品川 ジャンクション。 首都高速道路 中央環状品川線(山手トンネル) 開通初日

【発展場レビュー】品川のジャンクション(JUNCTION)に行った感想|かしろう|note

品川 ジャンクション

初期臨床研修医募集 2018年4月に東京品川病院は、新たな病院として生まれ変わりました。 地域に求められる急性期病院として、総合医療、高度医療、救急医療、地域医療に取り組んでいます。 当院では、基幹型臨床研修病院として研修医を募集しておりますのでご応募お待ちしております。 【病院見学について】 当院では毎週金曜日に医学生の皆様向けに病院見学会を開催しております。 見学会に参加ご希望の方は、までお気軽にご連絡下さい。 皆様のご参加をお待ちしております。 [128KB] [665KB] [59KB] 内科専攻医募集 地域に求められる急性期病院として、総合医療、高度医療、地域医療(救急医療)に取り組んでいます。 基幹病院として内科専門研修プログラムを開始するにあたり、専攻医を募集しておりますのでご応募お待ちしております。 [109KB] [1,051KB]• 連携施設一覧 日本赤十字社医療センター東京労災病院、東京高輪病院、三楽病院、東芝林間 病院、東京医科歯科大学医学部附属病院、東邦大学医療センター大橋病院.

次の

大橋ジャンクション

品川 ジャンクション

建設中の中央環状品川線、大橋ジャンクションの地下50m 今日のおとなの社会見学は地下見学。 が主催の首都高速中央環状新宿線と品川線の接続箇所の見学会を調査報告する。 大橋ジャンクションの地下50mにある シールドトンネルを外側からみれるとレアな見学会だった。 大橋地区本線接続工事 見学した現場は、中央環状新宿線の大橋地区本線接続工事。 施工は100年をつくる会社、の案内も丁寧でわかりやすかった。 大橋地区本線接続工事はすでに供用している中央環状新宿線に工事中の品川線を接続する現場で平成26年の品川線開通に向けて工事が進んでいる。 その工事の合間に見学会を開催してくれた。 大深度の圧倒されるスケールの地下施設を調査報告する。 工事現場 地下工事の定番ビュー。 地下深い土留壁で下を覗くが怖いくらい。 地下への入口 とてもシェイプな昇降階段。 現場作業員は狭い階段を作業道具を持って進む。 でかいカメラバックを持った俺はヨタヨタ。 工事現場のあちこちにはいろんな標語が掲げられていて現場のKYに役立っている。 天井に外の光がみえる。 地上からは想像できないほどエキサイティングなアンダーグラウンド。 キャットウォーク 通路はこんな感じでモロ現場。 見学を企画してくれた土木学会と見学させてくれた鹿島建設に感謝。 セグメントを切り離している。 シールドトンネルは通常、RCセグメントで施工されるが接続箇所などには加工できる鉄のセグメントが使われる。 何も目標物のない地下でポイントを見極めてセグメントを変えたりするのはすげーな。 中間深度で地下25mくらいのとこ。 トンネルに必要なケーブルなどのインフラ設備が収納される空間。 左のナナメになったコンクリートの向こうにはシールドトンネルがあるのだ。 RCセグメントのシールドトンネル。 奥に見える黒いのは地震の時に揺れを吸収するためのセグメント。 レアポイント1 丸いシールドトンネル との接合部分。 レアポイント2、シールドトンネル を外から見た絵。 普通はシールルドトンネルの外は土だから見れることはない。 地下現場は滲み出てくる水の処理も大変。 今回の現場見学は、繋がったシールドトンネルを工事する珍しい見学ができた。 中央環状品川線の開通に向けて忙しいところ開催してくれてありがとう。 ご安全に!.

