かつやメルペイ。 かつやで使えるコード決済

【カツ丼】「かつさと」がウマくて「かつや」はもうダメかも

かつやメルペイ

スマホ・バーコード決済アプリの「メルペイ」をご存知でしょうか? フリマアプリの「メルカリ」の中のサービスとなっています。 スマホ決済アプリはどこもお得なキャンペーンを展開していますので、是非利用しましょう。 使いすぎは浪費に繋がりますが、うまく活用できれば、節約に繋がりますよ^^ 2019年6月のキャンペーン キャンペーン概要 キャンペーン期間内にメルペイ支払いで50%のポイント還元を受けることができます。 セブンイレブン・ファミリーマートでは70%還元• セブンイレブン・ファミリーマートで iD支払いで 70%還元• それ以外は 50%還元 ということになります。 メルペイ支払いなのに、iD支払い?どういうこと?という疑問がありますよね^^; 電子マネーを利用していない人は最初戸惑うかもしれませんね。 メルペイには、支払い方法が2種類存在します• 電子マネー「iD」• メルペイ・コード払い 電子マネーiDに対応しているスマホであれば、両方利用可能ですが、そうでなければ、コード払いのみ利用できるということになります。 上記のキャンペーンでは、ファミマ・セブンでiD支払いすれば70%還元を受けることができますが、逆に対応していないスマホであれば、50%までの還元となります。 メルペイを利用できる店舗は、iD支払い・メルペイコード支払いのどちらかに対応していれば利用可能です。 現状だとiD対応の店舗の方が圧倒的に多いです。 iD対応・iPhoneは? 日本国内で販売された iPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上の端末で対応しています。 1以上のバージョンが必要です。 iD対応・Androidは? Android 5. 0以降がインストールされている おサイフケータイ対応のスマートフォンで使えます。 平たく言えば、• iPhoneであれば、iPhone7以上• Androidであれば、おサイフケータイ対応のAndroid でiD支払いができるということです。 メルペイ・コード支払いが対応している店舗は主要なところでいえば、• ローソン・ミニストップ• 松屋グループ といったところでしょう。 かなり少ないのが実情です。 今後に期待ですね。 本キャンペーンのセブンイレブン・ファミリーマートでの利用はiDでしか恩恵を受けることができないのが残念ですね。 上記で解説してきましたが、本キャンペーンは実質、iD対応でなければ厳しいということが分かりましたね。 まずは、ご自身のスマホがiD対応かどうかを確認するのがいいかもしれませんね。 それから検討に入りましょう! iD支払いであれば、 マクドナルドやイオン・ウエルシア・すき家・ユニクロなども利用可能です。 詳細はで確認できます。 具体的には、 キャンペーン期間中に初めて「本人確認」をすることになります。 本人確認の方法は2通り• お支払い用銀行口座の登録• アプリでかんたん本人確認 どちらかで大丈夫ですが、 銀行口座の登録をすれば、銀行からチャージもできるので、オススメですよ。 お支払い用銀行口座の未登録時 お支払い用銀行口座がまだ登録していないときは、 メルペイの残高とポイントが分かれている状態です。 しかし、登録をすれば下記のようになります。 お支払い用銀行口座の登録完了後 本人確認完了前は、売上とポイントが別々になっていて、ポイントでのみメルペイとして支払いができます。 ですので、ポイントが不足した場合は、売上からポイントを購入して充当するといった流れになります。 一方、本人確認完了後は、 売上とポイントが合算され、メルペイ残高となります。 内訳としてポイントが表示される仕様です。 売上がすべて、メルペイとして利用できるようになるので、残高不足に気を使うこともなくなりますね。 ポイントがあるときは、先にポイントから消費されます。 この辺りの仕様は良心的ですね。 既にメルペイ利用している人は? 既に利用している人は下記の条件下で、キャンペーン対象となります。 メルカリアプリ内で「お店でのあと払い設定」をしてキャンペーン期間中にメルペイあと払いでお支払いをしていることです。 メルペイあと払いとは?• メルカリや、メルペイが使えるお店での支払い方法をメルペイあと払いに設定して決済• 翌月1日にご利用明細が通知されるので清算方法を選択• 翌月1日から末日までのお好きなタイミングでご清算 という流れで、購入時には支払いが発生せずにあとでまとめて支払いをします。 ただし、重要なのは、 手数料が清算時に300円かかってくるということです。 ただし、6月中はキャンペーンにより、手数料は無料で利用することができます。 本キャンペーン終了後は、メルペイあと払い設定の解除をオススメします。 メルペイあと払い設定方法• 「メルカリ」アプリを開いて「メルペイ」をタップします• 使い方の「お店のお買い物もあと払いで」をタップします• 「設定をはじめる」から案内に沿って、お店でのあと払いの申し込みをする メルペイの使い方 上述した通り、• 電子マネー「iD」• メルペイ・コード払い の二種類が存在します。 メルペイ・コード払いの場合 メルペイコード支払いの場合は、店員に「支払いはメルペイで」と伝え、メルペイのコードを見せます。 コードの出し方は、• 右下の「メルペイ」をタップ• 左上の「コード払い」をタップ でコードが出るので、コードを店員さんに見せればオーケーです。 電子マネー「iD」での支払い方法 電子マネー「iD」で支払いの場合は、店員に「支払いはiDで」と伝えます。 iDの場合はかざすだけで決済ができるので非常に便利ですね。 メルペイを事前にiDに設定する iDを利用するには、メルペイを事前にiDに設定する必要があります。 メルカリを起動• 右下のメルペイをタップ• 「残高やポイントをお店で使う」をタップ 電話番号認証を終えれば、設定完了です。 メルペイ・クーポン情報 セブンイレブン・ファミリーマートのアイスカフェラテが11円で買えるクーポンなど、非常にお得なクーポンとなっているので、是非利用しましょう。 メルペイのメリット・デメリット・評価 メルペイのメリット・デメリットを解説していきます。 他のスマホアプリ決済との比較を含めて評価します。 メリット メルカリでの売上金が使えるというのが最大のメリットでしょう。 私個人的な意見としては、メルカリの売上を銀行口座への振込でクレジットカードやその他スマホアプリ決済の資金源として利用するという方法とあまり大差ないと考えています。 銀行口座への振込が手間で、メルカリで完結するというのをメリットに感じる人には素晴らしいサービスといえます。 またまた、私見になりますが、私にとって 最大のメリットは、ずばり言いますが、キャンペーンです。 50%還元・70%還元のキャンペーンが実施されているので、使わない手はありません。 今後も継続して実施されるかは不明ですが、スマホアプリ決済の大体的なキャンペーンはかなりお得です。 是非利用したいところですね。 デメリット デメリットというよりも、他の決済アプリとの比較になりますが、 通常利用時のポイント還元がないことです。 Pay Payもヤフーカード利用という条件があるものの、4%還元となっています。 スマホアプリ決済だけでなく、クレジットカード支払いであればポイント還元が付きます。 Kyashであれば3. 2%のポイント還元を受けることができます。 このように、高還元のポイント還元を受けることができる状況です。 キャンペーンがなければ、メルカリの売上を銀行に振り込んで、他の決済の資金源として利用する方が節約になります。 この手間をどう考えるか?ですが、私は、節約・高ポイント還元を取ります。 将来的に、メルペイのポイント還元がどうなるか?も気になるところですね。 メルカリを初めて登録で300円がもらえる.

