趣味 どき っ 銭湯。 趣味どき 銭湯 第3回 銭湯はやすらぎ美術館 泉澤祐希 NHKEテレ

NHK 趣味どきっ!(月曜) こんどこそスマホ2020年4月~5月 / 日本放送協会/NHK出版 <電子版>

趣味 どき っ 銭湯

趣味どきっ! 第1回は入門編として、もてなしの源流、千利休のわび茶の歴史を学ぶとともに、江戸時から続く抹茶問屋を訪ねる。 番組内容 シリーズ全8回で送る茶の湯 裏千家「心を通わすお茶」。 講師の業ていに山本宗知さんを向かえ、小林千恵アナウンサーが案内役をつとめます。 第1回はお家元千宗室の巻頭言にはじまり、入門編として、もてなしの源流、千利休が目指したわび茶の歴史的な背景を学ぶとともに、江戸時代からつづく抹茶問屋を訪ねます。 製造過程から見えてくる抹茶の知られざる秘密と魅力とは。 今回のテーマは、文化系の趣味の王道とも言えそうな茶の湯ですね。 茶の湯の素養を身につけておくと、胸を張って自慢できそうですが、同時に敷居が高そうで、なかなか手が出しづらい趣味だとも思います。 8回に分けてシリーズで送る『茶の湯 裏千家「心を通わすお茶」』の第1回として、まずは入門編が放送されるようです。 第一歩として、もてなしの源流として、千利休が目指したわび茶の歴史的な背景を学ぶとのこと。 茶の湯の創設者と言えば、千利休ですね。 織田信長や豊臣秀吉といった天下人が活躍した時代、武将でないにもかかわらず、茶の湯を通じて、戦国武将たちにとても大きな影響力を誇った人物です。 多くの大名が弟子入りしていたほどですからね、 そんな千利休が茶道において一体何を目指したのかは気になります。 また江戸時代から続く抹茶問屋を訪れて、抹茶の製造過程も見せてくれるようで、抹茶の知られざる秘密や、持っている魅力がどんなものであるのか楽しみです。 趣味どきっ! 出演者 16代裏千家家元…千宗室,裏千家業躰(ぎょうてい)…山本宗知, アナウンサー 小林千恵 趣味どきっ! 茶の湯は詳しい人はものすごく詳しいのでしょうが、多く人にとってはわかるようなわからないような物かも知れません。 そこでこの番組の出番です。 今回のEテレで放映される企画はまったくの素人をターゲットにして一から教えてくれる番組になっているはずなので、素人でも理解できる内容でしょう。 そして、この番組を見て茶の湯への理解を一歩進めた人は、見なかった人と比べて教養レベルで一歩差をつけることができる、そんな意味があるように思います。 かくいう私も茶の湯はまったくの門外漢ですので、番組を見て密かに理解を深め、日常生活でお茶に関係する話題になった時にちょっと知ったかぶりしてみようかな、なんてことも考えています。 また、この番組を見て内容が気に入れば茶の湯にも挑戦してみようかなとも思います。 現時点では挑戦するといってもどうやれば挑戦できるのかとか、お金はどのくらいかかるのかとか、まったくわからないのですが、ちょっと調べてみようかとも思ってます。 いずれにしても、番組を見てみてからですけどね。 さて、第一回は基本中の基本、お家元千宗室の巻頭言とか、わび茶の歴史的な背景などが紹介されるようです。 まずは第一歩から進めてみたいです。 趣味どきっ! 楽しみな点 趣味どきっ!はいつも色々と拝見しています。 今回はお茶の事を学べるのですね。 私はコーヒーよりお茶派です!高校生の頃一度だけお茶を立ててもらい飲んだことがあるのですがとても苦味と渋みがあって美味しかったのを覚えています。 それからなかなかお茶を立てて飲む機会には巡りあえないのですがお茶を扱うこの番組はとても興味があります。 8回のシリーズで見られるということでとても楽しみです!千利休は戦乱の時代に信長や秀吉に仕えた茶人ですね。 とても興味のある方なので千利休が目指したわび茶の歴史的背景などは興味がわきます。 江戸時代から続く抹茶問屋を訪ねるのも楽しみです。 歴史のある問屋がどんなところなのか今からワクワクします。 製造過程も見られるということでどんな風に製造されているか知れたら今度抹茶を飲んだ際はさらに味わい深いものになりそうですね。 心をかよわすお茶という言葉はとても良いですね。 お茶を飲むと心が癒され落ちつく感じが私はします。 8回のシリーズで放送されるので大好きなお茶のことをこの番組を通してもっと深く知れたらいいなぁと思います。 司会はアナウンサーの小林千恵さんですね。 とても品があって可愛らしい方ですね。 この番組にふさわしい方だと思います。 趣味どきっ! 視聴者感想 Eテレの「趣味どきっ!」はこれまでも神社めぐりや、スロトレ、花と暮らすなど興味深いテーマの番組を放映してくれていましたが、今回から月曜日には「茶の湯 裏千家」が始まりますね。 母がお茶の師範ですが私自身はお茶はまったくの無知なので、この機会にさわりだけでも理解できたらいいなと思い視聴してみようかなと思っています。 多分NHK Eテレの番組なのでまったくの素人でも理解できるようにわかりやすい内容となっていると期待して待ち遠しいです。 第1回は千利休の目指したわび茶の歴史背景の説明なんかもあるようですので「そもそも」の部分を理解する肩慣らしの気分で見てみようと思います。 それから江戸時代から続く抹茶問屋が紹介されるようですが、抹茶と言っても飲んだこともなく、抹茶ケーキ、抹茶アイス、抹茶チョコなど抹茶を使ったスイーツしか思い浮かばない私にもちょっと敷居が高い感じもするのですが、Eテレの番組は私のようなまったく無知な視聴者を対象としてくれているはずなので気楽に視聴しようと思ってます。 ところで、今回の放送は裏千家についてのようですが、裏千家に対して表千家っていうのもあるんですね あまりに無知なので今回勉強したのですが、千利休からついだ本家が表千家、これに対して裏千家、そして武者小路千家というのもあって併せて三千家と呼ぶそうですね。 これって多分ものすごく基本的なことなのでしょうが、こういう基本の基本を含めて一つ一つ理解が深まるたびに茶の湯への抵抗感も薄まっていくだろうと思いますので、番組を見て一つでも新しい理解、気ずきを得られたらいいなと楽しみにしています。 まとめ 戦国期は血なまぐさい世の中で戦乱に明け暮れた時代性がありますが、多くの兵の上に立った大名にとっては、心の平穏を取り戻すものであったと思います。 茶の湯の魅力は作法が存在し、それが代々伝わり現在でも継承されている点があります。 今年開催されるオリンピックに関しても、日本の文化であるおもてなしの心がありますが、実はこの茶の湯に原点があったとされます。 戦国期に千利休が登場し、時の人としてももてはやされましたが、その目指すものはわび茶にあったとされます。 0203(月)に放送されるのは第一回目として、その入門編を講師である山本宗知さんと共に案内役で小林千恵アナウンサーが担当して放送されることになります。 茶の湯は格式が高いイメージが存在しますが、別に型ぐるしい世界ではなく、細やかな心遣いがそのまま所作になっただけの話ではないかと思います。 もちろん江戸時代では武士の嗜みだったり、嫁入りのための修行の一環としても捉えらえるようになったわけです。 日本の文化は古風なイメージがしますが、一方ではそれが見直されており、それを趣味にする若者も増えております。 趣味で茶の湯というとトレンドにもなりそうで、その精神性を入門編から探ることができる番組なので、楽しく視聴できると思います。 趣味どきっ!

