な え げろ わ 韓国 語。 韓国語能力試験

ハングル語?韓国語?どこがどう違う?知ってるようで知らない疑問を解説!

な え げろ わ 韓国 語

韓国語になじみ、学習者が自信を持って基礎を学べる。 発音から会話・文法までを自然に覚えられるように構成。 大学で初めて韓国語を勉強する学習者を対象に、週1 回1 年間学べることを基準に作られた初級教科書です。 ・文字の発音編 文字と発音編に力を入れております。 書いたり読んだり、ゆっくり韓国語に親しめ るように工夫をしました。 特に、終声 パッチム 編では、パッチムの読む練習を 多くできるように、たくさんの単語を入れて、2 課分を設けました。 韓国語の文字 がしっかり馴染めることは勿論、読む練習を十分にしてから会話と文法編に進め るようにと心掛けました。 ・会話と文法編に入る前に 本文に入る前に、教室会話編を構成しました。 できるだけ毎回使う言葉は、韓国語 で話すことで、自然に覚えていく効果を狙いました。 ・会話と文法編 本文は大変やさしい言葉で会話を構成しています。 本文の文法説明の例文もでき るだけやさしい文章で説明しております。 その狙いは、難しい単語を使って難し い文章にする と、覚えにくく、途中で諦めてしまう学習者が多かった今までの 経験から作られました。 文章が作れる、簡単に覚えられることで、自信を持つ ことができるように工夫されたテキストです。 ・最終課では、この本から、これほどの質問ができて、会話ができるということで、 質問フレーズをつづっています。 時間があれば、何度も繰り返して自信をもって 楽しく次の段階へ進級することができるでしょう。 解答・日本語訳(一部を除く)などは付属しておりませんのでご注意ください。 大学によって教科書の仕様が異なる場合がございますのでくれぐれもご注意ください。 (書名・巻数違いなど、お客様都合での返品はお受けできませんのでくれぐれもご注意ください。 本の仕様• 判型: B5判• ページ数: 136ページ• 課数: 20 課• 本文色: 2 色• ISBN: 978-4-255-55657-4 教員用付属物• TM|WEB音声|教師用CD サイト.

次の

やさしい韓国語 初級

な え げろ わ 韓国 語

冬の屋台での一杯もおいしい! 韓国語で友達にお酒を勧めてみませんか? 韓国のお友達、お知り合いをお酒に誘ってみましょう。 そんなときの一言は、• 한 잔 어때요? (ハンジャン オッテヨ/一杯、どうですか?)• 한 잔 할까요? (ハンジャン ハルカヨ/一杯、やりましょうか?) と、さりげなく。 「우리(ウリ/私たち)」を付けて、「우리 한 잔 할까요? (ウリ ハンジャン ハルカヨ/私たち、一杯飲みましょうか)」もグッドです。 また、その後に、「どのくらい飲めるの?」と聞いて、会話を盛り上げたいもの。 そんなときは、• 주량은 어느 정도예요? (ソジュ ハンビョンイエヨ/焼酎1本です)」。 または、「맥주 두 병이에요. (メクチュ トゥビョンイエヨ/ビール2本です)」などと答えてくれるでしょう。 「乾杯!」。 場が和む瞬間です。 韓国にはどんな乾杯の音頭があるのか、見てみましょう。 まずは、• 건배! (コンベ/乾杯!) 日本語の「乾杯!」と一緒です。 そして、さらに韓国らしい温かな乾杯の音頭をご紹介します。 それは、• 「위하여!」 (ウィハヨ) です。 この「ウィハヨ」の意味は「~のために」。 よって、乾杯の時に持つ意味は、「あなたのために(幸せを祈って)乾杯」、「会社のために 成功を祈って)乾杯」など、誰か、何かの幸せや発展を願う気持が込められています。 ただ「杯を乾すぞ」とだけ言う「乾杯」よりも、韓国らしい、温かい感じがしますよね。 韓国の方とお酒を飲むときに言ってみてください。 きっと、喜ばれますよ! 韓国語でお酒を勧めよう:空いたグラスに「どうぞ」と一言 あ、前にいる人のグラスが空いています。 「どうぞ」と日本語で言うのも良いですが、韓国語でお酒をすすめてみませんか?• 한 잔 하세요. (ハンジャン ハセヨ/一杯、どうぞ)• 한 잔 받으세요. (ハンジャン パドゥセヨ/一杯、受けて下さい) きっと、「네(ネ/はい)」、「감사합니다(カムサハムニダ/ありがとうございます)」とお酒を受けてくれると思いますよ。 飲み過ぎると大変なことに。 悪名高き(笑)韓国のお酒文化。 とにかく韓国の人々はお酒をよく飲む、そして語る。 1次会、2次会だけでなく、5次会まで行くなんて話を聞くことは珍しくありません。 「마시고 죽자(死ぬまで飲もう)」というお猪口(おちょこ)のような小さいグラスで、ストレートの焼酎をテンポ良く一気のみ。 辛い韓国料理には、ストレートの焼酎がほんのり甘く感じられ、どんどん飲めてしまうのです。 さてそこで、韓国の激しいお酒文化を象徴する2つの韓国語をご紹介します。 「폭탄주」 (ポクタンジュ/爆弾酒) ウィスキーの水割り(お湯割り)を思い浮かべてください。 まずウィスキーを注ぎ、水を足して好みの濃さにしますね。 しかし、「마시고 죽자(死ぬまで飲もう)」は、なんと、 ウィスキーをビールで割るのです。 そして、まるでビールを飲むようにぐいぐいと飲みます。 すると……、多くの人は、限界を見ます。 これはまるで爆弾を抱えているようなお酒、なるほど、「폭탄주(爆弾酒)」と言われる所以(ゆえん)ですね。 「마시고 죽자(死ぬまで飲もう)」と言い合い、倒れるまで、記憶がなくなるまで飲む人もいます。 しかし、安心してくださいね。 すべての韓国人がそう、という訳ではありませんし、お酒が飲めない人に強要するようなことはないでしょう。 お酒が飲めない方は、是非その場を、韓国文化を楽しんでみてください。 次回は、気になる韓国のお酒の席でのマナーについてお届けします。 お楽しみに! 【関連記事】•