次の

かつやの支払い方法

かつやメルペイ

かつや実店舗で使えるバーコード決済電子マネーはこちら PayPay 使えない LINE Pay 使えない d払い 使えない 楽天ペイ 使えない auPay 使えない Origami Pay 使えない 微信 支付 使えない 支付宝 使えない Payが使えるバーコード決済会社ですが、日本でメジャーな6社と中国で人気の2社全て 対応していませんでした! PayPay(ペイペイ)もLINE Pay ラインペイ もd払いも! そして、楽天PayもauPayもorigami Pay対応しておりません。 使えないでは2019年5月時点ではQRコード等のバーコード決済は対応していないんです。 かつや 実店舗 で使えるFeliCa対応の 電子マネーはこちら 続いて Felica対応の電子マネーはどうでしょうか? Felica対応(おサイフケイタイ)の端末をご利用の方はぜひチェックしてみて下さい。 iD 使えない nanaco 使えない QUICPay(クイックペイ) 使えない 楽天Edy 使えない WAON(ワオン) 使えない メルペイ 使えない Apple Pay 使えない PiTaPa 使えない 2019年5月時点ではFelica対応のおサイフケイタイは使うことができませんでした。 ただ、ネット上で調べてみると一部店舗で試験的にQUICPay(クイックペイ)を導入しているお店はあるようです。 かつや 実店舗 で使える交通系の 電子マネーはこちら 最後に交通機関が提供している電子マネーで使えるものはあるのでしょうか。 Kitaca 一部使える Suica スイカ 使えない PASMO 使えない talca 使えない manaca 使えない ICOCA 使えない SUGOCA 使えない nimoca 使えない はやかけん 使えない 基本的に交通機関系の電子マネーはサポートされていませんでした。 かつや 実店舗 で使えるクレジットカード はある? かつやでは、基本的にクレジットカード決済に対応しておりません。 基本的に現金払いとなっています。 まとめ かつやでは、ほとんどのお店で電子マネーやクレジットカードには対応していないことがわかりました。 かつやは、安くて美味しいカツ丼が食べるので定期的に使っているので情報に変更があったら随時紹介していきます。 交通系電子マネー ごく一部の店舗でSUICAが使える。 クレジットカード 使えない デビットカード 使えない 商品券・ギフトカード アークランドサービスホールディングスの株主優待券 クーポン券 会計後に、次回使える100円引き券が貰える事が多い。 ポイントカード なし キャンペーン情報 長期休暇や季節の変わり目に特定の商品の150円OFFキャンペーンをやることが多い 公式HP.