次の

趣味ランキング【男性・女性それぞれのオススメをご紹介】

趣味 どき っ 銭湯

気になる趣味は見つかった!?今があなたの「趣味どきっ!」です!2020年2月〜3月放送分。 ゴルフ、テニスなどのスポーツ。 楽器演奏、水彩・イラストなどのアート。 茶道、国宝、仏像などの日本文化。 さらにスマホやタブレットなどのデジタル生活まで、趣味の時間を充実させてくれる講座が目白押し。 幅広いテーマをやさしく、そして深く掘り下げます。 なぜ今、銭湯がブームになるのか? 銭湯の1日に密着、銭湯建築の謎、ペンキ絵はなぜ富士山?……。 さまざまなアプローチで知られざる銭湯の世界に迫る、ビジュアルガイドブック。 ほかに月曜版、水曜版があります。 ご了承ください。

次の

趣味どきっ 体幹バランス/動画/ 再放送/見逃し配信3月31日~最新話無料視聴できるサイト|番組情報ステージ

趣味 どき っ 銭湯

ジャンルでさがす• これから出る本をさがす• フェア• ジャンルでさがす• ジャンルでさがす• 電子洋書• フェア• ジャンルでさがす• 和雑誌• 海外マガジン• これから出る本をさがす• 和雑誌• フェア• 海外マガジン• ジャンルでさがす• DVD• フェア• ジャンルでさがす• フェア• 北海道・東北• 北関東・千葉• 神奈川• 中部・北陸• 中国・四国• 内容説明 スマホ、筋トレ、料理……。 あなたの「知りたい!」「深めたい!」がここにあります! さまざまな趣味を、2か月ごとに3テーマずつ紹介する講座です。 スマホやエクササイズ、食など、明日の暮らしを豊かにする情報を紹介します。 番組内容に加え、テキスト独自に深く取材。 NHKテキストらしい、信頼ある内容で、あなたの「趣味」をサポートします。 ご了承ください。 もっとスマホライフが楽しくなる! 電話のかけ方から多彩なアプリの使いこなし、話題のスマホ決算まで。 スマホ初心者が安心して使える、いちばん親切なスマホの入門書。 ほかに火曜版、水曜版があります。

次の