次の

医学生・研修医の方|医療関係の皆様へ|東京品川病院

品川 ジャンクション

ハッテン場の施設名 JUNCTION ハッテン場の場所 東京都台東区 当時の年齢 19歳くらい ハッテン場に行ったきっかけ 私がJUNCTIONを知ったきっかけはインターネットでした。 当時私は目黒区に住んでいて、近くにハッテン場があれば帰りに疲れてだるくなっても楽なんだけどな・・・と不純な動機でハッテン場漁りをしていて、まさかの品川にJUNCTIONを見付けたんです。 自宅からは電車で20分、なんて素晴らしいと思い足を運びました。 上に記載の通り、当時私はまだ10代で右も左もタイプもわからなかった時代なので、とりあえず近場から攻めていこうと考えたんです。 実際ネットで早い時間の割引などがある事も知ったので、平日の早い時間に場所の確認がてら足を運んでみたのが一番最初のきっかけです。 今の私とは違い、ちょっと友達作りの気分もありました。 利用した感想 まずハッテン場なんですが駅から若干歩きます。 そして割と閑静な住宅街の中にあります。 看板が出ているので発見は容易でしたが、一番最初は入るまでに二、三度辺りを確認してしまいました。 大体ハッテン場は裏路地にあるイメージがあったので、あってるよな?と疑心暗鬼になりました。 内装なんですが、何か妙におしゃれです。 良く言えばデザイナーズハッテン場みたいな感じで、場末感がありませんでいた。 館内も広く、時折内装を変えたりと創意工夫が見られました。 またアンダーウェア系ハッテン場では珍しいですが、受付でアルコールが売っています。 アルコールを飲む事すら禁止しているハッテン場が多い中で販売までしているのは大変珍しいです。 どんな人に出会った? 掲示板では書き込みが結構多いんですが、なぜか私がいる日は空いていました。 平日の昼間はやはりどこも閑散としているようです。 週末は昼間でも混雑していましたが、圧倒的に年齢層が若いです。 でも渋谷や新宿の若さではなく、もっとノンケ的というかギラギラ感がありませんでした。 当時私も若かったですが、それでも浮いていましたね。 30代の方を見かけることはほとんどありませんでした。 館内の広さからか結構話している方もいて、都内もそうですが路線の関係で横浜方面から足を運ぶ方が多いのが印象的でした。 体型は普通体型7割と極端な体形の方はいませんでした。 相手のタイプはわかりませんが、年齢容姿等での入場制限は設けられていないようです。 印象に残っているエピソード 実は私ここであまり経験が無いんですが、その中で思い出深く、役に立ちそうなエピソードを紹介します。 若い頃からアナルセックスが好きな私でしたが、近いから通っていて、あわよくば出来ればいいなくらいで足を運んでいました。 そんなある日、あちこちで出来上がったカップルたちの会話にも飽きた頃、帰ろうとシャワーへ行ったんです。 流し終えて出ようとしたら出会い頭にタイプの男性と会ってしまいました。 同年代は苦手ですが、均整の取れたスポーツマン系のガタイに一目惚れ・・・ 帰ろうか迷い、振り返ったら彼と目が合ったんです。 まさかな・・・と思いながら、帰るのを止めて館内で立っていました。 するとさっきの彼が現れて、館内を気にする様子もなく迷わず私にキスをしてきました。 「他にもいい人いるかも、だよ」 「お前がいい」 その言葉に堕ちました。 振り返りテクニックが役に立ったいい思い出です。 ハッテン場へ行こうと考えている方へアドバイス 安いことがいいわけではありませんが、JUNCTIONの一番の魅力はコスパです。 近年ハッテン場減少に伴い価格競争が逆に高騰化している一部ハッテン場もあります。 もうこんな歳(30代です)なのでそうはいきませんが、若いゲイには安く楽しく安全にセックスを楽しんで欲しいと考えています。 オラオラ激しいだけがセックスではありません。 まったり体を寄せ合うのだって立派なセックスです。 ハッテン場って最初はみんな緊張します。 そういう意味ではJUNCTIONは初心者にお勧めのハッテン場です。 そんな不慣れゲイ達をリードしてくれる先輩ゲイ達も集まれば、JUNCTIONはもっと盛り上がること間違いないでしょう。 もう老舗の領域に入るJUNCTIONですが、これからにますます期待しています。 ちなみに、ならたくさんゲイと出会えます。 あなたが求める条件に合わせて、最適な出会い方をご提案させていただきます。

次の