チョコパン レシピ。 【みんなが作ってる】 ホームベーカリー チョコパンのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが335万品

手作りパンレシピ、いろいろなチョコマーブルパンを作ろう!

チョコパン レシピ

チョコレート味のパンは大人から子どもまで人気があります。 中でもチョコマーブルのパンは美味しいだけでなく、模様がきれいで見栄えも良いです。 そんなチョコマーブルパンを作るレシピをご紹介します。 手ごねレシピの他にホームベーカリーを使った簡単時短レシピもご紹介します。 手ごねのレシピ まずは手ごねのレシピです。 時間と心の余裕のある時に取り組みたいレシピです。 チョコマーブルのねじり角パン 簡単なレシピです。 パウンドケーキの長方形の型に合わせクッキングシートを切っておきます。 大きなボウルに強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れよく混ぜます。 その真ん中にくぼみを作り、牛乳と卵を合わせたものを注ぎ入れ、粉っぽさがなくなるまで混ぜます。 一つにまとまったら台の上に出し、しっかりこねます。 これにバターを加え、練りこみながらきれいになるまでこねます。 その間に小さな鍋でチョコレートシートを作ります。 強力粉とココアパウダー 無糖)、砂糖を小鍋に入れてよく混ぜます。 牛乳を少しずつ入れて弱火にかけながらヘラで混ぜます。 こしあんくらいの硬さになったら火を止めてバターを入れてよく混ぜます。 発酵が済んだ生地は打ち粉をした台に取り出し、軽く叩いてガス抜きをします。 生地の上半分に冷蔵庫で冷やしておいたチョコレートシートを置き、空気が入らないように生地を重ねて挟み、縁を閉じて行きます。 その生地をラップに包み冷蔵庫で30分冷やします。 それを断面が上を向くようにしながら三つ編みにし、終わりをしっかりと閉じます。 これをカットしておいたクッキングシートに乗せ、ペーパーを持って型に入れます。 チョコマーブルスティック 簡単な作り方です。 大きなボウルに強力粉、砂糖、塩、ドライイーストを入れよく混ぜます。 そこに卵と牛乳を入れて粉っぽさがなくなるまでこねたら台に出し、バターを練りこみながらしっかりこねます。 その間にチョコレートシートを作ります。 耐熱のボウルに強力粉、コーンスターチ、ココアパウダー、砂糖を入れよく混ぜます。 ここに牛乳を少しずつ入れて混ぜてダマにならないようにし、レンジで1分加熱します。 その後軽く混ぜ、卵白を入れて撹拌器でよく混ぜます。 しっかり混ざってトロッとして来たら、再度レンジで1分半加熱します。 それをゴミベラでしっかり練り、バターを加えさらによく練ります。 これを冷蔵庫で冷やします。 1次発酵の終わった生地を台に取り出し軽く叩いてガス抜きをしたら、ラップをかけてベンチタイムを20分取ります。 生地をチョコレートシートが包める大きさに伸ばし、包み縁を閉じます。 これをめん棒で長方形に伸ばし、三つ折りにします。 また生地を伸ばし三つ折りし、これを3回繰り返します。 三つ折りにした生地を1個分ずつにカットし、それを好きな長さに引っ張りながらねじり、棒状にします。 ホームベーカリーを使ったレシピ ホームベーカリーは手作りパン作りをとても簡単にしてくれます。 材料をセットすればいろいろな食パンが焼けますし、パン生地を作ることもできます。 食パンのレシピとパン生地を使ったレシピをご紹介します。 マーブルチョコのちぎりパン 簡単な作り方です。 羽根のセットされたホームベーカリーのパンケースに強力粉、砂糖、塩、卵黄、牛乳、水を入れパン生地のコースを選びスタートさせます。 ドライイーストはイースト投入口に入れてください。 7分たったら、バターを入れてください。 生地ができたら台に取り出し、ラップをかけて15分ベンチタイムを取ります。 その後、パン生地を四角形に伸ばし、市販のチョコレートシートを乗せます。 それをパン生地で包み縁は閉じていきます。 それをめん棒で伸ばし、三つ折りにし、さらに伸ばします。 生地を長手方向から巻いていき、巻き終わりは指で閉じます。 これを糸で9つに切ります。 粗熱が取れたら型から出してください。 オレンジ入りチョコマーブル食パン 簡単な作り方です。 羽根のセットされたホームベーカリーのパンケースに強力粉、砂糖、牛乳、バターを入れ、食パン・焼き色うすめコースの後入れ具材ありにセットし、スタートさせます。 ドライイーストはイースト投入口に、チョコレートとオレンジピールは後入れ具材投入口に入れます。 焼きあがればオレンジ入りチョコマーブルの食パンの出来上がりです。 まとめ〜みんな大好きチョコマーブルパン チョコマーブルの手作りパンレシピをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。 手ごねでチョコレートシートも手作りするレシピや、ホームベーカリーを使ってチョコレートシートも市販のものを使うという時短レシピやホームベーカリーにセットするだけのレシピもありました。 チョコレートは香りがいいですし、大人も子どもも大好きです。 マーブル模様が入って見栄えもいいので、来客時のおもてなしやプレゼントなどにも使えます。 ぜひ参考にして作ってみてください。 投稿者: 手作りパンレシピ、いろいろなチョコマーブルパンを作ろう! はコメントを受け付けていません。