次の

【最新版】メルペイ決済が使えるお店・加盟店一覧まとめ

かつやメルペイ

スマホ・バーコード決済アプリの「メルペイ」をご存知でしょうか? フリマアプリの「メルカリ」の中のサービスとなっています。 スマホ決済アプリはどこもお得なキャンペーンを展開していますので、是非利用しましょう。 使いすぎは浪費に繋がりますが、うまく活用できれば、節約に繋がりますよ^^ 2019年6月のキャンペーン キャンペーン概要 キャンペーン期間内にメルペイ支払いで50%のポイント還元を受けることができます。 セブンイレブン・ファミリーマートでは70%還元• セブンイレブン・ファミリーマートで iD支払いで 70%還元• それ以外は 50%還元 ということになります。 メルペイ支払いなのに、iD支払い?どういうこと?という疑問がありますよね^^; 電子マネーを利用していない人は最初戸惑うかもしれませんね。 メルペイには、支払い方法が2種類存在します• 電子マネー「iD」• メルペイ・コード払い 電子マネーiDに対応しているスマホであれば、両方利用可能ですが、そうでなければ、コード払いのみ利用できるということになります。 上記のキャンペーンでは、ファミマ・セブンでiD支払いすれば70%還元を受けることができますが、逆に対応していないスマホであれば、50%までの還元となります。 メルペイを利用できる店舗は、iD支払い・メルペイコード支払いのどちらかに対応していれば利用可能です。 現状だとiD対応の店舗の方が圧倒的に多いです。 iD対応・iPhoneは? 日本国内で販売された iPhone 7以上、Apple Watch Series 2以上の端末で対応しています。 1以上のバージョンが必要です。 iD対応・Androidは? Android 5. 0以降がインストールされている おサイフケータイ対応のスマートフォンで使えます。 平たく言えば、• iPhoneであれば、iPhone7以上• Androidであれば、おサイフケータイ対応のAndroid でiD支払いができるということです。 メルペイ・コード支払いが対応している店舗は主要なところでいえば、• ローソン・ミニストップ• 松屋グループ といったところでしょう。 かなり少ないのが実情です。 今後に期待ですね。 本キャンペーンのセブンイレブン・ファミリーマートでの利用はiDでしか恩恵を受けることができないのが残念ですね。 上記で解説してきましたが、本キャンペーンは実質、iD対応でなければ厳しいということが分かりましたね。 まずは、ご自身のスマホがiD対応かどうかを確認するのがいいかもしれませんね。 それから検討に入りましょう! iD支払いであれば、 マクドナルドやイオン・ウエルシア・すき家・ユニクロなども利用可能です。 詳細はで確認できます。 具体的には、 キャンペーン期間中に初めて「本人確認」をすることになります。 本人確認の方法は2通り• お支払い用銀行口座の登録• アプリでかんたん本人確認 どちらかで大丈夫ですが、 銀行口座の登録をすれば、銀行からチャージもできるので、オススメですよ。 お支払い用銀行口座の未登録時 お支払い用銀行口座がまだ登録していないときは、 メルペイの残高とポイントが分かれている状態です。 しかし、登録をすれば下記のようになります。 お支払い用銀行口座の登録完了後 本人確認完了前は、売上とポイントが別々になっていて、ポイントでのみメルペイとして支払いができます。 ですので、ポイントが不足した場合は、売上からポイントを購入して充当するといった流れになります。 一方、本人確認完了後は、 売上とポイントが合算され、メルペイ残高となります。 内訳としてポイントが表示される仕様です。 売上がすべて、メルペイとして利用できるようになるので、残高不足に気を使うこともなくなりますね。 ポイントがあるときは、先にポイントから消費されます。 この辺りの仕様は良心的ですね。 