が敗訴している。 ここがもし山健組幹部の自宅なら、暴力団排除の実態にはまだまだ盲点がある。 なお今年1月、名古屋市で取材した組員は、市内の公営団地を住居にしていた。 名義は内縁の妻で、組員は悪びれた様子もなく「月に1万5000円の家賃だから手放せない」と豪語した。

次の

アウトロー列伝 闇社会: 東京・足立区の路上で神戸山口組系の暴力団員が3人組の男に襲撃され、全治2か月の大けが

足立 区 山口組

【事件】足立区集団乱闘事件!山口組側と神戸山口組側の組員ら20数人が乱闘!負傷者3人・逮捕者1人! 東京都足立区 Yamaguchi-gumi mafia group 2016年3月20日午前3時45分頃 東京都足立区竹の塚1丁目の路上で指定暴力団山口組系と神戸山口組系の組員ら20人以上が乱闘し、3人がけがをしました。 「けんかしている人が多数いる」との110番があり、通報を受けた警察官が駆け付けたところ、指定暴力団山口組系組員と神戸山口組系組員ら20人以上が集まり、怒声を上げ、にらみ合っていた。 路上には血のついたタオルやビール瓶の破片が散乱していた。 このうち指定暴力団山口組弘道会系の組員 41 ら3人がビール瓶で頭を殴られるなどし、頭から出血。 弘道会傘下「山本組」関係者で「中政組」幹部が、山健組傘下「誠竜会」の組員に刺され負傷。 警視庁は、両団体の対立抗争の可能性があるとみて調べている。 目撃した男性1:「人の頭をゴルフクラブで殴った。 いきなりですね。 一気に襲い掛かる感じで、だいたい5~6人対15人くらい。 『ふざけんじゃねえ』とか『殺すぞ』とか袋だたきにされていましたね」 目撃した男性2:「2人は顔面が血だらけだった。 電信柱のところに1人がしゃがみこんで、ずっとにらんでいた」 警視庁は現場にいた神戸山口組系暴力団組員阿部利幸(47歳)容疑者を集団で暴行を加えたとして、暴力行為等処罰法違反の容疑で逮捕したと発表した。 警視庁の調べに対し、阿部容疑者は「 人を殴ったり蹴ったりしたことは間違いない 」などと供述しており、容疑を認めているという。 警視庁では、当時の状況や経緯などについて詳しく調べる方針。 都内では先月以降、山口組系と神戸山口組系の対立が背景にあるとみられるトラブルが相次いで発生しており、警視庁が取締りを強化している。 BGM引用元 画像引用元.

次の

池袋を仕切る怒羅権。足立区など下町の暴走族、ヤクザを瞬殺。

足立 区 山口組

歴史 [ ] 前身は関根組。 (昭和11年)、屋の門下のが、、方面のやを糾合し、土建業「関根組」の看板を掲げた。 (昭和28年)3月に、が関根組幹部だった久野益義、田山芳徳、木津政雄、和泉武志、武井紀義、山中吾一(後の榎戸一家五代目)らとともに、旧関根組と旧藤田組の組員を集めて 松葉会を結成した。 藤田卯一郎が初代会長に就任した。 (昭和34年)9月、政治結社届出。 (昭和35年)、東京本社を襲撃。 組員19名がを焚き、机や椅子を投げ、書類を荒らしまわり、に砂を掛けるなど暴れ回った。 毎日がヤクザと議員の腐れ縁を書いた事に対する報復であった。 このことは国会でも問題になり、時の首相は「松葉会と自民党が関係があるようなお話がありましたが、関係はございません 」と答弁した。 しかし、その後も祝い事や葬儀に自民党議員の花輪が並んだ。 (昭和43年)、は、旧松葉会の人間を集めて、松友会を結成した。 (昭和48年)4月、の菊池徳勝を会長として「松葉会」として復活した。 (平成8年)3月、会長・(本名 曹圭化)と、松葉会の牧野国泰(本名 李春星)は親戚の血縁盃を交わした。 (平成21年)3月、跡目問題をめぐり主流派と反主流派との内紛状態になり、反主流派は4月に『松葉会同志会』を結成した。 同年6月、牧野国泰が引退し、牧野会長を五代目会長と改め、会長代行・荻野義朗が六代目会長に就任した。 3月、荻野義朗が「総裁」に就任し、伊藤芳将が七代目会長に就任した。 就任に際し、現会長の就任を承認しないグループにより「松葉会関根組」(2017年、に改称)が結成された。 5月、総裁の荻野義朗が死亡した。 歴代会長 [ ]• 初 代 - 藤田卯一郎(五代目総長)• 二代目 - 菊地徳勝(藤友クラブ、菊地興業会長、初代菊地睦会長)• 三代目 - 佐藤栄助(松友睦初代会長)• 四代目 - 中村益大(藤友クラブ、初代中村睦会長)• 五代目 - 牧野国泰(本名 李春星、藤友連合会、十代目総長)• 六代目 - 荻野義朗(藤友連合会、十一代目総長)• 七代目 - 伊藤芳将(國井一家三代目、五代目総長、茨城松誠会会長) 現在の執行部 [ ] (2014年現在)• 総裁:荻野義朗• 会長:伊藤芳将• 会長補佐:萩原元• 理事長:関孝司• 名誉顧問:椎名巌 出典 [ ] [].

次の