次の

人気のレンジで簡単卵なしの作り方。もちふわチョコバナナミルク蒸しパンのレシピ

チョコパン レシピ

チョココルネをおうちで作ってみませんか? 寒い季節になると、食べる機会が増えるチョコレート。 バレンタインも近いので、チョコレートを使ったパンを作りたいという方も多いのではないでしょうか? 今回は、ココア風味のパン生地にチョコクリームを詰め込んだ、ダブルチョココルネを作ってみました。 コルネとは 「コルネ」は日本で開発された菓子パンです。 円すい状の型 コルネ型 に生地を巻きつけ、巻き貝のような形に焼き上げたパンにクリームを詰めます。 一般的な菓子パンとの違いは、焼き上げた後にクリームを詰めるところ。 クリームを入れて焼かないため、クリーム本来の味が楽しめるところが魅力です。 ダブルチョココルネレシピ ココア生地で焼き上げたコルネに、チョコクリームをたっぷり詰め込みました。 今回のレシピでは使っていませんが、お好みでラム酒を加えるのもおすすめです。 生地を長く伸ばすので、ゆっくりと無理なく伸ばしましょう。 無理やり伸ばすと、生地が傷む原因になりますので気をつけてください。 *コラム内ではパン生地の作り方のみをご紹介しています。 チョコカスタードの詳しい作り方は、レシピリンクをご参考ください。 材料 7個分• 強力粉…190g• ココア…10g• イースト…3g• 砂糖…20g• 塩…3g• バター…15g• 全卵…28g• 牛乳…70g• 水…60g おすすめのアイテム こね~分割• こね機やホームベーカリーに全ての材料を入れてこねる。 *お使いの機械によって、こね時間は違いますので、調整してください。 ボウルに移し、ラップをかけて一次発酵する。 室温40分~1時間 室温によって前後します。 生地が2~3倍の大きさになるまで発酵させる。 生地を7分割 約53g し、軽く丸め直す。 ペストリーボードやパンマットの上に置き、ぬれ布巾をかぶせてベンチタイムを15分間取る。 成形~二次発酵• とじ目を上に置き、軽く手で押さえガスを抜く。 めん棒を上下にかける。 上の生地を真ん中に向かって折る。 下からも上の生地と同じように折る。 真ん中で生地が少し重なるようにする。 上から締めながら巻く。 全ての生地を上記の要領で12cm程度の棒状にする。 その後、手で空気を抜きながら15cm程度の長さに伸ばす。 片方は太いまま、少しずつ細くなるように伸ばす。 にんじんのような形 しずく型 になるようにする。 伸びないときは無理やり伸ばさず、ぬれ布巾をかけて休ませる。 休ませることによって伸びやすくなります。 最終的に長さ45cm程度まで伸ばす。 コルネ型に巻いていく コルネ型にはあらかじめ油脂を塗っておいてください。 コルネ型は、写真のように人差し指を型の中に入れて、親指を手前に置くように持ちます。 親指で生地を押さえながら巻いていく。 生地は引っ張らないように気を付けましょう。 巻き終わり。 横から 上から• 成形終了後、オーブンシートを敷いたオーブン皿に生地を並べる。 巻き始めと巻き終わりを、下になるように置く。 二次発酵する。 発酵後、生地に照り卵 分量外 を塗る。 焼成~仕上げ• 焼成する。 お使いのオーブンによって違いますので、調整してください。 焼き上がり後、コルネ型を外し、粗熱を取る。 冷めたらチョコカスタードをパンの中に絞り入れる。 完成! チョコカスタードクリームの作り方もご紹介している「ダブルチョココルネ」の詳しいレシピページは。