次の

漢字で覚える韓国語【知らなきゃ損!語彙力倍増の裏ワザ】

な え げろ わ 韓国 語

・約800語程度の基礎的な語彙と基本文法を理解でき、簡単な文章を作れる。 ・簡単な生活文や実用文を理解し、構成できる。 2級 ・電話やお願い程度の日常生活に必要な言語(ハングル)や、郵便局、銀行などの公共機関での会話ができる。 ・約1,500~2,000語程度の語彙を用いた文章を理解でき、使用できる。 ・公式的な状況か非公式的な状況かの言語(ハングル)を区分し、使用できる。 文章語と口語の基本的な特性を区分し理解、使用が可能。 4級 ・公共施設の利用や社会的関係の維持に必要な言語(ハングル )機能を遂行することができ、一般的な業務に必要な機能を実行できる。 ・ニュースや新聞をある程度理解でき、一般業務に必要な言語(ハングル)が使用可能。 ・よく使われる慣用句や代表的な韓国文化に対する理解をもとに社会・文化的な内容の文章を理解でき、使用できる。 5級 ・専門分野においての研究や業務に必要な言語(ハングル)をある程度理解と使用ができ、政治・経済・社会・文化などの全般に渡った身近なテーマについて理解し、使用できる。 ・公式的、非公式的且つ口語、文語的な脈絡に関する言語(ハングル)を適切に区分し、使用できる。 6級 ・専門分野における研究や業務遂行に必要な言語(ハングル)機能を比較的正確に、流暢に使用でき、政治・経済・社会・文化などの全般的なテーマにおいて身近でないテーマに対しても不便なく使用できる。 ・ネイティブ程度までではないが、自己表現を問題なく話すことができる。 2級 日常生活と関連する個人的な対話や談話はもちろん、社会的テーマを扱う対話や談話を聞き、その内容を把握し、推論できるかを評価し、簡単な実用文を理解できるかを評価する。 また、広告やインタビュー、天気予報などの実用談話を聞き、大まかな内容を把握し、推論できるかを評価する。 4級 社会的な関係維持に必要な一般的な社会的・抽象的なテーマを扱う対話や談話、そして、比較的平凡な内容のニュースや討論を聞き、内容を把握し、推論できるかを評価する。 5級 一般的な業務遂行分野における対話や経済・社会・文化などの専門分野に関する一般的な対話や談話、身近なテーマの講演や対談を聞き、内容を把握し、推論し、時に批判的な理解が可能であるかを評価する。 また、祝辞や弔辞など特殊な状況においての談話を聞き、おおよその内容を把握し、推論できるかを評価する。 6級 ほとんどの業務遂行に必要な対話や政治・経済・社会・文化・教育などの専門分野に関わる、多少深度の深い対話や談話、また、複雑な講演や演説、対談を聞き、内容を把握できるか推論し、批判的な理解ができるかを評価する。 2級 日常生活と関連する生活文や説明文を読み、その内容を把握でき、実生活で頻繁に接する簡単な広告文や案内文などの実用文を読んで情報を把握できるか評価する。 また、簡単な広告、案内文などの実用文を読んで情報を把握し、文章の主な内容や細かい内容を推論できるかを評価する。 4級 社会生活に必要な文、経済・社会・文化の分野におけるテーマの文章を読んで内容を理解し、推論できるかを評価する。 感想文、使用説明書、案内文、説明文、新聞記事、随筆などを読んで情報を把握し、内容を推論できるかを評価する。 5級 社会生活を巧みに遂行するために必要な文、一般的な業務遂行に関連する文章を読んで内容を理解し、推論でき、批判的な分析ができるかを評価する。 政治・経済・社会・文化・科学など多様なテーマの説明文、記事、建議文を読んで理解でき、小説、詩などの文学作品を読んで作者の態度を把握できるか評価する。 6級 ほとんどの業務遂行に関連する文、専門的な文章を読んで、その内容を把握し、推論でき、批判的に分析できるかを評価する。 小説、民謡、評論などを読んで作家の意図、心理などを把握できるかを評価する。

次の