既にメルペイ利用している人は? 既に利用している人は下記の条件下で、キャンペーン対象となります。 メルカリアプリ内で「お店でのあと払い設定」をしてキャンペーン期間中にメルペイあと払いでお支払いをしていることです。 メルペイあと払いとは?• メルカリや、メルペイが使えるお店での支払い方法をメルペイあと払いに設定して決済• 翌月1日にご利用明細が通知されるので清算方法を選択• 翌月1日から末日までのお好きなタイミングでご清算 という流れで、購入時には支払いが発生せずにあとでまとめて支払いをします。 ただし、重要なのは、 手数料が清算時に300円かかってくるということです。 ただし、6月中はキャンペーンにより、手数料は無料で利用することができます。 本キャンペーン終了後は、メルペイあと払い設定の解除をオススメします。 メルペイあと払い設定方法• 「メルカリ」アプリを開いて「メルペイ」をタップします• 使い方の「お店のお買い物もあと払いで」をタップします• 「設定をはじめる」から案内に沿って、お店でのあと払いの申し込みをする メルペイの使い方 上述した通り、• 電子マネー「iD」• メルペイ・コード払い の二種類が存在します。 メルペイ・コード払いの場合 メルペイコード支払いの場合は、店員に「支払いはメルペイで」と伝え、メルペイのコードを見せます。 コードの出し方は、• 右下の「メルペイ」をタップ• 左上の「コード払い」をタップ でコードが出るので、コードを店員さんに見せればオーケーです。 電子マネー「iD」での支払い方法 電子マネー「iD」で支払いの場合は、店員に「支払いはiDで」と伝えます。 iDの場合はかざすだけで決済ができるので非常に便利ですね。 メルペイを事前にiDに設定する iDを利用するには、メルペイを事前にiDに設定する必要があります。 メルカリを起動• 右下のメルペイをタップ• 「残高やポイントをお店で使う」をタップ 電話番号認証を終えれば、設定完了です。 メルペイ・クーポン情報 セブンイレブン・ファミリーマートのアイスカフェラテが11円で買えるクーポンなど、非常にお得なクーポンとなっているので、是非利用しましょう。 メルペイのメリット・デメリット・評価 メルペイのメリット・デメリットを解説していきます。 他のスマホアプリ決済との比較を含めて評価します。 メリット メルカリでの売上金が使えるというのが最大のメリットでしょう。 私個人的な意見としては、メルカリの売上を銀行口座への振込でクレジットカードやその他スマホアプリ決済の資金源として利用するという方法とあまり大差ないと考えています。 銀行口座への振込が手間で、メルカリで完結するというのをメリットに感じる人には素晴らしいサービスといえます。 またまた、私見になりますが、私にとって 最大のメリットは、ずばり言いますが、キャンペーンです。 50%還元・70%還元のキャンペーンが実施されているので、使わない手はありません。 今後も継続して実施されるかは不明ですが、スマホアプリ決済の大体的なキャンペーンはかなりお得です。 是非利用したいところですね。 デメリット デメリットというよりも、他の決済アプリとの比較になりますが、 通常利用時のポイント還元がないことです。 Pay Payもヤフーカード利用という条件があるものの、4%還元となっています。 スマホアプリ決済だけでなく、クレジットカード支払いであればポイント還元が付きます。 Kyashであれば3. 2%のポイント還元を受けることができます。 このように、高還元のポイント還元を受けることができる状況です。 キャンペーンがなければ、メルカリの売上を銀行に振り込んで、他の決済の資金源として利用する方が節約になります。 この手間をどう考えるか?ですが、私は、節約・高ポイント還元を取ります。 将来的に、メルペイのポイント還元がどうなるか?も気になるところですね。 メルカリを初めて登録で300円がもらえる.

次の