次の

チョコスティックパン

チョコパン レシピ

チョココルネをおうちで作ってみませんか? 寒い季節になると、食べる機会が増えるチョコレート。 バレンタインも近いので、チョコレートを使ったパンを作りたいという方も多いのではないでしょうか? 今回は、ココア風味のパン生地にチョコクリームを詰め込んだ、ダブルチョココルネを作ってみました。 コルネとは 「コルネ」は日本で開発された菓子パンです。 円すい状の型 コルネ型 に生地を巻きつけ、巻き貝のような形に焼き上げたパンにクリームを詰めます。 一般的な菓子パンとの違いは、焼き上げた後にクリームを詰めるところ。 クリームを入れて焼かないため、クリーム本来の味が楽しめるところが魅力です。 ダブルチョココルネレシピ ココア生地で焼き上げたコルネに、チョコクリームをたっぷり詰め込みました。 今回のレシピでは使っていませんが、お好みでラム酒を加えるのもおすすめです。 生地を長く伸ばすので、ゆっくりと無理なく伸ばしましょう。 無理やり伸ばすと、生地が傷む原因になりますので気をつけてください。 *コラム内ではパン生地の作り方のみをご紹介しています。 チョコカスタードの詳しい作り方は、レシピリンクをご参考ください。 材料 7個分• 強力粉…190g• ココア…10g• イースト…3g• 砂糖…20g• 塩…3g• バター…15g• 全卵…28g• 牛乳…70g• 水…60g おすすめのアイテム こね~分割• こね機やホームベーカリーに全ての材料を入れてこねる。 *お使いの機械によって、こね時間は違いますので、調整してください。 ボウルに移し、ラップをかけて一次発酵する。 室温40分~1時間 室温によって前後します。 生地が2~3倍の大きさになるまで発酵させる。 生地を7分割 約53g し、軽く丸め直す。 ペストリーボードやパンマットの上に置き、ぬれ布巾をかぶせてベンチタイムを15分間取る。 成形~二次発酵• とじ目を上に置き、軽く手で押さえガスを抜く。 めん棒を上下にかける。 上の生地を真ん中に向かって折る。 下からも上の生地と同じように折る。 真ん中で生地が少し重なるようにする。 上から締めながら巻く。 全ての生地を上記の要領で12cm程度の棒状にする。 その後、手で空気を抜きながら15cm程度の長さに伸ばす。 片方は太いまま、少しずつ細くなるように伸ばす。 にんじんのような形 しずく型 になるようにする。 伸びないときは無理やり伸ばさず、ぬれ布巾をかけて休ませる。 休ませることによって伸びやすくなります。 最終的に長さ45cm程度まで伸ばす。 コルネ型に巻いていく コルネ型にはあらかじめ油脂を塗っておいてください。 コルネ型は、写真のように人差し指を型の中に入れて、親指を手前に置くように持ちます。 親指で生地を押さえながら巻いていく。 生地は引っ張らないように気を付けましょう。 巻き終わり。 横から 上から• 成形終了後、オーブンシートを敷いたオーブン皿に生地を並べる。 巻き始めと巻き終わりを、下になるように置く。 二次発酵する。 発酵後、生地に照り卵 分量外 を塗る。 焼成~仕上げ• 焼成する。 お使いのオーブンによって違いますので、調整してください。 焼き上がり後、コルネ型を外し、粗熱を取る。 冷めたらチョコカスタードをパンの中に絞り入れる。 完成! チョコカスタードクリームの作り方もご紹介している「ダブルチョココルネ」の詳しいレシピページは。

次の