シャープ cocoro life。 株式会社SHARP COCORO LIFE

シャープ、ECサイト「SHARP COCORO LIFE」で個人向けにマスクを販売開始 :日本経済新聞

シャープ cocoro life

個人のお客様向け ECサイトでのマスク販売開始のお知らせ *参考画像は添付の関連資料を参照 は、4月21日より、株式会社「SHARP COCORO LIFE」のECサイトにて、個人のお客様向けにマスクの販売を開始いたします。 当社は、日本政府からの要請を受け、三重工場のクリーンルームにおけるマスクの生産を2月28日に決定。 新型コロナウイルス感染症が拡大する中、日本におけるマスクの供給不足を少しでも早く緩和すべく短期間で準備を進め、3月31日より、まずは日本政府向けに出荷を開始いたしました。 この度、個人のお客様への販売を開始する運びとなりましたので、お知らせいたします。 販売開始日:2020年4月21日(火) 3. 販売方法: 「SHARP COCORO LIFE」のECサイトにて販売いたします。 購入方法や価格、商品仕様などの詳細は、こちらのURLをご確認ください。 URL: 4. 備考:より多くのお客様にご提供するため、在庫状況に応じて、一定期間にご購入いただける数量を、お一人様1箱(50枚入り)限りとさせていただきます。 (注)ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日時点の情報です。 ご覧になった時点で、内容が変更になっている可能性がありますので、あらかじめご了承下さい。 リリース本文中の「関連資料」は、こちらのURLからご覧ください。 参考画像.

次の

個人のお客様向け ECサイトでのマスク販売開始のお知らせ|シャープのプレスリリース

シャープ cocoro life

シャープ 不織布マスク SHARP COCORO LIFE で販売 1. シャープがマスク製造開始 シャープは、日本政府の要請を受け、2月28日にマスクの生産を決定したそうです。 そして、3月24日マスク製造が開始されています。 マスクの種類 マスクは様々な種類がある中で、 不織布マスク 画像はこちら( を製造しています。 販売方法 やはり気になるのが、販売方法ですね。 シャープによると 政府への納入を優先とのことですが、 その後は、「」のECサイトでも販売 するとのことです。 販売時期 そして、販売時期ですが、 4月21日10時からに決まりました。 SHARP COCORO LIFE への登録が必要になります。 詳細はにまとめました。 予約販売 想定外のアクセス数により一旦抽選販売に変更 — 記事 ・ ・.

次の

1日3,000箱限定シャープロゴがカッコイイ!目のつけ所が“シャープのマスク”個人向けにECサイトで発売開始

シャープ cocoro life

シャープが個人向けにマスク販売を実施 販売する「不織布マスク/<MA-1050>」は、液晶パネルも製造可能な三重県多気工場のクリーンルームで製造したもの。 花粉よりも小さい生体ウイルスや微粒子などからも守り、鼻のラインに合わせてフィットするノーズフィッターを採用している。 価格は1箱50枚入りで2980円(税別)で送料は全国一律660円(税込み)、支払方法はクレジットカードのみ。 一定期間は1人1箱限りとし、購入日を含め3日間は再購入不可とする。 5月10日までは毎日10時頃に在庫を補充する。 発送は注文翌日以降の同社営業日となり、約2〜7日で届く見込み。 販売数量は当初1日3000箱(15万枚)で、今後は生産能力の増強に伴い1日1万箱(50万枚)を目指すという。 関連記事• Fitbitが、スタンフォード大学医学部の新型コロナウイルスの兆候検出アルゴリズムの開発に協力する。 このアルゴリズムは、感染症の兆候である心拍数や血中酸素飽和度の上昇を検出し、ユーザーに警告する。 米国のFitbitユーザーはアプリから参加を申し込めるようになる。 Appleの音声アシスタント「Siri」で新型コロナウイルスに関する情報を取得しやすくなった。 「新型コロナウイルスのニュースを流して」などと話しかけると、ニッポン放送のニュースを再生できる。 厚生労働省のリンクが表示される場合がある。 AppleとGoogleが4月10日、新型コロナウイルス感染症の対策で協業することを発表した。 濃厚接触の可能性を検出できる機能をOSに取り込む。 2社は「世界が直面する最も差し迫った問題を解決する上で、AppleとGoogleは力を合わせる必要性を痛切に感じています」とコメントしている。 アスツールは、3月23日に提供を開始したWebサイト「マスク在庫速報」の反響を受け、サービス名称を「在庫速報. com」へ変更。 検索対応商品へアルコール消毒液を追加した。 ソーシャルマップと連動したコミュニケーションアプリ「Zenly」は、3月26日にユーザー同士の在宅時間がランキング形式で確認できる新機能「自宅滞在チャレンジ」を全世界同時リリースした。 WHOが推奨するコロナウイルス感染予防対策方法も表示する。 関連リンク•

次の